1. 玄関
  2. お風呂 最新10件
  3. レトロな空間・イベント

お風呂

温泉紀行や観光、町おこしイベント、季節のイベントを訪れた記録です。

お風呂 最新10件
ゲームコーナーのある温泉
レトロな空間・イベント
道の駅めぐり
タオルコレクション
名刺コレクション
温泉紀行
冬ならではの絶景~雪中日光踏みしめ湯旅
カリブの味覚とネモフィラの空なGWキャンプ旅
小京都の花火~小江戸の風情をたずねて
新春の川治をたずねて
晩秋の奥日光~東照宮をたずねて
中秋の那須湯本~茶臼岳をたずねて
初夏の益子~塩原元湯をたずねて
春分のいわき湯元にフラガールをたずねて
紅葉真っ盛りの奥日光をたずねて
日帰りぶらり
冒険と極上グルメの飯岡日帰り旅
紅葉とグルメの奥久慈日帰り旅
今回もサプライズ多数の銚子日帰り旅
面影残る町屋の半日ぶらり旅
下町の風に吹かれて柴又をぶらり
小江戸日和な佐原日帰り旅
リピート温泉宿
塩原元湯温泉「ゑびすや」
日光湯元温泉「白根荘」
温泉宿
川治温泉「柏屋」
那須湯本温泉「民宿 松葉」
湯ヶ島温泉「たつた」
いわき湯本温泉「松柏館」
湯西川温泉「はたご松屋」
鉛温泉「藤三旅館」
鬼怒川温泉「七重八重」
塩原温泉「赤沢温泉旅館」
温泉じゃない宿
ビジネスホテル・シティホテル
キャンプ場
立ち寄り湯・足湯
栃木県の立ち寄り湯・足湯
茨城県の立ち寄り湯・足湯
千葉県の立ち寄り湯・足湯
東京都の立ち寄り湯・足湯
イベント・景勝地
岩手県のイベント・景勝地
福島県のイベント・景勝地
群馬県のイベント・景勝地
栃木県のイベント・景勝地
茨城県のイベント・景勝地
埼玉県のイベント・景勝地
千葉県のイベント・景勝地
東京都のイベント・景勝地
神奈川県のイベント・景勝地
静岡県のイベント・景勝地
長野県のイベント・景勝地
旅の風情を楽しむ
田んぼでおにぎり
温泉街と駄菓子屋さん
キヨスクと車窓の思い出
QR
スマホで

レトロな空間・イベント

レトロを感じずにはいられないイベント、展示館、湯殿、味、その他もろもろを集めてみました

柴又へ来たらここへ寄らずにはおられません

とらや東京都葛飾区柴又7-7-5

柴又へ来たら何はなくともここですね!そりゃあ最初は映画のとらやのモデルになったっていうミーハー根性でしたがね、今は違うんですよ~( *´艸`)

このメニューたちを見てください!劇中にもちょいちょい出てきますが、ここはだんご屋でありながら昭和食堂でもあるのです;つД`)

寅さんのにほひももちろんありますが、なんたって柴又で下町ランチするならもはやここしかございませぬ!(^^♪

狙いはもちろんこれ!劇中で登場することはほとんどありませんが、以前ここでいただいたレトロ東京ラーメンが本当にうまかった!( ゚口゚)=3

そして草だんご!とらやと言えば草だんご!しかし今回は店内ではいただかん予定です!ふふふ( ゚ー゚)

まだ11時半だというのにすでに1階は満席。今回も2階に通されたわけですが、2階はまだ空いてました(^-^)

劇中ではとらやの2階は寅さんの寝室とかがあるんですが、実物はオール食堂になっております( *´艸`)

寅さんポスターがいたるところに掲げられたこの空間!これもまた柴又の風景ですねぇ~

いや~こりゃもう、呑んじゃおうかな~!劇中でもよく呑んでるし!(*´Д`)

なぁ~んてそんなお客の心理を見通したかのように、この店ではもちろん昭和な一品料理も各種取り揃えてるんですよね~( *´艸`)

ちなみにお店は食券制。くぅぅ~自分でボタン押すとなると、欲張らないようにしないと~;つД`)

というわけでまずは何はなくともビール!ジョッキのもありましたがこういうところではやはり黙って瓶ビールしかないでしょう!クラシックラガーなんかがあればなお良かったですが……

……ん?あら、スーパードライってこんなにうまかったっけ!?すっごい麦の香りがあって芳醇なこと!久々に呑んで、今までのキレ志向とは真逆なような印象を受けました;つД`)柴又フィルターなんかじゃないはず

