1. 玄関
  2. とちぎ大好き!
QR
スマホで

とちぎ大好き!

名湯あり、名水あり。

あり、グルメあり。

湯あがりにうまい牛乳あり、空気の美味しい高原あり、世界遺産日光東照宮あり。

春はフラワーパークの幻想的な藤棚に、夏は足利の20000発花火大会……

そして秋の紅葉は華厳の滝に中禅寺湖に戦場ヶ原に映え、冬は雪国湯西川でかまくら祭りの灯をともす……

四季折々の美観美食をその土地土地いっぱいに湛える、関東の楽園とちぎの魅力を集めたコーナーでございます(^^)

これは文句なしの100%那須温泉の湯

ついに入手してしまいました、天然湯乃華「那須」

那須温泉といえば以前訪れたときにはちゃっかり滝の湯でお湯を汲んできて、塩原元湯で教わった要領で自宅のお風呂に入れてみたんですが、如何せん汲めた量が少なかったのでその再現度はまぁほんとに気分だけに留まっていました;つД`)

それじゃあこれはどうなんだと!温泉の素というとこれまで一番リアルな温泉を感じたのはなんたって「熱の湯」ですよ!果たしてあれほどの温泉感を再現できるものなのかどうか?( ゚口゚)=3

なにしろ1パックの容量は3回分の3袋!もうそれはダイジに使っていかなきゃなんですけど、厳しいことを言うなればそれもこれも内容次第ですなぁ( *´艸`)

商品名の裏側には採湯地である「高雄温泉」に関する詳細が。ありゃ、これは自分の知ってる滝の湯、つまり鹿の湯の場所からはずいぶん遠いところで湧いてるやつなんですなぁ

とするといわゆる自分の知ってるTHE那須温泉のそれとは違うお湯になる可能性もあるのか……ふぅむ(;・∀・)

でも注意書きによれば完全に硫黄泉になることは伺えますね。もちろんメーカーも地元那須だし、期待……つまりハードルは高くなる一方でございます( *´艸`)

表示は100%天然成分!そしてポイントは液体ってところなんですよね

湯の華っていうと本来は温泉に浮いている成分だったり、あるいは温泉汲み上げのパイプなんかにこびり付いているあの固形の成分を指して言うわけですが、しかしこれは液体なんですよ……つまりこれはもしかするとですよ?( ゚Д゚)

というわけで今宵のお湯のお供はドリフ。ババンババンバンバン!……なんちゃってさっそくこの那須温泉の素をお湯に入れてみましたよ!

うわーいこれはーッ!!この色、そしてこの匂い!こりゃあ、ただ硫黄の香りがする熱の湯とはまるで違います。本当に本物の温泉の香り( ゚口゚)=3

硫黄の香りはもちろんするんですが、それだけじゃなくもっとずっと複雑な匂いなんです。那須温泉独特のこの酸っぱいような香り!脳裏に思い起こされるは滝の湯の風景!これは間違いなくガチ

そして湯触り!これまたあのお湯独特のツルツル感!お湯で流すだけで洗浄力があり、なんと体を洗うのに石鹸が不要と言われるほど殺菌力に優れた、あのお湯の湯触りそのものです;つД`)すげぇぇ

いや~実は液体ってのを見た時点で思ったんですよ。これは固形成分だけを集めたいわゆる湯の華なんていう生易しいものではなく、つまりほんとに「濃縮那須温泉」そのものなんじゃないかと!( ゚Д゚)

100%ジュースの理論で言うなら、これをつまり自宅のお風呂で「還元」すると、元の那須温泉100%に戻るというわけですね。濃縮還元那須温泉ってことですよ( ゚口゚)=3

いや~そりゃまぁ勿体ないからってのもあったんですが、ほんとにお湯がぬるくなってくるまで長湯しちゃいました今日は。普通はこんな寒い日にお湯がぬるくなってくると寒くなってくるんですが、ここまでくるともう普通に効能や温浴効果もそのものってことでしょう。バッチリ温かさキープです(∩´∀`)∩

そして湯あがりにまで体に香りが残るこの感じ。これですよこれ、もうこれこそ本当にリアルな那須温泉!今日は浴衣を着て寝たい気分ですよ……温泉浴衣欲しい~;つД`)

しかしまさかここまで本物が復元されるとは思いませんでした。事前に見たレビューではやれ香りが強すぎるだのという書き込みもあって不安な部分もあったんですが、実際に使ってみたらこれはもう、いやいやバカを言っちゃあいけない、これこそが那須温泉そのものじゃないですか!っていうΣ(゚Д゚)

