1. 玄関
  2. とちぎ大好き!
QR
スマホで

とちぎ大好き!

名湯あり、名水あり。

あり、グルメあり。

湯あがりにうまい牛乳あり、空気の美味しい高原あり、世界遺産日光東照宮あり。

春はフラワーパークの幻想的な藤棚に、夏は足利の20000発花火大会……

そして秋の紅葉は華厳の滝に中禅寺湖に戦場ヶ原に映え、冬は雪国湯西川でかまくら祭りの灯をともす……

四季折々の美観美食をその土地土地いっぱいに湛える、関東の楽園とちぎの魅力を集めたコーナーでございます(^^)

かきもちってこでらんねぇですよね(*´▽`*)

かきもちスナック!煎餅の中でも圧倒的に好きですこのタイプ(*´▽`*)

でも全然店頭に並ばない……今回はまったく突然に見つけて、もはや目に飛び込んだ瞬間衝動買いof衝動買いですよ( *´艸`)

いやこのさっくり軽い食感程よい塩加減、そして香り立つ青のりの風味( ˘ω˘ )

こんなにシンプルなのに、これは下手するとかっぱえびせん以上に止められない止まらない感じさえします。お茶請けにもぴったりだけどお茶なんかなくたってあっという間に消費してしまいますよ;つД`)

工場だけど一応作ってるところも下野市だし、もうちょっと買い溜めしておくんだったかなぁ

スナックかきもち
大豊製菓工業
150円
「スナックかきもち」を買いに行く

このレモン牛乳、500mlの方がレアだそうです

ふっふっふ。先日ついに入手した針谷のレモン牛乳。しかしこれ、調べてみると実は500mlのほうがえらくレアなんだそうで( *´艸`)

ありますよー500mlも売ってるんですよー!レアと聞いてダッシュですよ

500mlの方はストローが付いてないのでコップで飲んでみました( ˘ω˘ )

あら!なんだ全然印象が違うじゃーん!こんなに甘かったんですね……ストローで飲むとわからんもんだ……;つД`)

しかし2度目となると飲み慣れたってのもあるんでしょうか、1度目よりもずっとうまく感じるんですよね

これは間違いない、飲めば飲むほど癖になる味ッ……!絶対また買いに行くぞΣ(゚Д゚)

おいしいレモン
針谷乳業
100円
「おいしいレモン」を買いに行く

いわゆるアイスクリームサンドイッチ

サクレのフタバからこんなアイスが出ていたんですね。実にこれはAndroid3.0のOS名に使われた「アイスクリームサンドイッチ」というやつですな( *´艸`)

相変わらずの格安バラ売りで、1個70円という駄菓子屋価格を実現。さすがでございます( ˘ω˘ )

休憩ブースでダラダラしていたらちょっと溶けちゃいましたが、これがまさしく昔ながらのシンプルなバニラとほっこりクッキーで純アイスクリームサンドイッチ(*´ω`*)

こういうタイプのアイスはさっぱりではないので普通はあんまり湯あがりに向かないんですが、この懐かしさがやっぱりなんとも湯あがり向きと言わざるを得ない……;つД`)

さっぱりとほっこりは温泉にいつまでもあるべき旅情の癒し要素なのであります

アイスクッキー
フタバ食品
70円
「アイスクッキー」を買いに行く

里のくりのフタバから、駄菓子価格のチョコバナナ( *´艸`)

チョコチョコバナナってネーミングがすでに駄菓子っぽくてほっこり。そして値段も今日日75円は駄菓子価格でしょう(*´▽`*)

チョコチョコってのはつまりコーティングだけじゃなく中にもチョコが仕込んであるという、つまりチョコ&チョコってことなんですが、そこをチョコチョコって言っちゃうところが( *´艸`)

あ、コーティングじゃなくてコーチングって書いてありますね!これはもう完璧にほっこりほっこりキャラです

こうやって持つとこれが意外にもずっしり。指が痛い;つД`)

それなりに大きいバナナ型アイスで、小さ目のバナナくらいのサイズはあります( ˘ω˘ )

外側のパリパリに加えて中のバナナ味からもパリパリ来るので、売り文句どおりに食感が何とも心地よい感じで良いですね

バナナクリームの味はこれはもういわゆる本物のバナナ味からは程遠い、いわゆるバナナフレーバーの味。でもチョコバナナアイスってのはこうでなくちゃあいかんのです(^◇^)

チョコチョコバナナ
フタバ食品
75円
「チョコチョコバナナ」を買いに行く

ついに入手、もう一つのレモン牛乳

レモン牛乳として名高いのはなんといっても「関東栃木レモン」ですが、レモン牛乳はそれだけじゃなかった;つД`)

