1. 玄関
  2. 朧の間 最新10件

朧の間 最新10件

イラスト・ノベルなどの創作物、ジェネレータやゲームで作ったものなど、最新10件です(^^)

山口さんの怪電波音楽(という夢)( ˘ω˘ )

学校だか予備校だかの教室。 寒い日なのか、石油ストーブがいくつか置いてある。 手をかざすと暖かい。 火傷をしないように気を付けて、転々としながら少しずつ当たる。

やがて授業が終わり昼休み。 机をくっつけてお弁当モード。 目の前の机にから揚げが乗ったパックのサラダがある。 仕出し弁当? うまそうなので半分くらい食べてしまう。

「あれ?俺のサラダは?」

どこかの誰かが言った。 あ、もしかしてこれ自分のサラダじゃなかったのかな?

バレないようにそそくさと教室を出る。 後を追われているような気がして焦る。

階段を下りている暇はなさそうなので、螺旋階段の中央の隙間を飛び下りる。

着地した先は薄暗い廊下。 山口さんが黒縁のメガネ越しに相変わらずの変顔をしてこちらを見ていた。

一瞬たじろぐも、なぜか安心してしまう。

「山口さんもこれから昼休みですか?」

ならば一緒に食事をと、暗くてせまい廊下を歩き出す。

どうやら山口さんは音楽活動をしているらしく、謎の怪電波を録音してそれを使った楽曲を作っているらしい。 サンプルを聞かせてもらったが、意外とパンクでキャッチーなノリに合わせてノイジーな電波がジリジリと鳴っているのがわかった。

「これを聞いた人はどうなるんです?」

その手の質問には相変わらずの変顔を返してくるだけで一切答えてくれない山口さん。 やっぱり不気味だなぁ。 しかもこの昼休みを使って新しい電波の収録もするらしい。

ビルの外に出ると、夜の温泉街のように赤ちょうちんがそこかしこを幻想的に照らし出す渋谷の小道に出た。 いつの間にかふじやんも加わって、3人で歩く。

そうしてしばらく歩いて、やがて細い路地に入る。 みんなで食事に行くものだと思っていたら、どうやら理髪店を探しているらしい。 なるほど、確かに山口さんの髪は頂上がゲゲゲの鬼太郎が妖気を感じたときのようにピンと立っている。

そのうち道の左手に理髪店を発見。 しかも2軒並んでいる。

手前の店から女子大生らしきグループがぞろぞろと出てくる。 人気がありそうな店だったのに入るタイミングを逸したのか、そのまま奥の理髪店へ。

てっぺんのハゲた大柄な白衣のおっさんが出迎えて、山口さんと談笑を始めた。 どうやらここは髪に火をつけて散髪するというスタイルの店らしい。 それってインドの動画で見たやつやん。

店の中では茶髪の女性がいそいそと何かやっているのが見える。 そしてなぜか庭先には本棚。 置かれているのは懐かしいコロコロコミックの野球漫画? いや、よく見るとちょっと違うような。 知らない漫画のはずだったのになぜかほっこり。

さて、これで山口さんとはお別れです。 ふじやんと2人、めしでも食ってこうかという流れ。 帰り道に、脂っこいけどうまいラーメン店があったのをチェックしていたので、おごってやるから行こうとどや顔。

しかしあっさり断られてしまいました。

残念。


という夢( ^ω^ )

ほんと久しぶりにちゃんと記憶できた夢でした( ˘ω˘ )

全然別のところで出会っているはずの知り合いがなぜか一緒に出てくるという不思議な世界線( *´艸`)

謎の先輩(青森県人・A型)とドライな後輩(高知県人・B型)。なかなか面白いパーティーでした

勇者ツサミンと三密パーティー(´・ω・`)不謹慎

勇者ツサミンと三密パーティー。ええ、不謹慎な思い付きですともよ(´・ω・`)

まずは勇者。山形つさ子、ニックネームはツサミンです。痛がらせるのが大好きな我らがドSの勇者様

まあ要するにネタの本質は単なる「アナグラムで構成する勇者一行を考えてみた」ってやつです(*´Д`)いってみよー

パーティー案その一「安定型」

ワンコロだけどチクっとしたものが好き。獣医の免許なら持ってます回復担当の「ワンコロチクナ( *´艸`)

北京なアヒルの仮面の下は謎しかない、性別不明の暗殺拳の使い手。素早さ担当の武闘家「ダックウロン( ˘ω˘ )

