1. 玄関
  2. お風呂 最新10件

お風呂

温泉紀行や観光、町おこしイベント、季節のイベントを訪れた記録です。

お風呂 最新10件
ゲームコーナーのある温泉
レトロな空間・イベント
道の駅めぐり
タオルコレクション
名刺コレクション
温泉紀行
冬ならではの絶景~雪中日光踏みしめ湯旅
カリブの味覚とネモフィラの空なGWキャンプ旅
小京都の花火~小江戸の風情をたずねて
新春の川治をたずねて
晩秋の奥日光~東照宮をたずねて
中秋の那須湯本~茶臼岳をたずねて
初夏の益子~塩原元湯をたずねて
春分のいわき湯元にフラガールをたずねて
紅葉真っ盛りの奥日光をたずねて
日帰りぶらり
ふるさと探訪を訪ねて銚子へ2021
冒険と極上グルメの飯岡日帰り旅
紅葉とグルメの奥久慈日帰り旅
今回もサプライズ多数の銚子日帰り旅
面影残る町屋の半日ぶらり旅
下町の風に吹かれて柴又をぶらり
小江戸日和な佐原日帰り旅
リピート温泉宿
塩原元湯温泉「ゑびすや」
日光湯元温泉「白根荘」
温泉宿
川治温泉「柏屋」
那須湯本温泉「民宿 松葉」
湯ヶ島温泉「たつた」
いわき湯本温泉「松柏館」
湯西川温泉「はたご松屋」
鉛温泉「藤三旅館」
鬼怒川温泉「七重八重」
塩原温泉「赤沢温泉旅館」
温泉じゃない宿
ビジネスホテル・シティホテル
キャンプ場
立ち寄り湯・足湯
栃木県の立ち寄り湯・足湯
茨城県の立ち寄り湯・足湯
千葉県の立ち寄り湯・足湯
東京都の立ち寄り湯・足湯
イベント・景勝地
岩手県のイベント・景勝地
福島県のイベント・景勝地
群馬県のイベント・景勝地
栃木県のイベント・景勝地
茨城県のイベント・景勝地
埼玉県のイベント・景勝地
千葉県のイベント・景勝地
東京都のイベント・景勝地
神奈川県のイベント・景勝地
静岡県のイベント・景勝地
長野県のイベント・景勝地
旅の風情を楽しむ
田んぼでおにぎり
温泉街と駄菓子屋さん
キヨスクと車窓の思い出

お風呂 最新10件

温泉宿、立ち寄り湯、景勝地や町おこしイベントに関する記事、最新10件です

雪の山頂で熱いカップヌードルを(´・ω・`)

せっかく珍しく雪が降ったんで、高いところから白銀に染まった街でも見下ろしてみようということを思いつきまして久々の築山登山

あれ、でもなんか全然雪がないじゃん……?今日は空も晴れてるしさぞ景色も良いだろうと踏んだのに、まさかもうさっぱり溶けちゃったってのか?(´・ω・`)

いや、中腹に差し掛かると急に出てきましたよ雪が!そういえばこんなこと塩原でも経験したな~……中心街は全然雪がなかったのに、元湯に差し掛かるころには雪だらけっていう(*´-`*)

なるほど、さすがに山というだけあって標高が高いってことなのかな( *´艸`)なわけないか

山頂付近も真っ白です!いやこれが見たかった(*´▽`*)THE大自然

駅の方はもう全然普通に路面とかも雪がなくなってるというのに、ここはまだこんなふっかふっか!たった一夜の降雪だったというのに( ^ω^ )うれしいぜ

田園地帯も真っ白です!この景色が雪に染まること自体が圧倒的にレアなもんで嬉しいですね~

いつぞやには紅葉の夕日ってことで撮ったパノラマを、同じ角度から雪景色でももう一度(*´ω`*)

牧歌的なデザインの柵も雪かむりになってほっこりです(*´-`*)農園の冬って感じで

駅方面は木が生い茂ってあんまり景色が見えないんですが、まぁ隙間から見える雪景色ってだけでも十分レアな風景ですね( *´艸`)

さてと、ほいじゃあ雪の山頂でまずはあったかい玄米茶でもいただきながら一服

でもこんなふうに置いておくだけで一瞬にしてキンキンになりそうなんで、情緒に浸っている間もなく急いで飲み干しましたよ( ;∀;)ひぃー

というわけで今回は雪の築山で熱々のカップヌードル食べて雪山登山の気分の欠片でも手軽に味わおう~っていう謎の趣旨でやってまいりました

本当に山登りしたわけでもないのにこんなに食べてしまったら結局はただ無駄にカロリー摂るだけなんですけどね……何となくまたとない機会ということで雪山おにぎりも頬張りたくて買ってきちゃいました(*´-`*)

こんぶとかも迷ったんですが、やっぱり定番はたらことしゃけで。朝日でも浴びながらだったらもっと良かったんでしょうが、さすがにそこまでこだわり抜く気力もなく、普通にスーパーが開く時間を待ってしまいましたよ(´;ω;`)弱腰

いやぁでもこんな印旛のど真ん中で、こんなピリリとした空気の中でおにぎり頬張れるなんてやっぱりちょっと異次元の楽しさですよ( *´艸`)

雪国だったら日常すぎてどってことないことなんでしょうが、やっぱり普段雪なんてめったに降らない景色だからこそ価値が生まれる……なぁんてことも逆にあるのかもしれませんよね

さーてそろそろ宴も本番。熱々のお湯をこいつに注ぐ時間がやってまいりましたぜよ(*´Д`)

ついでにコーヒーも淹れてしまおうと、水筒にがっつりお湯持ってきてるんですよ今日は!

その昔、駄菓子屋でお湯入れてもらったカップラーメンをはるばる自転車で川の堤防まで運んで食べたあの頃の冒険の記憶を思い出し、コンビニでお湯入れてからそーっと持って登るとかも考えたんですけど、やっぱそりゃね……どう考えたって無茶ですよ(´・ω・`)

あんなのガキの時分の若気の至りの極致だからできたわけであって、今日なんてそれで雪で滑って転んだりしたらそれこそ大惨事ですからのぅ(*´-`*)これを日和ったと言うべきか?

というわけでふっくら完成~!いややっぱ美味いですね~特に極寒の雪の山頂で食べるならやっぱりノーマル味に限ります( *´艸`)

皮肉にもカップヌードルを世に広めるきっかけとなったあさま山荘事件……まさにこういうロケーションで食べてこそ本来のカップヌードルの味がするというもんでしょうからねぇ

さて今日は普段ほとんど飲まないインスタントカップコーヒーなんて洒落たものまで用意してしまったのですよ。車中泊動画とかでは何度かお目にかかってはいるんですがねぇ、実際にいただくのは初めてでございます(^-^)

2人分がセットになっております。こりゃある意味便利なのでしょうか……ソロの場合はちと寂しいか?(´・ω・`)

まずはブラックコーヒーで一口。いやぁ良いですねぇ……缶コーヒーとは別物でちょっとやっぱりワンランク上の気分。雪のワンシーンで飲むなら熱々の缶コーヒーもまた良いんですけどね(*´-`*)

てことで付属の砂糖とクリープを加えて仕上げていきます。いや~良い食後ですねぇ……白い息がほわっと立って……なんか静かで贅沢な時間

でもこう見えて実はちょっと風が強めだったんですよ……コーヒー作るときにカップが飛ばされそうになったり、木の上から残雪がさらさらと降ってくるなんてこともしばしばっていう、ちょっと割かし過酷な環境でした( ゚ー゚)まさに雪山