針谷乳業の「おいしいレモン」!噂には聞いていましたがなかなか入手に至らず、今回たまたま寄ったスーパーでついにその姿を発見したのでありますヾ(≧▽≦)ノ

レモン牛乳という飲み物自体がなんとも味を想像しづらいものだけに、「もう一つの」ということになるとその差別化がどうなっているのか、実に気になるところでありました( ˘ω˘ )

そんな針谷乳業のレモン牛乳は、これがかなり別物!牛乳感がややさっぱりとしていて、レモンの香りも少し苦みを感じるようなレモンピールを強調する仕上がりになっているんですね( *´艸`)

どちらかというと栃木乳業のやつよりリアル志向なイメージ?甘味もあっさりしているので湯あがり向きなのはもしかしたらこっちかもしれません

駄菓子な感じはまったくせず、まさしく大人のレモン牛乳といったところでしょうか(*´ω`*)

あ、それと「針谷乳業」は「はりがいにゅうぎょう」と読むそうなのでお間違いなく( *´艸`)

おいしいレモン
針谷乳業
100円
「おいしいレモン」を買いに行く

赤ウインナーの独特な味わいは今でも健在なんですね;つД`)

この頃いろんな話題に触発されて、赤ウインナーってやつをどうしても食べたくなったんですが、今も売ってるのかな~なんてスーパーを物色してみたら、ありましたありましたよ;つД`)

普通の赤ウインナーとタコさんウインナーとあって、もちろん普通のにしようと思っていたんですが、よく見るとなにやら「あらびき」ですって……?(;・∀・)

うーんさすがにちょっと赤ウインナーであらびきは違和感あるなぁと、味優先でこちらのタコさんウインナーをチョイスしました

ただ目の穴と足の切れ目が最初から入っているからフライパンで焼くだけでタコさんの形になりますよってだけで、もの自体は純粋な赤ウインナーなわけです( ˘ω˘ )

しかしこうしてみるとタコさんウインナーってのは要するに、ウインナーに熱が加わることで勝手に反り返る力を利用して作るってことなんですね( *´艸`)

タコさんウインナーの作り方なんて知らなかったので、逆にいい勉強になりました

さて、さらに用意したのが我らが栃木生まれの名品、こちらのマルシンハンバーグさん!( ゚口゚)=3

すっかりレトルト食品と勘違いして湯煎してしまい、実は間違った味で満足していたのだという、前回のこっ恥ずかしい失敗談のリベンジでございます( ゚Д゚)うるぁ

今回はCMのとおりきっちりフライパンでじゅぅぅ~(^^♪

表面がさっくりとした食感になって実に美味!フライパンに残った油に中濃ソースを足して煮詰めて、油の甘味と焦げの香ばしさを加えたソースをかけましたが、これがまたうんまい(*´▽`*)

ただしかし、こうも思いました( ˘ω˘ )

このマルシンハンバーグの発売当時、築地で働く人に試食してもらったところ、「さつま揚げのお化けじゃないか?」と言われたそうなんですが、その言葉がなんとしっくりくる食感になったことか!( ゚Д゚)

まさに焼いたさつま揚げの食感にすごく近いんです。そして中に粗刻みの玉ねぎが入っていてたまにそのしゃりっとした食感が……いやますますもってさつま揚げですよ( ゚口゚)=3

やっぱ築地の人の言うことってのは的を得てるもんなんですねぇ

そしてお待ちかね赤ウインナーの喫食でございますよ( *´艸`)

いやぁ~この味この味!実に30年ぶりくらいになるかもしれませんが、全然変わってませんね~!;つД`)

何と言いましょうか、これは味付けなんでしょうかね?どうしてこうも普通のソーセージと味が違うのか?まさか肉が違うからってこともないと思うんですよね……(;´∀`)

そしてこの味で思い出すのが、昭和のお肉屋さんの匂い!この何というか鼻の奥を付く独特の……今でこそそんな匂いのするお肉屋さんは見つかりませんが、はっきり言って当時はお肉屋さんって全然いい匂いだと思ってなかったんです(;´∀`)がびーん

でもこうして赤ウインナーを食べると思い出す景色ってありますね~……ゲームセンターCXで作家の岐部先生が、「男の子は赤ウインナーが大好きなんですよ!」と言っていましたが、まったくその通りなのかもしれんです。ある種のソウルフード的な(*´ω`*)

ちなみにシャウエッセンみたいな高級粗びき路線が登場する以前、ウインナーといえばこの赤ウインナーを、そしてソーセージといえば魚肉ソーセージを指していたらしいんです(;・∀・)