黒き銀傑の紳士。かの国ではかなり高貴な身分だが、それを隠してお忍びで世界を旅行中。ちょっと血の匂いがする褐色のダークストーカータークラス(*´Д`)

パーティー案その二「好戦型」

悪魔のギグで死者の魂をも震わせる伝説のロックアーティスト。百年の時を経て眠りから目覚めた「ダウロックン( ゚ー゚)

この世に血の雨を降らせるべく魔改造を経て現れし悪魔の殺戮マシン。人の心は残っているのか「スラクター( ゚Д゚)

アウトレイジ的なコンナロータイプのチンピラ。どういう経緯かチクワに果てしない恨みを持つ「チクワコンナロ;つД`)

パーティー案その三「神秘型」

黄金の国の神の申し子。悪魔の契約を断ち切るべく聖なる剣を振りかざす神話の闘士「スクラータ(*´▽`*)

恋人のマフラーがどうしても手放せず、怖くなりきれない幽霊。怖くない怖くないと今宵も言われ続ける「コワクナンチロ;つД`)

熱帯の島で死者の声を聴く者。血に飢えた獅子を操り魂を喰らう「ウクロンダッ( ;∀;)


つまりは「三密」「コロナワクチン」「ロックダウン」「クラスター」の並べ替えの言葉遊びです。不謹慎ですねーほんと不謹慎。でも楽しかったですよそれなりに

菱餅とちらし寿司

ひな祭りといえばちらし寿司!コカ・コーラのサンタ服とかバレンタインのチョコみたいに、これも永谷園が火付け役なのかと思ってましたが、どうやらこれは普通に古くからの習慣らしいですね;つД`)

というわけでこんなつづらが届きました。今日は奮発です( *´艸`)

以前、菱餅の味を知らないと書いたことがあるかと思いますが、実はあれはただ色を付けただけの普通の餅なんじゃないか説が今のところ濃厚なのであります( ゚ー゚)

ということは焼けば焼き餅となるわけであります。要するにあんな出で立ちでも中身は普通ってことなんだと思います、多分。そんなもんです世の中

わざわざ「やわらか菱餅」と銘打って売られているということは、もともとの菱餅は固いってことなわけでして、そうなるとますます普通の餅説が有力ですよね( ˘ω˘ )

そういうわけでつづらを開封です。特上ちらし寿司というメニューですが、これはもうちらしというより海鮮重ですね(´・ω・`)

横着なので醤油はかけちゃう派です。銀の小皿はあくまでもわさび醤油を作るためですよねきっと( ^ω^ )

あさくさ江戸屋の「海鮮重」とのコラボ!これがやりたかった……( *´艸`)

というかですよ……つい今しがた知ったんですけど、江戸屋さん閉業しちゃったんですか!?Googleの情報ですが、どうやらデマっぽくないんですよね……レビューも2020年の1月までしか見つからなかったですし(;・∀・)

うそだー!あそこは単なるお土産屋さんなんかじゃなく、貴重な江戸民芸を今に伝える大事な使命があったお店だというのに;つД`)

これもまた時代の流れ……令和とはかくも残酷な時代になってしまったものか……( 一一)

やわらか菱餅って要するに「すあま」やーん!ってツッコミは、食べる前から薄々思ってたことですけどね

すあま大好きなんで、良いデザートになりました( *´艸`)

ひな祭りをイメージしてCHARAT GENESIS」いじってみたんですが、気の向くままにポチポチしたらいつの間にかこんなんなりました(*´Д`)

色はもうただの菱餅で、あとはちょっと幼げ貴族っぽく色白で、何となく羽ばたけニッポン女子的なメカ羽Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

あとひな祭りって昼のイメージあるけど、ぼんぼりに明かりを付けるんだから夜なんですよ本当は。だからちょっとダークな色合いも混ぜてみたりして(;´∀`)

やっぱりサイコパスなんですわ自分

特上ちらし
銀のさら
1,450円

令和生まれの二人、そして時代不明のもう一人( ゚ー゚)

ゆかり3姉妹?4姉妹?自分の中では3姉妹です。だってうめこは……( ˘ω˘ )

そんなわけで先日発売された「ひろし」を持って、令和生まれのニューエイジは2人になりました( *´艸`)

それを記念して以前CHARATで作成したゆかり3姉妹に引き続き、新たにうめことひろしを作ってみましたよ

発売年のファッションとパッケージの色味を添えるというコンセプトのもと、やはりうめこは着物姿に、そしてひろしはちょっとすっきりめのIT系コーディネートになりました(´・ω・`)