素晴らしいですね。ついに本当に自宅で本物の温泉が手軽に楽しめる時代が来てしまったんですね……いやもうそれより滝の湯また入りてぇ~松葉のガーリックドレッシングサラダ食いてぇ~ヽ(`Д´)ノ

天然湯乃華 那須
ケーアンドケー
600円
「天然湯乃華 那須」を買いに行く

ついに千葉にも降臨、しもつかれ味ポテチを賞味します(*´▽`*)

つつついに手に入ったー!しもつかれ味ポテトチップス!!待ってたよー(*´▽`*)

まさかご当地ポテチにしもつかれで来るとは、ほんとニュースになるくらい斜め上でしたけど、確かにこれぞ栃木の味ですからのぅ

一応、東京もんじゃ茨城スタミナラーメン群馬すき焼きも合わせてゲット!並べて置かれちゃー食べないわけにはいかんぜよ( *´艸`)

一度には無理なのでおいおいレポートしていくとして、まずは待望のしもつかれ味をいただいてみましょうか(^^♪

うむ、見た目は普通、香りもまあ普通、どれどれ……む!?酒粕の味!!えええこれがしもつかれ味??自分はこんなにも酒粕が主張するしもつかれを食べたことがない;つД`)

しかしこりゃうんめーですな!止まらん止まらん!たとえ酒粕味と言ったって、まさかポテチとこんなにも噛み合うなんて誰が想像しますかい!?( ゚口゚)=3

こんな癖になる味のしもつかれ一度食べてみたいなぁ。酒粕がポイントだけど、各家庭で味が違うっていうからご当地に行ってもなかなか難しいか……それならいっそ自分でって言っても鮭の頭なんて手に入らんしなぁ……くぅぅ歯がゆいぜ( ゚ー゚)

ポテトチップス 栃木の味 しもつかれ味
カルビー
98円
「ポテトチップス 栃木の味 しもつかれ味」を買いに行く

この俵型のおにぎりを確か「てんのこ」と呼んでいた気がします

本日は懐かしの「桜でんぶ」で「てんのこおにぎり」を握ってみたいと思います~(*´ω`*)

でんぶなんて久しぶりだ~……実に何十年ぶりってくらいご無沙汰だった気がしますが、久しぶりにこの味を思い出しに参りましょう( *´艸`)

こういう時はこだわりの炊き方で行きます。毎度おなじみ伊賀焼かまどさんでほこほこ

今回も多古米がきらきらと美しく炊きあがりました~(*´▽`*)

さあ、じゃあこれをよく湿らせた椹のお櫃に移して、適度に温度を下げつつ香り付け。いよいよ握っていきましょう( ゚口゚)=3

冒頭で書いたとおり今回は形にもちょっとこだわりを。でんぶといえばその昔、ばあちゃんがよく握ってくれた「てんのこ」のおにぎりを思い出すのです

おまけにゆかりおにぎりも追加しましたが、何を隠そうこれがそのてんのこ。小さ目の俵型のおにぎりなんですが、この形を「てんのこ」と呼んでいたのです。でもね、この言葉って調べても出てこないんですよ……もしかして宇都宮の方言(;・∀・)

これが一口サイズでとっても食べやすい形なんですよね~……そしてまたこの昔ながらのでんぶの味!変わらないですね~懐かしい~甘くてうめぇ~;つД`)

なんだかいろいろ一度にアレしてしまいましたが、懐かしい懐かしい昔ながらのおにぎりでほっこりタイムなのでありました

正嗣の餃子~!この独特の香りが癖になります

餃子~餃子~宇都宮の餃子~!はい、またまた正嗣の餃子にありつくことができました( *´艸`)

冷凍だからチルドと違って少~し焼き加減が難しいんですがねぇ

わりとうまく焼けましたよ~!専用のタレを付けていただくとそりゃもうごはんが進むのなんのって(*´▽`*)

しかし以前この餃子を食べたときにはあまり気づかなかったんですが、ちょっと独特の香りがしますのぅ正嗣!

