1. 玄関
  2. 2017年 8月 平成二十九年 葉月
QR
スマホで

2017年 8月 平成二十九年 葉月

2017年 平成二十九年 8月!花火大会で夜空に大輪の華!打ち上げを待つ間の野球中継で出来上がり、どかーんとビールに焼きそばがうまい(*´▽`*)i>

ハーブの街を謳う酒々井の町営ハーブガーデン(*´ω`*)

ハーブの町という看板を掲げる千葉県酒々井町。その町営ハーブガーデンは4月から11月の営業のみで敷地もまあ小ぢんまりですが、入場は無料だしそれなりの種類が植わっててけっこうしっかり楽しめます( *´艸`)

この日は隣のコミュニティセンターでイベントをやっていたので駐車場はいっぱいだし子供たちはわーきゃー言ってるし、なかなか賑やかでした(*´ω`*)

ゲート前には苗を売るビニールハウスハーブグッズショップ軽食のテラスなんかもあるんですが、この日は前述のとおりイベント開催により食堂はお休み……ここでお昼食べようと思ってたのになぁ;つД`)

仕方がないので近所のセブンに買い出し。お店横のスペースにはテーブル席もあって自由に使って良いということなので、ハーブのかほりに囲まれながらいただくのはナポリタンが良いでしょう( *´艸`)

午後の紅茶を添えて、いただきます( ˘ω˘ )

いやぁおいしいナポリタンですね、さすがセブン!ローソンのようにバターの甘さを強調する味も好きなんですが、やっぱりそこはセブン、THEナポリタンという王道を突いてきます

さあて食事も済んだので口にケチャップが付いてても気にせずハーブを鑑賞してまいりましょう(*´ω`*)

まずはゲート前のローズマリー。この香りを嗅ぐとまぁー香草焼きが食べたくなりますよね。王道中の王道ハーブの香り(^^♪

ひまわりも咲いてましたが、ちょっともう終わりかけかな?冷夏で少し涼しいですけど、夏の終わりも少し早まるかもしれませんね( ˘ω˘ )

ゲートをいよいよくぐります

まずは紫の花がお出迎え。札がなかったのでわかりませんが、たぶんアメジストセージでしょう(*´ω`*)

香りだけでなく花の鑑賞用ハーブなんてのもあるそうですが、かのサイモン&ガーファンクルもカバーした名曲「スカボローフェアー」に登場するほどメジャーなハーブなのに、いまだにセージとタイムの使い方がまったくわかりません

こちらはマウンテンミント。ミントの爽やかな香りの中にどこか野趣のあるワイルドさを感じました( ˘ω˘ )

同じミントでもペパーミントやスペアミントのようなスイーツ向きの香りとは少し違うような気がしますね……どんな料理が合うのかちょとわかりませんでしたが(;´∀`)

こちらはアップルミント。名前の通りりんごの香りがします。リアルなりんごというより香料っぽいりんごのような( ˘ω˘ )

ハーブティーなんかにするとうまそうな感じがしました

ステビア。お馴染みの甘味料ですね(*´ω`*)

葉をかじってみると、あ、甘~い!こりゃ葉っぱのまんま砂糖の代わりになりそうですね( *´艸`)

サラダでお馴染みイタリアンパセリ……なんですが、この味を好きなのは人間だけじゃないんですねぇ(;´∀`)

でっかいアゲハの幼虫が住み着いてました。このちょっとグロく見える幼虫の時の模様が、そのまま成虫の羽の美しい模様になるんですねぇ

チャイブ。いわゆるあさつきですね( ˘ω˘ )

エゾネギともいうらしいですが、ムニエルなどの魚料理の上に乗っかる、ピンとした細いグリーンのビジュアルが浮かびます(^-^)

そしてみんな大好きバジル(*´▽`*)

この香りを嗅ぐともう無性にパスタが食べたくて仕方なくなるのは自分だけではないはず( *´艸`)

この季節は全体的に花より緑が多いハーブ園。鑑賞だけでなく苗のお買い物なんかも、町営ならではの安さが良い感じでした

次はレストランメニューの紹介ができるといいなぁ(*´ω`*)

