お食事処

お食事は離れの庵にて。おいしいお蕎麦や地のグルメをご堪能ください。

お食事処 最新10件
行列店特集
三立て蕎麦特集
コロッケ蕎麦特集
箸袋コレクション
コロッケ・メンチ特集
瓶特集
レトロドリンク特集
黄色いほっこり特集
お蕎麦
江戸切り
関西風
名物蕎麦
立ち食い蕎麦
弁当の蕎麦
カップ蕎麦
いろんなグルメ
ラーメン・ギョーザ
うどん・すいとん
居酒屋・バー
鉄板・粉もの系
鍋・懐石
鳥・たまご
鮮魚・海の幸
ジビエ・山の幸
とんかつ・コロッケ
定食
喫茶・甘味処
パン
ステーキ
ハンバーグ
イタリアン
バーベキュー
インド料理
タイ・ベトナム料理
ヘルシー
ご当地グルメ
駅弁
テーマパークグルメ
ファミレス
ジャンク・ファストフード
おうちごはん
時代劇めし
漫画めし
ゲームめし
レトロめし
その他のおうちごはん
弁当・おにぎり・総菜ごはん
セブンごはん
ファミマごはん
ローソンごはん
スリーエフごはん
ミニストップごはん
Newdaysごはん
スーパーのごはん
道の駅・観光拠点のごはん
専門店のごはん
自販機のごはん
カップ麺の旅
カップラーメン
カップやきそば
カップうどん
その他のカップ麺
市販食品コレクション
レトロ系おやつ
レトロ系瓶詰缶詰レトルト
レトロ系インスタント
絶品冷凍食品
納豆
ほっこり
こだわり
おかき・煎餅
和アイス
その他おもしろ食品
ドリンクコレクション
温泉水
ミネラルウォーター
緑茶(500mlペットボトル限定)
牛乳・飲むヨーグルト
コーヒー
ラムネ
おしるこ
甘酒
和豆乳
オロナミン系(500ml除く)
ヤクルトタイプ
大人気分
コーラ(シリーズ除く)
ジンジャーエール
果汁100%
野菜ジュース
スープ
ココナッツ系
その他おもしろソフトドリンク
日本酒
ワイン
ビール
ウイスキー
その他のお酒
QR
スマホで

瓶特集

瓶牛乳、瓶ラムネ、瓶ヨーグルトに瓶プリンなど、容器が瓶ならなんでも特集してみます

太い瓶ってのを初めて作ったのがこのデカビタチャージ(^-^)

予備校とかでもよく配られていたのを思い出すのがこのデカビタC!(;´∀`)

オロナミン系を少し現代風に拡大した感があったこのドリンク、量もガツンと増えて、その分飽きが来ないように味もすっきり爽やかに調整されてますね(/・ω・)/

当初からCMがサッカーなんかとタイアップしてたり、ここまでくるとかなり平成感が出ますよね

グラスに注ぐと見た目はほとんど変わらないのが、なんたってこのシリーズの特徴(^^♪

デカビタはこの太瓶サイズの先駆けにして、今でも数ある同サイズ商品の中で一番おいしくて飲みやすいドリンクだと思います(*´ω`*)

いや、下手をするとオロナミン系全体の中でも一番癖がないのかも!?いわゆる優等生な味ですね('ω')

デカビタチャージ
サントリー食品インターナショナル
100円
1992年(平成4年)発売
「デカビタチャージ」を買いに行く

腰に手を当ててといえば、小さな巨人は外せない

元気は~つらつそ~れが~勝利の合言葉~(*´○`)o¶♪

飲みっぷりの良いCMが焼き付いているからなのか、どうしても湯あがり飲料として外せなくなってしまったこの一本

1995年には、巨人の選手たちが風呂あがりに飲み干すCMもありました(*´ω`*)

この茶瓶のフォルム、発売当時から変わってないんじゃないでしょうか( *´艸`)

おいしいと、メガネが落ちるんです

今でこそオロナミンC系の飲料は数ありますが、本家だけですね、このシュポンっていう粋なキャップと、そして開栓時のモヤ~っていうやつ(*´ω`*)

