灼海賛美曲

遥かなる無機質の砂漠を超えて、辿り着いたそこは光の郷。

滔々と溢れ出す澄みきった湧き水。それを囲むように広がる黄金色の穂。

祝福とともに手中に納まるのは、重く輝く太陽の宝物。

まるで子供のように振り切った感情は、もはやそれ以上を言い表すこともできなかった。

旅路は無限の砂。目指すは憧る神の膝元。

すべての渇きが満たされゆく。こんな時間がずっと続けば良いのにと、跪かずにはおれない。

そうして手にした力を振りかざし、再び遠い陽炎を追って星粒の大地へと踏み出していく。

信心こそ糧。焦がれに満ちた命はまた、未知なる灼海へ。

プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は末吉です!

    ストレスをため込まないように、ときどき背伸びをしましょう。

    本日のラッキーほっこりは 南ヶ丘牧場のペロシキ です!

    これまでのおみくじ結果