1. 玄関
  2. 2016年 2月 平成二十八年 如月
QR
スマホで

2016年 2月 平成二十八年 如月

2016年 平成二十八年 2月!極寒を耐え抜けば春はすぐそこ!梅の季節ですね

このプリンは見たことがなかったです(*´ω`*)

プリン駄菓子と言うとプチプリンは馴染みがあったんですが、これはその後発品という感じでしょうか(*´ω`*)

カップがミニゼリーにそっくりなので別の意味で懐かしいですね( ˘ω˘ )

袋売りもされているようですが、駄菓子屋さんではバラ売りです。そう考えると何でも駄菓子化できてしまうようにも思えますが(;´∀`)

味はプチプリンよりもゼリー寄りの味がします。カラメルが入ってないからかな?ミルク感も若干薄いような……まさに商品名に偽りなしといったところですかね

ひとくちminiプリン味ゼリー
片山食品
20円
千葉鑑定団
「ひとくちminiプリン味ゼリー」を買いに行く

ひねひねともぐるぐるともねじねじとも

このタイプのゼリーも昔からありましたよね~

この真ん中が凹んでる方はやおきんの後発品のようですが、いわゆるチューペットのゼリー版ということで、やっぱり凍らせたりしてもうまいらしいですよ(*´ω`*)

でも当時は中身が液体なのかゼリーなのかも知らずにジャケ買いしてしまい、駄菓子屋の前でハサミがないから無理やり歯で噛み切ってぶしゅってなったりしてました;つД`)

そのへんの事情もあって遠足のおやつとしては敬遠してましたが、本来ならこういう潤いのある駄菓子ってのはタイプ的には是非欲しかったんですよねぇ……残念じゃ( ˘ω˘ )

ぐるぐるゼリー
やおきん
20円
千葉鑑定団
「ぐるぐるゼリー」を買いに行く

冷やしたり凍らせたりなんてしなかったな~( ˘ω˘ )

ミナツネのあんずシリーズの中で唯一、駄菓子屋通い現役時代に食べたことがあったのがこのあんずボー

書籍「まだある」の中では「実は駄菓子屋さんには凍らせたバージョンもこっそり売っていた」なんてありましたが、ぜんぜん知らなかったですよ~;つД`)

それでもミナツネのあんずシリーズの元祖ってこともあるのでしょうか、他を差し置いてもやっぱりこれが一番うまいと思いました( *´艸`)

なんたって棒じゃなくてボーってところが駄菓子らしくて良いネーミングセンス……それだけでかなりほっこりポイントは高いのです

よし次は是非その圧倒的人気を誇っていたという、凍らせたあんずボーとやらを食べてみるとしましょう( ˘ω˘ )

あんずボー
港常
20円
1970年代半ば発売
「あんずボー」を買いに行く

ポニーメリーという名の、いかにもコク甘なパンを発見(*´Д`)

ポニーメリー!意味が分かりませんがとにかくなんかこのパンに刻まれた無数の縦線たちがいかにも甘々そうなビジュアルを醸し出しているではありませんか!そしてそれをこの名前のイメージと繋げると、こーりゃもう絶対にコク甘ったれた味がするに違いないじゃありませんか(*´Д`)

しかも中にはホイップホイップなやつらがみっちりだそうで!さぞかし脳の栄養分にもってこいなふんわりバターブレッドってやつなのでしょう、私の期待が正しければ(*´ω`*)

もうこの焼き上がりの艶からしていかにもバターのコクが香ってきます!ちょっとさくっとした香ばしささえも感じられるこの程よくキツネな色合いがまた……理想的なパンのビジュアルの1つですね

きっとかじったときにはこの美しい縦線たちがむにゅっとシュールに歪むであろう絵を想像するとまた……いやたまらんです( *´艸`)

そして割ってみると期待どおりの白いふわふわなやつら!そしてよく見るとなんと2層になって黄色いねっとりなやつも見え隠れして、これはなんと贅沢なダブルの甘さ!いやさっき袋にそう書いてあったじゃないかって……( ;∀;)