そして〆はみきゃん。雪みきゃん。訳アリ品ですが甘くてうんまい。そうです、こたつで食べるばかりがみかんではないのですよ皆さん( ゚Д゚)冷凍ミカンならなおのこと

んで、最後にいろいろあってますますおんぼろになってしまった雪女ちゃん……でもね、いろんな失敗や苦悩を一身に引き受けてくれてると思うとなんかホロリ。そういう一つ一つがまた新しい創作意欲に繋がっていくんですねぇ(*´-`*)起き上がり小法師なだけに

一番乗りかと思ったら実は先客がいたようで、誰かがこしらえた妖怪みたいなのがいました。なんかポケモンとかにこんなのいなかった?あんまり知らないのでアレですが( ;∀;)教養なくてすんません

築山
千葉県印旛郡酒々井町酒々井
043-496-1171(酒々井町経済環境課商工観光班)
無料
24時間
京成酒々井駅より徒歩5分
駐車場なし

駅前イルミに雪灯る

JR酒々井駅千葉県印旛郡酒々井町酒々井921

そういえば酒々井駅の雪イルミって見たことなかった!せっかく降ったんだからこれを見とかにゃ冬は終われんぜよ( *´艸`)

誰かが作った雪だるまがまたほっこりすぎて泣ける……雪が積もると大体誰かが誕生させるんですよねーこの新しい命

コロナの影響もあってここ数年ちょっと縮小気味のイルミにはなってますが、さすがに雪積もったら最強です( ゚口゚)=3

親孝行の井戸も凍るのが今年の寒冬……こんな冬は甲子政宗買ってきて熱燗で一献、温まりましょう

ほんわかと色が変化するカラーボールみたいなやつが今年は出てるんですが、白いパンチパーマみたいなのがまた似合う(*´-`*)

紫陽花イルミに積もる雪。季節外れもいいとこですが、これがこの町の冬の風物詩なのであります( ˘ω˘ )

雪にちょっと明かりが透ける感じがまた幻想的なんですよねー……紫陽花だから雨が似合うわけですが、しかしそれが当然のように雪までも似合ってしまうというこの不思議(*´ω`*)まさにイルミマジック

やっぱりねーイルミは青色発光ダイオードの発明があったおかげで格段に良くなりましたよ……それも日本人が発明したってんだからもはや誇りでしかないですよね(*´Д`)もっと大事にしようよそういうの

JR酒々井駅
千葉県印旛郡酒々井町酒々井921
0479-22-0073
1897年(明治30年)1月9日開業
ウィキペディア

今年の運勢を占うパワーストーンじゃないですが

今年のおみくじ代わりじゃないですが、ダイソーの3つで100円コーナーでこんなん見つけました( *´艸`)

いかにも金運が詰まってそうですね

パワーストーンのようなまんまるドロップが出てきました。占いとかに使う紫水晶か何かですかこれは?('ω')

えーと何々……?あ、中に色付きの飴が二層になって入っててそれで運勢を占うんですね……外側はグレープ味で、赤、黄、緑の順に運勢が決まっていくと( ˘ω˘ )ふむふむ

えーでも目視するには出さなきゃならないし、もう面倒なので味で判断したいですよね( ゚ー゚)

……と思って必死にテイスティングするも……結局一度も味わからず。表層のグレープ味の印象が強すぎて最後までグレープ味にしか思えない舌なのでした

おぼっちゃまくん / © 小林よしのり

やっぱり金運だったら黄色が良いよねーっつっても味わからんかったしなぁ……まあこの際だからやたらリッチなものでも眺めて気持ちを前向きにしていきましょう

今年の干支にちなんで純金の虎はいかがでしょうか?客間の和室に飾ってよっしゃよっしゃっていう

もしくは……

まるで初日の出のような輝きを放つ布袋さん。両の手を合わせて今年もおなしゃす!って気持ちで( ゚口゚)=3

福々おみくじキャンディー開運
キッコー製菓
30円
ダイソー
「福々おみくじキャンディー開運」を買いに行く

一ノ蔵のすず音に板前魂と、いよいよ年明け準備も佳境です

クリスマスに澪を飲ったんだから、正月は一ノ蔵のすず音でしょ!ってことで幻のスパークリング日本酒が手に入るとの情報をキャッチして、やってまいりました「酒乃すぎい( *´艸`)那須は月井

一ノ蔵の特約店ということで、しっかり入荷されてましたよ「すず音」!思いもよらずクリスマスの澪との飲み比べという形になってしまいましたが、今から正月が楽しみです( ^ω^ )楽しみ楽しみ

すず音にも何種類かあるということを初めて知りましたが、今回用意したのはすず音とすず音GALAの2種類。ともに醸造量はかなり限定的で出回る本数が少ないやつでございます(*´-`*)

一ノ蔵の酒も久々です!今回はスパークリングということであの頃飲んでいた一ノ蔵とは比較できませんけれど

さて、日本酒はこれでOK……あとはおせち!今年はイオンのおせちも売り切れてしまい、ちょっとおせち難民になりそうだったところ、新聞広告でこんなのを見かけまして( ゚ー゚)なんだこれ?

とにかく年末までにおせちが欲しい!そんな藁にも縋る思いで急いで注文したわけですよ( ;∀;)あ、あぶねー!

板前魂?おせち専門店?うーん、聞いたことないなぁ……おせち専門なんてあるんですね……おせちといえばかつてニュースにもなったおせち詐欺もあったし、難民救済と言いつつ得体の知れないところに発注してしまったのでは……?(´;ω;`)足元見られたかなー

【板前魂 本店 おせち】お正月を華やかに彩るおせち♪種類豊富な40種類以上!2022年度 ご予約受付中!

なーんて思っていたんですが、その後しっかりYoutubeでも広告や紹介動画を目撃し、どうやら面白いことにはならないとわかってホッとしました( ;∀;)

直電でも楽天でも購入できます!正月はやっぱりダマシイで決まりですね(*´▽`*)これも楽しみ

酒乃すぎい
千葉県八街市八街ほ319
043-444-0071
3,000円~4,000円
8:30~20:00 日曜定休(祝祭日除く)
駐車場あり(3台)

昔駄菓子屋さんで食べていたカップラーメンの正体がようやく判明しましたよ;つД`)

突然どうしてこの組み合わせなのか。ついに判明したからですよ……かつて駄菓子屋さんでよく食べていたカップラーメンの正体;つД`)

もうずっと私、てっきり足利の東京拉麺の商品だとばっかり思っていたんです。何しろ記憶にあるそのスタイルは今も発売中のしんちゃんラーメンにそっくりだったので……(;´∀`)

かつて東京拉麺のペペロンチーノを食レポした記事でも書いたように、そのときの記憶を巡っては当の東京拉麺に電凸までしたんですよね私……(*´Д`)

会社の偉い人がけっこう長時間にわたって古い記録を調べてくださったり、本当にお時間とお手間のかかる神対応をいただいたんですよ私……(´・ω・`)

なのに……それなのに結果……実は全然違ってたというこの体たらく⊂⌒~⊃。Д。)⊃

結論から言いますと、こちらなんです。当時いくら調べても情報が出てこないなどとボヤいていたんですが、ふとしたきっかけであっさりと見つけることができてしまいました( ;∀;)長年のコリがあっさり取れた

画像を拝借してしまい恐縮ですが、まさにこれなんですよエビスのミニヌードルとミニやきそば。あーこの焼きそば……そういえば苦い思い出がありますわー……(´;ω;`)

当時お湯を切らなくていいカップ焼きそばなるものがあって、盛んにテレビでCMしとったんです。それを聞きかじっていた幼少期の私は何をどう間違ったのか「カップ焼きそばはお湯を捨てずにできるもの」などという謎のシッタカインプットがされてしまっていまして;つД`)