酒々井ハーブガーデン ハーブの丘
千葉県印旛郡酒々井町墨1549-1
043-496-4909
入園無料
10:00~16:00 4月~11月のみ開園 ショップは15:00まで 月曜定休
JR酒々井駅からタクシーで7分
駐車場あり

キャラット「温泉といえば」シリーズ第十三弾はてぬぐいくん

CHARAT」で「温泉といえば」を擬人化シリーズ

第十三弾は「てぬぐいくん

温泉と聞くとまず誰でも必ずイメージするのが、湯船に浸かりながら頭に乗せている豆絞り模様の手ぬぐい

自分はそういう「らしさ」を追求したいがためにわざわざ豆絞りの手ぬぐいを温泉に持っていくのにですよ、実際温泉でそんなことやってる人をまず見たことがない(´;ω;`)

まあ温泉旅館なら普通は部屋に置いてあるタオルを持ってお風呂行く人がほとんどでしょうから、まぁ仕方ないんですけどね……( ˘ω˘ )

ちなみにキャラのイメージはどうしてもドリフのお祭り銭湯コントっぽい感じになってしまいましたよ。威勢よくどんこどんこ!( ゚口゚)=3

着替えは風呂敷手ぬぐいは豆絞りっていうお風呂セットで湯めぐりしたいですなやっぱり

さりげなく売っていたラムネがまさかの日本最古

また新たな瓶ラムネを発見しました!富山のトンボラムネ

なんとこれ、現存する日本最古のラムネメーカーと言われるトンボ飲料のラムネなんですよ( ゚口゚)=3

なぜか常温で売っていたので、もちろんよーく冷やしていただきますぜ(*´ω`*)

お!この飲み口がブルーのごつい感じ!これってなんか懐かしいタイプじゃないですかね?( *´艸`)

しかもスクリューキャップだからあとでビー玉取れるタイプですね、ありがたや~(^^♪

しゅこっとビー玉を落とした後のこのビジュアル……まったく罪な飲み物ですよラムネってやつぁ;つД`)

ちなみにこのトンボラムネ、ちょっと珍しく甘味も香りもとってもあっさりしていて逆に割と今風に仕上がってるんですなぁ( ˘ω˘ )

なるほど、このあっさり感はひょっとするとミックスドリンク向け……( *´艸`)

ということで明治屋の氷シロップ「ブルー」を割ってみました(*´▽`*)

そもそもブルーはラムネ味ってこともあるんですが、実際のラムネの味とシロップのラムネ味ってのは実は微妙に違うので、なんとも斬新なドリンクとして融合しましたよ( ゚口゚)=3

以前浅草の喫茶店「ハトヤ」で飲んだあの「ブルーハワイ」の味にもちょっと近い感じで、レトロなような新しいような何とも言えない美味!;つД`)

見た目といい味といい、こんな適当な思い付きで作ったわりには、喫茶店で出したらいくらか取れるんじゃないかっていうくらいのハイクオリティなドリンクに仕上がりました~

またこれを老舗明治屋の氷シロップと、日本最古の瓶ラムネで作ったってところが、なんともほっこりで嬉しい限りです( *´艸`)

そして地元富山が誇る日本最古のラムネには、こんなグッズまであるらしい( *´艸`)

ラムネをTシャツにするってなんか涼しくて良いですね(*´ω`*)

トンボラムネ
トンボ飲料
120円
1896年(明治29年)発売
「トンボラムネ」を買いに行く

ボンカレーとボンカレーゴールドの食べ比べをやってみましたよ('ω')

先日川越の沖縄物産のお店で見つけたボンカレー('ω')

そもそもボンカレーとボンカレーゴールドが別物だってことにも気づいていなかったんですが、最近とあるきっかけで「沖縄限定で元祖ボンカレーが発売されている」ことを知りました

パッケージの裏には完全に「沖縄土産」としてのボンカレーを告知するデザインが(;´∀`)

さてはて中身はいったいどのくらい違うのか?いざ開封です( *´艸`)

最近進化したレンチンもできるボンカレーゴールドのパウチと、昔のお湯専用ボンカレーパウチ(*´ω`*)

