1. 玄関
  2. 売店 最新10件
  3. 湯あがりバー

売店

旅のおみやげ、癒しなつかしほっこり温泉グッズなどのご紹介です。

売店 最新10件
民芸品・食以外のおみやげ
置き物・ミニチュアのおみやげ
ビードロのおみやげ
食器のおみやげ
書画のおみやげ
手ぬぐい・風呂敷のおみやげ
石鹸・シャンプー・入浴関連のおみやげ
お香・アロマオイル・香りのおみやげ
名物・食品のおみやげ
菓子のおみやげ
つけもののおみやげ
味噌・醤油・塩のおみやげ
豆腐・湯葉・おあげのおみやげ
青果・穀物のおみやげ
水産加工品・干物・練物のおみやげ
つくだ煮・甘露煮・瓶詰のおみやげ
お茶・茶葉のおみやげ
地酒・地ビールのおみやげ
パンのおみやげ
ハム・ベーコンのおみやげ
牛乳・乳製品のおみやげ
その他食品のおみやげ
お風呂・くつろぎグッズ
手ぬぐい
温泉の素
石鹸・ボディソープ
マッサージ器具
湯あがり飲料
湯あがりアイス
湯あがりバー
お香・アロマオイル
室内造園
暖簾
行燈・常夜灯
湯あがりゲーム
レトロ・なつかしグッズ
ほっこりごはんグッズ
ほっこりお掃除洗濯グッズ
ほっこり文具
コンコンブル
レトロゲームグッズ
食品サンプル
食玩・ガチャ・100均グッズ
鉄道グッズ
トミカ・ジオラマカー
クリスマスグッズ
テレカ
フィギュア
健康・サプリメント
健康食品
ドリンク剤
薬用酒・薬味酒
常備薬
防災・サバイバルグッズ
保存食・保存水
映画・番組レビュー
スター・ウォーズ
タートルズ
アクション映画
その他の映画
おもしろ
おぼっちゃまくんコーナー
QR
スマホで

湯あがりバー

温泉旅館にもバーがありますが、そんな気分を手軽に味わう湯あがりほっこりなお酒たち。懐かしのトリスやサントリーレッド、ないしは黒ラベルにキリンラガー、おつまみは軽いやつが良いですね

あの蒲焼さん太郎に嬉しい大人買いバージョン( *´艸`)

スーパーのおつまみコーナーに何やら見覚えのあるパッケージが!あの蒲焼さん太郎にまとめ買いバージョンが出てましたね~( *´艸`)

これで大人が「今日のビールのお供は蒲焼さん太郎だ!」って思ったときに、子供たちに混じって低ーいところにある蒲焼さん太郎をせっせとかき集めなくても良いってわけですね!;つД`)助かるわ~

文言もこりゃ完全に大人仕様!本来ならここには「お父さんのおつまみに~お小遣いがもらえること請け合い」みたいなコロコロコミック的なことが書いてあるんですが、やっぱり変わってましたね~(*´ω`*)

うおお!やったぜ大人買い!こういうウマい系駄菓子をまとめてかじるのはガキんちょの頃からの夢でございました!大人になると冷静になってしまってなかなか踏み切れないもんでしたが、これなら簡単に実現しますな(*´▽`*)

あ、でも意外と固くて無理だなこりゃ……それに味が濃いから血圧が……大人は大人でいろいろと問題出てきちゃってやっぱり無理はできんですなぁゲッホゲホ(´;△;`)

ストラップも久々に引っ張り出してみましたが、しかしこれもまた昔からパッケージデザインが変わらない、化石的なロングセラー商品なのがわかりますね

蒲焼さん太郎(10枚入)
菓道
120円
「蒲焼さん太郎(10枚入)」を買いに行く

よく駄菓子屋さんでお世話になった昔ながらのこの味!実は足利出身

とにかく自分はこの手の駄菓子ラーメンが本当に好きで、これのカップ麺タイプのやつは当時駄菓子屋さんで一番よく食べた駄菓子なんじゃないかなぁ……買ったその場でおばちゃんにお湯淹れてもらうアレね!( ;∀;)

そのラーメンが何だったのか、今もってはっきりした情報は掴めずにおりますが、縦型カップのベビースターラーメンじゃなく、この平べったいタイプの麺だったのは間違いないのです!( ゚Д゚)

というわけで今回は袋めんタイプの東京拉麺揃い踏み!さらにパッケージに写ってる調理法を完全再現してみようという企画でございますヾ(≧▽≦)ノ

まずはこれから!東京拉麺基本のキ!昔ながらのチキン味からいってみましょう!うーんしかしいきなりハードル高いなこの半熟たまごの感じ……;つД`)

