1. 玄関
  2. 朧の間 最新10件

朧の間 最新10件

イラスト・ノベルなどの創作物、ジェネレータやゲームで作ったものなど、最新10件です(^^)

猛毒で生まれ変わってなぜかエジプトでゴルフする夢(*´-`*)

家が壁塗りの工事中。 その様子を外から眺めていると、近くの草むらに一斗缶が大量に置いてあることに気づく。 何となく気になって、近づいて手に取ってよく見ると、缶には小さな文字で2378テトラクロロジベンゾと書かれている。

その瞬間、鼻を突くような強烈なケミカル臭がしたかと思うと、顔面が急激に熱くなり意識が朦朧。 すぐに缶を投げ出して草むらの奥で深呼吸。 しばらくすると一旦治まってくるが、焦って草むらから出るときに再度一斗缶の前を通ってしまったせいでまたおかしくなってくる。

「あの一斗缶、家の壁塗りと同じケミカル臭だ……でもこのままじゃやばい……とにかく家に戻らなきゃ」 「大丈夫か!?」

たまたま通りがかった近所のおじさんに介抱される。

「あの缶はやばいっぽいです」

朦朧としながらもどうにか報告。 今度は目の奥も熱くなってきてだんだんと辺りが暗くなる。

「科学の先輩が言ってた世界一の猛毒って何だっけ……2378テトラクロロジベンゾpダイオキシンだ……そうだ、あれだ……」

視力もやられた。これはもうだめっぽい。

……

どこかのゴルフ場で同僚二人とゴルフ。 ガイドのお姉さんの案内に従って次のホールへ。 真っ昼間で明るいはずなのに、ふと見た林の中は木漏れ日ひとつない、黒で塗りつぶしたような真っ暗闇。すごい違和感。 見慣れない植物だからそういうこともあるのかしら?

同僚がプレイ中の行動食みたいな感じで、コニファーのミニチュアみたいな見た目の茹で野菜を食べていたのでひとつもらう。 ブロッコリーみたいな食感かと思ったらかなりふぁさっとしていて気持ち悪いなんだこれ。

さてそろそろホテルに戻らないと帰りの飛行機に間に合わない。 ここからどうやって戻るんだっけ? 頭に浮かぶのは日本の乗換路線図ばかり。ここはエジプトだっつーの。

駅から電車に乗り込むと、実家から電話。 向こうは夜の11時らしい。 こっちは昼の11時。 真っ昼間にしてはちょっと日が傾いていて変な景色だし、それにかなり眠たい。 時差ボケが板につく前に日本に戻りたい。 最終便で日本に到着したあとは家族と合流して食事の約束もあるし、そこで渡すお土産も買わなきゃならない。 やっぱりエジプトらしくクスクスとかがいいのかな? さっきの変な茹で野菜じゃちょっとアレだしなぁ。

さてと、最寄り駅はここでいいんだっけ?字が読めないし言葉も通じないし、手掛かりはこの手持ちのチケットだけだ。 広い駅の自動改札を抜けて、駅前のホテルに到着。最終便まであと何分だ?同僚たちはさっそく土産物売り場で物色している。 クスクスなんてありきたり、ここはこのチキンの詰め合わせがいいだろう、とドヤ顔で見せてくるので自分もそれにする。 あ、お金足りるかな?あそこの両替機でお金確保しとかなきゃ。 空港へは確かホテルからシャトルが出てるから大丈夫、きっと大丈夫。帰れるに決まってる。

ふと、地元の田舎駅で出迎えてくれる家族の顔が浮かんだ。


という夢。最初に家の前で毒にやられて死んで、そこからのエジプトゴルフ。意味不明( ;∀;)

さらに最後に帰れないフラグみたいになって泣きそうでした;つД`)

そういや今年の初夢ってどんなだったっけな?全然残ってねぇや(´・ω・`)

知り合いのエージェントがオフィスで戦ってる夢(*´-`*)