昭和の肴1品目はシューマイ!もちろん〆にはラーメンを考えてることもありますが、こういうのがまた昭和食堂らしいメニューじゃあないですか(*´ω`*)

まずは定番の辛子醤油でいただいてみましたが、このシューマイ!!これがまたうま~い!!この味この香り!横浜のシューマイとも違う、なんとも懐かしい東京下町のラーメン屋さんっていう味ですよヾ(≧▽≦)ノ

そして密かに添えられたマヨネーズ……とらやの裏手の印刷工場の職工たちが喜ぶガテン系のマヨネーズ!これもまたちょいと付けると味の方向性がぐっと変わってうま~い!瓶ビールが進む進む……こりゃーヤバい!!;つД`)

2品目は焼き鳥!焼鳥屋さんじゃないけど、昭和食堂でもこいつはやっぱり定番ですなぁ~!ビールがぐいぐい進みすぎちゃって、これから真っすぐ歩けるかなこりゃ

〆は前回もいただいたラーメンでござんす!このシンプルイズベストな東京下町ラーメンを、お天道様の出ているうちから瓶ビールを煽った〆に昭和食堂ならではのこの上ない贅沢ですのん(∩´∀`)∩

……あれ?ちょっとスープがあっさりしちゃったかな?前回いただいたときはえらく感動する味だったんですが、何となくスープが薄いような……(´・ω・`)

いや、良いんですよ!ここはだんご屋さんですから!だんごの味を守る義理はあってもラーメンの味を守る義理はない!これだけの味なら十分ですとも

な~んてゴキゲンにラーメンを啜っていると、お客さんが次々と……お昼時は案の定、2階席もすぐに満杯になってしまいました。早めに滑り込んでおいて正解でしたな(*´Д`)

店の外にはこんな看板もありました。実物のとらやは第1作から第4作までロケに使用してたんですね!( ˘ω˘ )

基本的に内装は全然別物なので、劇中のとらやはスタジオセットなんでしょうが、柴又の街中ロケ以外にも実物を使ってたんですね~!階段ってどこのシーンかな?( *´艸`)見直さねば

しかし寅さんはやっぱり第1作が一番好きですねぇ……これがもう何度見返してもほんとに良くできたストーリーですよ;つД`)

あ、草だんごはのちほどまたこちらに戻ってきていただきます!いろいろ計画がね……ふふふ( ゚ー゚)

とらや
和菓子・軽食
東京都葛飾区柴又7-7-5
03-3659-8111
~1,000円
10:00~17:00(月~金) 9:00~17:30(土日祝) 不定休
駐車場なし

平塚の骨董イベント、でも興味はもっぱら昭和レトロ

紅谷町パールロード神奈川県平塚市紅谷町

平塚駅前のパールロードで催される「湘南ひらつか駅前骨董市」に行ってきました

骨董なんてまったくわからんのでふらふらっと出かけたつもりだったんですが、そこにあったのは意外にも昭和レトロ!これは意外とウキウキしますぞー( ゚口゚)=3

まずは大量のペコちゃんグッズ(*´▽`*)

デザイン的にそんなに古くないペコちゃんっぽいですが、これらはもしかして全部非売品ってやつなんじゃないですか?( *´艸`)

こっちのでっかいやつらは特賞ですかね……(*´ω`*)

トートにランチプレートにマグカップ……あ!最奥のペコちゃんはちょっと歴史がありそうなお顔をしてらっしゃる

ウルトラマンソフビ5点セット。しかしこのケースは……(;´∀`)

手前のクラシックカー模型の重厚感がぐっとレトロ調を演出しますなぁ

お、でかい人形だけどこれはウルトラマンパワード。割と新しめですね( ˘ω˘ )

じゃじゃ丸!ピッコロ!ポーロリー!番組名は「おかあさんといっしょ」。作品名は「にこにこぷん」。全2229話もあったんですかこれ……すげぇな;つД`)

声優はスネ夫くん、ドラミちゃん、1つ飛ばしてンドドリアっさん!( ゚口゚)=3

本体が鉄製だというのに足の部分がプラ製という模型。重みに任せて置くと足が折れるそうな;つД`)ぎゃふん

ちなみに機種は2人乗りの爆撃機だから……彗星かな?わかりませんが( ˘ω˘ )

すずめ解熱薬の箱。TOKYO-JAPANなんて書いてあるから輸出用('ω')

トランプのケースくらいの大きさですね

インフルエンザが漢字で書いてある……流行性感冒となΣ(゚Д゚)

そして住所は東京市。このころの金壱圓は今のいくらぐらいじゃろかのぅ……江戸期の一両は十万円だったらしいですが( ˘ω˘ )