王道餃子のうまいやつなのかと思ってましたけど、味はけっこう香草豊富な香りといいますか、尖ってましたね!いや改めてやっぱりいつかこれの水餃子と合わせて、ちゃんと宇都宮のお店で食べてみたいですよ( ˘ω˘ )

まさしのぎょうざ
ぎょうざ専門店 正嗣
2,790円
「まさしのぎょうざ」を買いに行く

かんぴょう初めて調理しました;つД`)

さてさてついにいわゆるかんぴょうを調理してみるときがやってまいりました

佐原の道の駅はなにかと栃木と縁があったので、ここはちょっとその勢いで本格的な料理に挑戦しようと思います( *´艸`)

取り出しましたるはきぬさや!もうこれを用意するだけで、和懐石のかほりがぷ~んとしてまいります( ゚口゚)=3

栃木産ということは袋には書いてありませんが、もちろん店頭で確認済みでございます( ˘ω˘ )

加工は香取市ということで、栃木と佐原の小江戸コラボかんぴょうってことですね

まずは水でさっと流し、たっぷりの塩でもみもみしま~す(^^♪

なんたってかんぴょうはこの工程がダイジ。あの独特の弾力はここをしっかりすることで生まれるのです;つД`)

そして塩を洗い流して水に浸けること10分、適度な長さに切ったら準備完了です(*´ω`*)

素揚げ用の高野豆腐がまだあったので、かんぴょうと高野豆腐の炊き合わせにしてみましたよ( *´艸`)

参考にしたレシピではしいたけだったんですが、ここは同じく佐原で買ってきたバラしめじを使ってみました( ˘ω˘ )

ダシ汁がほとんどなくなる程度まで中火でってあったんですが、落とし蓋がなかったので普通に鍋に蓋をしていたらちょっと煮すぎてしまいまして……;つД`)

かんぴょうがややほろほろめになってしまいましたが、味の方はこりゃ普通に小料理屋メニューっぽく仕上がりましたよ!流石にちゃんとレシピ通りに作ると違いますね( *´艸`)

正上のいかだ焼もここぞとばかりに出して、ちょっと寒くなってきたこの季節にぴったりの熱燗で一献やりました( *´艸`)

たまらんですのぅ;つД`)

大利根の滔々と流れる水郷地帯の道の駅

道の駅水の郷さわら千葉県香取市佐原イ3981-2

今日という日が暮れなずむ~( ˘ω˘ )

そんな空の下、道の駅「水の郷さわら」にやってまいりました

ちょっと工事中の箇所もありますが、今日も活気あふれる道の駅でございます(*´ω`*)

まずは生鮮食品コーナーを物色!なんたって近所のお母さんたちがスーパー感覚で買い物に来る道の駅ですから……その品揃えと言い鮮度と言い、申し分ないのですよ( *´艸`)

でもこういうちょっとお茶目な名物もたくさん売ってるんですぞ!はばひろうどん!こりゃ群馬のひもかわうどんですかね?道の駅ならではの交流物産ですな

大秋柿!なんか黒ずんでて大丈夫か?っていう柿なんですが、これが黒いほど甘いんだとか( ゚∀゚)へぇ~へぇ~

瓶の牛乳なんかもゲットして、とりあえず一旦生鮮品売り場は後にします。夕日が一段と色を増してますよ~;つД`)

道の駅切符はもう一つの地域物産館の方にあるそうなので突撃です( ゚Д゚)

さらっとゲットしましたよ!なぜかここでは自分で日付スタンプを押します練習用切符まで渡されて、慣れない手つきでがっちゃん。そしてはい次は本番ですって……なんか緊張するなや(;´∀`)

まあそれなりにうまく押せたのでOKですよ!面白い体験ですわな( *´艸`)

そしてこちらが新たな試み「道の駅カード」!道の駅切符くださいと言ったらがっつりオススメされてつい買ってしまいましたがな!( ゚口゚)=3

なにやら栃木と千葉の2県のみの道の駅で先行販売するんだとか……いや~最初は断ろうと思ってたんですが、千葉と「栃木」のみって聞いちゃったらどうしてもねぇ;つД`)

まんまと乗せられてますよわたくし(;´∀`)はっは

そうこうしているうちに夕日はさらに沈みました……いやしかし美しくそして広い空ですねここはほんとに( *´艸`)

こんな空ならもちろん利根川の川縁に出てみたくもなるってもんですよ。道の駅裏手がすぐ利根川なのでここは本当に水郷を体感できるんですよね~(*´ω`*)

しかも川に向かってゆるーい階段になっていて、ほんとに水のすぐそばまで行けるんです。水面に映る夕空がまたなんと良い色か(*´▽`*)

そして水鳥たちが相変わらず集まっていまして「くぁっくぁっ」と盛んに鳴いてますよ……そんな水鳥の声と流れの音以外には何も聞こえない、大利根の夕暮れでございます

しかしこの水鳥……鴨でもアヒルでも、ましてや白鳥なんかでもない見たことない鳥ですよ。水に浮いてるとわかりにくいんですが、陸に上がるとちょっとウズラみたいな形……そして顔は頭からくちばしにかけて白い線がくっきりと特徴的に('ω')

あとで調べたらこいつらは「オオバン」のようですね。額からくちばしにかけて白いっていうのがまさに鍵でした( ˘ω˘ )

このくらいの時間が一番良いんですよね……道の駅の灯りと暮れなずむ空。夕焼け小焼けが流れてきて、佐原の今日が終わろうとしております(^-^)

また明日~

戦利品のコーナー!

