1. 玄関
  2. 売店 最新10件
  3. ほっこり文具

売店

旅のおみやげ、癒しなつかしほっこり温泉グッズなどのご紹介です。

売店 最新10件
民芸品・食以外のおみやげ
置き物・ミニチュアのおみやげ
ビードロのおみやげ
食器のおみやげ
書画のおみやげ
手ぬぐい・風呂敷のおみやげ
石鹸・シャンプー・入浴関連のおみやげ
お香・アロマオイル・香りのおみやげ
名物・食品のおみやげ
菓子のおみやげ
つけもののおみやげ
味噌・醤油・塩のおみやげ
豆腐・湯葉・おあげのおみやげ
青果・穀物のおみやげ
水産加工品・干物・練物のおみやげ
つくだ煮・甘露煮・瓶詰のおみやげ
お茶・茶葉のおみやげ
地酒・地ビールのおみやげ
パンのおみやげ
ハム・ベーコンのおみやげ
牛乳・乳製品のおみやげ
その他食品のおみやげ
お風呂・くつろぎグッズ
手ぬぐい
温泉の素
石鹸・ボディソープ
シャンプー
マッサージ器具
湯あがり飲料
湯あがりアイス
湯あがりバー
お香・アロマオイル
室内造園
暖簾
行燈・常夜灯
湯あがりゲーム
レトロ・なつかしグッズ
ほっこりごはんグッズ
ほっこりお掃除洗濯グッズ
ほっこり文具
コンコンブル
レトロゲームグッズ
食品サンプル
食玩・ガチャ・100均グッズ
鉄道グッズ
トミカ・ジオラマカー
レトロアメリカン
クリスマスグッズ
テレカ
フィギュア
健康・サプリメント
健康食品
ドリンク剤
薬用酒・薬味酒
常備薬
防災・サバイバルグッズ
保存食・保存水
映画・番組レビュー
スター・ウォーズ
タートルズ
アクション映画
その他の映画
おもしろ
おぼっちゃまくんコーナー
QR
スマホで

ほっこり文具

モノ消し、ヤマトのりにチューブのり、トンボえんぴつにロケットえんぴつ、シャーボなどのほっこり懐かしい定番の文房具たちを紹介します(*´▽`*)

幼稚園とかでよく使ってました、チューブタイプのヤマト糊(*´Д`)

いやーもうこのタイプのヤマト糊はとっくに生産中止になってるものと思ってましたが、まだあったんですね~!ダイソーの文房具コーナーで発見しましたよ(*´▽`*)

平仮名で名前を書いて、「おどうぐばこ」にしまっていたあの頃……振り返れば幼稚園時代でしょうか……今となっては遠い昔のようでいて、意外と記憶があるものだったりします

昔、自宅にはこのチューブのタイプがありました。色使いもいかにも原色チックな緑のチューブに黄色の蓋……変わってませんね~昭和の匂いがそのまんま……懐かしい;つД`)

チューブの質感も、いわゆる絵具とかのそれのような金属的な形状記憶をするタイプと違って単純なビニール製なので、何かこう分厚いもったりしたものをふにゅぅ~っと絞る感じなんですよね……そしてまたこの凹凸で印字されたYAMATOの手触り。完全にあの頃のまま、まったく変わってないですよ( ˘ω˘ )

そしてこちらはカップタイプ。自分はこのタイプにはあまり馴染みはないんですが、この昔ながら感溢れる青と黄色の垢抜けない色使いと言い、たまらんですよね~(*´Д`)

そう、そしてこの白いタイプの糊といえば独特の匂いがあるんです!先日買ってみたフエキ糊にも確かにありました、あの懐かしい香り!これを使って作られた掲示物とかはもうすーぐわかる( *´艸`)

そうそうこんな感じ。ちょっと固めに作ったくず湯みたいで、間違って食べちゃいそうですよね。あ、だから匂いを付けてあるのか……間違って幼児とかが食べちゃわないように(;´∀`)

蓋の裏にニンジャみたいに隠れていた付属のミニスプーンで掬ってみると……あれ?匂いがないだと!?なにぃー!外側はレトロなままなのに、中身はしっかり進化してるってのかこやつ!え、じゃあ何ですか、さっきの理屈からするとつまり……間違って食べても安全になったってことかー;つД`)

うん。フエキ糊の方からは確かに昔ながらのあの良い香りがしてくる……よく見比べると質感も少し違いますね……ヤマト糊の方はちょっと色が薄くてヴェポラップみたいな透明感が……(;・∀・)