必ず能書の御一読を乞ふ」は、今で言う「用法用量を守って正しくお使いください」ってところでしょうか( *´艸`)

青果店の前掛けで作ったっぽい背負い袋( *´艸`)

古い商店街を思わせるこういうレトロ調もなかなか粋じゃないですかい

クッキーモンスターの親戚ですかね?セサミストリートっぽいデザインのレトロアメリカンバス缶( *´艸`)

サトーくん!最近は薬局の前からめっきり姿が見えなくなっちゃいましたね……;つД`)

またもクラシックカー。さっきのシリーズと同じかな?(^^♪

古銭!一文が100円かぁー……時そばでしっぽくが十六文って言ってるからつまり蕎麦一杯1600円!?ぜんぜん割に合ってねぇー( ゚口゚)=3

今の通貨じゃないから磨いたりしても良いんでしょうな。どうせならピカピカにして額とかに飾った方が面白そう

湘南ひらつか駅前骨董市
入場無料
紅谷町パールロード(神奈川県平塚市紅谷町)
03-5983-5101(湘南ひらつか駅前骨董市実行委員会)
2017年9月23日(土) 8:00 から 2017年9月23日(土) 16:00(終了)

昭和なつかし駄菓子屋横丁を歩く

菓子屋横丁埼玉県川越市元町2-7

上野の飴屋横丁がアメ横ならば、さしずめ川越の菓子屋横丁はカシ横ってところでしょうか

菓子屋と言っても普通のお菓子でなくここに集結しているのは、そう、駄菓子屋さんなのです(*´▽`*)

「ここより菓子屋横丁」の看板と、それを掲げるお店のガラス越しの店内がすでにわくわくです( *´艸`)

こんなに駄菓子屋さんが集まっているならば、もう手に入らないと思っていたあんなものやこんなものまで買えてしまうかもしれんのですよ( ゚口゚)=3

そう、それこそ「けむり」やら「ポッピンアイ」やら、先のみどりやで探したような駄菓子ならぬ駄玩具まで!( ゚Д゚)

とりあえず看板のお店「江戸屋」に突撃してみますよ!(^3^)ノおいーっす

いきなり眼前に現れたのはなんとあめ玉のバラ売り!まさに落語の初天神!これはさすがに初めて見ましたねぇ~……あのころのリアル駄菓子屋さんでもちょっとこういうのは見たことなかったです……(;・∀・)

それはそれとして、とりあえず駄菓子屋に来たらまず探すものはなんつったって「ソースせんべい」ですわや( *´艸`)

お!それにこのレジ下にぶらさがっているのはもしや~!( ゚口゚)=3

ということで戦利品はこちら!やりました見つけましたよついに「けむり」!!いやぁ~これ今でも現役って聞いてましたけど、まさか入手できることになるとは思ってもみませんでした;つД`)

そして定番のソースせんべいもきっちりゲット!さきほど沖縄物産の店で見つけたボンカレーと合わせて、ほうらもうそこは三丁目の夕日(´;ω;`)

川越……まさかここまでやるとは恐れ入りました

ほくほく気分でさらに横丁を徘徊~!お、なにやら奥に行列がある……ここは「いもどうなつ」の店?('ω')

どうやら奥に通り抜けられる通路があるようで、行列の正体は奥の駄菓子屋さんでした( *´艸`)

しかしここへ来て気づいてしまったんですよ……すでに時間が遅いってことに;つД`)

けっこうな数の店がすでに営業時間を終了しているようで、やや寂しい菓子屋横丁……ま、戦利品はなかなかのものを得られたし、足の方もかなり疲れてきたのでそろそろ川越ともお別れの時間かもしれませんな( ˘ω˘ )

そうそう、帰ってから戦利品の「けむり」を試してみたんです。そうそう裏側はこんな感じだったような(^-^)

37秒 音なし 6.68MB

うーん、すっごいべたべたする感じは昔と変わってないですなぁ(;´∀`)

でも昔のはもうちょっとはっきりとけむりが出たような気がするんですが……ていうかこれけむり出てるんか?正直言ってカメラ越しじゃなくてもまったく見えませんがな……( ;∀;)トホー

ま、こんなもんなのかもしれませんね……それでも記念の意味を込めてこれからも後生大事にとっておきますけどね

菓子屋横丁
埼玉県川越市元町2-7
049-224-5940
無料
24時間
東武東上線川越駅または本川越駅から東武バス「神明町車庫行き」ほか「蔵のまち経由」で「札の辻」より徒歩3分・東武東上線川越駅または本川越駅から小江戸巡回バスで「菓子屋横丁」より徒歩0分・東武東上線川越駅または本川越駅から小江戸名所めぐりバスで「札の辻」より徒歩3分
駐車場あり(近隣)