ま、ちょっとあそこまでふわふわの白身を作るのは流石にご愛敬ということで……ただしねぎはちゃんと細ネギにこだわってみましたよ!( *´艸`)

やっぱこの味!駄菓子屋さん脇のコスモスの20円ガチャをテーブル代わりにして啜っていたあの風景が蘇ってきますね~!この味にはやはり透明なプラフォークが必須ですね

続いて!エビ香るアッサリ豚骨!いやこれは自分の時代にはまぁなかった味なので懐かしむ要素ってのはあまりないですが、逆に新鮮でどんな味なのか楽しみですね~(*´ω`*)

冷凍エビを戻して乗せて、そこに細ネギの先端を切り揃えたものを添えて……うん、パッケージの写真どおり実に彩り豊かになりました(*´Д`)

トンコツにエビの香りってのがまた斬新のような感じがしますが、これが旨味が重なってかなりイケます!思ったより素直なあっさり味で、どちらかというとエビ塩寄りなスープかも?( ˘ω˘ )

そしてカレー風味のチキン味!いわゆるカレーヌードルの思い出と言えば、当時は10円高い60円の部類だったので手が出なかったってことですかねぇ……;つД`)

でも駄菓子屋によってはこのカレーヌードルがバカ売れだったのか、店中にこのカレーの香りが充満してるところもあって、あれがなんかすっごく羨ましかったですな~(´;ω;`)

小口切りの人参ジャガイモ、それにパッケージでは豚バラのようになってますが、ここはちと童心に帰る目的も込めてウインナーをチョイス!そして彩りに乾燥パセリをぱらぱらと( *´艸`)

いやウマいですね~!やっぱりカレーヌードルは安定のストライク!豚バラをウインナーにアレンジしたのも良かったかも!全体的に絶対子供が好きな味になりました(*´ω`*)

そしてラスト、ピリ辛にんにくラーメン!辛い駄菓子麺というと、自分がよく食べていたのは「チャイナヌードル」という名前でしたね、確か(^-^)

味付け麺じゃなくスープが別袋になっていたのを覚えています。それなのにノーマルチキンヌードルと同じ50円!何となくお得感があったのと、やっぱり味がうまかったので自分は当時それを集中的に食べていましたねぇ(^◇^)

フライドガーリックももちろん手作り!そして小ネギに……この赤いのが何なのかわからずしばらく困っていましたが突き留めました、糸切り唐辛子というシロモノらしいです( ^ω^ )

全体的に一番ジャンキーな味に仕上がって満足です!子供向けだからかもですが辛さは見た目よりずっとマイルドで、でもガーリックのパンチが効いて旨味が弾ける感じ!当時自分の中でこの手の味と言ったら、駄菓子ではリスカのハートチップルですかね( ˘ω˘ )


さて一通り戴いてみましたが、どれも駄菓子らしいチープさの中に飽きの来ない工夫があって実にうまかった……4つの味で1番を挙げるとすると、やはりカレーかな~……幼少期にもよく駄菓子屋さんで嗅いだ懐かしい香りで、今食べても素直に一番うまいと思える味でした

夏には本場足利の東京拉麺を訪れてみようかと計画中。意外なところで自分の幼少期の思い出とあの足利の街が繋がっていたと知ったときは、なんだか1人でやたら感慨深い思いに浸りましたよ……;つД`)

東京拉麺
東京拉麺
100円
ダイソー
1962年(昭和37年)9月発売
「東京拉麺」を買いに行く

湖池屋からのりと柚子こしょうという黄金タッグポテチ

高級感溢れる柚子こしょう風味のポテチを発見!のりしおの元祖湖池屋から、ありそでなかったこの組み合わせ!こ~れはもう見るからにイケそうですね~(*´ω`*)

パッケージデザインのベースが黒基調でちょっと和風ってたまりませんよね!のりしおポテチにこんな渋いイメージを充てるなんて、さすが粋な江戸のポテチ屋さん湖池屋( *´艸`)

袋を開封するとさっそく柚子こしょうの良~い香り!うん、思ったとおり柚子こしょう、のりしおの味と実にマッチしますね~!はりっとしていて華やかな香り、そしてぴりっと辛い江戸っ子好みの味という感じ(*´~`)

こりゃビールも日本酒もイケそう!もちろんポテチだからコーラとかでも良いですけどねぇ( *´艸`)

強烈なインパクトがありながら上品でバランス良く仕上がっていて、おやつにもおつまみにも止められない止まらないという逸品です(*´Д`)

