1. 玄関
  2. お風呂 最新10件
  3. 茨城県のイベント・景勝地

お風呂

温泉紀行や観光、町おこしイベント、季節のイベントを訪れた記録です。

お風呂 最新10件
ゲームコーナーのある温泉
レトロな空間・イベント
道の駅めぐり
タオルコレクション
名刺コレクション
温泉紀行
冬ならではの絶景~雪中日光踏みしめ湯旅
小京都の花火~小江戸の風情をたずねて
新春の川治をたずねて
晩秋の奥日光~東照宮をたずねて
中秋の那須湯本~茶臼岳をたずねて
初夏の益子~塩原元湯をたずねて
春分のいわき湯元にフラガールをたずねて
紅葉真っ盛りの奥日光をたずねて
日帰りぶらり
冒険と極上グルメの飯岡日帰り旅
紅葉とグルメの奥久慈日帰り旅
今回もサプライズ多数の銚子日帰り旅
下町の風に吹かれて柴又をぶらり
小江戸日和な佐原日帰り旅
リピート温泉宿
塩原元湯温泉「ゑびすや」
日光湯元温泉「白根荘」
温泉宿
川治温泉「柏屋」
那須湯本温泉「民宿 松葉」
湯ヶ島温泉「たつた」
いわき湯本温泉「松柏館」
湯西川温泉「はたご松屋」
鉛温泉「藤三旅館」
鬼怒川温泉「七重八重」
温泉じゃない宿
ビジネスホテル・シティホテル
キャンプ場
立ち寄り湯・足湯
栃木県の立ち寄り湯・足湯
茨城県の立ち寄り湯・足湯
千葉県の立ち寄り湯・足湯
東京都の立ち寄り湯・足湯
イベント・景勝地
岩手県のイベント・景勝地
福島県のイベント・景勝地
群馬県のイベント・景勝地
栃木県のイベント・景勝地
茨城県のイベント・景勝地
埼玉県のイベント・景勝地
千葉県のイベント・景勝地
東京都のイベント・景勝地
神奈川県のイベント・景勝地
静岡県のイベント・景勝地
長野県のイベント・景勝地
旅の風情を楽しむ
田んぼでおにぎり
温泉街と駄菓子屋さん
キヨスクと車窓の思い出
QR
スマホで

茨城県のイベント・景勝地

笠間焼の里、西山荘、花園渓谷、袋田の滝など、茨城県の景勝地、偕楽園梅まつりなどのイベントを記事にしていきます

水戸でもう一つの目的は、納豆探し!

おみやげや プラム水戸茨城県水戸市宮町1-1-1

かねてより友部や笠間のパーキングエリアに寄った際、必ずと言っていいほど仕入れていただるま納豆。今回水戸までやってきたもう一つの目的は、究極の納豆を仕入れること

事前にだるま納豆の工場に電話で尋ねたところ、梅まつりのこの日は工場が休みとのことで、工場直売は断念。代わりに水戸駅にあるプラムという店に卸しているという情報をゲットしていたので、弘道館から徒歩で向かうことにしました(^^♪

そもそもネットで見ていて狙っていた納豆は「味ぐるめ」と「伝承納豆わら」の2品。しかしここはやはりお土産店、ここまでこだわった品は見当たりませんでした( ;∀;)

しかし、その次の候補になっていた「わら納豆1本包」と「経木納豆」、そして「黒豆納豆」をきっちり仕入れることができました(*'ω'*)

まずこちらが「わら納豆1本包み」!茨城県産小粒大豆にこだわった本格藁苞納豆です

藁は飾りかと思ったら、ちゃんと直接包んであるじゃないですか!これは、期待できます!きちんとした製法で作られてるっぽい(^◇^)

魯山人の言葉通り300回混ぜて食べてみると、藁の香りがほのかについていて、パックのものより水分が少なく苦みも強く、納豆としての主張はこの上なく強いです!これぞ本物の納豆という感じで、納豆らしさを完全に味わえた一品ですね

そして、経木納豆!こちらも茨城県産小粒大豆使用で、松の皮の経木に包んだ三角形の納豆です

経木も昔から納豆の包装としてはポピュラーだったようですが、今ではすっかり見なくなりました(´・ω・`)