一瞬、ひろしだけにホスっぽくという方向性も考えたんですが、令和という時代と合わせるとよくわからなくなりそうだったので逃げました;つД`)

あとうめこの過去ですが、実はもともとあかりの亜種だったのでその面影がある……という設定は後で知ったので後付けですが、意図せずとも何となく似た感じになったような……;つД`)逆に怖い

だがしかし、ここでふと目に着いてしまったのが「菜めし」という存在( ゚ー゚)

よく見ればこやつもひろしと同じく広島菜を使ったまぜごはんの素じゃあないですか。こいつは食べ比べておかなければ( ;∀;)

その前にとりあえず菜めしもCHARAT発売年が不明だったのでかなり適当になってしまった……あと名前からして性別も不詳というか……かなり宙ぶらりんなキャラになりましたわ(´;ω;`)スイマセン

というわけでこの三体を持っておにぎり作ってみます

右からうめこ、ひろし、菜めしでございます( ゚ー゚)

うめこはカリカリ梅なので熱々ご飯に混ぜ込んでも食感がかなり残りますね。酸っぱすぎずおにぎりらしい味わいでかなりうまいです( ^ω^ )

ひろしと菜めしのぱっと見の違いはまず色合いですかね……ひろしはパッケージカラーのとおり、まぜごはんにするとかなり緑色が鮮やかに引き立ちます。対する菜めしは少し昔ながらなほっこりとした色合い

味もひろしの方は青菜漬けをそのまま混ぜ込んだような鮮烈なシャキっとした風味。対して菜めしは広島菜以外に大根の葉なども使われているせいか少しレトロな田舎っぽい味がします。まあ結論を言ってしまえば結局全部うまいわけですけれどもΨ( ̄∇ ̄)Ψ

菜めしの説明は「広島菜の風味と色合いを生かした」に留まっているのですが……( ˘ω˘ )

対するひろしは「素材の良さを生かして彩りよく仕上げました」……うん、絵的にはかなり推してるけど文言自体はそんなに変わらんのか……(;´∀`)

公式でふりかけ4姉妹メーカーなるものがあったのでやってみました。ひらがな3文字以内で作る仕様なので、とりあえずゆきねとたたみ……味はまったく想像できません( ;∀;)

おにぎりだけだと喉に痞えちゃうので、お供のほうじ茶を。先日自販機でたまたま見つけた、珍しいチェリオのほうじ茶です。値段も格安ながら、けっこうしっかり香りがあって良かったですよ。もちろんおにぎりにもぴったり(*´ω`*)

ひろし
三島食品
140円
2021年(令和3年)2月1日発売
「ひろし」を買いに行く

間違い探しのバレンタインデー

激辛バレンタイン2021( ^ω^ )

それならそれで、心臓型のチョコでもいただきますか( *´艸`)

そもそもバレンタインなんてチョコ会社の陰謀から始まったイベントだって聞きましたよ。大体これ自体日本にしかないし、サンタクロースの服が赤いのと同じようなもんなんですよね;つД`)

だからもうこの際何もかも無視してバレンタインらしくない話題でも

その昔ネットのどこかに落ちていたゲームで、たぶん個人が作成したものだと思うんですが、「番長」ってのがあったんですよ( ˘ω˘ )

お互いに上中下段のどれかの攻撃を繰り返して、受ける方はそれに対応する防御ができないとダメージをもらう的な、じゃんけんに近いシンプルなゲームだったんですが、登場キャラが全員番長ってことで、応援団長タイプの長ランからくにおくんタイプの白ランまで、昭和の匂いがプンプンする濃ゆい漢たちが総勢何人だったかな……(´・ω・`)

そんな中にさらっと各人のプロフィールがあったんですが、よく見ると肩書きが全員高校四年以上なんですよ……( ;∀;)

もはや「ダブりは貫禄」とでも言わんばかりの潔さ。輝いてますよほんとにそういうの

ここで唐突に間違い探しコーナー。バレンタインに所縁のありそうなイワコーさんの消しゴムを3つほど用意しましたが、仲間外れはどれでしょう

正解はたけのこでした。普通に野菜のシリーズなので某チョコ菓子ではありません。ソックリですけどね( *´艸`)

鬼といえば赤か青。コロナde節分2021

青鬼というと今では某ホラゲーで有名になりましたけど、そもそも鬼といえば赤か青ってどうしてなんですかね?(´・ω・`)