良いですね太りますね~こんなの絶対!でも良いんです、食べる前と食べた後で体重が変わらなければ実質カロリーゼロという世にも奇妙な理論!こういうときくらいは、ちょっと都合が良いくらいの理屈が良いもんです( ゚口゚)=3

ポニーメリー
ヤマザキ製パン
96円
2014年(昭和26年)4月1日発売

ミルキ~はママの味~

不二家の主力商品である証でしょうか、ペコちゃんの顔がでかでかと描かれたパッケージデザインはずっと変わりませんね( *´艸`)

あ、たまーにポコちゃんバージョンもあった気がするな

この独特の質感の包装紙にくるまれた、練乳をそのままソフトキャンディにしたようなオリジナリティ(*´ω`*)

ソフトキャンディだからつい噛んじゃうけどこれがまた意外と固い……そしてキャラメル以上に歯に挟まりやすいんですよね(;´∀`)

歯に挟まると歯医者さんの詰め物と区別がつかなくなるような独特の感じも、ミルキーならではのあるあるなんじゃないかと

そしてこれまたヨーグレットや森永ラムネと同じ、最近流行りの小さな幸せ探しコンテンツってやつでしょう。この包装紙に印刷されたペコちゃんたちで、まったく絵の切れてない完璧なものが10個以上あるとラッキーなんだとか(*´▽`*)

あれ、でもけっこう普通に10個以上あるぞこれ?いやぁそんなにアゲられても困っちゃいますなぁ(;´∀`)

ミルキー
不二家
50円
1951年(昭和26年)発売
「ミルキー」を買いに行く

ハンバーガーのミニチュア菓子!目がキラキラしますよ(*´▽`*)

ハンバーガーをミニチュアにしたようなお菓子「エブリバーガー

これを初めてCMで見知ったときはまぁー目がキラキラしたもんです!当時からミニチュアサンプルが大好物だったものでして( *´艸`)

もちろんマックのハンバーガーがちっちゃくなったんだから、いわゆるウマしょっぱ系のお菓子に違いないと勝手に確信までしてたもんです( ˘ω˘ )

だからチョコスナックだってあれほどCMでも言ってたってのに……なんとも期待とのギャップに、初めて食べたときは動揺を隠せなかったですよ;つД`)

ハンバーガーのお菓子なんだから、味はケチャップ系とかのがイメージ出たと思うんだけどなぁ……でもこれがまた個人的な意に反してロングセラーなわけです(;´∀`)

そしてあれからどのくらい経ったか、改めて食べ直してみたらこれがかなりウマくてですね……また違った意味で動揺を隠せなかったわけであります(´;ω;`)

やっぱさすがブルボン、チョコ系のお菓子はハズレないですね

エブリバーガー
ブルボン
157円
1985年(昭和60年)発売
「エブリバーガー」を買いに行く

旅のお供の定番。すぐなくなっちゃう困りもの;つД`)

特急に乗る前にキヨスクで買った定番おやつといえばこのヨーグレット( *´艸`)

ラムネ菓子の中ではやっぱり最上級品の一つという位置づけになるんでしょうか。今ではタブレット菓子なんて言い方もしますね( ˘ω˘ )

内容量は18粒とかなり多いはずなのに、これが車窓を眺めながらぽりぽり食べてると30分ももたずになくなっちゃうから困ったもんでした……(;^ω^ )

こういう包装を見ると思い出すのは風邪薬やトローチ……なのに中に入ってるのはおいしいラムネ菓子っていうこの不思議な感覚

当時このシリーズはハイレモンかこのヨーグレットかの2択しかなく、自分は断然ヨーグレット派でした。時々気まぐれでハイレモンも選んだんですが、やっぱりヨーグレットにすればよかったと思うくらいでしたよ( ˘ω˘ )

そんなヨーグレット、久しぶりに買ってみたらたまーにニコちゃんになっているものが森永のラムネといい、最近この手の小さな幸せ探しが流行ってるんですかね( *´艸`)