サングラスチックで中が見えないちょっとアヤシイ瓶に封印された、金色の栄養素!この「科学」感こそが、昭和の子供たちのSF大流行に乗っかって、味もなんだか理科室みてーだぞおい!っていう話題に( *´艸`)

当時この飲料を開発していたときのエピソードで、「これじゃだめだ!もっとまずくしろ!」って言われていたなんて話も聞いたことがあります

ウマすぎるのは効き目を感じられない、これぞまったく新しい炭酸飲料の在り方、ジャンルを確立した大塚製薬の企業努力ですね!プラセボ効果を逆手に利用するとは面白い(*´ω`*)

今じゃスタンダードとなったオロナミンC、湯あがり一本で元気はつらつです

オロナミンC
大塚製薬
100円
1965年(昭和40年)発売
「オロナミンC」を買いに行く

意外と癖になる味!アメリカンワイルドな缶メシ(*´Д`)

刃牙がブラックペンタゴンに収監されているときに獄中食で出てきたポークビーンズ!あの飯テロ漫画に出てくるってだけでとりあえずなんでもウマそうに見えてしまうんですが、そんな勢いの一環でけっこう食べるようになってしまったのがこのホーメルのチリビーンズ缶でございます

チリビーンズって料理はアメリカのミリメシとしても相当人気があるメニューらしく、やっぱりさすがテクスメクスは野戦食になっても鉄板ってわけなのですね!材料はトマトに豚肉にひよこ豆と実に安価なのに、こーれが何ともアメリカンスパイシーなお味で意外と癖になるのです( *´艸`)

もちろん缶詰なのでそのまま焚き火にかけて熱々にして食べるのも良いんですが、戦場ではそんなに余裕があるとは限らないもの……ポケットから取り出してぱっと蓋を開けて、そのまま先割れスプーンか何かでもりもりといただいても、これがかなりイケる味だから侮れないのです(*´Д`)

パラシュートで降りてきた木箱の中に詰まっていた瓶のコーラをラッパで飲んで、戦車の主砲に寄りかかってワイルドに頬張る昼メシのホーメルチリビーンスの味!そりゃもちろんこのサイズの缶に一杯に詰まってるわけですから、我々の胃袋から言ったらちと大食い気味になってしまうんですが、そこはまぁご愛敬でございます(;´∀`)

Hormel Chili PORK WITH BEANS
Hormel
400円
「Hormel Chili PORK WITH BEANS」を買いに行く

コカ・コーラと言えば昔からこのビジュアル

ペットボトル全盛となった今でも、このフォルムを見るとつい飲みたくなってしまう……そんな不思議な魔力があるこの瓶コカ・コーラヾ(≧▽≦)ノ

ジョイフル本田の特設コーナーにばばーんと積んであって、もうほくほくして買ってきましたよ!なんたって駄菓子のグミとかもこの瓶を模してたり、もう子供のころからコカ・コーラと言えばこの独特の形が沁みついてますからね~( *´艸`)

それもそのはず、まず栓を抜く音からですよ!ラジオCMなんかでもよく耳にしましたっけねぇ~!しぽん!しわぁ~っていうあの効果音!たたまらん!そしてこの手に持った時のしっくり感、ヒンヤリ感、重さ、そのすべてがまさにコカ・コーラ;つД`)

そしてこっこっこっしゅわわ~っと氷入りのグラスに注ぐ音も良いですけど、やっぱり木箱に詰めてパラシュートで投下されたかのごとく、ワイルドに瓶からラッパでしょう!この瓶からの飲み口、いつの時代も変わらず良いもんですなぁ~(*´▽`*)

そしてまた実にしっくり来る適量なんですこの180mlっていうのが!湯あがり処に氷でキンキンに冷やしたやつを置いておけば、毎晩湯あがりに1本っていう習慣ができてしまいそうなほど

コカ・コーラ
コカ・コーラ ボトラーズ
150円
1957年(昭和32年)発売
「コカ・コーラ」を買いに行く

名前がわからないこれがどうしても欲しかった!でもうまく説明できなかった……;つД`)