明星 お湯すてマッタ! CM

というわけで私、初めてのカップ焼きそば体験はナントお湯を切らないままソースをどばどば……それをそのまま食べて、うっわまっず……となってしまったわけです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

以来しばらく、「カップ焼きそばというのはまずいシロモノ」なのだという自業自得も甚だしい的外れなトラウマが突き刺さってしまい、何ともやり場のない哀れな幼少期を過ごしたのでありました( ^ω^ )

ていうかおばちゃん絶対説明してたはずなんですよ、「お湯捨ててからソース入れてね」ってさ……それにいつも作るときは粉末スープを入れてからお湯を入れるおばちゃんが、そのときわざわざソースを入れずにお湯だけ入れて渡してきてるとかさ……ちょっと考えれば想像つきそうなものなのにね……それでミスってカップ焼きそば全体にトラウマを持つとか、昔からやっぱりどこか逆恨み体質でサイコパスなんですよ私……やってらんねっすよホント(^^♪

で、当時よく食べていたのがチャイナヌードルという赤いやつだったんですが、上記はすでにエビスから大黒に製造が移譲された後のもののよう。どうやら大黒に移ってからは紙蓋に変わったらしく、蓋に取っ手らしきものが付いてるんですよね……でも私が食べていたチャイナヌードルは間違いなくエビス時代のスタイルでした(*´Д`)

ノーマルのチキンヌードルとチャイナヌードルは50円、対してみそラーメンと焼きそばは60円と10円高かったので、その10円をケチっていつもチャイナヌードルなのでした。昔から変なところがセコイんですよね私……それでもノーマルを選ばないあたりとか……金もねーくせにちょっとでもリッチ感を味わおうなどと必死こいてるわけですよ私ガキのくせして(´・ω・`)今に通じる意地汚さ

いやだってほらそうは言ってもねぇ……駄菓子の世界は10円あれば……ねぇ。いろいろ買えるんだからさ、正当化しようよそういうのはもっと( ;∀;)貧ぼっちゃまで良いじゃない

ちなみにちゃんぽん麺は見たことなかったです

つい最近までこの大黒というメーカーから「ミニラーメンの太郎くん」なる商品が発売されていたんですが、それがもしかしたら当時のミニヌードルの系譜を受け継ぐやつだったんじゃないかと勘ぐり、こちらもまた懲りずにメーカーに電凸させていただきましたよもう;つД`)

で、結論から申しますとどうやらアテは外れていた模様。太郎らーめんはもともとアカギと合併した際に持ち込まれたブランドだったようで、エビスのそれとはまったくルーツが異なっておりました('ω')

なのでエビス時代のものは今ではもうすっかり……否、東京拉麺のしんちゃんラーメンこそがまさに今を生きるミニヌードルそのものなのですよ;つД`)

というわけで、今回は大黒のチゲ辛らーめんを仕入れてみました。まあー似ても似つかないのは承知の上なんですが、同じメーカーの面影だけでも味わおうという、今回はそういう企画です( ˘ω˘ )偲ぶ会

ということで当時のノーマルミニヌードルの中身を彷彿とさせるこちらも用意しました(´・ω・`)

絶対に当時からは味変わってますけどね……( ゚ー゚)

別袋が一つという潔さは、往年のチャイナヌードルを思い出させてくれます。ノーマルのチキン味には別袋がないけど、チャイナヌードルは同じ50円なのに別袋でスープが付属しているという豪華さ

いや普通に考えれば同価格なら別袋代がある分だけ中身の原価は安いってことになるのかもしれませんが……駄菓子は「遊び心」にこそ金を使うものですからそれで良いのです( ゚口゚)=3

あ、そうか当時のは蓋が丸いんだから当然丼も丸かったはず……ということは中身の麺の形も丸だったってことか( ゚Д゚)

今はどれも四角ですわなぁ……太郎ラーメンしんちゃんラーメンも……それだけでもルーツが違うとわかるってことだったわけか;つД`)盲点でした

今じゃすっかりチキンラーメンにも引けを取らないくらい洗練されてきてしまっている感じでしょうかね……型落ちみたいな感じで、一昔前のチキンラーメンそっくりみたいな(´・ω・`)

まあ昔の味に比べたらどうしたって洗練されてしまうのは仕方ないですがね……今はお子ちゃまも舌が肥えてる時代ですし( ˘ω˘ )

これも一応往年のチャイナヌードルに一番近しいイメージかと思ってゲットしてみたわけなんですが、やっぱりチゲを謳うだけあって酸味の効きが強めですよね……それに辛さもさすがに駄菓子屋さんのはここまでは辛くはなかったかも

麺の風味も駄菓子屋さん的ではなく洗練されているので、記憶も曖昧ながらちょっとイメージはやっぱり遠いかなぁと……残念( ;∀;)

普通に別物として美味しくいただきましたよ。ご馳走様でした

思い起こせばあの頃はちょうどアニメのドラゴンボールがこんな頃だったような。スーパーどどん波とか( ˘ω˘ )

あとはスカウターが故障したりとか;つД`)

だからそれは故障じゃなくて仕様ですって何度言ったら( ;∀;)

今見ても当時の空気が蘇るからすごいですよねやっぱり

あと余談なんですけども、孫悟空は「孫」天津飯は「天」って呼ばれるんだったらさ、桃白白も「桃」って呼んであげなきゃじゃない?ってずっと思ってるんですけども( ;∀;)

ミニヌードル
エビス産業
50円

東洋のドーバーと名高い屏風ヶ浦を探訪

屏風ケ浦千葉県銚子市三崎町1

遊歩道に入る前、まず目に入るのがこの建物。歌川広重のような波の向こうに屏風ヶ浦が描かれた壁画がインパクト大('ω')

番組では特に紹介はありませんでしたが、どうもここも有名スポットの様子。世界一小さな水族館だそうです

この規模で水族館を名乗られると逆に気になりますけどね……でもよく見るとイルカウォッチとかも開催している模様。今はコロナ禍なのでどうなのかわかりませんが、内容はけっこう本格的なのかも?(´・ω・`)

佐原の英雄、伊能忠敬の測量記念碑。門前仲町から始まった測量作業ですが、このあたりは第二次測量ルートに入っているみたいですね。かなり早い段階で測量された模様('ω')

それにしても実に雄大な景色です。浜と岸壁とが織り成す造形美。天気も良いし風も穏やかで、実に散策日和です。もう少し夕景になっても良いかもしれませんね

あ、でもパノラマで撮ると「湾」みたいに見えますが実は全然違うんです……すみません( ;∀;)

これがこのあたり特有の「浸食」。つまり本来は遊歩道の向こう側まで海水が来ていたということでしょう。整備によってかなり地形が変わった格好ですね( ˘ω˘ )

あと実はそこの岩陰で猫が二匹ほど寝転がっていました。縄張り争いに勝利したのか、丸々とした養分高めな体格をされていましたよ(´・ω・`)

巨大な石がごつごつ積み上げられた、人工的な海岸線。テトラポット的な役割なんでしょうが、自然石を使うことで景観を損ねない配慮ということなのでしょう(*´ω`*)

よく見ると小さな波止場もいくつかあって、その先端まで出たらまた一面の水平線のような景色も見られるのでしょうか……( ^ω^ )

そんな波止場の波打ち際風景。こういう波止場を横から見る感じというのはあまりない景色かもしれませんね(*´ω`*)

なんか水平線の上に風力発電所が見えるんですが。良いですねーメタルマックス的ですねー……こういう雄大な自然と巨大人工物の組み合わせというのは、いくつになっても心惹かれるものがありますよね( *´艸`)

屏風ケ浦
千葉県銚子市三崎町1
0479-24-8707(銚子市観光商工課)
無料
24時間
銚子電鉄外川駅から徒歩30分
駐車場あり

東映のオープニングのあの波の景色はここなんだそうですよ( ゚ー゚)