ポテトチップス のりと柚子こしょう
湖池屋
155円
2018年(平成30年)1月28日発売
「ポテトチップス のりと柚子こしょう」を買いに行く

リスカの地元常総市ではでっかいシンボルにもなってるこの駄菓子

リスカといえばこの日本一なが~いチョコ!実は同社から出ているBIGチョコの方が長いなど、数々の謎もあるこの一品ですが、なにしろリスカのチョコパフ菓子はどいつもうまいから好きですよ~( *´艸`)

ちなみにリスカの地元の茨城県常総市にはこいつのバカでっかいシンボルオブジェも存在するくらい、リスカの主力駄菓子であり歴史もなかなかにあるこやつ(*´Д`)

でも自分が駄菓子屋現役だったころにはまだなかったかな~……後程コンビニの駄菓子コーナーで初めてお目にかかった気がします

素直にやさしい甘さのチョココーティングにナッツが散りばめられ、内側は輪っかのパフで軽~い食感!チョコとしては一番好きなスタンダードなタイプのお味がなが~く楽しめるのです(*´ω`*)

スーパーBIGチョコがなぜか冬季限定商品なので、普段はこっちをばりばりとかじっております!ウイスキーのお供にも最高ですね

日本一なが~いチョコ
リスカ
30円
「日本一なが~いチョコ」を買いに行く

暴君がチップスになったってなにも変わりゃしないじゃないの( ;∀;)

ええと、暴君ハバネロってまずどんなお菓子だったかってことから思い出さねば……確か辛いポテコだったと記憶しております。今回はそれをポテチ化したってことでしょうか……って、それじゃ基本的に何にも変わりゃしないんじゃないですのん!?( ;∀;)

あ、でもウマ辛サラミ味って書いてある!黒胡椒練り込み……おお、良いんじゃないの良いんじゃないの?いつものヒーヒータイプの暴君じゃない、いかにもビールに合うテイスト方向で期待値が高まってまいりました

まず開封直後からの香りがまさにサラミな感じでけっこう素敵ですね~!自分は大好きですよこういうワイルドな感じ!そして口当たりに来るペッパーの爽やかさ、後から来るいつもの暴君の温かさ!なかなか癖になります(*´ω`*)

ちょいと癖があるところこそまさに癖になるところなわけなんですが、ハマらない人にはハマらないのかな~こういうの……ビールに完全にマッチングすることは間違いないお味ではありますが、どうでしょうね~( *´艸`)

暴チップス
東ハト
122円
2017年(平成29年)8月28日発売

みんな大好きむぎチョコ駄菓子の高岡製菓版

見たことないむぎチョコ駄菓子をまた発見したのでゲットしてきました~!まぁ言ってもむぎチョコはむぎチョコなんで、大きく王道を逸れるなんてことはまずあるはずもなく、逆にこれだよっていう素朴な味でなきゃいかんのですがね~(*´Д`)

じゃあいったい何を期待してゲットして来るのか?うーんこれといって期待ってのはないんですが、とにかく新しい駄菓子の発掘ってことでしょうかね。安心して食べられるってことも大事ですからのぅ( ˘ω˘ )

メーカーの高岡食品工業は兵庫県にあります。やっぱり西のほうが駄菓子の歴史もありそうで、特に名古屋はクッピーラムネなどの有名どころをはじめ多くのメーカーがひしめいている、駄菓子の聖地といった印象ですね( *´艸`)

ちなみにお味のほうは子供から大人までっていう、どストライクなむぎチョコ味!甘みのあるチョココーティングに香ばしい煎り麦の香り!王道ですね~これですよこれ

そういえば自分が駄菓子屋現役だった昭和時代って、駄菓子屋さんにむぎチョコ売ってませんでしたよね?普通にスーパーとかで購入するいわゆる「お菓子」の分類だったと思うんですが、今思うとこんなにも駄菓子らしいものがどうして駄菓子に分類されてこなかったのか……甚だ疑問でございます( ゚ー゚)

むぎチョコ
高岡食品
30円
「むぎチョコ」を買いに行く

見慣れないカツの駄菓子を発見!しかも辛い(^-^)

菓道のBIGカツすぐるのビッグカツケイエスのちびカツも加えるならこいつは第4のカツ駄菓子ということになりますか!いや~カツの駄菓子っていっぱいあるんですね~(^-^)

これまた広島の全珍というメーカーから出ているものですが、50円のメガトンソースカツっていうのが有名らしいです。むしろそっちもお目にかかったら食べてみたい……いったいどうメガトンなのか( ゚Д゚)

見た目からはこれまでのカツ駄菓子たちとほぼ違いが感じられません。ソースのラインが縦方向ってのが特徴かな?