こちらも必死に300回混ぜてからいただきました。そろそろ腕が疲れてますが、甲斐はあります。松の経木ということで確かに香りが移っていてなんとも良い感じです

こちらは藁のものほど主張は強くなく、食感もふっくらとしていてパックのものに割と近いです。飯のおかずは言うまでもなく、酒のお供にもいけそうですね('ω')

そしてこちらは変わり種、黒豆納豆

船の形をした松の経木に収まっています。これも香りが良さそう(*'ω'*)

気合でまた300回混ぜました!こちらは黒豆独特の香りもしっかりあって、普通の納豆とは一味違いますね!これはこれでかなりウマい

そしてこちらは定番、ころころ納豆!干し納豆は硬くてしょっぱいイメージが強いですが、これは弾力があって塩分もそんなに強くなく、やめられない止まらないになっても体にやさしい一品です('ω')

そして最後に、納豆ではないですが、試食があまりにうまかったので買ってしまった黒糖干し梅(*'ω'*)

もうこの甘酸っぱさは、梅干しじゃないみたいです(^^♪

この乾燥食材2つを、お茶漬けにしてさらさらといただきました!うまぁ~い(^◇^)

おみやげや プラム水戸
茨城県水戸市宮町1-1-1
029-228-9363
1,000円~2,000円
7:30~21:00 年中無休
JR水戸駅徒歩2分

水戸の梅と言えばここも定番、弘道館

弘道館茨城県水戸市三の丸1-6-29

水戸市内はただ駅前だからというだけでなく、やっぱり城下町なんだなぁと思うのがこの迷路のような路地の造りですかねぇ……ああ走りづらい(;^ω^)

そんなこんなで水戸の梅では必ずセットになるのがここ弘道館水戸藩校として建設されたここは、日本初の本格的な学び舎として名高いですね

館内を観る前に、明るいうちに庭の梅を愛でましょう('ω')

この藁敷きの道、すご~く歩きやすくて良いですね!梅の風情ともぴったりで、ああ水戸だなぁとつくづく思いました(*'ω'*)

外周をぐるっと一周した逆側には、広場が。文武両道の弘道館らしい、対試場ですね。流鏑馬かとも思いましたが、広さ的にぜんぜん違いますね('ω')

烈公梅としだれ梅。こちらも見事です。烈公梅は徳川斉昭の別称「烈公」の名を冠する梅で、水戸の6名木の一つに挙げられる品種だそうです

館内に上がると、尊王攘夷の掛け軸が目に飛び込んできます。まるで禅の道場のように森閑とした、威厳ある佇まいに引き締まります(*'ω'*)

そして弘道館と言えばこの斉昭公の句('ω')

行く末も 踏みなたがへそ 蜻島 大和の道ぞ 要なりける

大意として、「行く末もわが国古来の道徳『大和の道』を踏み違えてはならない。」とありますが、黒船来航から列強国を知り、日本は変わらなければならない中で、絶対に譲ってはならないものがあると説いているような気がします(´・ω・`)

途中、黄色の美しいサンシュユが見える廊下がありました。庭園散策の際ももちろん見ましたが、梅とのコラボが美しいんですよね

ふと畳をようく見ると、葵の御紋じゃないですか!いいですねこれ!こんな畳あるんですねぇ(*'ω'*)

そして最後に、ここ弘道館の卒業生として世の頂点に立った有名人といえば、第十五代将軍徳川慶喜その人ですね

こちらはその写真だそうですが、一般的に徳川の五名君と謳われる初代家康、三代家光、五代綱吉、八代吉宗、そして十五代の慶喜……その慶喜がこんなにも将軍っぽくない感じだったとは驚きです。いわゆる時代劇や大河ドラマで作られたイメージのせいでしょうけど、自分の目からはもう落語家の師匠のようにしか……(´・ω・`)

どうも大政奉還を成し遂げた以前に、彼は政治の頂点に立つようなことはそもそも好まなかったそうで、そういう人柄のほうがこの写真からはひしひしと伝わってくる気がしました

弘道館わきには、お土産ショップにもなっている拓本のお店があります。こちらは、昔から弘道館ゆかりの拓本を作ってきた職人さんのお店だそうで、そんな歴史的な仕事に関する様々な展示物も拝見できます('ω')

そんな中で目を引いたのが、全然関係ないんですが、この納豆鉢。納豆鉢ってあるんですねぇ。混ぜやすく、そしてごはんにかけやすく、でしょうか

そして手ぬぐいコレクターのわたくしは迷わず手ぬぐいを購入するのでした。老子の「中庸」から成る藤田東湖の「誠の句」です(`・ω・´)