犬吠埼千葉県銚子市犬吠埼9576

犬吠埼の岬の下、波しぶきの舞う岸壁付近に降りられる遊歩道が整備されていたので、ふらふらっと降りてみました('ω')

けっこうな下り階段なので、行きはよいよい帰りは怖いというパターンのやつですが;つД`)

確か以前にも降りたことがありましたが、あれはまだこんな綺麗に整備されてなかった頃だったかと……あの頃はもっと冒険心がくすぐられたような気がします( ˘ω˘ )

あ、でもここから先は立ち入り禁止ですね。こういうのがあるとついワクワクして乗り越えたくなりますが、自分はもう老体なのでそういう元気は出ないのであります;つД`)

こんな石碑、前からあったっけな……よく覚えていませんが、見た目的にかなり綺麗なので新しそうですよね(´・ω・`)

あーそうそう、あの岸壁の下に積み上がった煉瓦のようなやつ、確かここらに砲台が設置されてた跡とかだった気がします。戦時中の要衝というか、三浦半島の猿島みたいな……なんかそういう系の話だったかと( ˘ω˘ )

そして崖の方は何やら地層が複雑に絡み合っているようで、一体どんな風に隆起して浸食されたらこんなふうになるのかと、思いを馳せるふりしてかっこつけました(;・∀・)

そもそも隆起とかの地殻変動って、結果だけ見るとガーンと突如としてせり上がったように見えますが、おそらく実はそうじゃなくて、今もひっそりと動いてるという太平洋プレートみたいに時間をかけてじわっていくものなんじゃないかと勝手に想像して一人盛り上がってました( ˘ω˘ )

鬼の洗濯板系の景色にしばし見惚れる。でっかい大根おろしでも可(*´ω`*)

東映の映画でさんざん見慣れているあの波しぶきざざーんのオープニングどうやらこの近辺の景色なんだそうな( ^ω^ )今知った

そしてさすが外海。この透明度ですよ。見た目だけなら飲めそうですよもう( *´艸`)

回転ずしの味噌汁に入ってそうな緑。摘んで帰ったらいくらかにでもなるのかしら(´・ω・`)ならんよね

キノコと違って海藻はいわゆる毒を引く的な間違いはないと思うから、適当に持ち帰って食ってみても良いのかな……いやダメか多分ダメだ今年厄年だし(;´∀`)

帰りはなぜか道に迷いまして。波しぶきを浴びそうになったり、見知らぬトンネルが見えてきたり、まさにこれぞ冒険でしたわ;つД`)とほー

犬吠埼
千葉県銚子市犬吠埼9576
0479-24-8707(銚子市観光商工課)
無料
24時間
銚子電鉄犬吠駅から徒歩12分
駐車場あり

みなとみらいのカップヌードルミュージアムに行ってきましたよ~(*´ω`*)

カップヌードルミュージアム 横浜神奈川県横浜市中区新港2-3-4

いやぁ~生憎天気はこんなんですが、実に何十年ぶりかのみなとみらいにやってきました~!ここに来るのは実に「横浜博覧会 YES'89」以来ですかね~(*´Д`)懐かしい

横浜博覧会の思い出といえば、あらかじめ見たいアトラクションを決めておいて開園と同時にダッシュしたことでしょうか。あんなエネルギッシュな行動は後にも先にもあれきりでしたねぇ~……( ;∀;)若かった

中でも「三菱の3D映像のアトラクション」は3時間待ちの列に並んだ記憶があります。でもその内容が当時あまりにも斬新で衝撃的だったので、終わってみれば3時間も並んだストレスなんかすっかり吹っ飛んだこともよく覚えてますね~( *´艸`)

今となってはこの観覧車だけが、そんな博覧会当時の思い出が詰まった名残なんですよね~!噂では観覧車だけが残っていると聞いていたはずなんですが、今では周りに遊園地ができていますよ……きゃーきゃーぴーぴー賑やかなことですね(*´ω`*)

博覧会が開かれた平成元年といえば、こんなお土産品が流行っていた時代……ガラスボトルのぷかぷかオブジェ!ええ、まだ現役で残っていますとも

そんな思い出の観覧車を横目に、本日の目的地へ向けてテクテクと海の橋を渡っていきます。千葉とは違う、THEヨコハマの海ですね~(*´▽`*)

さて、程なくして到着です!兼ねてからずっと気になっていたカップヌードルミュージアムについにやってまいりましたよ~ヾ(≧▽≦)ノ

今日はそもそも連ドラも終わってほとぼりも冷めた頃合いを見計らって来たつもりだったんですが、やっぱりまだこういうポスターとかありますよねぇ~そりゃそうか( ˘ω˘ )

しかし混み具合の方はそれほどでもなく、すんなりチケット購入して入場とあいなりましたよ~!オリジナルカップヌードルを作るブースだけは相変わらずの人気で数時間待ちのようでしたが、ミュージアムを見て食事するだけならとりあえず待ち時間はないみたいで良かったです(^^♪

ふと見上げるとエントランス上部にでっかいカップヌードル像が!圧巻です( ゚Д゚)

最初は歴代パッケージコレクションのブースから

ここといえばまずは何と言ってもこのコーナーから!日清食品の歴代インスタント麺パッケージを一堂に集めた圧巻のコレクションでございます( ゚口゚)=3

年代別に整然と並んだこの密度!もう眺めているだけでニマニマしてきちゃいますよ( ^ω^ )大興奮

何しろ近くで見ようと思うとこの高さ!いかにもこれまでの日清食品の歴史と業績が積み上がってるって感じですよ( *´艸`)

さて、それじゃあ早速順を追って見ていきましょうか!まずは1958年に誕生した元祖チキンラーメンから!1958年と言えばホンダスーパーカブ発売東京タワー完成など、まさに三丁目の夕日な年代ですよ;つД`)

最初はこんなパッケージだったんですねぇ~!マスコットのひよこちゃんもまだ誕生しておらず、パッケージテイストはレトロそのもの!しかしこのトレードマークともいえるオレンジストライプのイメージカラーは最初からだったんですねぇ~( ˘ω˘ )

その後やはり人気のカレー味はすぐに発売されますよね~……そしてその向こうには気になる和風味!今もし復刻しようものなら真っ先に飛びつきそうです( ゚ー゚)

下の方にちらっと見えてる「生中華」ってのも実に気になります……まだフリーズドライもない時代なのに、一体どんな内容で生中華と謳ったのか……('ω')

そして同列にポツンとあった飛び道具、チキンラーメンニュータッチ!日清なのかニュータッチなのかーッ!?Σ(゚Д゚)

それにしれっと「冷麺」とも書いてありますが、とりあえず見た目的には今でいうあの韓国料理の冷麺のことではなさそうなので、単純にお湯で戻した後に水で洗って冷やして食べるスタイルってことでしょうか(´・ω・`)

大体そんな発想自体が最近のものかと思ってましたが、すでに開発当初の時代からとっくにあったアイディアだったんですねぇ~( ˘ω˘ )

開発から5年、ついに焼そばが登場です!それに即席田舎そば!U.F.Oやどん兵衛の原型ともいえる袋めんがこのあたりですでに世に出てくるんですね

それに隣にはスパゲニーとな!まさかスパ王の原型までこの時代にあったんですね!チキンラーメンばっかり復刻しないでこういうのもやってくれないかなぁ~( ;∀;)

そして東京オリンピックから4年後の1968年!ついに出前一丁が来ましたよ!なんとこちらは発売当初からこの少年キャラがいるじゃないですか!後々のCMで見てるからか、これが昭和生まれのキャラだったっていう印象がまったくないんですが( *´艸`)