今でも意外とスーパー銭湯なんかに生き残ってる瓶の牛乳!しかし現代では自販機で売れるようにとかいろいろ都合もあって、プラの蓋に進化しちゃってるタイプも多いんですよね( ;∀;)

本来であれば厚紙のフタにブルーのセロファンがかぶさっているあのスタイルでこそなんです!そしてその紙の蓋も、「傷だらけの天使」のOPよろしく歯でこじ開ける芸当でもなければ、頑張って爪で開けようとして蓋の表面だけがぺろ~って剥がれちゃってうえええん!という苦い経験を誰しも味わったはず;つД`)

そう、そんな紙の蓋に朗報!ドラえもんの秘密道具じゃないですが、本当はこの「蓋開け器」とセットである姿が正しいのです!うん、蓋開け器……これホームセンターで買ったんですけど、名前も知らなければカテゴリもわからないし説明も微妙に難しい……あんな曖昧な言葉で店員さんよくピンと来てくれました!さすがですねジョイフル本田(^3^)ノ

しかしこれがね、そう、なんと包装もなくただこの姿のままぶらさがっていたやつを1つ選んで買ってきただけなので、つまりいまだに名前がわからんのですよΣ(゚Д゚)誰かぁ

マグネット付き牛乳栓抜き
星三製作所
155円
「マグネット付き牛乳栓抜き」を買いに行く

夏だ麦わらだシャンデリアラムネだ

瓶にビー玉の昔ながらスタイルのシャンデリアラムネ(^-^)

いろんな味のラムネを多数手がける大阪のハタ鉱泉のスタンダードブランドですね

まあ、いわゆるひとつのラムネです(^^♪

フードコートで開けるのはなかなか勇気が要りますが、ぶしゅーっとなっても良いように手洗い場近くでしゅぽんヾ(≧▽≦)ノ

これは昔ながらの香りの強い、いわゆる下町駄菓子屋THEラムネ味

クリア炭酸といえばキレのあるドライな味わいが主流になってきている昨今、ラムネに限ってはやっぱこのくらいジャンク感とパンチがあったほうがらしい感じがしますね~(^-^)

いやぁ、夏だ~(^◇^)

シャンデリアラムネ
ハタ鉱泉
130円
「シャンデリアラムネ」を買いに行く

山や木に囲まれた開放的な露天風呂

滝見苑けんこう村 ごりやくの湯千葉県夷隅郡大多喜町粟又176

天気も良いので景色に期待大!「滝見苑ごりやくの湯」にやってまいりました

千葉県は大多喜の養老川わきに建つ日帰り温泉施設で、千葉にしては珍しく山に囲まれたロケーションが楽しめるお湯です

下足を脱いで100円リターンの靴箱に。牛乳の自販機横を通り過ぎて、渡り廊下の先に湯殿があります。貴重品入れは湯殿の手前にもあったんですが、初めてだとそれを知らずに入り口わきのロッカー室に預けてしまう人も多数なんじゃないかと。まあ、どっちでもいいでんすけどね('ω')

脱衣所入り口もなかなか良い雰囲気

ここから先は案の定、日帰り入浴施設ではいつものパターンですが、入浴客が多数だったので撮影チャンスはありませんでした。

しかし天気も良く露天風呂のロケーションは期待通りに最高でした!千葉にいながらにして山々や木々に囲まれて解放感ある温泉に浸かれるというのは、珍しいことだと思います(^^♪

お湯は無色透明の炭酸水素塩泉でさらっとしていますが、岩肌に付着した湯の花を見るとカルシウムも少量含まれているようですね。

湯あがりは、館内をちょっと散策。二階は個室の休憩室らしき部屋と、マッサージチェアの部屋がありました。

一階のロッカールームの隣には、読書室が。これも珍しいですね

本は寄付品のようで統一感がありませんでしたが、近辺の観光ガイドなどもあって湯あがりの時間を静かに過ごせました。渡り廊下の自販機は普通に明治牛乳でしたが、瓶ものをちゃんと扱っていたので、今回はフルーツ牛乳などをチョイス(^^♪