川越メインストリート「蔵の街並み」を歩く♪

一番街 蔵造りの町並み埼玉県川越市幸町5

いよいよやってきました川越観光のメインディッシュ、蔵造りの町並みヾ(≧▽≦)ノ

なぜか若衆の浴衣姿がちらりほらり……なにかイベントでもやってるのかや?そういうわっしも蕎麦扇子なんぞぱたぱたしちょりますが……

いきなりお目見えしたコカコーラの瓶自販機!こういうところからじわっと入ってくるんですね~楽しみです(^-^)

おお、早速古めかしい石造りのコーヒー屋さん!その名も大正館ですか(^^♪

このちょっと店頭のごちゃごちゃした感じもなんか懐かしい感じがして良いですね

こちらは和菓子屋さんですね

本来和風づくりの軒先が似合うはずのお店にこういうしっかりした石造り……逆に新しいですね( ˘ω˘ )

イタリアの国旗がはためくピザ屋さん「ウッドベイカーズ」の川越店(^^♪

石造りってのはけっこうなんでもまとめちゃう包容力みたいなものがあるんですねぇ(*´ω`*)

出た!いい顔の霊犬プリアちゃんのお店(*´▽`*)

当のプリア様はお店の奥で他のお客さんにイイコイイコされてくつろいでました。顔見えなかったなぁ……残念;つД`)

店頭でおじちゃん(社長?)が採ってきたっていうハチミツの試食をいただきました。本物のハチミツは久しぶりでうま~い( *´艸`)

そんなハチミツと一緒にさりげなく戴いた、こちら陣力屋のショップカード。こんな風にプリア氏を近くで拝みたかったですわなぁ( ˘ω˘ )

カードを開くと川越マップが見られてこれまた便利な一枚。ここで人力車に乗るならやっぱり浴衣で決めてこないとですよねぇ

伊勢亀本店。いやぁここは本物でしょう!洋品店ですよ洋品店( ゚口゚)=3ふはぁ

川越がこんなふうに観光地として売り出す前からやっていたお店に違いないですね!いやそうであってほしい( ˘ω˘ )

ふと店頭にこんなものを置いてる店を発見!沖縄物産の「真南風

ボンカレーゴールドは全国でも、この元祖ボンカレーは今や沖縄限定!これは食べ比べ用に押さえていくしかないでしょう( *´艸`)

T字路にぶつかるとさらに古めかしい建物のオンパレード……ここからさらに蔵造りロマン街道は本番になっていきます(^◇^)

角のたばこ屋発見!現役でやっててくれたらなぁ……でも自販機すら衰退気味の現代にそりゃさすがに無理な話か……( ˘ω˘ )

昔はたばこ屋にも看板娘なんてのがいたらしいですけどねぇ

ここからさらに浴衣率アップ!途中でちょっと祭りイベントっぽいのやってる会場があったけど、それにしちゃ町並みのほうに浴衣の人が多すぎる……もともと川越ってところは浴衣で歩く街なのか!?(;・∀・)

仏具屋かと思ったら金物屋でした

他にも包丁専門店とか箸専門店とか、内装はわりと現代風のお土産屋っぽい作りをしてますけど、内容的には浅草みたいな専門店だらけ。雰囲気出てますなぁ(*´ω`*)

お店とお店の間にこんな間口が……新聞受けもあるし表札があるってことは普通に住居なわけですな('ω')なんかすごい

そしてついに到着、小江戸川越蔵の町のメインと言って良い「時の鐘

やぐらの上に梵鐘みたいなのが付いてるこの独特のスタイル!タイミング的に音は聞けなかったけど、撞木で鳴らす鐘ってことならばお寺みたいなサウンドが鳴るんでしょうかね……( ˘ω˘ )

ちなみに今は手動でなく機械が自動で鳴らすそうです('ω')

一番街 蔵造りの町並み
埼玉県川越市幸町5
049-222-5556
無料
9:00~18:00
西武新宿線本川越駅から徒歩10分 東武東上線・JR川越線川越駅より徒歩22分
駐車場あり(近隣)

ほっこり駄菓子と焼きそばのお店でラムネ

やきそばのみどりや埼玉県川越市郭町2-1-3

ふと目に止まった古そうなお店。これはまさに昔ながらの駄菓子屋さんじゃあないですか?(*´ω`*)

あら、でも看板をよく見ると「やきそば」って書いてある……焼きそば屋さんなのか?(´・ω・`)