一見奥ゆかしくおとなし気に見えるいでたちの奥に光るクールな瞳。気弱そうにすら思えるその空気感はまさに擬態そのもの。 そう、彼女はエージェント。同じオフィスで働く同僚ながら、その裏で密かに闇の仕事を請け負っていることを僕は知っていた。 今日は学生になりすましているのか、懐かしい制服に身を包んでいる。

そんな彼女が友達(のフリをしている?)と二人で下校途中、ふと田舎の裏びれた小道に差し掛かる。

「このへん、絶対何か出そうだよね……」

二人とも怯えるような様子で恐る恐る小道を進んでいると、竹藪の奥から黒い大きな影が襲い掛かる。 ヒグマだ。

「ぎゃあああああ!」 「あ、くまさん!」

大声で悲鳴を上げる友達をよそに、彼女はその脚力で風のようにふわりと舞い上がり一瞬にしてヒグマの背後に回ったかと思うと、得意のナイフ術でこめかみあたりの急所を一閃。 ヒグマはうめき声をあげながら呆気なく崩れ落ちる。それを見下ろす彼女のセミロングの髪がふわりとなびくと、頬のあたりに隠れていた小型のヘッドセットマイクに向かって小声で一言。

「ミッション、完了です」

見通しのいいウッディな香りのする、いかにもエリートが仕事してそうなオフィスビルの吹き抜けホール。ビルに入っているオフィス間を行き来しているのか、首にIDカードを下げた私服ビジネスマンたちがあちらこちらをせかせかと歩いている。 そんな中、ダークスーツに身を包んだ彼女が颯爽と歩いてくるのが見える。今日は裏稼業の報告に訪れたのだろうか。 そこへ立ちふさがるように現れたのは、やはりダークスーツに身を包んだブロンドが美しい長身の女性。

さっきまで人ごみだったはずのフロアは一瞬にして静まり返り、対峙する二人を残して誰もいなくなっていた。 木目調のエレガントな床が突然がちゃがちゃと組み代わり、巨大な円形の一枚板のような広大なバトルフィールドへと変貌する。 何やら因縁めいた重苦しい空気が場を支配していた。

「見ろよこのマシンガン、C-4000型モデルだぜー!」

何やら制服姿の少年たちが集まって、おもちゃの銃器のようなものを見せびらかし合っていた。 そこにどこからともなく現れる彼女。

「ちょっとそれ、私に撃ってみてくれない?」 「え……?」

おもちゃと言ってもかなりリアルで、少年たちはこれで人を撃つなど言語道断といった態度だ。 しかし彼女はおかまいなしに彼らから銃器を取り上げると、おもむろに自らに向けて発砲した。

まるで本物のような銃声を上げ発射される銃弾の雨を、そよ風でも受け流すかのように髪をなびかせ顔面に喰らい続ける彼女。どうやらまるで効果はないようだ。 やがて撃つのをやめると一言。

「うん、まあまあかなー……これならこっちの方が使えるかもね」

そういって懐からバカでかい銃器を取り出す。

「うお!それC-9000型じゃねぇかー!」

少年たちがどよめき出す。彼女はやや得意げだ。

そんな彼女に、今度はこの僕が挑む。 こちらに気が付いた彼女に、僕は渾身の言葉を投げかける。

「どうか……この僕であなたの役に立てるのかどうか、試してほしい」

一瞬で場の空気が凍り付いたようになったが、彼女の眼は冷めてはいなかった。 眼鏡の奥から赤い瞳でじっと僕の目を見つめていたが、やがてその口元が「フッ」と嗤う。

「……いいよ」

僕はポケットから血染めのナイフを取り出すと、彼女に向かって身構えたのだが……その瞬間、彼女の赤い瞳が目の前にあることに気が付いたのだった。


ていうね、なーんでしょこんなキャラの立った夢、初めて見ましたわー( ;∀;)

もう夢の中ではほぼ殺されかけてたわけなんですけど、どうしてか寝覚めの後にはそのエージェントの名前もしっかり覚えてましてね……「一条さおり」って名前だったんですよ(´・ω・`)

正直見たことも会ったこともないタイプの人でしたが……何かのキャラだったのかな?うーん、わからん

こんなQRコードは嫌だ;つД`)

ガラケーの頃からいろいろと便利なQRコード。模様が入っていたりカラーだったりと、いろいろバリエーションはありますが、そんな枠を超えた確実に撮る気が失せるこんなQRコードは嫌だってネタをちょっと思い付きでバラバラと並べてみようというコーナーです(*´-`*)

めっちゃ規則正しい。

ノイズィー。

うっすい。

この動き、捕らえられるかな?