誠は天の道也 之を誠ならしむるは 人の道也

この手ぬぐいの質感もまたいいんです!ちょっと固めでざらっとしていて、まさにいぶし銀の武を感じさせる藍染!剣道なんかにも重宝されるそうです(*'ω'*)

烈公お手植えの松は、現在三代目だそうです。歴史を脈々と伝えています('ω')

弘道館
茨城県水戸市三の丸1-6-29
029-231-4725
200円(大人)・100円(小中学生)
9:00~17:00(2/20~9/30)・9:00~16:30(10/1~2/19)・12/29~12/31休館
JR水戸駅北口から徒歩8分
駐車場あり(無料・13台)

梅の偕楽園公園に展開された物産展的なイベント会場

偕楽園茨城県水戸市常磐町1

17秒 音なし 2.96MB

好文亭のある側から道路と線路を渡った反対側にも、梅園はまだまだ広がっています

こちらは庭園というより公園のようになっていて、梅の植わり方もどちらかというと公園的な景色を考えた感じです。ぽかぽか陽気と相まってなんとも良い雰囲気(^^♪

この時間から天気もかなり良くなってきて、青空に梅が映えますわぁ

しだれ梅にスーパーひたち!この季節だけオープンする偕楽園駅にももちろん停車します('ω')

31秒 音なし 5.84MB

そして今春の一番梅はこちら!勢いもあって、背景に桜川を望むロケーションが素敵です

そんな公園の広場で、大々的に物産祭りが開かれていました!

茨城中のお店がヒット商品の紹介をしているので、変わったものが多かったですが、ここでおやつにしましょう

毎度のことですが、おやつはやっぱり揚げたてコロッケ!ということで龍ヶ崎のお肉屋さん「高崎肉店」が出店していたので迷わずそこへ(*'ω'*)

こちら龍ヶ崎コロッケは、衣とじゃがいもからほのかな甘みを感じるコロッケですねぇ。ほくほくでたまらんです(>ω<)

そしてメンチカツの定番コース!揚げたての時はいつでもソースはかけない派ですが、こちらもたまねぎの甘みと肉汁の甘みがじゅわりとして最高です

駐車場に戻るため、桜川を渡ります。こちら側は拡張エリアだそうで、どこかまだ真新しい感じが残っていますね('ω')

〆はしだれ梅がお見送り!最後の最後まで、梅の勢いが止まらない偕楽園公園でした(*'ω'*)

いばらき県産品まつり2016
入場無料
偕楽園(茨城県水戸市常磐町1)
029-224-0441(一般社団法人 水戸観光協会)
2016年3月5日(土) から 2016年3月6日(日)(終了)

梅の香漂う好文亭の見晴らし

好文亭茨城県水戸市常磐町1-3-3

梅園から好文亭へ。ここからは大人200円です

広大な梅林もいいけど、こぢんまりとした庵の庭に咲く梅もまた違った風情があって良いですねぇ(*'ω'*)

徳川斉昭の時代は質素倹約の時代。襖の絵こそ美しいですが、全体的に板の間でかなりしっぽりとした雰囲気です

こちらは松の間。畳敷きの間もたまにありましたが、何か安心しますね('ω')

梅の間は見事な梅の襖の上に欄間があり、ちくちくとした小枝を残したどこか愛嬌のあるデザインがまた質素ながら風流で素敵です

太鼓橋の廊下。温泉旅館でもたまにみるこんな演出。ただ平らな廊下よりも、渡っていく感が感じられて良いんですよねぇ(^^♪

やや狭い戸口を抜けると天井の高い開放感のある間。またこの天井の造りが良い味わいですねぇ(^^♪

ちなみにこちらの間からは厠にも入れます('ω')

そしてここが偉い人の間!大きな生け花がその間の存在感を演出していますね(^^♪

この間は好文亭の文字が刻まれた扁額のある戸口から眺めるように位置し、最高の梅の景色が一望できる贅沢な間となっております

こんな季節にこんな間で、湯あがりのひとときを楽しみたいものですなぁ(*'ω'*)

お次は2階へ。まず見ものなのがこの配膳用エレベーター!人力とはいえ、2階での配膳を効率よくするために滑車を仕込むなんて、なんてエコでローコストな配慮でしょう!さすがです