でもどう見ても駄菓子屋さん……あ!これは昔の駄菓子屋さんによくあった、店の奥でもんじゃなどの鉄板系軽食を食べられるっていう、あの旧き良き昭和スタイル!?(;゚ロ゚)これは、これはーッ

予定も押してるけど、ここは立ち寄らざるを得ないです!ちょうど喉も乾いてるし(;・∀・)

店内を物色していると、あああ!け、け、けむり!!!ついに発見したー!( ;∀;)

でも中身がない!売り切れだわーん!……ショック!;つД`)

他にもキョンシーのお札ポッピンアイも探したけど、さすがになかったか……ザンネン(>_<)

じゃあここは真夏の炎天下のオアシスってことで、しゅわっと瓶ラムネを1本いただきましょう( *´艸`)

奥のテーブル席でどうぞって言ってもらえたので、ありがたくお言葉に甘えます

ラムネはフジコーポレーションという愛知県のメーカーですね……これは初めてです。なかなか爽やかめな印象のあるラムネ味で、真夏の乾いた喉に良い刺激です(^^♪

しかしこの駄菓子の匂いが染みついた古い家の感じ、夏休みに友達と対戦した野球カードや、コスモスの20円ガチャなんかを思い出します( *´艸`)

当時は兵器のサウンドが出るキーホルダーが流行ってて、それがたったの20円のガチャで当たるだなんてもう見るからに胡散臭いんですが、つられて何度も回してはよくわからないキャラやスーパーカーのような塩ビ人形だとか、今は高価なロッチのシールが折りたたまれたやつとかをゲットして凹んでましたっけねぇ( ;∀;)

夏の虫の声とラムネのビー玉の音を聞きながら、そんなおもひでぽろぽろに浸った駄菓子屋さんの時間でした(´;ω;`)

やきそばのみどりや
焼きそば
埼玉県川越市郭町2-1-3
049-224-0079
~1,000円
11:00~18:30 不定休
川越駅から東武バス(名06系統小江戸巡り)または市内循環バス「川越シャトル」(31・32・33系統)で「市民会館前」より徒歩4分
駐車場なし

床屋の角にぽつんとある公衆電話、覚えてますか?

尾澤理容店栃木県足利市通7-3134

森高千里の名曲「渡良瀬橋」によって観光名所となった「床屋の角の公衆電話」にやってまいりました(^^♪

何度かNTTが撤去しようとしたところを、足利市民と森高千里ファンによって守られ続けてきたという、ある意味奇跡の電話ボックス

炎天下で写真を撮っていると、床屋のおっちゃんが出てきて「中も見てったら?」と気さくに声をかけてくれました(*´ω`*)

あ!これは2012年に森高千里が足利再訪したYouTube動画の時のやつですな( ;∀;)

渡良瀬橋 『床屋と公衆電話』

今日ここに来る前にもちゃんと見てきましたよ……やっぱりあのときサインもらってたんですね( *´艸`)

そしてこれは感謝状!?ファン個人がこの床屋さんに公式の感謝状を贈ってるんですか!;つД`)

撤去阻止に尽力……もはやパワースポットと言っても過言でないくらい、ファンと市民の熱い想いが力場を成している感じですね(*´ω`*)

こちらは森高千里のものまねで活動してるナナちゃん( ^ω^ )

やっぱり森高千里関連の人はみんなここを訪れてるんですねぇ(^-^)

ちなみに電話自体は見たことない機種……現代の最新モデルの公衆電話ってのはこんなんなってるんですねぇ(;´Д`)

NTTが撤去しかけた理由も「携帯電話の普及によって」ということなので、いずれは電話として機能しなくなって単なるオブジェと化してしまう日が来るんでしょうか( ;∀;)

まあでもNTTとしては公衆電話サービスそのものを止めてしまうってことはないと思うんですけどね……例えば高速道路のパーキングエリアなんかには絶対に必要でしょうし(´・ω・`)たぶん

床屋のおっちゃんの同級生に、「涙のリクエスト」や「少女A」などを手掛けた超メジャー作詞家の売野雅勇がいるそうで、この「渡良瀬橋」がリリースされたときは絶対に彼が作詞したんだと仲間内で噂されたそうです( *´艸`)

売野雅勇自身も、足利のご当地ソングを森高千里に先取りされてしまったことを後に悔やんでいたという話もあったんだそうな( ;∀;)

さらにおっちゃんの話で知ったんですが、あの相田みつをもここ足利市出身なんだそうですね……('ω')