見覚えがある感じ。

ぺろー。

亜空間へ。

おしゃれ壁紙。

一閃!

しみ。

ネタだっつっといて意外と疲れましたこいつら作るの……(´・ω・`)

ドリフのサウナコントって知ってますか?

ドリフ大爆笑のサウナコントがけっこう好きなんですが、ご存じですか?( *´艸`)

サウナにおもむろに入ってくる仲本工事演じるヤクザを筆頭に、加藤茶、志村けんと徐々に風格がランクアップしていき、最後は高木ブーの全身彫物で全員逃走させてオチるというアレです

ドリフ大爆笑 サウナ

顔の創も徐々に大きくなっていき、彫物も「緋牡丹」→「般若」→「龍」と進化し最後は「南無妙法蓮華經」と( ;∀;)

やっぱり3番目の志村が良いんですよねー……入場から眼光鋭く、その大物感で完全に場を仕切るくせにより温かい場所を求めてちょろちょろ動き回るという小物感のギャップが( *´艸`)たまらんですよ

彫物もなんか各人に似合ってるんですよね。仲本工事が緋牡丹加藤茶が般若志村けんが龍ってのが。高木ブーに至ってはもう完全にネタなんで似合ってるもくそもないんですが、でもやっぱりなんか似合ってる(*´Д`)何気にふんどしだし

段々と格上げされていく登場BGMもまた良いんですよね……1面ボス、2面ボス、3面ボス、ラスボスという感じ(*´ω`*)

そんなサウナコントが収録されたドリフ大爆笑30周年DVD-BOX。神コントと名高い階段落ちコント塚原卜伝の剣の修行コント、それに長さんがメンバーにさんざんいたぶられることで知られる伝説の銭湯コントも収録されたお宝版です

思い出がたくさん詰まったドリフ、2022年からもまた永遠なれ

ドリフ大爆笑
渡辺プロダクション / イザワオフィス / フジテレビ
たかしま あきひこ
ザ・ドリフターズ(いかりや長介・高木ブー・仲本工事・加藤茶・志村けん) 他
日本
1977年2月8日
「ドリフ大爆笑 30周年記念傑作大全集」を買いに行く

令和四年、明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!早いもので令和も四年に突入です!今年も皆々様にとってよい年になりますよう、心よりご祈念申し上げます

昨年もいろいろござんしたが今年もいろいろありそうですね。何やかんやに負けないように頑張ってまいりましょう(*´Д`)

ということで2020年の子さん、2021年の丑さんに続き今年は寅年なんで自ずと寅さんなデザインに。思えば正月映画といえば寅さんでしたっけねぇ……(*´ω`*)

せっかくなので今年は寅さん所縁の地に行ってみたいものですなぁ……さくらぁ~、帰ったぞぉ~;つД`)おかえり寅さんは泣いたわぁ~

メリークリスマス2021( ^ω^ )

ベリーメリークリスでやんす2021( *´艸`)気づけば橇が2つもあったよ

いやー金曜イブなんて久しぶりでしたねー!でもあてくしはせっかくなんで今夜ゆっくりケーキ食います(*´ω`*)ランチで軽く前哨戦はしましたが

今年のクリスマスのテーマ、それはズバリ「」であります。「洋」や「中」のおせちがあるんだから、「和」のクリスマスがあったって良いじゃないという発想でありんす

なのでケーキは抹茶チキンは骨付鳥、そして酒はシャンパンでなくスパークリング日本酒の「澪」を用意しておるんであります( *´艸`)

