1. 玄関
  2. 2016年 2月 平成二十八年 如月
QR
スマホで

2016年 2月 平成二十八年 如月

2016年 平成二十八年 2月!極寒を耐え抜けば春はすぐそこ!梅の季節ですね

サワーラムネ系といえばこんな形だった気がします

顆粒状のラムネ菓子って昔からあったし自分もよく食べてたと思うんですが、どんな形してたかがはっきり思い出せずにいます;つД`)

この商品はなんだかパッケージデザインからして平成な感じがしますが、でも確か昔のはこんな縦長のプラ容器だったような感じはするんですよねー……( ˘ω˘ )

ジュースの素ではないのでこれは完全にそのまま食べるのが正解で、いわゆるラムネ菓子を粉にしたようなお菓子です

ヨーグルトについてくるようなよく見るとちょっと縦長の形をした粉砂糖みたいな顆粒で、舌の上でさらーっと溶ける感じがいかにもサワーで清涼感( *´艸`)

しかしこの容器の形はやっぱりラムネ瓶を意識してるんでしょうか……かのビンラムネといい、どうしてこうリアリティに欠ける形にわざわざするのか、いやむしろそこが駄菓子イズムということなのか、いまだにそのへんは謎に包まれているのです( ゚Д゚)

ミニボトルサイダー
マルタ食品
20円
二木の菓子
「ミニボトルサイダー」を買いに行く

ビールが欲しくなる駄菓子の筆頭

ポテトフライ!歴史的には昭和から続くロングセラー駄菓子のようですが、自分は現役時代にこれを駄菓子屋さんで目にした記憶がない……(;´∀`)

興味がなかっただけなのかそれとも……今見るとこのイラストの「こんがり」はなんとも愛嬌があって好きなんですけどねぇ( *´艸`)

もちろん初めて食べたわけですが、さっくり軽めのマッシュ系ポテトフライ菓子ですね

1枚のサイズが大きめなので大人でも1枚食べるのに3口くらいはかかります(*´ω`*)

このフライドチキン味っていう味付けがまたなんともジャンキーな感じで癖になりますね……ポテト感もしっかり効いていて、他に例えようのないオリジナルなうまさ

これまた完全に酒飲みの舌系駄菓子で、ビールが欲しくなる味ですのぅ;つД`)

ポテトフライ
東豊製菓
20円
二木の菓子
1980年(昭和55年)発売
「ポテトフライ」を買いに行く

ミニミニサントリーオールド

サントリーのダルマを思わせるシルエットはかなり昭和の匂いがするわけなんですが、この商品を現役時代に駄菓子屋さんで見た記憶がないんです;つД`)

メーカーは大阪のチーリンなんですが、チーリンという文字は何となく見覚えがあるので、同メーカーの他の商品はあったのかもしれません……(;´∀`)

紙テープをはがしてスクリューキャップを開けてさらさらと食べてみましたが、いわゆる顆粒状サワーのさぁーっと溶ける感じが良いですね。ちなみにこの緑色タイプは青りんご味でした( *´艸`)

清涼感タイプの駄菓子なので、ボトルに採用されているウイスキーのイメージからはかけ離れてますが……そこがまた駄菓子の七不思議(;^ω^ )

ボトルサワー
チーリン製菓
31円
二木の菓子
「ボトルサワー」を買いに行く

ヘルシーでおいしいレトルトハンバーグの王道

イシイといえばミートボールと並んで王道なのがこのチキンハンバーグ

そのままさっと湯煎するだけでおいしい煮込みハンバーグができあがるという、いわゆるレトルト食品ってやつですね(*´ω`*)

今回はレトルトナポリタンに乗せて、子供から大人まで大好きなお手軽ヘルシーチキンバーグナポリタン( *´艸`)

マルシンハンバーグのように香ばしさは出ないけど、カレーにもスパゲッティにも合うしお弁当にも喜ばれそうな、安心感のある昭和のほっこり家庭味が嬉しいです(^^♪

チキンハンバーグ
石井食品
100円
1970年(昭和45年)4月発売
「チキンハンバーグ」を買いに行く

大人が集めるようになった子供銀行券

お金大好きっ子の定番アイテム「子供銀行券( *´艸`)

1950年あたりにはすでにこの言葉が使われた商品があったんだとか( ˘ω˘ )

そんな子供銀行券をコレクターズアイテムにしてしまった「お金のチョコ」。おそらく平成の駄菓子ですが、どこなくその匂いは昭和なのです;つД`)

なにしろ伍拾圓札なんていうマニアックな昭和のお札まで子供銀行券にしてるんです。絶対に子供向けじゃない子供銀行券ですな(;´∀`)

そして肝心のお菓子は、みんな大好きクランキーチョコ!大人にとってはこりゃもう、ウイスキーのお供にも最適ですね( *´艸`)

つまり現代の一万円札なんかを大量に集めると、こんなエレガントなウイスキータイムを味わえるっていう仕様なわけでして( ゚口゚)=3

いやー実に教育に悪い子供銀行券ですなほんとにもう

お金のチョコ
正栄デリシィ
50円
「お金のチョコ」を買いに行く

大根の漬物の駄菓子

さくら大根」!すもも漬に続いて漬物駄菓子の代表格

決して一口サイズではないそれなりのサイズの大根厚っぺらの漬物にしてるので、甘いか太郎と同様に子供にはけっこう食いでがあります(^^♪

しかも味も甘酸っぱくて実にごはんのおかず!でもごはんも良いけどこういう素直な漬物味は、お茶もしくはお茶漬けの付け合わせにするってのも良いかもしれんですね(*´ω`*)