よく桃太郎なんかでは、難破した白人の船員が島に住みついて生き延びていたのが鬼の正体だとか言われますが、つまりその白人の肌の色が赤とも青とも取れるイメージだから……みたいなことなんでしょうかね?('ω')ブルーブラッド的な

今年はコロナで成田山の節分会も芸能人来ずだそうで。でもやるにはやったみたいですね。さすがです;つД`)

そもそも厄払いの儀式なんだからこんな時勢にこそやるべきなのは当然か……( ˘ω˘ )

巣ごもり節分会2021、まず一品目はエフォー巻から。今年のエフォーは丙、つまり南南東だそうですね。どっちかわからんときは、駄菓子のおまけについてきた方位磁針が役立ちます

最近この手の太巻きが常時総菜コーナーに並んでいるので、実はけっこう食べ慣れてるんです。ということで納豆とかサーモンとかだとつまらないので、今回は味が想像できないエビカツ巻きにしました。揚げ物にタルタルというコンビネーションで、寿司のくせにずっしり重かったです( ;∀;)

あと久しぶりすぎてそもそも磁石の見方なんてわからなかったけど、とりあえずまあたぶんそっちっぽい方向を向いていただけたんじゃないかと思います、たぶん( *´艸`)

2018年にこの商品を初めて買って、些細な初期不良を問い合わせた際のでん六の神対応を受けてからというもの、もう毎年こればっかり買ってます(*´ω`*)

どういうわけかちょっと店頭に並ぶのが遅かったのでコロナの野郎のしわざかと不安になりましたが、今年も例に漏れずきちんとゲットできました(*´Д`)

あと、目に着いたのでカゴに入れてしまったぴーなっつ焼き

こういう甘香ばしいのも節分らしくて良いですよね。いつから落花生を鬼にぶつける習慣になったのかは知りませんけど( ^ω^ )

そしてとんがり焼きコーン(´・ω・`)

香ばしさといい、コーンの黄色さといい、角っぽいフォルムといい、まさに節分!面白いところに目を付けましたね( *´艸`)

しょうがない、切るかー( ゚Д゚)

どういうわけか昔から鬼の顔は泣き顔に描く癖があったあたくしですが、この福笑いは設計図通り普通の顔にしました。ハサミとかノリとか久しぶりに扱いましたよ(;´∀`)疲れた

あとは、とんがりコーンといえば昭和の昔からプルタブ爪と並ぶこの遊び。けっこうつぶれてるのが多くて形の良いのを探すのに意外と手間取るというパターンでしたが……;つД`)

通り雨の空に、虹がかかりましたとさ。コロナ禍も無事に吹っ飛びますように( ˘ω˘ )

寒い朝に見た2つの夢

国道を軽快に運転中 そこそこのスピードが出せて快適だ 嫌な予感が過ったカーブの先に 血だらけの事故現場 ぐしゃぐしゃの車から投げ出された少女が ゾンビのような出で立ちで助けを求めている 慌てて急ブレーキを踏んで ぎりぎり間に合った でもバックミラーを見ると 後ろから猛スピードでスポーツカーが迫る 僕は追突されそして 足元から悲し気な最期の声が聞こえた

どこへ向かう旅の途中か 僕は特急列車の席にいた そういえばまだ切符も買ってない アテンダントを呼び止めて 指定席券を買いたいと伝えると 5号車にある案内所に行ってくれと指示される 案内所は親子連れがたくさんいて順番待ち やっと自分の番がきて 空いてる席ならどこでもいいからと 指定席券をお願いすると なんか釣銭が合わないみたいだけどまあいいか そのままお姉さんに案内されて移動 窓側の席だといいな やがてこちらの席になりますと 言われたところは4人掛けボックス席 宴会で盛り上がってる若者たち3人のいる 窓側の奥の席 すでに黒い荷物が置いていて 3人にじろりと睨まれ マジですかここですかと一瞬たじろぐ でもその中の一人に見覚えのある顔 ああ大丈夫知り合いだよと 仲間に伝えてくれた ほっとして自分の荷物を取りに行く そういえば最初にいた席ってどこだっけな


特に最初のは怖かったです。目が覚めたらやたら寒かった;つД`)

二度寝中の夢はただただ微妙な気分になっただけでした

明日はそういえば二月二日の節分かぁ(´・ω・`)

野良犬

飼い犬なのにノラと名付けたい心理

なんかシンプルにでかくて重たいものを振り回させたい(´・ω・`)

バッドガールなイメージで(*´Д`)

大物先生に目を付けられる夢;つД`)

電車の中、家族はみんな席に座っているが、僕だけ座る席がない。 仕方がないので人がいないドアのところに適当にもたれかかる。 背負った荷物はちゃんと胸に抱えた。

「あら、あんたこの前の……」

すぐ後ろから声が聞こえる。 しまった、怪しいおばちゃんが座っていたらしい。 何やら僕に話しかけてきているようだが、知らない顔だしとりあえず聞こえないフリ。

ちょうど向かい側に座っていた兄と目が合った。

「おい、おまえその人……」

兄の顔色が変わる。

「何してる、さっさと土下座しろ!」

慌てふためく兄。 え?え? 僕は何が何だかわからない。 電車の中で土下座?