つまりウインナーを買ってこいと言われたら肉屋さん、ソーセージを買ってこいと言われたら魚屋さんにおつかいに行く、ということで通っていたらしいんですね……(;´∀`)

そしてこれが一個人や一家族だけの間の話ではなく、学校の友達の間でも弁当のおかずの話題などで普通に通っていたらしいので、つまり一般的な社会通念だったということになるわけですよ;つД`)

今となってはまったく信じがたい話ですが、それが昭和って時代だったのですね

タコさんウインナー
プリマハム
138円

いただきものの栃木大信の餃子( *´艸`)

栃木大信の地粉餃子をいただいてしまったので、今宵はこやつと手羽先の中華風黒酢煮にしましょう( *´艸`)

手羽先の方はクックパッドにあったレシピをコツコツと仕込んでいきます

そして餃子は油を引いて餃子を並べて水をさっと入れて蓋して蒸し焼き……なんですが( 一一)

素人仕事ギャース!Σ(゚Д゚)インスタ映え!

冷凍餃子あるあるな失敗だと思うんですが、これがけっこうフライパンにくっついちゃうんですよ……なにか手順で間違ってることがあるのかなぁ;つД`)

いやしかし見た目はインスタ映えでもこれが味の方は!もう抜群にうんまいです(*´▽`*)

宇都宮の餃子って食べれば食べるほどどれもこれも普通じゃないですよね。方向性はあくまでも普通の焼き餃子なんですけど、どこのお店も一段階も二段階も味を進化させてるというか( *´艸`)

やっぱそうでないと宇都宮の激戦を勝ち残れないんですね……( ˘ω˘ )

ちなみに大信っていうお店は聞いたことないなーと思って調べてみたんですが、どうやら販売専門にやってるようですね(*´ω`*)

そして見様見真似の手羽先中華風。見た目はなんとなくそれっぽい('ω')

でも黒酢がなかったのでリンゴ酢で代用したからかなぁ、ちょっと風変わりな味です。それと骨付き肉のベタベタなやつは実に食べにくい!Σ(゚Д゚)かーっ

ま、こういうのも一興ですね( ˘ω˘ )

地粉餃子
栃木大信
1510円

尚仁沢の銘水で仕込んだ木綿豆腐(*´ω`*)

栃木から遠く離れた千葉の地で見つけた尚仁沢の木綿豆腐

塩谷郡塩谷町の「秀水」というメーカーで、銘水での豆腐作りを理念として設立されたようですね。こりゃ楽しみだ( ゚口゚)=3

良いお豆腐は何も足さないでいただくのが流儀ですので、そのままいただいてみましたよ( ˘ω˘ )

食感がものすごくしっかりしていて存在感がありますねぇ~……これは豆腐を一丁食べただけで腹がいっぱいになります。大豆をかなり惜しみなく使ってるんでしょう(*´ω`*)

しかしそれでいて、これは普通の豆腐の逆を行くと思うんですが、大豆の風味の方はそこまでがっつり強調していない感じがします

大豆の味を抑えていながらこれだけうまい豆腐というのは逆に、磨かれた水がなければ作れないということになるんじゃないでしょうか(^^♪

食感がしっかりしてるのに食材としてはどんな味付けにも繊細に対応できるという、なかなか珍しいコンセプトの豆腐なのかもしれません( *´艸`)

尚仁沢もめん
秀水
118円

朝食がけっこうおいしい足利の東横イン( *´艸`)

東横イン栃木足利駅北口栃木県足利市伊勢町1-1-6

ホテルに戻ってきました~!いやぁ呑んだくれたせいで喉が渇いて仕方ないので自販機……と思わせといてこういうときはやっぱりウマい水に限るのです( *´艸`)

給水器から水をがぶりがぶりと……はぁ生き返る

帰りのコンビニで酔い覚ましに良いものを買ってきたので、さっそく部屋に戻っていただきましょう(^^)/


その戦利品(?)はこちら~!(*´▽`*)

袋かき氷ゲットできたよイエ~イ!ヾ(≧▽≦)ノ

これもSNSで紹介されているのを見てずっと気になっていた一品!メーカーはサクレでお馴染みのフタバなんですよねぇ~

袋の裏には食べ方が載っていますが、まあ思った通りですね!袋をびりりと破って、そのままワイルドにいきましょう( ゚Д゚)

カップのやつより食感がずっとシャクシャクとしていて、酔っぱらった熱気にはらりはらりと心地よい涼味を与えてくれますよ~!キーンと夏ですね~(*´ω`*)

そしてもう一品はこちら、八ちゃん堂の冷凍むかん~(^-^)