売れてなかった時代、鑁阿寺参道にある「めん割烹なか川」に居候してたっていう話は聞いてましたが、やっぱりそういう縁あってのことだったんですね;つД`)

他にも意外な「日本赤軍」のあの人が足利由来で、事件当時ここで髪を切っていたとか、思いがけずいろんな話を聞けて充実した時間を過ごせました……ありがとうおっちゃん(*´ω`*)

なんて気軽に考えてたんですが、後で調べたらこの床屋「バーバー尾澤」自体もなんと明治36年創業という超老舗で、おっちゃんは三代目なんだそうな……どうりでそんな昔からのエピソード満載なわけだよ……自分の店についてのこと全然言わないんだもんおっちゃん!;つД`)つつましい

ちょうど髪も伸びてたことだし、ほんとなら時間があったら髪切ってもらいたかったけどなぁ(;^ω^)

尾澤理容店
栃木県足利市通7-3134
0284-21-4238
価格情報なし
営業時間情報なし
JR足利駅より徒歩24分 東武伊勢崎線足利市駅より徒歩24分

昼下がりはぶらりと佐原の街歩き(*´ω`*)

佐原の町並み千葉県佐原市佐原イ

佐原の街をぶらりとしてみるとすぐに気づくのが、古いレトロ建築がまだまだたくさん残っているということですね( ˘ω˘ )

例えばこちら、なんともほっこりな古びた銭湯じゃないですか!さっそく外壁なんかも古めかしいタイル張りで、さぞ脱衣所に洗い場、湯船に至るまでレトロな風情が残ってるんだろうな~としみじみ思わせる佇まいですよね(*´▽`*)

機会があればこういうところには是非一度入ってみたいもんです……いや、次回こそは狙いを定めてきっちり準備して来よう

黒板塀に見越しの松!死んだはずだよお富さんの世界!さすが小江戸ですね~こういう粋なロケーションがまだ残っているんですよ( *´艸`)

忍び返しも付いていて、いかにも富豪の商家って感じがしますね~!いや商家かどうかはわかりませんけど(*´Д`)

うおお!ここれはぁ~!瓶牛乳配達用の牛乳受け!うちの田舎のばあちゃんちにも昔はあったんだよな~……しかも森永!こういうところに届くのは絶対、紙の蓋を針の栓抜きで開けるやつですね(*´ω`*)

家庭金物文化用品!この言い方がまた良いじゃないですか~!さらっとJSBが使えるあたりも頑張ってる感じがあるし、金盥でも買っていこうかしら……置いとくとこないけど( ;∀;)

こちらはまた別のお店なんですが、これまたレトロな展示品、昔のアイロンですかねこれは?おそらく電化製品ではなく、下側の空間に炭なんかをくべて使うんでしょうかねぇ……使い方が実にシビアそうで良いですね( ˘ω˘ )

いかにも昔ながらの保存地区に、あの貯金箱型ポストもよく似合ってます。小江戸の風が吹いていますね~(*´Д`)

こちらは小野川沿いからちょいと横丁を入っていく、小粋な料亭「千与福」の木戸。まさに懐石料理の老舗って感じの奥座敷ですね~( *´艸`)

財界人や政界人なんかが芸者総揚げで遊ぶのかな?この時代にもまさに「豪遊」って言葉が似合う金満な夜を過ごすことさえできそうな、そんな本格的なお店なのかもしれませんね( ゚ー゚)

小野川の眺め。柳の木にガス灯なんかがちらほらあったりして、これぞ実にレトロですよね~(*´ω`*)銀山温泉だけじゃない

しかし今日はちょっと静かな一日かな?こんな佐原の顔も滅多に見れるもんじゃないかもしれません(^^♪

ドラマ「東京バンドワゴン」のロケで使われたのをそのまま残してある「遅歩庵いのう」。こちらは佐原の英雄「伊能忠敬」の第17代目の子孫の、まさにその方が運営されているカフェなのでございます(^◇^)

そして小野川を挟んで反対側には、今も残る伊能忠敬の旧宅国指定史跡にもなっている商家で、今残っているこの規模の敷地だけで当時の数分の一程度というからこれまた驚き;つД`)

柳の木に小野川の舟めぐり。よく観光ポスターなんかの絵にもなる、これぞいかにも佐原らしい風景ですね(*´▽`*)

小野川沿いに忠敬橋の交差点を渡って向こう側へ。これまた……良いですね~でっかくパーマの文字!決して佐原だからってんじゃないんでしょうが、この街にあるとすごく映えるんですよね、こういうレトロさが(*´ω`*)