ということで戦利品はこちら!大秋柿も買っちゃいましたよ( *´艸`)

そして便利なバラしめじに、ななんと90円という激安バナナ!そしてそして栃木産のかんぴょうをついに買ってみてしまいましたよ~(*´▽`*)

産地は本場でもなぜか加工が佐原っていう不思議なかんぴょう。後程このしめじと一緒に腕によりをかけて調理してみたいと思います

まずは大秋柿からいただいてみましょう!黒いほど甘いって言うから、そりゃーどす黒いやつをチョイスしてきましたよ( ゚ー゚)

剥いてみると中は普通の柿。見た目にはぜんぜん違いが判らなくなってしまいました

味の方は……ん?まあ甘いっちゃ甘いですけど、そんなに取り立てて甘いってわけでもないですね……どちらかというとフルーティーで爽やかな甘さ。昔ながらなのかな?( ˘ω˘ )

そして何食わぬ顔で置いてあった90円バナナ!けっこう立派な体格なんですよこれ( *´艸`)

3本だけの房ですが、1本がかなりでかいのでまぁ~お得感ありありでした(^◇^)

味の方もかなり上等酸味はなく熟しすぎず、でもしっかり甘いのです。理想のバナナですな

そして前回は1Lのでっかいやつしかなかった小見川牛乳。今回は500mlがあったので押さえてきましたよ( *´艸`)

セロファンに紙のフタ!完璧ですね(*´ω`*)

そしてこいつを初めて使うときがやってきたようです!いや~ホームセンターで店員さんに頑張って聞いて入手したものの、あれから優に1年近く経ってるんじゃないでしょうか;つД`)とほほー

こうでしょこうでしょ!使い方がわからずしばし戸惑ったものの、初めてにしては美しく開きました(^^♪

いやぁ牛乳の方も実に濃厚でコクがありますよ!瓶から飲むからこれがまた……なんでこうもうまいんでしょうね;つД`)

これからは空き瓶をきちんと保存しておこうと思いますよ。ちゃんと紙のフタとセロファンも戻して(*´ω`*)

道の駅水の郷さわら
千葉県香取市佐原イ3981-2
0478-50-1183
9:00~19:00(4月~9月)・9:00~18:00(10月~3月) 年末年始休館
JR成田線佐原駅より徒歩15分
駐車場あり(普通車146台)

パスタタイプで食べた方がちょっとだけ贅沢な感じがしますね(*´ω`*)

前回はラーメンとしていただいたので、今回はパスタ風の方でいただいてみたいと思います

付属のミニフォークは必須ですね。これがないと一味落ちる気がします( ˘ω˘ )

ええと、ラーメンは全量でパスタは半分。残ったスープはお湯で割って飲むと(*´ω`*)

本当はパスタを食べてから空き容器にスープを作るんでしょうが、ここは焼そば弁当よろしく湯切りをそのままスープに使う方向で( *´艸`)

これでスープを片手にパスタがいただけるという、駄菓子にしてはかなり贅沢な感じになるわけです( ゚口゚)=3

できあがり~!ちょっと麺の方の味が濃すぎたかな……半分の調整って意外と難しいですな;つД`)

それはそうと実は先日、自分が昔駄菓子屋さんでよく食べていたカップ麺の情報を知りたくて、このペペロンチーノのメーカーである足利の「東京拉麺」に問い合わせてみたんです(*´ω`*)

なぜ東京拉麺に問い合わせたかというと、とにかくスタイルが似ているということですね……ブタメンのような縦型カップではなく、昔のペヤングのようなセロファンの蓋がある丼型タイプだったので、ちょっと前までの東京拉麺のスタイルにとても近いのです( ˘ω˘ )

自分の記憶にある限りの情報を伝えて、資料を調べていただいたり、その日不在だった上の方へ聞いていただいたりあらゆる可能性を一緒に考えていただいたりしたんですが、残念ながらはっきりした情報は得られませんでした……;つД`)

一個人の単なる思い出話にここまで真摯にお付き合いいただけるとは、やはりさすが老舗メーカー……お客を大事にしてるんだなぁとしみじみ思いましたね(´;ω;`)