そしてお味。すり身と衣部分はほぼ同じでしょうか。問題はソース!うん、こりゃあ辛い!実にウスターソースな辛さがピリピリと来ますね!あ、自分これ好きかも( *´艸`)

とんかつ用のソースっていうと甘くてぽったりしてるあのとんかつソースが浮かびますが、ウスターのさらりとした辛い風味もかなりイケますね(^^♪

昭和平成ヒット商品 洋食編

昭和の昔、日本で最初に登場したソースはイギリス流のウスターソースだったらしく、かつてコロッケなどの揚げ物はウスターソースで食べていたと、昭和ヒット商品の番組では言ってましたねぇ

つまりこの方が元祖とんかつの味に近いと、自分は定義付けする次第であります。ええ、趣味ですとも完全に;つД`)

ソースカツ
全珍
30円
「ソースカツ」を買いに行く

東北3袋目はしょっつる鍋味ポテチ(^-^)

全国ポテチ行脚、東北3袋目は秋田の味しょっつる鍋味!しょっつるって食べたことないんですよね~……独特な味がするとは聞いてますが、まさかポテチで食べることになるとは( *´艸`)

パッケージのデザインはこれ、何でしょうね?提灯がたくさんなので秋田の祭りといえば竿燈祭りでしょうか。行ってみたいですのぅ~(^-^)

見た目にはシンプルなポテチ。匂いも割と普通ですが、一口食べるとなるほどこれは独特な味わい!これが魚醤ってやつなんですね……何とも表現しきれない、複雑な香りのハーモニー

これはポテチにしてビールのお供というより日本酒のお供でもばっちりいけそうな感じ。まさにTHE日本っていう芯のある風味でございます(*´ω`*)

魚偏に雷と書いてハタハタ、または魚偏に神とも書きますね日本三大魚醤と言われる味、やっぱり一度は本物を食べてみたいものです(*´Д`)

ポテトチップス 秋田の味 しょっつる鍋味
カルビー
98円

一見するとキャベツ太郎な駄菓子

たこやきをそのままパフにしたような、わかりやすいスナック菓子。何気にけっこう昔から好きでよく食べてました( *´艸`)

いつからかオタフクのお好みソースを使用するようになったんですね……ますますほんとのたこ焼き的な味になりそうな予感が( ˘ω˘ )

見た目からしてたこ焼き!と思いつつ、ソース味でこの形って言うとやっぱりキャベツ太郎が思い浮かびますなぁ

メーカーはジャパンフリトレーってことで、当時は駄菓子サイズではなくスーパーに並ぶお菓子サイズしかなかったんじゃないかな……今は24gの小さいサイズがあってますますキャベツ太郎とガチンコな感じに( ゚口゚)=3

発売日はなんとキャベツ太郎と同じ1981年。お味はたこやきらしい甘口ソースで、キャベツ太郎と比べるとマイルドで食べやすいので、いわゆる駄菓子的というよりは比較的高級感のあるパフとなっております( ˘ω˘ )

元祖たこやき亭
ジャパンフリトレー
40円
1981年(昭和56年)発売
「元祖たこやき亭」を買いに行く

東北2袋目は山形芋煮味

東北2袋目、通しでは9袋目となる今回は、山形の味山形芋煮味!えええポテチですよこれ?芋煮味のポテチ!?( ゚口゚)=3

芋煮ったら里芋ですよね?しかもポテチは揚げ物なのに、そこに煮物の味を持ってくるという、なんかすごい際どい発想ですなぁ(;´∀`)

ちなみにこのパッケージは山形花笠ですかね?「井」の文様が入った紺色の生地、山形らしいとてもほっこりする味わいですね

さぁてお味の方はどうなんですのよ?あ!この香りはなんとも芋煮っぽい!ポテチで味わうはずのないものすごい根菜感!すげええけっこうちゃんと再現されてますねこれ( ゚Д゚)

揚げたじゃがいもを食べているはずなのに煮た里芋の味がするっていうこのなんともねじれた感覚が新しい!あ、でもよくよく考えてみたらラーメン味のポテチとかだってそれに近い発想なのか……芋煮味のことを考えるまで全然気づかなかったぜ;つД`)

ポテトチップス 山形の味 山形芋煮味
カルビー
98円
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    なかなか良い感じです!癒しの時間を大切にすれば、はかどります。

    本日のラッキーほっこりは お餅入りおしるこ です!

    これまでのおみくじ結果