そして来る1971年!ついに世界のカップヌードル降臨です!令和になった今でも発売時からまったく変わっていないこのパッケージデザイン!なんと洗練されていることか;つД`)

あ、でも上から見ると蓋がちょっと垢抜けない感じ!全体的に真ん中に寄っていてなーんか良いですね!見逃さないよーこういうとこΨ( ̄∇ ̄)Ψ

それにこれはカップヌードルの蕎麦とカレーが同時発売ってことですかね!?まさかどん兵衛より先にカップヌードルの蕎麦が出ていたなんて!ちょうど先日ダイソーでカップヌードルの蕎麦版ってやつを見つけてやたら興奮してましたが、まさか発売当時にすでにあったネタだったとはなー……( ˘ω˘ )

1976年!徐々に平成の足音が近づいてきましたが、ここでようやくどん兵衛の誕生であります!良いですねー初期型どん兵衛のこの飾り気のないダイレクトな出で立ち!こういうシンプルなデザインこそ、味に明確なイメージを与える大事な役割があるってもんなんですよねー(^-^)

そしてついついクローズアップし忘れたんですが、ここにありました「おかしメン」!日清が出した子供向けカップ麺第1号ですね!駄菓子屋さんにも置いてたっけかな?

当時子供用カップ麺は50円~60円が相場……そんな中で確かこいつは100円くらいしてたかなー……とにかく高くて手が出なかった記憶しかないです( ;∀;)

そして同じ年に誕生のカップ焼そばU.F.O!初期パッケージってやっぱりどれも良いですねぇ~!広告枠みたいなものが一切ないってのもありますが、やっぱりパッケージカラーから味のイメージが直に伝わってきます( ˘ω˘ )

お茶漬けラーメン!こんな衝撃的なのもあったんですか……今ならもれなくYoutuberのネタにもなりそうなので、是非復刻してほしいですね~( *´艸`)

初恋タッチ!懐かしいコラボネタ来ましたね~!醤油味のチャーシューメンとあるので一応中身は普通なのかな?('ω')

カップヌードルのシーフードが焼そばになってましたよ!これ絶対うまいやつですね!復刻しないかなぁ~(´・ω・`)

1992年!いつの間にか平成に突入していましたが、ここで「ラ王」登場ですね!業界初の本格志向コンセプト!初期型は確か麺が生タイプで、一回湯切りする仕様だったのを覚えていますよ(^-^)

JAPON!ありましたねー!どんなだったか内容はうろ覚えですが、この響きはかなり記憶に残っています( ^ω^ )

懐かしきボブ・サップとのコラボネタ「ボブ・カップ」!つまり味でなく量感的にビースト仕様ってわけですね!でも上蓋の面積は変わらないみたいなので、深さがあるカップだったってことでしょうかねぇ( ゚ー゚)

45周年記念復刻版パッケージのチキンラーメン!本物の初期型と見比べられるなんてなんか感動!でもお店では見た覚えがないんだよな~……(;^ω^ )

そして年表が終わると、なんだかカップ麺の巨大自販機の中身を覗いているかのような、ぎゅう詰めの在庫が!これまた無駄にすごい迫力ですよ( ゚口゚)=3

ダイソーでしか見かけないようなマイナーバージョンまでしっかり網羅!そりゃそうか( *´艸`)

百福シアターと最初の研究室レプリカ

お次は百福シアターに突入!勉強会ですね、わかります!ジュラシックパークにもこういう場面がありましたもの( ゚ー゚)

あ、赤い!実に目に来そうなシアタールームですが、上映中はもちろん暗転するので普通のシアターでした!百福キャラが日清のインスタント麺の成り立ちやら何やらをまとめて解説してくれます。キャラに声を当てていたのは「まんぷく」の萬平役の方でしたね~(*´Д`)

シアターのエンディングで流れるように誘われる扉の向こうには、インスタント麺が誕生したという研究小屋の再現がありました。THE昭和レトロ(*´▽`*)

麺が干してあります。とにかく麺の保存を利かせる方法と、それを手早く食べられる状態に戻す方法という2点を考えていたそうで、こういう天日干しみたいな方法も研究の一環だったんでしょうか( ˘ω˘ )

小屋の中は木の匂いがする如何にも昭和レトロな空間!昼夜問わず薄明りの下で研究に没頭するには、ある意味落ち着きのある良い部屋だったのかもしれませんね(*´ω`*)

それにこの内装からすると、麺だけでなくやはりスープの研究も同時に進めていた感じでしょうか……本当にあの袋めんそのものの商品開発を1人で行っていたってことなんですねぇ……(´・ω・`)すげぇや

もちろん製麺も自前で。まだこの時代はラーメンを1杯作ろうと思ったら麺もスープも具材も全部別々の店に買いに行くのが当たり前ですよ!それらを1つにパッケージングした商品を作ろうってだけでも、当時としては相当気合の要る挑戦だったと思いますね~(;´∀`)

なにやら小屋の最奥ではでっかい中華鍋が温まっている模様('ω')

覗いてみると鍋の中はCGのようですが……油の中に麺が沈められるとじゅわぁ~っというサウンドが!インスタント商品の産声ってわけですね~(^^♪

小屋は外装も細部に至るまでちゃんとパーツが配置されていて、まるでリーメントのミニチュアのような作り込み

七輪に竹箒に大八車……良いですね昭和ですねほっこりですね~( *´艸`)

小屋の裏手には当時の大阪の街並みの写真パネルがずらり!道路はすでにアスファルトのようですが、電柱はまだ木製ですかね……まったくこんな木の小屋が建っていたとしてもすごく馴染んでしまうような風景ですね(;´∀`)

東芝の街宣デコカー!時代を感じますね~!トミカで出ないかな~……それにいかにもレトロな3輪の車がたくさん!ずっとオート3輪ってのはミゼットだけだと思ってましたが、こんなに色々種類あったんですね~

この自転車の形状!真っすぐなハンドルに簡易的なライト!美味しいとメガネが落ちるんですっていう香りがしますね(*´ω`*)

農家でもない家庭に鶏小屋が普通にあったってのも昭和レトロっぽい~;つД`)

カップヌードル発展の歴史

お次はカップヌードル発展の時代背景を追っていく年表ウォールコーナー!シアターの中で紹介されていた内容を事細かに見ていけるブースですね(*´▽`*)

「誰でも手軽にラーメンを食べられたら幸せ!」という発想は、戦後の闇市風景を見て出てきたものだと言います。切実な出発点のようですが、食の安定供給こそが幸せな社会への第一歩であるということは、これはもう誰がどう考えても間違いないことですものね( ˘ω˘ )

時代の流れの最先端にしっかり乗って、大量生産大量流通のシステムを着々と作り上げていきます(^◇^)

それそのものは戦前からあった発想かもしれませんが、当時食品分野でのシェアはまだまだだったのかもしれません。レトルト食品だってまだ世に出てないでしょうし、そういう流通が可能なのはこの頃はまだ瓶詰や缶詰くらいだったんじゃないでしょうかね( ゚ー゚)

あ!懐かしい自販機!温泉旅館とかにもよくあったやつですね!そもそも自販機からお湯まで出るだなんて、自分の時代ですら凄い機械だと思えましたからね~( *´艸`)

ちなみにこのカップヌードルを市場の波に乗せるのにはだいぶ苦労話があったようです。当時メーカーの売り込み先と言えば問屋だったそうなんですが、「こんな品のない食べ方のラーメンが売れるわけない!」と門前払いばかり食ったそうなんです(;´∀`)

そこで営業の常識をあえて覆して、逆にこういう食品があったら一番便利に使ってくれるであろう自衛隊や新聞社に直接売り込みに行ったんだそうな!そしてついにそこを突破口にして市場に波紋を広げていったという話です……( ゚Д゚)すげぇ