ちなみにその記憶にある情報ってのは……

  • 東京都内の駄菓子屋で食べていた。
  • 時期は1980~1990年代あたり。
  • ベビースターラーメンのような縦型カップでなく、しんちゃんラーメンのような丼型のカップ。形も大きさもしんちゃんラーメンが一番近い。
  • 基本の味はチキンヌードル、バリエーションとして辛めのチャイナヌードル、カレーヌードルが50円で、みそラーメン、やきそばが60円で売られていた。
  • セルロイドの蓋に商品名が書かれた円形の厚紙が乗っていて、チキンヌードルが黄色、チャイナヌードルが赤、みそラーメンか焼きそばがピンク色のデザイン。
  • 商品名は「〇〇ラーメン」でなく「〇〇ヌードル」。ロゴデザインはカタカナで、文字の端が丸っこかった。
  • しんちゃんラーメンのようなキャラクターがデザインされていた可能性がある。チャイナヌードルは中華の服、カレーヌードルはインドの服を着ていた?ただし「しんちゃんラーメン」という名前ではなかった。
  • チキンヌードルは別袋なし、チャイナヌードルはスープが別袋で、かやくにねぎが入った醤油ベースだった。

……というまあ、かなりうろ覚えのところもあるわけなんですが、特にセルロイドの蓋に厚紙というスタイルの部分が、他に類を見ないんですよね……(´・ω・`)

そして何よりその当時、駄菓子屋さん向けにカップヌードルを提供していたメーカーがそんなに数あるわけないですし、しかもカップの形状もメーカーごとに特徴がはっきり分かれていたような気がするんですよね……( ˘ω˘ )

東京拉麺以外のメーカーで知る限り、ブタメンの前身であるカップのベビースターラーメンを出していたおやつカンパニーか、あと見たことがあるのはおかしメン日清くらいでしょうか……しかしいずれもカップヌードルのような紙蓋の縦型カップだったので、そこははっきり違うと言えるのです('ω')

OTC(受注生産)もあったそうなんですが、さすがにそこまで細かい記録は残ってないということで、問い合わせではいよいよここまでが限界でした;つД`)

通っていた駄菓子屋さんもすでになくなっているようですし、まあ気長に探していくとします

ミニカップ ペペロンチーノ
東京拉麺
58円
千葉鑑定団
「ミニカップ ペペロンチーノ」を買いに行く

草餅を餃子みたいにして食べるのさ!

まず草餅をぺたぺたとつぶして平たく均等にまぁるくなるように伸ばしていきます。そう、ちょうど餃子の皮を作る気持ちで( *´艸`)

そしてその真ん中にきな粉を適量、そのまま二つ折りにして端を繋いでいきます。そう、ちょうど餃子を作る要領(*´▽`*)

余ったきなこはかけちゃいましょう!これで栃木流の草餅が完成です

昨今は和菓子屋さんでもあんこの入ってない草餅なんて手に入りづらいので、手作りでもなければなかなか味わえないこの食べ方(*´ω`*)

かじると中にきな粉のざくっとした食感が入ってるのって、これがなかなかにうまいんですよ~( *´艸`)

栃木のいなり寿司はかんぴょうで巻くのです

久しぶりにとちぎないなり寿司を食べましたよ~(*´ω`*)

おあげと一緒にかんぴょうを煮て、酢飯を詰めた後にそのかんぴょうで巻く!これがかんぴょうの産地とちぎ流のいなり寿司の作り方(^^♪

かんぴょうの歯ごたえが加わって食感が実に独特!おあげと一緒に煮るから味は完全に馴染んで、歯ごたえだけが加わるのです

まぁ家庭料理だから栃木に行ったとて、お店ではなかなか食べられないのかもですが……(;´∀`)

かきもちってこでらんねぇですよね(*´▽`*)

かきもちスナック!煎餅の中でも圧倒的に好きですこのタイプ(*´▽`*)

でも全然店頭に並ばない……今回はまったく突然に見つけて、もはや目に飛び込んだ瞬間衝動買いof衝動買いですよ( *´艸`)

いやこのさっくり軽い食感程よい塩加減、そして香り立つ青のりの風味( ˘ω˘ )

こんなにシンプルなのに、これは下手するとかっぱえびせん以上に止められない止まらない感じさえします。お茶請けにもぴったりだけどお茶なんかなくたってあっという間に消費してしまいますよ;つД`)

工場だけど一応作ってるところも下野市だし、もうちょっと買い溜めしておくんだったかなぁ

スナックかきもち
大豊製菓工業
150円
「スナックかきもち」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    近場のほっこりスポットに小さな幸せが待っている予感がします。チャンスを逃さずに!

    本日のラッキーほっこりは クッピーラムネ です!

    これまでのおみくじ結果