ヨーグレット
明治
100円
1979年(昭和54年)発売
「ヨーグレット」を買いに行く

駄菓子と言えばこいつを外せない、よっちゃんいか

いかの駄菓子といえば何を差し置いてもまず出てくるのがこれ、よっちゃんいか(*´ω`*)

それまでの常識では酢いかってものは普通は1串いくらでバラ売り。それが食べやすくカットされて包装されて、駄菓子屋さんから秘密基地まで自転車移動でも余裕で持っていける!こりゃあ画期的ですね( ゚口゚)=3

この真っ赤なビジュアルを見ただけで唾液が出るまでに刷り込まれる、鮮烈な酸っぱさ(*´▽`*)

こーれがまた癖になるもんだから困っちゃうんですよね~

そしてこのよっちゃんいか、いかの駄菓子だというのになんとメーカーは海なし県の山梨!後で知ったとはいえその事実は駄菓子七不思議のひとつに数えられますね( *´艸`)

もちろんストラップ化もされていますよ!これもかなりリアルにしっかり作られていて素敵です(*´ω`*)

カットよっちゃん
よっちゃん食品
30円
二木の菓子
1977年(昭和52年)発売
「カットよっちゃん」を買いに行く

このスープの味が大好きです(*´▽`*)

マルちゃん味の逸品ワンタン麺!何のことはない普通のシリーズなんですが、このスープがまた良い味なんです(*´ω`*)

いわゆる昭和レトロ系醤油ラーメンってやつで、ラベル上に謳い文句の1つこそないですが、これは間違いなくその系統のこだわりを感じますね( *´艸`)

フタを開けるとかやくのメンマとワンタンはすでに麺の上。スープは後入れとなっているので、このままお湯を入れるだけですね

とろみ系でもない粉末スープなのに後入れってのも珍しいですが、考えられるのはやっぱりワンタンとの絡みなんでしょうかね……うむ( ˘ω˘ )

いわゆる鶏ガラの透き通った素直な醤油スープ。見るからに昭和レトロなワンタン麺でございます(*´▽`*)

またワンタンの食感もつるりとしていて滑らか、さらに中の具材も良い感じに懐かしい味付けになっていて、これぞ醤油ワンタン麺のスタンダードと言える気がします(*´ω`*)

湯あがりラーメンにも使えるやさしい一杯。お値段も控えめなシリーズなので重宝してます

さすが築地発祥の東洋水産ブランドですな( ˘ω˘ )

マルちゃん味の逸品ワンタン麺
東洋水産
118円
「マルちゃん味の逸品ワンタン麺」を買いに行く

どんぐりガムっていう名前がほっこりで好き

ななんとキャンディの中からガムが出てくるよ!なーんてだけでやたらと新しさとお得感を覚えたものです;つД`)

なにしろ飴とガムが一つになって10円で買えてしまうんですから、当時の300円上限のお財布事情から考えるとこれほど助かるものもないのです

ただ食べてみるとわかるんですが、これが飴からガムに変わる瞬間の判定がちょっと難しい……飴の味がなくなってきたなーそろそろガムかなーと思って噛むと一部だけまだ飴が残っていてがりっとなってしまったり;つД`)アイタタ

食べ慣れてくると飴がうっすらと全体に残っているくらいのところであえて歯を立てて、飴のパリパリ感とガムの噛み応えを同時に楽しむという技を身に付けたりするのです( ˘ω˘ )

そして嬉しいことに当たり付!袋の黒い部分の裏側に当たりが出たらもう一個!うーんでもこれで当たったことあったかなぁ?(;´∀`)

どんぐりガム
パイン
10円
二木の菓子
1980年(昭和55年)2月発売
「どんぐりガム」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢はです!

    お寺の静寂に力を借りて、運気の向上を図ってみるのも良いでしょう。

    本日のラッキーほっこりは キッコーマン 豆乳 ココナッツ です!

    これまでのおみくじ結果