そして予期しない衝撃の広告がコレ!視聴率80%を記録したというかの「あさま山荘事件」で、機動隊員たちが極寒の雪の中でなにやら湯気のホカホカ出た美味そうな麺を食っていたというじゃないですか;つД`)

何しろ映像はリアルサバイバル!しかもおあつらえ向きの雪の中で熱々の食事!これはもう完全にカップヌードルが全国区に認知された瞬間だったことでしょうとも

あ、この絵ですこの絵!街の若者たちがカップヌードル片手に食べながら歩くという絵!なんと銀座のホコ天だったんですね~( ;∀;)

そうそう、マクドナルド1号店も銀座だそうですね!なんか当時は流行の発信地的な雰囲気で、銀座だというのに今で言う渋谷みたいですね~(^^♪

世は平成へ。いよいよ世界のカップヌードルとしてアメリカ摩天楼に出現!もはやキングコングもびっくりな広告ですね(*´▽`*)

戦後、世界の著名人とともに進化を遂げたカップヌードル!そんな百福氏最後の夢は、カップヌードルを宇宙食にすることだったそうです!そして御年90歳、宇宙食「スペース・ラム」の誕生をもってその夢もついに実現したのだそうな( ˘ω˘ )

スペース・ラムは、かのスペースシャトル「ディスカバリー」に搭載されたのだそうですよ(*''ω''*)

そして特設展として、連ドラの「まんぷく」主人公のモデル、安藤仁子さんの年表へと続いてまいります(*´Д`)

ちょうど青春時代ごろに富豪の家庭から大転落したんですね……波乱万丈ありそうですが、もはや詳細は連ドラを観なさいっていう内容かと思います( ;∀;)

そろそろこちらもお腹がすいてきてしまったので、後程「まんぷく」をレンタルして一気観るとして、とりあえずごはんにしましょうごはんΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ワールド麺ロードでお食事を

ということで最上階にあるお食事処、ワールド麺ロードにやってまいりました~!何ぁに食わしてもらえるんでしょうねぇ~とにかく腹が減っているので前情報もなしです( ゚口゚)=3

とりあえず門構えからしてかなりのアミューズ感が滲み出ておるのと、この名前から察するに世界の麺を食べ歩くっていうコンセプトなのはほぼ間違いないでしょう( ^ω^ )

おおお~!ナンジャタウンやラーメン博物館でも見たような、昭和レトロな雰囲気が再現された空間ですよ!いや、これはレトロなだけじゃない、なんか東南アジア系の屋台村みたいな雰囲気も混ざってますな(*´▽`*)

スタッフにとりあえず席の確保をと言われたんですが、時間がかなりズレているのでそこかしこ空きがあって適当に座れそう!うひょお~これはもしや一番好き勝手に堪能できるタイミングなんじゃないの~?( *´艸`)

ところどころ行き止まりにこんな空間が!東南アジアの屋台風景って昭和レトロにかなり通じるものがありますよね

さて、適当に席も確保したのでいよいよ世界の麺とやらを買い漁って来ようじゃあないですか!食券制のフードコート形式なので小銭片手に買い歩く感じがお祭りみたいで良いですよ~ヾ(≧▽≦)ノ

しかしこうして見るとやっぱどうしてもアジア圏にかなりの種類が固まってるのは仕方ないですなぁ~……麺ってのはやっぱりアジアの食い物ですわな(^◇^)

ということでまずはこれかな!腹減りにはパンチが必要なのでインドネシアン焼きそばのミーゴレン

ふとカウンター横を見ると「サンバル」なる辛い調味料がちょこんと置いてあったのでこれも添えていきましょう( *´艸`)

食べ歩きサイズなので300円で小盛りです!甘辛のソースがうめぇ~!ちゃんと蒸し麺を使ってるのでもちもちした食べ慣れた食感に、でもやっぱりちょっと滅多に味わえなそうな不思議な香りが後から鼻に抜けてきます!エキゾチックな味(*´Д`)

お次はベトナムのフォー行きます!これはもうフォー専門店にも行ってるし知った味ではあるんですが、スープ麺の中で選ぶとしたらやっぱりこれかなってところです( ゚ー゚)

こちらにも多数調味料が用意されておりましたが、基本的に辛い系のやつらなので今回はちょっとやさしめにするためにパス(´・ω・`)せっかくですが

パクチー乗せて良いですか~って聞かれて二つ返事!やっぱこれがなくちゃ~よ!ニュクマムの独特の味わいのスープに、ざくざくヘルシー生野菜たちとつるっつるの米麺が絡む~(^^♪

そしてカザフスタンのラグマン!カザフスタンってどこじゃ……?(;・∀・)

とりあえず味付けがオイスターソースって言うから中華で食べ慣れた味かと思いきや、羊肉の香りがどっしり乗っかってきて超エキゾチック!でもタレに甘みがあって、麺も稲庭うどんみたいで超うめぇ~!本日一番かなこれ( *´艸`)

最後にチキンラーメン屋台に突撃!やっぱりこれ食ってかなくっちゃよ~ん!完全に知った味なのは覚悟の上でござる

このレトロ券売機が良いですね~!手作り感すら覚えるような、おもちゃ的なほっこりを感じずにはおれません(*´▽`*)

なぜか1玉で150円。安い。いや待て、1玉ってまさか……ミニチキンラーメン1玉ってことか~( ;∀;)やられた

具材は2種類選ぶそうな。うーん、たまごは外せないよな~……あと1品、王道的にねぎとかも良いけど……('ω')

じゃじゃ~ん、本日限定の具材のソーセージ~!通常の具材メニューとは別のところにぽつりと書いてあったのを発見して、こりゃもう逃さず即座にセレクトしましたよ( ゚口゚)=3

良いですね、たまごとソーセージのチキンラーメン!下手にチャーシューとかで肉を摂るよりおこちゃま感が格段にすごい!これでしょ~これでなくちゃいかんでしょ~( *´艸`)

さてお腹もいっぱいになったところで、ここに来たらデザートにあいつを食さないわけにもいきませんな!こんなレトロなポスターたちが貼られた裏路地にあるアイスクリームのお店に突撃です( ^ω^ )

これだ~!カップヌードルのアイス!うげげ~!頑張るぞ、アレな味でも絶対頑張るぞ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃

アイス屋さんのカウンターのランプが素敵でした。要するにこれから挑もうとしてるのはこういうことなわけでして( ;∀;)

はい!もういきなりアイスのてっぺんにエビです。これはあれですか、エビの形に作ったチョコとかそういうんじゃあなくてですか、そうですか( ゚ー゚)

よく見るとエビのほかにも謎肉とかたまごとか……これ全部本物らしいです。てーとつまりこのアイスの味に工夫があるってことですよね、そうですよね、そうじゃなかったらこの時点で完全にアレですもんね(;・∀・)

ほう!うむ!ほおぉ~!これはなるほど、このアイスの味!バニラアイスなんだけど塩気があってちょっとチーズのようなコクもあって、ほうほうほう、そこにこのカップヌードルの具材たちが……なぁ~るほど( ゚Д゚)

と、感心しながら食べ進めていたんですが、気が付くと具材がすっかりなくなりまして。しばらくアイスだけを食べてると、やっぱり口の中が良い感じにアイス食べてる感になってくるわけなんですが、そこにふいに残っていた謎肉弾が!Σ(゚Д゚)

……いやいやこーれがまた!油断したところにそういう入り方されると実にけっこうアレな一撃でしたわ;つД`)

あッ!!!そーだった、謎肉丼!そんなのあったことをすっかり忘れてたー!……って1日限定29食しかないんじゃあ、とっくに売り切れてたかぁ~……残念(*´Д`)