今度やってみるべ~

さくら大根
みやま食品工業
53円
二木の菓子
1957年(昭和32年)発売
「さくら大根」を買いに行く

ちまちま食べるさわやか梅

ミンツ菓子ってのも遠足の定番ですよね~

自分はブルーのサワーミンツが好きでしたが、本来ミンツと言えばこの梅ミンツ( *´艸`)

梅味の菓子ってのはあんまり進んで買わなかったんですが、今回ついにこの梅ミンツをいただいてみましたよ

これが往年の予想と違ってかなりうまいし癖になる味!梅キャンディと似たようなシソの効いた感じなんですが、この味はキャンディとしてよりミンツでかりっと食べきる方が自分は好きです(^-^)

そしてこのハードケースがまた小さいくせにやけに機能的な動きをするあたりもツボでしたっけねぇ。公式によるとライターをモチーフにしてるんだとか

梅ミンツ
オリオン
30円
二木の菓子
1973年(昭和48年)発売
「梅ミンツ」を買いに行く

オレンジ味はもう入手不可なんでしょうか……;つД`)

食べるジュース、ジューCといえばやっぱりオレンジ味!なのでもちろんミニチュアの方はオレンジ味の再現になっているんですが、肝心の実物にオレンジ味がな~い;つД`)

どうも公式の年表を見ると1995年からオレンジ味がなくなってるみたい……皮肉にもオレンジ味の次に好きなこのサイダー味が登場したのがその1995年なんですねぇ(;´∀`)

ちなみにこのパッケージは偶然にも10周年モデルチェンジの時の再現!やっぱりジューCといえばこのビジュアル……なんとミニチュアとデザインがお揃いなんです!懐かしい~!

しかしよく年表を見てみると、このパッケージの頃はまだサイダー味は発売前……こりゃ完全に架空のパッケージということなんですな( *´艸`)なんてこった

ミニチュアの方も細かく作られています。ちゃんと中身まで入っていてカチャカチャ(^^♪

ジューCといえば何と言ってもこのカチャカチャ音……遠足気分が蘇ってきますね

ジューC
カバヤ食品
60円
二木の菓子
1965年(昭和40年)発売
「ジューC」を買いに行く

みんな大好きすり身系駄菓子!

これは好きでよく買ってました~!これぞまさに酒飲みの舌のための駄菓子ってやつですね( *´艸`)

20円の「さん太郎」シリーズに、30円の甘いか太郎!特にこの甘いか太郎のキムチ味はほんと今でも大好きでよく買います(*´▽`*)

「さん太郎」シリーズの中でも特に好きだった蒲焼さん太郎焼肉さん太郎とにかく噛み切れなくて、歯で押さえて無理やり引っ張るとぶちっと切れてたまに落っことしちゃったり……;つД`)

そして甘いか太郎はやわらかいけど触ると手がべたべたになるのでなんとかうまいこと袋から食べようとするんですが、何しろ縦に開けてしまうものだからうまくかじれずに口の周りがべたべたになるっていう毎度の大惨事ですよ;つД`)

そして甘いか太郎のこの裏面がまた秀逸。お小遣いが増えることこれ請け合いって……いやぁこれは我々の世代がお小遣いを出す側だったら間違いないですね( ゚口゚)=3

おつまみとしてっていうより、今晩もんじゃやるから好きな駄菓子買ってきなーって言ってこれ買ってきたら完全にお小遣い増えます

そしてのし梅さん太郎の裏面。あ、こういうやつのことを「カード食品」って言うんだ!し、し、知らなかった~( ゚口゚)=3

ノートやポケットに忍ばせて場所を選ばずにっていうこの感じ、なんとコロコロコミックチックなことか!授業中にコッソリ食べよう的な、完全にピースサインを出しながら食ってる少年の絵が浮かぶ……;つД`)

うーんいかにも昭和の駄菓子ですね~

そして蒲焼さん太郎はミニチュアストラップも出ています( *´艸`)

芸コマなことに袋の中にもちゃんと「カード食品」が入ってるし、しっかり見えるサイドにもサンプル付いてます

泣かせますね;つД`)

甘いか太郎
菓道
30円
二木の菓子
「甘いか太郎」を買いに行く

この円錐台の紙パックコーヒーが今でもレトロ

コーヒー牛乳でレトロと言うと、テレビCMの影響か円錐台形の紙パックが浮かんでくる世代なんですよね~(*´ω`*)

今も昔ながらの金色の斜めストライプがまぶしいグリコのカフェオーレ

味よりもこの独特のフォルムがどうしても目に焼き付いていて懐かしさを覚えるのです( ˘ω˘ )

Since1979の文字もしっかり刻まれていて、50対50の黄金比が織りなす昔ながらのコーヒー牛乳湯あがり一本にも最適なサイズ感も嬉しいです(^^♪

同社のスポロンにも実はこの紙パックのタイプがあって、近隣スーパーなどではめったに見ないですがそっちも実に良い感じ。紙パック製品の規格変更と規格統一がされていく中、今でもこのスタイルを貫いているのはやっぱりグリコのこだわりなんでしょうねぇ( *´艸`)

カフェオーレ
江崎グリコ
100円
1979年(昭和54年)発売
「カフェオーレ」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は大吉です!

    今日はなんだか良いことがありそうな予感。でも、そんなときこそ油断しないことが大切です!

    本日のラッキーほっこりは 湯の里湯桶 です!

    これまでのおみくじ結果