今から楽しみじゃぁー( ;∀;)


CHARATサンタ先生(*´-`*)

って、ほんとは先生にするつもりなんてなかったんです( ;∀;)

サンタパーツが帽子くらいしか見つけられなくてギブアップした姿なのでありますYO;つД`)くぅ

子供を助けられなかった夢( ゚ー゚)

「ひぃ……ひぃ……」 か細い幼子の呼吸とも悲鳴ともとれる声が脳内に響く。 一体どこから? ベッドから重い体を起こし目覚めると、部屋の窓が少し空いている。 窓の外を見る。 下の路地に数人の子供たちが集まって、隣の建物の天井を覗き込むように見上げている。 どうやら一人の小さな子供が高いところに取り残され、降りられないでいるようだ。 子供たちの一人がこちらに気づき、「気づいてもらえた」と言わんばかりの満面の笑みを向ける。 寝起きのひどい格好だが、とにかく行くしかない。 私はまだ半分眠っている重い体に鞭打つように部屋を飛び出す。

現場に下りると、すでに子供を手当てしている大人がいた。 しかしさっき窓から見えた子供はまだあの場所にいる。 私が何とかするしかなさそうだ。

近くで見ると、天井の蛍光灯のようなものにしがみついているようだった。 大人の私ならすぐに助け出せる高さだが、よく見るとその子の腫れあがった左手には蛍光灯から青い電流のようなものが流れ続けている。うかつに触ると感電のショックで子供を落としてしまいかねない。 何かないか……考えている間にも子供はみるみる衰弱していくのがわかる。 「ひぃ……ひぃ……」 脳内に相変わらず響き続けるか細い悲鳴。 早く助けねば。

私は持っていたインスタントラーメンの袋を使って子供をどうにか下ろせないかと試みる。 そんなものでどうにかなるはずもなく、下手くらしくまごついていると、やがて子供は力尽きたのか、手が滑ってインスタントラーメンの上に落ちた。 幸いラーメンがクッションになったのか、どうにか息はある。しかし明らかに瀕死だ。 「ひぃ……ひぃ……」 何かを求めるように虚ろに泳ぐ視線。口からは泡が溢れている。 どうすればいい、救急車か?そんな悠長なことを言っていて良いのか? 子供の耳から大量の煙が吹き出す。脳まで焼け焦げているようだ。 瀕死のカエルのように口をパクつかせ何かを訴えるようにこちらをじっと見ている子供。

あれ?この子供は……私なのか……?

「ひぃ……ひぃ……」 声は相変わらず脳内でリピートしていた。


という夢( ゚ー゚)

いえね、怖いというかなんというか、かなり鬱になりました(´・ω・`)

要するにその子供は自分なのだから、そのまま成長しても将来は結局、こういう局面で躊躇してもたついて子供一人助けられず見殺しにするような、そんな今のこのダメな自分になるだけなんだなっていう気分でした;つД`)

大雨から避難する夢(;´∀`)

ものすごい雨音でよく眠れない。 雨音に交じって外から子供がはしゃぐような声がうるさい。 冷房の効きが悪いのか、妙に蒸し暑い。

ベッドからのっそりと起き上がり、障子を開けて二階の窓から外を見る。 どんよりとした空から降りしきる豪雨と、ふと下を見ると非常用らしい白いシートが敷かれた団地の広場に、避難したと思しき家族の子供たちがキャーキャー楽しそうに走り回っている。

「うるさいな、眠れやしない。しかし避難なんて必要なのか?こんな程度の雨で……」

とりあえず用を足しにトイレへ。 しかし便座がない。それに開いている小窓から雨風が吹き込んだのか、部屋中びしょ濡れだ。

「なんだ、またトイレ壊れたのか……」

それになるほど、冷房が効かない理由はこれだったか。窓が開いてるんじゃどうりで蒸し暑いわけだ。 とりあえず二度寝しようと部屋に戻るが、ふと気になってさっき見た窓とは別の方向の窓も見てみようと、障子を開ける。