帰りに駐車場から下を覗くと、養老川が見えました。粟又の滝近辺ではどうしても清流に見えないんですが、ここではやけにきれいに見えました。まあ、こっちが本来の姿なんだと思います、きっと(´・ω・`)

滝見苑けんこう村 ごりやくの湯
千葉県夷隅郡大多喜町粟又176
0470-85-0056
~2,000円
19:00最終受付・20:00終了(夏季・冬季以外) 18:00最終受付・19:00終了(冬季平日) 19:00最終受付・20:00終了(冬季休日) 20:00最終受付・21:00終了(夏季)
駐車場あり(無料)

大人の上品なディナーにぴったりの大人飲料

ちょっと高級感のあるテーブル飲料「リストランテ」。本格的にシャルドネなんか使ってるし、先のクリスマスの席なんかではシャンパンと一緒にさりげなく用意したりして、お子さんや下戸の方も気分を共有できるドリンクとして重宝したんじゃないでしょうか( *´艸`)

お味の方も普通のぶどうジュースとはちょっと違っていて、いわゆるワインにあるようなパンみたいな香りが感じられたりと、果汁70%中シャルドネたった1%にしては、見た目だけでなく意外と本格的に呑んでる気分を味わえるのが素晴らしい(^-^)

ワインの味を知っていれば「ちゃんとシャルドネ使ってるんだなー」っていう満足感が得られるんですが、でも呑まない人にとってウマいと感じられるかどうかってぇと、う~んまぁ疑問。子供にとっては本格的に「大人びたドリンク」という位置づけになることでしょうなぁ

ちなみに赤もあって品種はピノノワールだったんですが、結局入手せなんだなぁ~( ˘ω˘ )

リストランテ 白
アサヒ飲料
118円

成田の田舎に湧く、ある意味秘湯な日帰り温泉

大和の湯千葉県成田市大竹1630

甚兵衛公園から房総のむら方面に向かう途中あたりに、すごく狭い小路に入るように指示する看板……見ると「大和の湯」なる温泉だというじゃないですか

近所の温泉好きの人にも薦められたここのお湯、今日は年末ということもあるので、酒々井温泉に続いてさらに今年の垢を落とすべく突撃決定です(`・ω・´)

小路の先は踏切もあったりして、車のサイズによってはけっこうな秘境……すれ違うのはまず無理っていう細道を、祈りながら進んでいくこと3分……ありました大和の湯

あら、けっこうしっかりした作りじゃないですか('ω')

なんでこんな温泉施設に入るのに、あんな細道しか道がないんでしょうかねぇ……かなり疑問です(;´Д`)

中のロビーは木の温もり大きな窓の田園風景から太陽の光が注ぐほっこり空間。小上がりなんかもあって湯あがりの人たちがさっそくくつろいでおります

ロッカーは場所があらかじめ決まっているので、カウンターで渡されたカギの番号を探します('ω')

そして今日はちょっと寒いので内湯でしっかり温まってから露天を楽しもうかなーなんて思いつつ手ぬぐい片手に突撃してみると、あら、いきなり階段?……なんと3階建ての湯殿で、内湯はまず下に降ります(/・ω・)/ひたひたひた

お湯の色は黒ですね、この辺りではちょっと珍しいかな?ナトリウム塩化物炭酸水素塩という泉質で、香りはごく軽くイソジンっぽい感じがします(^-^)

半循環式というこれまた変わった仕組みで湯船を満たしていますが、湯量は毎分120リッターと十分にあるようなので、おそらく19度しかない源泉を沸かさなきゃならないっていうコストの関係かな?('ω')

内湯で程よく温まったら、また階段をひたひたと登って2階の露天風呂へ~(*´ω`*)

広い岩風呂に加えて小さな一人用釜風呂なんかの趣向風呂もあって、青天の下のぴりりとした年末の空気に温泉のお湯が心地よいですなぁ~

いやぁよく温まりました(^^♪

周りはまさにこんな田園風景に囲まれているので長閑ですねぇ~!あ、体重計に乗る勇気はちょっとないですよ(。-`ω-)