もうおわかりの通り、8割方この箱のほっこりとしたデザインにやられた感じです

中には皮をむいたみかんが2個、かちかちに凍って入っていました。そのままかじるだけなんですね(^^♪

丁寧にお手拭きが同封されているあたりとか、もうドツボもいいとこです( *´艸`)

そのお味は……うおおお冷てぇ~!これがけっこう固いので、がりっとかじると歯に来ます!そして冷たすぎるからか、あんまりみかんの味が感じられない……ううむ(。-`ω-)

あ!!箱になんか大事なことが書いてある!!自然解凍してお召し上がりくださいですってー!?Σ(゚Д゚)がびーん

なんてやってるうちに時計の針は12時近く……明日もあるので風呂入ってとっとと寝ましょう!おやすみなさい⊂⌒~⊃。Д。)⊃


風呂入ってすぐ寝たから暑かった~!……というわけでおはようございマンモス( ˘ω˘ )

朝食付きなのでさっそくロビーに降りていただきましょう(^-^)

いわゆるビジネスホテルの朝食によくある、軽めのバイキング形式!和食でも洋食でも好きなだけって感じです(^^♪

煮物や味噌汁もあるので、ビジネスホテルだというのに朝からほっこり和のおにぎりプレートが完成です(*´▽`*)

あ、ちなみにシュウマイは足利シュウマイじゃなく普通のでしたよ

デザート代わりというわけじゃないんですが、せっかくなので食パンをトーストでチンしてジャムマーガリンもいただきました(^-^)

ちょっと焦げましたがさっくりうまふ。食後にコーヒーをほっこりいただいて、ごちそうさまでしたと( ˘ω˘ )


部屋に戻ってさくっと出発準備して、チェックアウトしまーす(^^♪

帰りに自販機をよーく見たらお酒だけじゃなくおつまみも売ってるんですね~( *´艸`)

こういうところがいかにもホテルの自販機っぽくて良いですね

そんな中に珍しくミスティオなんてものが売られていたので、移動用ドリンクに購入しときました( ^ω^ )

自分くらいの年齢になると、もう安室奈美恵がCMしてたくらいの記憶しかありませんですがのぅ

はい!今年もお世話になりました!また来年の足利花火大会でもよろしゅうお願いします(*´ω`*)

東横イン栃木足利駅北口
栃木県足利市伊勢町1-1-6
0284-40-1045
大人1名 4,800円~
カード可
チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00
JR両毛線足利駅北口より徒歩1分
駐車場あり(30台・300円)

THE居酒屋という雰囲気で一献(^^♪

一水栃木県足利市通2-14-1

今宵の杯は今回2回目となる昔ながらのTHE居酒屋、一水さんにお邪魔します(^^♪

いわゆるカウンター越しに大将と客が気さくに話ができる本当の居酒屋スタイルで、足利一帯あたりではこういうタイプのお店は珍しいのです( ^ω^ )

お通しは夏らしくさっぱりとくらげ酢( *´艸`)

お酒は八海山など新潟系に強いラインナップから、久保田の紅寿をチョイス

今日は刺身で攻めてみようと思いボードをチェック!とりあえず好物のつぶ貝に、ワラサを注文(^-^)

つぶ貝のコリコリした食感、良いですねぇ!ブリほどでないにしろワラサもけっこうしっかりウマい( *´艸`)

そして食べ比べって意味じゃないんですが、昼にもいただいた「つくね」を塩で(*´ω`*)

つくねは大好きなんですよねぇ……お店の「仕事」が入るから決して食べ飽きることもありませんし( ;∀;)

こちらのつくねはシンプルに鶏の旨味と焼きの香ばしさ、そしてほのかに甘いという、なんだかほっこり懐かしい味でした(*´▽`*)

ラストは光物2種。鯵のたたき〆鯖(^^♪

何故か今日は花火が始まる前からずっと〆鯖が食べたくて、そういうときにメニューに〆鯖があってくれたってのはほんとにうれしかったです( ^ω^ )

浅〆で脂も載ってて甘みがあって、酒が進む~!やっぱりなんたってこれが鯖の一番うまい食い方ですよね……くぅ~( *´艸`)

鯵のたたきも新鮮なやつを粗刻みにしてあって、噛むと旨味がにじみ出てきます(*´ω`*)

な~んてやっているうちにふと気づけば閉店間際まで居座ってしまった……花火終わりからだから時間も遅く、今回はお開きということにします( ˘ω˘ )

一水
和風居酒屋
栃木県足利市通2-14-1
0284-41-7045
3,000円~4,000円
17:00~23:30 日曜定休
足利駅から520m
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    なかなか良い感じです!癒しの時間を大切にすれば、はかどります。

    本日のラッキーほっこりは コンコンブル(旅猫日本茶) です!

    これまでのおみくじ結果