「うわ!」

いつもなら一面に畑が見下ろせるはずなのに、完全に水の底に沈んでいる。 それも並みの水の量じゃない、もうこの二階の部屋にも水面が届こうかという深さだ。

これはさすがに避難するしかなさそうだ。僕は眠っている母を起こしに母の寝室へ急ぐ。 ドアを開けると、母は冷房もつけずに窓を全開にして眠っていた。当然部屋中に豪雨が吹き込みそこかしこがびしゃびしゃだった。

とにかく母を起こし、状況を説明。急いで避難することに。 服なんて着替えている余裕はない。寝間着姿だがこのまま行こう。

「そういえばトイレ、また壊れたんだね……」

そんな話をしながら玄関のドアを出て、みんなが避難している広場に出る。

結局いろいろ考えているうちに、うちらは親戚のおじさんの家に寄せてもらうことにして、それなら何か手土産を買わなきゃね、という話になる。 服装もこれじゃアレだし、もっと夏らしい涼しいシャツに着替えなきゃ。 僕は一人でバタバタと部屋に戻り、手ごろな服を選び着替える。うん、涼しいやこれなら。

朝ごはんも兼ねて広場の駄菓子屋でお菓子を物色。 そういえばアレ売ってないかな?確かおじさんが好きだったはずだから手土産にしたいんだが。 うーん、でもなんかイマイチ種類が少ないな。 あ、あっちのブースに行けばたくさん売ってるのか、そういうことだったのか。 楽しそうに走り回る子供たちと一緒にキラキラした駄菓子を選び放題。 懐かしいなぁ。


という夢( ^ω^ )

もうね、夢の中は完全に夏でしたよ。それもそのはず、今日は師走初日だというのにまるで春が来たかってくらい朝から暖かったんですよね~……普通に寝苦しいくらいでした;つД`)冷房入れたくなるくらい

あと雨の音が普通にうるさくて夢うつつな感じだったので見た夢もかなりそれに影響されつつ、しかも良くも悪くもすごーくよく記憶しておりました

ええ、なのでものすごく寝不足なんです今日(´・ω・`)

4:44に追われる

4:44。

ふと時計を見れば4:44。バッテリー残量が44%。 そんな経験は誰にでもあるだろう。いちいち気にしてなんかいられない。 気にすることさえなければ何てことはない。所詮そんなものは当たらない占いか心霊現象の類と同じ。

でもねぇ……何だか知らないけど4:44も44%も見飽きるほど目撃するんだよなぁ最近。 こうまで執拗に追いかけられちゃ、気にしない方が無理ってこともあるでしょ。

で、極めつけはこれ。

Google / © Google.com

ふとしたことから世界標準時を検索。そのあと続けてアメリカ時間を検索したら4:44ってさぁもう。 これはさすがにドン引いた。

……もうね、そこまでしつこく取り憑くならむしろこっちから捕りにいってやろうかと。

Current / © Current Mobile, LLC

つーわけでCurrentも巻き込んで完璧なやつを捕らえてやったよ! これでスッキリ!もう4:44なんて怖くもなんともないね!お守り代わりにゃこういうのが一番でしょ!こっちから喰ってやるっていうね!

……あー疲れた疲れた。


そんなこんなでCurrentを使い倒しているわたくしですが、ここで一曲、「Say What」なるチャンネルでたまたま出会った素敵なナンバーをご紹介(*´ω`*)

TONES AND I - DANCE MONKEY

独特のドラボイスで歌い上げる、これが実に心に響く一曲……気持ちがほっこりと和んでからの、最後はそのメッセージにどこかホロリとさせられます

PVではやっぱり華麗に助走付けたドライバーショットでティーだけすっ飛んだ挙句、怒ってクラブへし折ろうと膝でしならせるも、結局折れずにぶん投げるシーンが大好きすぎですね(*´▽`*)何度見ても笑ってしまう