チューブの方も同じく香りなし!そりゃそうだ……うーん、なんという複雑な気分になる結末でしょう。馴染みのないフエキ糊の方がむしろ昔ながらを感じてしまうこの違和感!もはや中身だけ入れ替えてしまいたくなるこの気持ち。もやもやするなぁ~;つД`)

ヤマト糊
ヤマト
100円
1899年(明治32年)発売
「ヤマト糊」を買いに行く

100均で見つけた昔ながらのプラケース糊(*´ω`*)

良いですね!いかにも幼稚園から小学校低学年の「おどうぐばこ」に常備していそうな、このほっこりな出で立ち!座りの良い形にまぶしいくらいに明るい黄色……いかにも「良い子の糊」って感じがします

しかし「フエキ糊」ってのは聞いたことがありませんが、ヤマト糊と同じくらい歴史がありそうな雰囲気は持ってますよね……(´・ω・`)

蓋にも「フエキ」。自分の中で「でんぷん糊」と言えばなぜか夏の季語。スイカとかが良く似合う不思議……自由工作とかとイメージが結び付くからかな……?( ˘ω˘ )

後ろ側には「不易糊工業株式会社」の文字。なるほどフエキってのはそのフエキなんですね……って、不易ってどういう意味じゃ?(;・∀・)

……ふむふむなるほど!「時代を通じて変わらないこと」か!良いですねぇ~そういうコンセプトはまさにレトロ志向(*´▽`*)

かぱっと蓋を開けると、なな~んと懐かし~い匂い!これだよこれ!昔ながらのでんぷん糊の匂い!良いですね~嗅覚から懐かしさを覚えるってのは滅多にできないことでして……香りの懐かしさってのは本当に琴線に直接的に訴えてきますのぉ~( ;∀;)

薄紙の上に小さなヘラがちょこんと付いてるのも良いですね!もともと不器用な方だったので、昔はベタベタする糊なんて扱いに困るだけで好きじゃなかったんですが、今はもうこういう地味な心遣いにもいちいちほっこりしてしまう年頃ですよ( *´艸`)

いかにもでんぷんっていう質感のこの白さと感触!こんなのをペタペタ塗りたくって作ると言えば、色紙を細く切って輪っかを作ってチェーンみたいに繋げていく昔ながらのあの装飾でしょうか(*´Д`)

誰しもが幼少期に通るホームメイドでハンドメイドなおもてなし!そんな純粋な気持ちが蘇るような懐かしさが詰まっている一品なのでした

フエキ糊
不易糊工業
100円
1895年(明治28年)発売
「フエキ糊」を買いに行く

通称ヤマトのり。このジャイアンツカラーが昔から定番ですね(*´▽`*)

子供のころからヤマトのり。学校の道具箱に入ってるのりといえば、このジャイアンツカラーでした

真っすぐのノーマルタイプが主流ではありましたが、Lっていうこのアンメルシンみたいに折れ曲がったタイプも昔からありましたね~(*´▽`*)

紙、セロハン、布用とあります。え、セロハンなんて接着できるんですかこれ?接着する機会なんてなかったから先入観ではありますが、ビニール的なものは一括りに無理だと思ってました(;´∀`)

ちなみにメーカーはヤマト株式会社って言うんですね。ヤマトのり専門の会社みたい……しかも所在地は日本橋創業は1899年。老舗ですなぁ( ˘ω˘ )

こういうスポンジタイプののりを最初に出したのってやっぱりヤマトなのかな?それ以前にはチューブタイプののりが主流だった気がしますが、実はあれもヤマトだったんですってね(^^♪

ある年代以前の人は「ヤマトのり」っていうとそっちのでんぷんのりタイプを思い起こすかもしれませんね。自分はちなみにちょうど過渡期で、このアラビックヤマトが世に登場したころに小学校にいたんだと思います

この内蓋にいつもやられる自分です。あれ、出ないな~おかしいな~不良品じゃないの?あ、内蓋取ってない!っていう;つД`)メガネメガネ的な

リップスティックみたいなのりが出たときも革新的だなーと思いましたが、よくよく使ってみるとそんなに使い勝手は変わらんですよね(*´Д`)

そしてこのタイプはなんたって、使い込んでくるとパリパリに固まったやつを剥がすのが楽しみになってくるわけですよ

アラビックヤマト
ヤマト
199円
1975年(昭和50年)発売
「アラビックヤマト」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢はです!

    ご朱印を始めるならこのくらいの運気の時が良いのかもしれません。いかがですか?

    本日のラッキーほっこりは まだある。今でも買える"懐かしの昭和"カタログ 駄菓子編 です!

    これまでのおみくじ結果