食後はテラスにでも出て潮風に吹かれてみましょうよ~!大パノラマが気持ち良い~!右端の方に見えている橋は横浜ベイブリッジかな?懐かしいなぁ~( *´艸`)

先ほどのアイスのカップはよ~く洗って記念に戴いてきましたよ!裏側にもしっかりミュージアムの刻印がある特別デザインカップのようですしね(*´ω`*)

さて、最後に1階のおみやげコーナーを覗いてみましょう!ちなみにここからコスモクロックが見えるっていうこの構図もまた良いですね~!横浜にいるな~って感じがひしひしと

いやー楽しかった!道に迷わないように頑張ってみなとみらい駅に戻りましたが、しかし見れば見るほどこの駅もでっけぇ城みたいな造りですのぉ~( ;∀;)お上りさん全開

往路では気づかなかったでっけぇ宙吊りスヌーピーにドッキリ( ゚Д゚)

横浜ってーところは本当に右を見ても左を見ても何かしらがあって飽きさせないところですなぁ~……正直、年寄りなのでちょっと疲れました。くれぐれも帰りの電車を寝過ごさないように気を付けます~( ˘ω˘ )

本日の戦利品コーナー

というわけで戦利品紹介コーナー!けっこうすでに入手済みのグッズもあって、時間を使ってよーくいろいろ吟味した結果、他ではあまり見かけないようなこちらのグッズをゲットしてまいりました(^^♪

どん兵衛の手ぬぐい~!これは見逃せませんでした!月バージョンと暖簾バージョンがあって、月見うどんでもないのに月ってのもなぁと、暖簾バージョンにしましたよ( *´艸`)

良いですね、温泉で是非使いたい、と言いたいところですが、こちらはコレクションとして保存という運命になりますです( ˘ω˘ )

カップヌードルクラッカー!何のお祝いでカップヌードルをぶちまけるパーティーがあるというのか、使いどころが難しそうですがしかしこれはどこかで使ってみようと思いますヾ(≧▽≦)ノ

パーンって鳴らした後はせっせと具材を拾うことになりそうですな(;´∀`)

チキンラーメンのメダルキーホルダー。ちょっとメダリオンみたいだなーとも思いましたが、刻印とかはできないので別物でしょう(^-^)

これはやっぱり裏側にしっかりとこのミュージアムのエンブレムが入ってるところでしょうか。やっぱりこういうのが1つくらいは欲しいです(*´ω`*)

そして最後にチキンラーメンの今昔マグネット!これはちょっと珍しくないですかね?( ゚口゚)=3

現在のチキンラーメンのパッケージから、角度をちょっと変えてみると……('ω')

初期型のチキンラーメンに早変わり!これはなかなかミュージアムらしい粋なグッズなんじゃないでしょうか( ^ω^ )

カップヌードルミュージアム 横浜
神奈川県横浜市中区新港2-3-4
045-345-0918
500円(大人)・無料(高校生以下)
10:00~18:00(入館は17:00まで) 火曜休館(祝日の場合は翌日休館)
みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩8分
駐車場あり(最初1時間無料以降30分毎250円・40台)

今年のお花見は岸根公園で崎陽軒の限定弁当

岸根公園神奈川県横浜市港北区岸根町725

今年もお花見シーズンがやってまいりました。お彼岸なのでまずはお墓参りに行きまして、ちゃんと季節の和菓子をお供えしてきましたよ~(*´ω`*)

さて、それじゃいよいよ岸根公園でお花見タイムと参りましょうか~!でも今年は天気がちょっと微妙~……( ;∀;)

それでも桜は良く咲いてることもあって、お弁当を広げるお花見客もわんさかわんさか!年に1度ですからね~( *´艸`)

水面に映り込む桜……このロケーションがある名所は本当に人気が出ます!上野恩賜公園然り、河津桜然り

さぁさお腹も空いてきたことですし、早速桜の良く見えるところに頑張って空きを探してお弁当にしましょうよ~(*´▽`*)

はい!そして今回のお弁当はちょっとこだわりました!ご当地横浜崎陽軒の春限定弁当「春のかながわ味わい弁当」でっす~ヾ(≧▽≦)ノ

蓋の裏にちゃんと説明が。このとおり神奈川中の美味しいものを詰めに詰めまくった贅沢弁当でございます!もちろん崎陽軒発なので嬉しいシウマイも忘れず(^◇^)

なんと彩り豊か!春らしいお弁当じゃないですか~!ちょっと小雨が降ってきちゃいましたが、そんなことも気にせず早速いただきま~す

やっぱりまずは崎陽軒のシウマイ!うめぇ~相変わらずうめぇ~!筍ご飯も良いけどシウマイにはやっぱ白米ですよ( *´艸`)

ちゃんとご飯が2種類用意されてるのはこのためですよね~!流石(*´ω`*)

そして個人的に横浜と言ったらシウマイとこの鈴廣のかまぼこ!お弁当のTHE定番おかず!夜汽車の男にも登場しますよね~(*´Д`)

もちろんお野菜やひじきなどの海藻類まで揃って、ただ名産を集めただけでなくちゃんとバランスを考えてあるのが素敵です( ゚ー゚)

そして春らしく筍ご飯!これがまた良い味付けで……桜の絶景とこのふんわり優しい和の風味!雨が降ってることも忘れてしばしお花見気分に浸りました

でね、普通ここまでこだわったなら飲み物はお茶だろうって誰もが思うところでこれをチョイスするわけです!見たことないメロンソーダだったのでつい……(;´∀`)

まあね、ハンバーガーにコカ・コーラ、焼そばにラムネっていう文化もあるわけですから、花見弁当にメロンソーダもギリOKじゃないでしょうか;つД`)

しかしこれまでこのグリーンクリア系と言えば王道のポップメロン、そして昔ながらのチェリオメロンと飲んできたわけですが、そのどちらでもない新しいメロンソーダを開眼しましたよ( ゚口゚)=3

なーんていうお弁当を食べながら眺める桜!またここから見える木が特に勢いのある咲き具合でして、何という特等席感でありましょう

大粒の雨がけっこう降り始めているというのに、ほとんどの人は避難もせずどっしりと構えて桜を愛でております( *´艸`)

お弁当を食べ終わって移動を開始したころにちょっと晴れ間が見えました!やっぱり青空になると桜の色の映え方が違いますよね(*´▽`*)

池の鴨さん。ここ岸根公園の鳥たちは鳩もそうですが、人慣れしていて全然警戒していない様子!自由気ままに生きてる感じですね(*´Д`)

また来年、桜を愛でに来ますよ~!天気の方だけどうかお願いします( ^ω^ )

岸根公園
神奈川県横浜市港北区岸根町725
045-481-1697
入園無料
24時間開園
市営地下鉄ブルーライン岸根公園駅徒歩1分
駐車場あり(30分100円・157台)

これはすごい!大迫力大パノラマの雪の華厳( ゚口゚)=3

華厳の滝栃木県日光市中宮祠

日光へはちょくちょく旅行に来ているというのに、華厳の滝を見るのは何年ぶり、いや何十年ぶりでしょうか……記憶が幼いからか、自分の中ではあんまり「すごい滝だった」という印象は残っていないんですが、せっかくの雪景色なのでこの三大名瀑の1つを拝まずに帰るというのはやはり実にもったいない( ;∀;)

ということで日光路線バスの中継地点的ターミナルでもある中禅寺温泉バス停にて下車、ここから徒歩5分程度のところにある華厳の滝を見に行きますよ~

華厳の滝の入口はかなりがっしりした門構え。うーんこの辺の記憶はもう全然ありませんなぁ~;つД`)