パウチまで昔のまんまとはちょっと予想外でしたが、レトロ趣向としてはその方がなんか嬉しいですね

そしていよいよこちらが盛り付けてみた姿。右がいつものボンカレーゴールド、左が昔ながらのボンカレーです(*´▽`*)

ボンカレーのこの色ととろみの感じ、これはまさに靖国神社で再現レシピを食べた、あの元祖海軍カレーの感じを彷彿とさせますねぇ

あのカレーはかなり味が薄くて、カレーというにはかなりパンチがない印象だったんですが、これもそういう感じなのでしょうか?早速実食です!( ゚口゚)=3

あら、これは予想に反しておいしい!見た目の通りゴールドとはまったく別物ですが、ちゃんとスパイシーで味もあって、でも食感にしろ香りにしろこの感じは現代ではなかなか味わえないんじゃないかと思います( *´艸`)

比べてみて思ったのは、現代のカレー味の基本にもなったであろうゴールドの方は、いわゆるホテルカレーってやつをかなり意識して作られたんだなってことがわかります。対して元祖の方は海軍カレーから引き継がれた、カレー粉と小麦粉で作る家庭の手作りライスカレーというニュアンスが強いんじゃないでしょうか( ˘ω˘ )

レシピの方向性としてはレトロのバランスを貫いていながら、その路線のままかなり進化を遂げたのが、まさに現代の元祖ボンカレーなんじゃないかという結論ですね(^◇^)

ボンカレー
大塚食品
200円
1968年(昭和43年)発売
「ボンカレー」を買いに行く

チョコバナナアイスという定番の味(^-^)

チョコバナナっていうと普通は本物のバナナにチョコをかけたお祭りで見るアレを思い出すんですが、意外とそうじゃないこういう作られたチョコバナナ味ってのも定番だったりしませんか?(^-^)

チョコバナナバー……グリコのミニセレシリーズでコンセプトはお子様が喜ぶ向けなんだそうですが、何気に大人もほっこりする味だと思うんです

外側はパリッとしたチョココーティングに、中はバナナ香るアイスクリーム……なんかこの感じが妙に懐かしいというか、昔味わったことがあるような気がしてならないんですよねぇ(;・∀・)

シンプルだから昔からあったとしてもおかしくないんですが、ちょっと商品名までははっきり覚えていないので調べようもないのです;つД`)ぐぅぅ

やっぱり同じようにグリコあたりが出してたのかなぁ('ω')

ミニセレ チョコバナナバー
江崎グリコ
68円

キャラット「温泉といえば」シリーズ第十二弾は自販機コーナーくん

CHARAT」で「温泉といえば」を擬人化シリーズ

第十二弾は「自販機コーナーくん

旅館で過ごす夜。温泉入っておいしいごはんも食べて、涼しい布団の上でテレビ見ながらごろごろ

ちょっと喉乾いたなぁ、でも夜も遅いし売店はもうやってないなぁ、よし自販機コーナーに行こう( *´艸`)

電源の落ちたゲームコーナーとかのわきで、人知れず静かに稼働中の自販機コーナー。ぶーんっていう冷やし音だけが響くふかふかの廊下で、浴衣のかっこで何飲もうかなぁ~シュワっとサイダーかなぁ~(*´ω`*)

「ぶーんぶーん……おいしいよ~冷えてるよ~寒い冬はホットもあるよ~!」

おつまみとか売ってるとますますホテルや旅館の自販機感出ますよね(^-^)

尚仁沢の銘水で仕込んだ木綿豆腐(*´ω`*)

栃木から遠く離れた千葉の地で見つけた尚仁沢の木綿豆腐

塩谷郡塩谷町の「秀水」というメーカーで、銘水での豆腐作りを理念として設立されたようですね。こりゃ楽しみだ( ゚口゚)=3

良いお豆腐は何も足さないでいただくのが流儀ですので、そのままいただいてみましたよ( ˘ω˘ )

食感がものすごくしっかりしていて存在感がありますねぇ~……これは豆腐を一丁食べただけで腹がいっぱいになります。大豆をかなり惜しみなく使ってるんでしょう(*´ω`*)