こちらは、2階にある方の偉い人の間!1階の偉い人の間よりこころなしか広くて快適です

こんな景色を眺めながら、明日のより効率的な運用を思う、徳川斉昭の充実した日々がリアルに伝わってきますねぇ(*'ω'*)

横に空いた丸窓。和空間に丸っていつ見ても良いものですよね

そんな好文亭は、今日も梅に囲まれて今の時代にいろいろな歴史を伝えています

好文亭
茨城県水戸市常磐町1-3-3
029-244-5454
200円(大人)・100円(小中学生)
9:00~17:00(2/20~9/30)・9:00~16:30(10/1~2/19)
JR常磐線水戸駅北口 偕楽園行きバスで約20分
駐車場あり(梅まつりの期間は有料)

これぞ梅の楽園!広大な庭園を包む香りが早春を彩ります(*'ω'*)

偕楽園茨城県水戸市常磐町1

やってきました水戸偕楽園梅まつり!下車するとさっそく梅の香り

駐車場から偕楽園へ、道路と線路を渡る陸橋の上からは、素敵な庭園風景が見渡せます。お、梅もさっそく咲いてますよ(*'ω'*)

池には鯉なども優雅に泳いでいたりして、なんだか梅園よりこちらのほうが行き届いた庭園という感じがして見事です。岡山後楽園金沢兼六園とともに日本三庭園と呼ばれる水戸偕楽園。流石です(^^♪

こういう色は梅らしくて良いですねぇ。紅梅ですが、かなりしっかり香ります

31秒 音あり 5.99MB

庭園から好文亭へ抜ける道すがらにある「吐玉泉」という湧き水。この噴水は3メートルの落差を利用して自然の力で噴出しているそうです。

このでかい大理石は寒水石といって、常陸太田の真弓山から持ってきたそうです。開園から数えて4代目ということですが、水の力でしょうか、もうかなりいい形に削られていますね

江戸時代末期には、好文亭内の茶室「何陋庵」での茶の湯に使われていたそうですが、現在は飲用ではないということです(´・ω・`)

このあたりは涼の空間が続いていて素敵ですねぇ。きれいに行き届いた竹林は、門や庵の茅葺と相まって、凛としていながらとってもほっこりとした和空間になっています

そしていよいよ梅園へ。この梅畑一面に立ち込める濃厚な梅の香りが、この季節の偕楽園ならではですねぇ

そんな庭園の中にはいくつかの銘木があるようですが、こちらは「虎の尾」といって、遅咲きの梅のようですね(´・ω・`)

こちらは「白難波」。「しろなんば」ではなく「しろなにわ」だそうで、香り高い白梅、しかも珍しい八重ですね。こちらはしっかり咲いてます(^^♪

御成門付近までやってくると、屋台がちらほら。梅まつりという雰囲気が出てきましたねぇ

上ばかり見て歩きがちですが、ふと下を見るとたんぽぽが大輪の花を咲かせていました。こんなたんぽぽも久しぶりに見ますねぇ('ω')

20秒 音なし 3.49MB

このくらい色が濃いと、完全に紅梅といった風情ですね。嗅いでみるとやっぱり紅梅の方はあんまり香りがしません(´・ω・`)

勢いがある木は見応えがあって良いですねぇ

こちらは珍しいしだれ梅。どちらかというと梅というより桃の節句という出で立ちがかわいいですね(*'ω'*)

21秒 音なし 3.75MB

白梅はついつい鼻を近づけて嗅いでしまいます。香りをお伝えできないのが残念ですが、本当に老若男女に好かれるだろう、わかりやすい良い香りです(^^♪

そんな梅の木が道沿いにこれだけびっしりと植えてあれば、それはそれは一面が香るわけです

途中、園内のお土産屋さんで試食。そう、水戸と言えばまずこれ、「のし梅」!黄金色のシート状のお菓子で、個性がありますよねぇ('ω')

そして「水戸の梅」。梅紫蘇で巻いた牛皮がなんとも甘酸っぱくて美味しい、のし梅と並んで伝統的な水戸の和菓子です(^^)

そんな和菓子も、これだけの梅に囲まれて食べるとまた一味も二味も違うものですねぇ(^◇^)

今年最初で最後の、完全なる梅の饗宴を堪能いたしました!一年にこの季節だけの、目にも鼻にも心にも、価値ある時間です

第120回 水戸の梅まつり
入場無料
偕楽園(茨城県水戸市常磐町1)
029-224-0441(一般社団法人 水戸観光協会)
2016年2月20日(土) から 2016年3月31日頃(終了)

茨城縣護國神社で雛祭り(^^♪

茨城縣護國神社茨城県水戸市見川1-2-1

偕楽園で梅三昧の前に立ち寄ったのがここ茨城縣護國神社雛祭りをやっているということで気になる気になる

広くてすっきりした境内。まだ朝もそれなりに早いので静かで涼しいです(*'ω'*)

とりあえずご朱印をいただこうと入った社務所に、大きなひな壇があったのですよ!