そしてこちらがかつてアド街でも取り上げられた手榴弾消火器が現存する木の下旅館!佐原随一の老舗旅館ですね~!壁の緑の石の感じとか、すごーく時代を感じされる佇まいそのまんま(*´▽`*)

ちなみにここ、アド街で見たその直後に一度宿泊したことがありまして、確かあの時はお月見シーズンだったかなぁ?番組でも紹介していたとおり、この辺りでは風呂の温度は普通よりかなり高めと決まっているらしく、またそんな地獄のような熱湯風呂に涼しい顔で浸かるのが江戸っ子のたしなみ!ということでここの風呂も例に漏れず激熱だったのを記憶してます(; ゚ー゚)ぬ、ぬるい~……

こちらの書店「正文堂」はなんと明治13年の建築店蔵造りという珍しい建築で、昭和49年に県の有形文化財にも指定されているそうです( ˘ω˘ )

いや~こんな風に速足でウォークスルーしてみるだけでも、とにかく佐原という街にはまだまだ寄り足りないところが多数あるのがありありと見えてくるわけです……いずれまたぼちぼちと時間を作って寄って行ければと思います。そのうち祭りも見たいしな~(^-^)

佐原の町並み
千葉県佐原市佐原イ
0478-52-1000
無料
24時間
JR成田線佐原駅より徒歩10分
駐車場あり(無料あり)

小江戸らしい昔ながらのほっこりした良品が並ぶお店です( *´艸`)

植田屋荒物店千葉県香取市佐原イ1901

佐原で小江戸グッズのお店として中村屋商店と双璧を成すかのような暖簾「植田屋荒物店」。こちらもまた忠敬橋交差点からすぐのところにあります(*´ω`*)

こちらはなんと創業が1760年!もちろん内容は荒物店の看板のとおり、昔ながらの桶やざるや箒なんかが目白押しで見ごたえがありますよ( *´艸`)

たわしと言えば亀の子!これ自体はまぁ現役で100均なんかでも目にするので特に珍しくもないですが、パッケージが昔ながらってこともあってこういう素朴な空間に並んでいるとタイムスリップ感が出ますよね

そんな中でお店の人にお勧めされたのが棕櫚のたわし!今のたわしは亀の子のも含めてみんな安価なパーム椰子になってしまったそうで、食器洗いなどでは固い繊維で逆に傷になってしまったりするそうなんです……そこで昔ながらの棕櫚たわし!繊維がしなやかで食器を傷つけないというわけですね(*´Д`)へぇ~

奥の小物細工コーナーにあった竹細工の箸置き!ミニサイズの熊手っていう形がまた良いですね!懐かしの竹の水鉄砲型や、涼しい沢ガニタイプも良いですなぁ~(*´▽`*)

さらに竹細工と言えばここでお勧めされたのが竹箸!しかも箸先が極細のやつ!これ、谷中の夕焼けだんだんの麓にある竹細工のお店で同じように勧められてすでに一膳持っていたにもかかわらず、また買ってしまうという……ほんとにこの店のおばちゃんは商売上手なんですよね~( *´艸`)

店はさらに奥の蔵まで続いていきます!こちらもまた面白い品がずらり!ふと棚の上を見ると、これは売り物ではないんでしょうが、古~い蓄音機が飾ってあったり(^^♪

蔵の2階へと、昔ながらの細い急階段を気を付けて上っていくと、なにやら古そうな看板がこれまた飾ってありますよ……縦文字に混ざって横文字が右から書いてあるので、これは多分ちゃんと古い品なんだと思います( ˘ω˘ )

いや、それだけで決めるのはいかにも知識がない感じですが、まぁ文字の感じも難し気でとりあえず古さを感じますしね……(;´∀`)

そんなお2階の品揃えの中で自分的にイチオシなのが、この木製のお風呂グッズと料理グッズ~!良いですね~これだけでもすごく見る価値がありますよ~!美しい白木に真新しい銅の箍がピカピカと光るこの感じ、まったく惚れ惚れします

あとはお風呂用畳とか、本当に自分のような趣味のためにあるんじゃないかっていうお店ですよここは……お香もいっぱい売ってますし。毎度寄るたびに本当に目移りして仕方ないのです;つД`)

植田屋荒物店
千葉県香取市佐原イ1901
0478-52-2669
1,000円~2,000円
10:00~17:00 不定休
JR成田線佐原駅から徒歩15分
駐車場なし
1760年(宝暦10年)創業

佐原に来たら確実に食べてる昔のたい焼き

武雄亭千葉県香取市佐原イ1719 武雄書店

そろそろ小腹も空いてきた~なんて頃にちょうどここを通ってしまうんですね~……ほんとにもう毎度毎度良い香りが漂ってきて、大概この時間はお店の周りに人だかりができていたりして……そりゃ寄らないわけにはいかんでしょう~(*´Д`)