気付くと家族全員が怪しいおばちゃんに向かって土下座していた。

そう、確かに言われてみればこのおばちゃんはコンサルタントの大先生だ。 うちの家族が暮らしていくための命綱を握られていたのだ。

「あ、駅……」

降車駅に着いてしまい、今更土下座もできず、すっかりタイミングを失ったまま僕は駅を降りる。 気まずくておばちゃんの方を見ることさえできない。 背中越しに、家族たちが僕のフォローをしているように聞こえた。

駅の構内アナウンスによると、電車はしばらくこの駅に止まったままらしい。

「やっぱり自分の口から一言謝っておいた方が良いか……」

僕は急いでさっきのおばちゃんのところに引き返す。

「あの、さっきは無礼な態度で申し訳……」 「あんた、覚悟しときなさいよ。これからあんた一人を徹底的に殺しにかかるから」

真顔で言われて、背筋が凍った。 しまった、あんなことくらいでまさかこんなに怒るとは。 この人が超ビップだと知っていたはずなのに、瞬間的な度忘れで体が咄嗟に反応しなかった自分を恨んだ。

発車ベルが鳴り、結局どうすることもできずにホームに降りる。 僕はこれから一体どうやってこの人の機嫌を取り戻していけばいいのだろう。

……

家族で自宅に戻ると、さっそくおもてなしの準備。 今日はこれからおばちゃんが家宅訪問に来るのだそうだ。

僕は一人、心中が穏やかでない。 殺しにかかるって、一体何をされるんだろう。

「とりあえず、以前あの人からもらったレトログラスでドリンクを飲んどけ」

それが誠意の証、友好の証になると、兄からアドバイスがあった。

おばちゃんが家に到着。 僕は会食の場で、これ見よがしに例のレトログラスでオレンジジュースを飲んで見せた。

冷たいおばちゃんの視線が刺さる。 なんだ、こんな浅知恵なんて全部見透かされてるんじゃないか。

しかし僕には渾身の隠し玉があった。

食事が終わって、寝室でゲーム大会。 ファミスタを起動して、おばちゃんに接待プレイ。

肝心なのはBGM。 以前僕がアレンジしたやつだ。 気付くかな?気付くかな?

しかしやっぱりおばちゃんに黙殺される。

ダメだ、僕はもう逃げられない。


あんまり伝わらないかもしれませんが、恐ろしく生々しい夢でした;つД`)

おばちゃんの表情がすごく怖かったことだけははっきりと覚えています( ;∀;)

ガキの自分ごときの悪あがきでは到底逃れられないと思い知らされる、大人って怖いなという感じの内容でした(´;ω;`)

心死 give-up-itis

好きでいたいが消えていく 弱さを知って 絶望を知って 好きでいることなんて到底無理 また私のせいで消えるから

消費したいわけじゃないのに 好きになると消える 命が反応しなくなる

生きるために必要なのに 私が私でいるために必要なのに 生きることは好きでいることなのに 好きを邪魔するから嫌いなのに

あんなに叫んだことも もう忘れそう バカだから 無力だから

ただ死んでないだけ

強くなりたい 好きでいたい 想っていたい 首の皮一枚でも 持ちこたえていたい

幸せの正体は 繋がりだから 信じられるくらいに深く 確かめたかった

消えたら終わり それが消えたら すべて

逆にたとえこの世が終わっても それさえあれば 生きていられる気がする

そう信じてあのとき みんな身を投げた

でも それすらも今はもうありきたり そんな過去は みんな聞き飽きた 私も聞き飽きた

弱いから悪い

ただそれだけ

ごめん

もう行くわ

怖くない大丈夫

ありがとね


強くなりてぇズラ;つД`)

プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    なかなか良い感じです!癒しの時間を大切にすれば、はかどります。

    本日のラッキーほっこりは ミニカップ ペペロンチーノ です!

    これまでのおみくじ結果