観瀑料550円でチケットを切ってもらい、観瀑台へはエレベーターで降りていきます。良いですね、かなりワクワクが高まってまいりました( *´艸`)

先日紅葉で訪れた袋田の滝と同様に、長いトンネルをカツーンカツーンと歩いて行きます( ˘ω˘ )

そしていよいよ観瀑台へと到着!これまで見てきた名瀑と呼ばれる滝は往々にしてそうでしたが、滝が見えるまでのこのじわりじわりと勿体ぶったシチュエーションもあって、ハードルが最高潮に上がってしまうものなんですよね( ゚Д゚)

うおおぉぉー~~!!こ、これは……これは凄い!!龍頭ノ滝、湯ノ湖に続く本旅3度目にして最大級の感動!これまでのいろんな旅で見てきた名瀑たちと比べても、このインパクトは図抜けて凄まじいです!!( ゚口゚)=3

これが、これが世界の日光を代表する名瀑、THE華厳の滝!!!たとえ幼少期の記憶だとしても、なんでまたこの魂に響くような迫力を全然覚えていなかったものかなー……そりゃ逆に新鮮で良かったっちゃ良かったですが……いやまったく恐れ入りました⊂⌒~⊃。Д。)⊃

横向きでもう1枚!うーん、この大パノラマ感が伝わるものか……こんなところでこそ360度カメラがあれば……この地形のせいか音もまた反響してドルビーサラウンド(?)になっているので、やっぱり360度の動画で撮りたいですね~(*´ω`*)

観瀑台の真下は滝壺から続くクリアブルーの激流!半分凍ってるはずなのになぜかまた水量が多いのも良いんですよ!この眩暈がするような高さ……まったく吸い込まれてしまいそうです(*´Д`)

31秒 音あり 6.07MB

そんな一連の滝の景色を、もちろん動画で収めてきましたよ!うーんやっぱり空気感までは撮り切れないですのぉ~;つД`)

ちょうど観瀑台を挟んで華厳の滝の反対側にもすごい水量の滝がありましたが……こちらはトンネル内の水を抜くための人工滝らしいです。しかしこれが全部トンネル内に染み出す水ってんですから驚きですよね(;´∀`)水の宝庫すぎる

29秒 音あり 5.52MB

せっかくなのでこちらも迫力を動画でお伝え……できてないな~( ;∀;)

観瀑台正面の断崖に、よ~く見ると一部分だけ完全に氷柱の塊のようなものが……これってやっぱりここにも小さな滝があって、それが完全に凍ってる姿なんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうかねぇ……?(;・∀・)

しっかしこっち方面の景色も凄まじいものがありますね!華厳の滝本体だけでなく、この辺り一帯のこの壮大な絶壁に囲まれた華厳渓谷のパノラマ感( ゚Д゚)

かつて那智の滝、袋田の滝もそれぞれ見てきましたが、やはり華厳の滝こそが三大名瀑の中でも頂点に立つ滝と言って過言ではないでしょう……ちょっと現実じゃない世界にいるようなこの浮遊感……まさに圧巻の一言です(´;ω;`)

観瀑台真下の渓流にももう1つの滝があるようです。こちらは涅槃の滝。華厳といい涅槃といい如何にも仏教チックな名称ですが、それもそのはず、これらの滝を最初に発見して名付けたのは湯元温泉と同じく勝道上人なのだそうです(*´Д`)

勝道上人という人は天平7年(735年)真岡出身の仏僧で、天台宗や華厳宗の流れを汲む教えに帰依していたそうです。日光は没地でもあり足跡もたくさん残されていそうなので、それを追うというテーマの旅もまた面白いのかもしれませんね

ふと空を見上げれば、滝の上の景観もまた良いですね!断崖の頂上から覗く空!こんな空も他では見られません( ˘ω˘ )

ここでなんとレトロな記念メダル販売機発見

茶平工業の記念メダル~~!!久しぶり!もう何十年もご無沙汰してました!「勝手に観光協会」でみうらじゅんがコレクションしてるってのを見たのが最後、実物を見たのなんてさらにもう幾星霜も昔ですよ……;つД`)

どこだっけな~子供のころどこかで一度買ったことがあったんですが、もう忘れちゃいました……しかもそのときはちゃんとキーホルダーにもしました( ^ω^ )

右側の販売機がメダル本体と周辺パーツの購入用。キーホルダーにする場合はキーホルダーパーツを購入して自分ではめ込みます。今回はとりあえず久しぶりのメダルコレクションなので、華厳の滝の柄のメダルを1枚購入(*´ω`*)

で、こちらの電話のお化けが文字刻印用。しかし自分が昔使ったことがある刻印機はすでに画面を見ながらボタンで文字を打ち込むタイプだった気がするので、このタイプはさらにレトロってことでしょうかね……

購入したメダルをセットして、でっけぇ~ダイヤルをジーコジーコ。1回回すごとにガチャコンと1文字刻印されます。しかしダイヤルを回す動作そのものも実に何十年ぶりですね~。思い出す黒電話の呼び出し音……(*´Д`)

そうしてできあがったのがこちらのメダル!……何か違和感に気づきますでしょうか?ええ、やっちまったんですよ……メダルをセットする際に裏表を間違えて、柄のある方に刻印しちまったんです……;つД`)

こういうミスもアナログならでは!貴重ですよ~これは……文字も中途半端に「YUAGARI TATAMI 201」で終わってます。部屋番号とかじゃないですよ?もちろん2019と入れたかったんですよ(;´∀`)

このとおり裏面は綺麗なもんです……せっかくだから裏面にもう1回刻印しなおせばよかったかしら……( 一一)

下の観瀑台から仰ぎ見る華厳

ショックのあまり「巌頭之感」になりそうになりましたが、気を取り直して華厳の滝からもう一度パワーをもらい受けるとしましょう!今度は下の観瀑台に降りて、真下の涅槃の滝からぐぐーっと華厳の滝を見上げて行くアングル(*´ω`*)

涅槃の滝の上流もすでに激流がうねっています!大迫力ですね~( *´艸`)

いよいよ華厳の滝が近づいてまいりました。滝壺からごつごつとした岩場を伝っていく流れも、また情緒ある景観ですよね(*´Д`)

そして華厳の滝~!さきほどよりやや仰角気味で、こっちから見る方がより雄大さが増しているような気がしますよ(*´▽`*)

44秒 音あり 8.55MB

そんなアングルを動画で~!音があるとまた迫力が違ってきますよね

いや~お腹一杯堪能させてもらいました、雪の華厳の滝!これは確実にこの季節にしかもらえないパワーをもらい受けた感じですな( ゚口゚)=3

帰りのエレベーターでもまだふわふわと異世界にいる感覚が消えません!大スペクタクルの映画を観終わった後のような感覚にも似て……( ゚ー゚)

地上(?)に戻って一休みがてら売店をぶらぶら眺めていたら、なんとこっちにももう1台ありましたメダリオン!こっちの刻印機はボタン式ですが、それでもやっぱり自分の知ってるような画面付きのやつじゃないので、レトロタイプなんでしょう……貴重なものだらけですね華厳の滝は;つД`)

華厳の滝
栃木県日光市中宮祠
0288-55-0030
大人550円・小学生330円
8:00~17:00(3月~11月)・9:00~16:30(12月~2月)
JR・東武日光駅より東武バス中禅寺温泉行きで40分「中禅寺温泉」バス停下車徒歩5分
駐車場あり(普通車310円・二輪車100円)
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は大吉です!

    旅日和です!温泉旅行に出かけたりしてみると、幸せな気持ちになれるでしょう!

    本日のラッキーほっこりは コンコンブル 月見そば です!

    これまでのおみくじ結果