なぜか古本屋さんで売られているというのも謎なんですが、でも素直に考えて古書とたい焼き……うん、なんとなく納得相性が良いんでしょうね

おじちゃんとおばちゃんの2人体制で手際よく焼き上げられていく昔のたい焼き。通りすがりに予約を入れていくお客さんもいたり、休日のここ武雄亭は一日中てんやわんやなのであります( *´艸`)

そして焼きあがる小江戸名物のたい焼きがこちら!良い感じに焦げ目が付いててこれがまたうまそう感抜群!生地は香りも良くはりっとしていて、中身のあんこもぱつぱつに充実した最高の一尾なのでございます!(*´ω`*)

お店の前には椅子が2~3個にお茶が無料でいただける小スペースがあって、ここで食べるのがまた良いんですよね!でも本当にお店の入り口のところなので、たい焼きを買いに来るお客さんが常にわしゃわしゃ……それにここで食べてるとドラえもんの話じゃないですが、それ自体が本当に良い宣伝になってそうな気がしてきますね~

武雄亭
たい焼き
千葉県香取市佐原イ1719 武雄書店
0478-54-2088
~1,000円
10:00〜17:00頃 月曜定休(祝日営業)・夏季休業
JR成田線佐原駅から徒歩12分
駐車場なし

創業明治7年の超老舗荒物屋。建物は安政2年

中村屋商店千葉県香取市佐原イ1720

佐原の街並みの中心地、小野川に架かる忠敬橋の交差点から四方を見渡せば、そこは現代にして現代にあらず、今も小江戸の風を生き生きと感じさせる風景が広がっています

そんな交差点のちょうど角のところに佇む、肌も造りも何とも古めかしい「中村屋商店」はあります。商売が「荒物屋」と来てるからまた何とも沁みますよね(*´ω`*)

お洒落な和の日用品粋な食器類手ぬぐいにちょっとした小物類まで、小江戸の名にふさわしく何ともワクワクする煌びやかな良い品揃え!お土産品にも手軽なものが多いですね(^-^)

店内に無造作に飾られていた昔ぁしのニチボービニロンの看板。いやしかし騙されませんぞ?一見古そうなデザインではありますが、左から右に文字が書いてあるから、そんなに古くもないのかな?( *´艸`)

そして!東薫の酒蔵に続いてここにも雛壇が!しかもこちらのは正真正銘、昭和10年のお雛様ってわけですか……確かに細工の雰囲気がちと古めかしい?色褪せてはいますが、それがかえって品のある煌めきを醸し出しているようにも見えますね(*´ω`*)

顔つきも現代のCMなんかで見るようないわゆる「顔が命」みたいなのと違ってやや古風かな?よくわかりませんが……( ˘ω˘ )

こちらはさらに古い江戸末期から明治初期のお雛様だそうです!ここまで来るとはっきり顔つきに違いが出ますね!おそらくその時代の流行りってのもあったのでしょう、全体的にしゅっとした印象に感じられます(^^♪

飾り類も割と控えめで、逆に変な高級感がなくて親しみが持てる人形に仕上がってるかもしれませんね

表情がまた柔らかくて良いですね。能面のようないかにも「完璧!」っていう顔でなく、何となく緩くてコミカルで、やはり親しみやすい印象のような気がします(^-^)

まぁ貴族ってのはかつての日本においてはほぼ「神」ですからねぇ……現代の貴族こそ天皇家を始めとして親しみが持てるって感覚も歓迎される時代かもしれませんが、やはり皇族が力を持つ時代にはデザインがより「完璧」に近づいていく風潮になるのも仕方ないのかな~と(´・ω・`)

その手前におわしたこちらも、見るからに旧そうな雛飾りですねぇ。しかしよくよく見ると着物はそれなりに劣化して時代を感じるんですが、顔は本当に綺麗なままなんですよね!やはり顔が命……材質から何から、おそらくちゃんと計算された造りになっているんでしょう( ˘ω˘ )すごいなぁ

中村屋商店
千葉県香取市佐原イ1720
0478-55-0028
1,000円~2,000円
9:00~17:00 火曜定休
JR成田線佐原駅から徒歩15分
駐車場なし
1874年(明治7年)創業
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢はです!

    良い感じです!おでかけして、おいしいものでもいただいてみませんか?

    本日のラッキーほっこりは キリンメッツ グレープフルーツ です!

    これまでのおみくじ結果