湯あがりは牛乳タイム(*´ω`*)

自販機とかがある感じではないのですが、カウンターに目を凝らすとありましたよ瓶牛乳が!( *´艸`)

フルヤの房の恵みって、ちょっと高級なやつですね……しかもでかい瓶だからコップもちゃんとくれました。いやぁ~濃い目のコクがあってうまいですよ~

静かに暮れてゆく大晦日イブ……長閑な田園を眺めながらの静かな湯あがりタイムで贅沢気分です~( ˘ω˘ )

お帰りは夕日がきれいに見えました(^^♪

温浴効果でほくほくに温まってるので、冬の夕方でもちっとも寒くないですね(*´ω`*)

これにて今年は湯納めです、良い締めくくりになりました

大和の湯
千葉県成田市大竹1630
0476-28-8111
~1,000円
10:00~22:00
駐車場あり(無料)

今年の垢をきれいさっぱり♪できたばかりの酒々井温泉に浸かります

酒々井温泉 湯楽の里千葉県印旛郡酒々井町飯積1-2-392

酒々井と言えばアウトレット!そのアウトレットから目と鼻のところに新しく湧いた温泉、その名も「酒々井温泉 湯楽の里

今月2日にオープンしたばかりのこの日帰り温泉施設に、そろそろ年の瀬も近いこの頃、今年の垢を落とそうぞと、突撃してまいりました( *´艸`)

いやぁ~まぁね、そりゃあ混んでますよ、予想通りです。もう駐車場の混み方からしてゲンナリするほどです;つД`)

それでもやっぱり広く計算して作られてるんですねぇ……脱衣所のロッカーの数も余裕あるし、洗い場待ちなどもまったくなく、すんなりと温泉に浸かることができましたよ(^^♪

やっぱり露天が楽しみでこんな明るい時間に来たわけですから、露天の、しかもわざわざ小さいほうの「源泉かけ流し」の湯船に入ろうじゃないですか!( *´艸`)

お湯はやや泥湯のような黄色っぽい濁り湯で、含ヨウ素・ナトリウム・塩化物強塩泉という泉質らしく、若干鉄の匂い、そして舐めるとしょっぱ~いお湯でございます

いわゆる温浴効果の高い「熱の湯」……家庭用のバスソルトにも同じ名前のものがありますが、そう呼ばれるタイプの温泉だそうです。中でもよう化物イオンの含有量は国内随一だそうで、効能が期待できる価値あるお湯ですね(^^♪

ちなみに周りは一面の田園風景で、遠くに高速道路の灯りがちらりちらりと見えて、空気の澄んだ晴れた日なら富士山まで見通せるという看板まで掲げられた、かなり素敵なこの湯殿の立地も嬉しいです(^◇^)

さて、お湯も満足したところで、自販機チェック!( *´艸`)

いやはややっぱり定番通りのものはきっちり押さえてくれてますねぇ、嬉しいです瓶牛乳

リラクゼーションルームは湯あがりの人々がみ~んなまったりしてて空いてるわけもないですねぇ('ω')

暮れなずみの田園風景をぼんやり眺めながらリクライニングでゆったり湯冷まし……至福ですなぁ

そしてゲームコーナーまできちんと完備とは、こちとらの「湯心」を掴んできます;つД`)

やっぱり湯あがりに瓶牛乳片手に浴衣で軽くゲームを嗜む……これが日本の「湯心」の在り方ですよ( ˘ω˘ )

いやぁ嬉しい、また来ますよ~

酒々井温泉 湯楽の里
千葉県印旛郡酒々井町飯積1-2-392
043-312-0026
~1,000円
9:00~23:00
駐車場あり(無料)
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    今日はお風呂に一工夫。お気に入りの入浴剤を浮かべてゆっくりと浸かってみましょう!

    本日のラッキーほっこりは 大吉 鯛だし醤油ラーメン です!

    これまでのおみくじ結果