ということでこのチャンネルの擬人化イメージは完全にこの曲のPVの衣装ということになってしまいました( ;∀;)

Currentをダウンロードしにいく

こういう出会いがあるからCurrentは重宝してます。こいつはただのお小遣い稼ぎアプリなんかじゃあない;つД`)

山口さんの怪電波音楽(という夢)( ˘ω˘ )

学校だか予備校だかの教室。 寒い日なのか、石油ストーブがいくつか置いてある。 手をかざすと暖かい。 火傷をしないように気を付けて、転々としながら少しずつ当たる。

やがて授業が終わり昼休み。 机をくっつけてお弁当モード。 目の前の机にから揚げが乗ったパックのサラダがある。 仕出し弁当? うまそうなので半分くらい食べてしまう。

「あれ?俺のサラダは?」

どこかの誰かが言った。 あ、もしかしてこれ自分のサラダじゃなかったのかな?

バレないようにそそくさと教室を出る。 後を追われているような気がして焦る。

階段を下りている暇はなさそうなので、螺旋階段の中央の隙間を飛び下りる。

着地した先は薄暗い廊下。 山口さんが黒縁のメガネ越しに相変わらずの変顔をしてこちらを見ていた。

一瞬たじろぐも、なぜか安心してしまう。

「山口さんもこれから昼休みですか?」

ならば一緒に食事をと、暗くてせまい廊下を歩き出す。

どうやら山口さんは音楽活動をしているらしく、謎の怪電波を録音してそれを使った楽曲を作っているらしい。 サンプルを聞かせてもらったが、意外とパンクでキャッチーなノリに合わせてノイジーな電波がジリジリと鳴っているのがわかった。

「これを聞いた人はどうなるんです?」

その手の質問には相変わらずの変顔を返してくるだけで一切答えてくれない山口さん。 やっぱり不気味だなぁ。 しかもこの昼休みを使って新しい電波の収録もするらしい。

ビルの外に出ると、夜の温泉街のように赤ちょうちんがそこかしこを幻想的に照らし出す渋谷の小道に出た。 いつの間にかふじやんも加わって、3人で歩く。

そうしてしばらく歩いて、やがて細い路地に入る。 みんなで食事に行くものだと思っていたら、どうやら理髪店を探しているらしい。 なるほど、確かに山口さんの髪は頂上がゲゲゲの鬼太郎が妖気を感じたときのようにピンと立っている。

そのうち道の左手に理髪店を発見。 しかも2軒並んでいる。

手前の店から女子大生らしきグループがぞろぞろと出てくる。 人気がありそうな店だったのに入るタイミングを逸したのか、そのまま奥の理髪店へ。

てっぺんのハゲた大柄な白衣のおっさんが出迎えて、山口さんと談笑を始めた。 どうやらここは髪に火をつけて散髪するというスタイルの店らしい。 それってインドの動画で見たやつやん。

店の中では茶髪の女性がいそいそと何かやっているのが見える。 そしてなぜか庭先には本棚。 置かれているのは懐かしいコロコロコミックの野球漫画? いや、よく見るとちょっと違うような。 知らない漫画のはずだったのになぜかほっこり。

さて、これで山口さんとはお別れです。 ふじやんと2人、めしでも食ってこうかという流れ。 帰り道に、脂っこいけどうまいラーメン店があったのをチェックしていたので、おごってやるから行こうとどや顔。

しかしあっさり断られてしまいました。

残念。


という夢( ^ω^ )

ほんと久しぶりにちゃんと記憶できた夢でした( ˘ω˘ )

全然別のところで出会っているはずの知り合いがなぜか一緒に出てくるという不思議な世界線( *´艸`)

謎の先輩(青森県人・A型)とドライな後輩(高知県人・B型)。なかなか面白いパーティーでした

プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    お風呂上がりにお酒でも飲んで、ほっこりのまま眠りにつきましょう。

    本日のラッキーほっこりは 桃屋のいか塩辛 です!

    これまでのおみくじ結果