お内裏様とお雛様。これは2人しかいないけどかなり大きめ。このサイズでひな壇になったらさぞ凄いんでしょう

顔が命!こういうお顔は、THEひな人形という風合いで良いですな(*'ω'*)

奥にもずらっとひな壇。表情もいろいろでまさに命が吹き込まれているよう!

ひな壇と言えば三人官女五人囃子右大臣左大臣まではわかるんですが、その下の3人は??彼らは「仕丁」という雑用係なんだそうですね……へぇぇ(´・ω・`)

吉徳大光か久月か……('ω')

ここの雛祭りはこんなもんじゃ終わらない!さらに奥の間には部屋一面のひな壇がぁぁ!すごい、壮観です

ずらーっと、こういう見方はなかなかできないですよね('ω')

角に展示されていたこちら、大正時代のひな飾りだそうです。いいですね、素朴ですがきちんとひな壇してます

当時はそうとうに裕福な家庭でないと、なかなかこういうものは飾れなかったんじゃないかと思いますねぇ('ω')

その奥は、明治時代のひな飾り!なにやら宮殿のような建物に収まっているもののありますが、ちょっと日本っぽくないみたいな……不思議な感じです(´・ω・`)

こちらはつるし雛というそうで、江戸時代に庶民の間で始まったらしいです。高価なひな壇はなくても、手作りでお雛様。こういうのが良いんですこういうのが……(*'ω'*)

廊下にはなにやら鬼のような人形がたくさん。詳細は不明ですが、なんかすごく愛嬌があってこれも好きでした(*'ω'*)

そんな茨城縣護國神社のご朱印がこちら。今日は梅満開の雛祭り、いい記念になりました

明治~昭和 懐かしの雛人形展
300円
茨城縣護國神社(茨城県水戸市見川1-2-1)
029-241-4781(茨城縣護國神社)
2016年2月1日(月) 9:00 から 2016年3月下旬(終了)

つくばのほっこりぼたん園(^^♪

つくば牡丹園茨城県つくば市若栗500

ゴールデンウィークによく寄る「つくば牡丹園」(*´ω`*)

牡丹っていうと4月下旬から5月が見ごろ……申し分ないジャストミートなシーズンに訪れているはずなのに、ゲートで毎回言われることは「もう終わり気味なので入場料ちょっと下がってます」Σ(゚Д゚)ナンデジャー

園内で一番の見どころである和風庭園。池にかかる橋なんかもあって実に風流なんですが、うーむ確かにちょっと花の勢いは終わってるっちゃ終わってるんですかねぇ……(´・ω・`)

つくばってそんなに他の場所と気候ズレてたっけ?( ;∀;)おっかしいな~

でも花がとにかく見事な島根長寿楽やグラデがキレイな島錦なんかがいっぱい咲いてて、なんだかんだでこれでもけっこう見ごたえはあったんですよ( *´艸`)

この季節、こんなふとした新緑のもみじも良い感じ。このフタバみたいにピコピコ出てるのはもみじの花だそうです(*´ω`*)初めて見た

また今度ぼたんがもっとちゃんと咲いてるときに来れたら、手前のぼたん茶屋で抹茶和菓子をいただくなんて良いだろうなぁ~( ˘ω˘ )

つくば牡丹園
茨城県つくば市若栗500
029-876-3660
1,000円(大人)・小中学生無料
9:00~17:00(入園は16時30分まで) 4月下旬~5月のみ開園
牛久駅から牛久・みどり野線で40分 下若栗下車で徒歩10分
駐車場あり(普通車300台)
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    和食は邪気を払い、英気を養ってくれます。体にも良いですよ!

    本日のラッキーほっこりは お餅入りおしるこ です!

    これまでのおみくじ結果