しかしそれでいて、これは普通の豆腐の逆を行くと思うんですが、大豆の風味の方はそこまでがっつり強調していない感じがします

大豆の味を抑えていながらこれだけうまい豆腐というのは逆に、磨かれた水がなければ作れないということになるんじゃないでしょうか(^^♪

食感がしっかりしてるのに食材としてはどんな味付けにも繊細に対応できるという、なかなか珍しいコンセプトの豆腐なのかもしれません( *´艸`)

尚仁沢もめん
秀水
118円

ちょっと和風の昔ながらスタイル(*´ω`*)

萬萬千葉県印旛郡酒々井町酒々井1518-15

本日の夕食は、今までずっと気になっていたものの一度も入ったことなかった中華料理店に突撃です( *´艸`)

中華食堂「萬萬」!バンバンと読みます(*´ω`*)

このお店、なぜか外観からずっと台湾料理の店だと思い込んでいた節がありまして……今回もそのつもりで入ったら普通の中華料理店だったのでちょっと嬉しかったです( *´艸`)

まあ新規のお店に来たのなら、最初に確認するメニューは決まっているのです

まずはなんつったって醤油ラーメン( *´艸`)

おおこれは!昔ながらではありますがちょっと和風仕立てですな( ˘ω˘ )

このタイプのスープを記憶にある店で喩えるなら「糸ぐるま」です。鶏ガラ醤油なんだけどどこか上品という、これはけっこう希少なタイプだと思います(^^♪

そしてチャーハン!これはもう!シンプルイズベストというTHEチャーハンですな!(*´▽`*)

入ってる具も実に王道!なんたってチャーハンといったらこれがうれしいのです;つД`)

こりゃ良いお店を見つけた感じですね!今回は腹との相談で餃子はパスしましたが、当然気になるので次回は挑戦です

萬萬
中華料理
千葉県印旛郡酒々井町酒々井1518-15
043-496-7055
~1,000円
11:00~14:30・17:00~21:30 木曜定休
酒々井駅東口出口から徒歩19分
駐車場あり

第103回足利花火大会と小江戸川越に行ってきたので旅行記を書きました!

恒例の足利花火大会は今年で第103回。観客動員数が毎年増え続けるこの花火大会、今年も大いに楽しませてもらいました(*´▽`*)

そして圏央道ついに開通ということで、今回の二日目はは小江戸川越を散策してみました。江戸の風から昭和のほっこりまで、よくツボを突いてくる素敵な町でした

ふと立ち寄った川越城の中ノ門掘跡('ω')

川越城中ノ門堀跡埼玉県川越市郭町1-8-6

ふと気になって立ち寄ってみた「川越城中ノ門掘跡('ω')

あら、川越城って今朝の本丸御殿のやつですよね……え、本丸御殿まではまだだいぶあるはずなんですけど、こんなところに門ですか……こうしてみるとやっぱ敷地広いですねぇ( ゚口゚)=3

うわぁこれは見事な空堀!今は民家に挟まれてるけど、ここを鎧兜着てダッシュしろったってまったく無理なアスレチックですよ;つД`)

しかも左の塀にはなにか意味ありげな穴が開いてるんですが、そうですよねもちろん射撃してくるわけですよね……(;´∀`)

んーでもこの穴だと、彫の内側に到達した敵に対しては角度的に狙えないんじゃ?……あ、その場合は上から石でも落とすのか( *´艸`)

血なまぐさい戦場も今や兵どもが夢の跡……傘もない中、空では雷鳴がごろごろ言い始めているので、そそくさと退散します

川越城中ノ門堀跡
埼玉県川越市郭町1-8-6
無料
9:00~17:00 年末年始休
西武新宿線本川越駅より徒歩20分・東武東上線・JR川越線川越駅東口より徒歩28分・東武東上線川越駅市より徒歩24分
駐車場なし
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    お風呂上がりにお酒でも飲んで、ほっこりのまま眠りにつきましょう。

    本日のラッキーほっこりは サッポロ一番 かねふく監修 明太とんこつラーメン です!

    これまでのおみくじ結果