1. 玄関
  2. お風呂 最新10件
  3. 晩秋の奥日光~東照宮をたずねて

お風呂

温泉紀行や観光、町おこしイベント、季節のイベントを訪れた記録です。

お風呂 最新10件
ゲームコーナーのある温泉
レトロな空間・イベント
道の駅めぐり
タオルコレクション
名刺コレクション
温泉紀行
小京都の花火~小江戸の風情をたずねて
新春の川治をたずねて
晩秋の奥日光~東照宮をたずねて
中秋の那須湯本~茶臼岳をたずねて
初夏の益子~塩原元湯をたずねて
春分のいわき湯元にフラガールをたずねて
紅葉真っ盛りの奥日光をたずねて
日帰りぶらり
下町の風に吹かれて柴又をぶらり
リピート温泉宿
塩原元湯温泉「ゑびすや」
日光湯元温泉「白根荘」
温泉宿
川治温泉「柏屋」
那須湯本温泉「民宿 松葉」
湯ヶ島温泉「たつた」
いわき湯本温泉「松柏館」
湯西川温泉「はたご松屋」
鉛温泉「藤三旅館」
鬼怒川温泉「七重八重」
温泉じゃない宿
ビジネスホテル・シティホテル
立ち寄り湯・足湯
栃木県の立ち寄り湯・足湯
千葉県の立ち寄り湯・足湯
東京都の立ち寄り湯・足湯
イベント・景勝地
岩手県のイベント・景勝地
福島県のイベント・景勝地
群馬県のイベント・景勝地
栃木県のイベント・景勝地
茨城県のイベント・景勝地
埼玉県のイベント・景勝地
千葉県のイベント・景勝地
東京都のイベント・景勝地
神奈川県のイベント・景勝地
静岡県のイベント・景勝地
長野県のイベント・景勝地
旅の風情を楽しむ
田んぼでおにぎり
温泉街と駄菓子屋さん
キヨスクと車窓の思い出
QR
スマホで

晩秋の奥日光~東照宮をたずねて

文化の日を利用して、晩秋の奥日光湯元温泉~日光東照宮、輪王寺へ一泊で出かけてきました

一日目

  1. 出発
  2. とんかつ浅井
  3. 戦場ヶ原
  4. 日光山温泉寺
  5. 旅館 白根荘

いろは坂の渋滞が心配なので割と早めに出発です。昼食はがっつり系を予定しているので朝食抜きで、まずはとんかつ浅井へ直行です!

日光宇都宮道路 清滝インター(車で19分)とんかつ浅井

中禅寺湖で行列のできる絶品トンカツ!2回目の訪問は開店前!

トンカツ 浅井栃木県日光市中宮祠2478

やってきましたとんかつ浅井2回目!

やや紅葉から時季外れで、かつ休前日ではなかったので、いろは坂の渋滞は明智平の直近以外にはまったくなし!予定より30分早く到着したにもかかわらず、開店前の店の前はすでに20人ほどの行列

早く着いたからって油断して華厳の滝に寄ったりしなくてよかった(^^;)

12時開店と謳ってはいますが、行列があるときは準備ができ次第開店することがあるらしく、この日も11時前にOPEN

待ち人数から計算して、予想は1時間20分待ちだったんですが、それよりはちょっと早く入店できました。

今回はずっと気になっていた「ソースカツ丼」に挑戦!前回、隣の人が食べきれなかったのを目の当たりにした一品です!

ハーフサイズのカツが5枚というボリュームは、まさに一年前の前回ここで見た姿そのものでした(^^)

余計にお皿が1枚付いてくるのは、ごはんを食べるためにいったんカツをどかしておく用という、なんともユニークな配慮(^^)

ビジュアルに圧倒されながらも早速戴いてみると、ソースにがっつり浸したカツの衣がさっくり音を立てます。中のお肉はヒレで、ソースは中濃なのかややこってりしているためバランスが取れています。

腹が減っていてがっついてしまい、15分ほどで完食です!ごちそうさまでした!

お店から出てみると行列はさらに伸びていました。去年はあの最後尾に並んだんだっけなぁ……(^^;)

正直なところで言うと、カツの味をちゃんと味わいたいと思ったらやっぱり去年食べたロースカツ定食ですね。カツに何も付けないでかじったときの衝撃は、是非一度は体験してほしいです!

トンカツ 浅井
とんかつ
栃木県日光市中宮祠2478
0288-55-0014
~1,000円
11:00~19:00(場合により中休憩あり 14:0017:00ごろ) 不定休(ほぼ年中無休)
JR日光線日光駅/東武鉄道日光線東武日光駅より「湯元温泉行き」東武バスにて約55分「遊覧船発着所」下車「船の駅 中禅寺」の前
駐車場なし(徒歩2分県営駐車場)

ソースカツ丼で満腹になったので、お次は散策。戦場ヶ原に熊よけの鈴も付けずに突入します(^^;)

夜はとっても楽しみな温泉旅館の食事が待っているので、腹を空かさねばならないのです!

とんかつ浅井(車で9分)戦場ヶ原

晩秋の戦場ヶ原は黄金色の海……

戦場ヶ原栃木県日光市中宮祠

赤沼茶屋のところにハイキングコースの入り口があります。

尾瀬のように木道が整備されていて湿原の中を散歩できるんですが、すでにカラマツの紅葉は終わってました(;_;)

今年は大人の紅葉もお預けですね(>_<)

しかし雲が切れて陽が差すと一面黄金色の草原が!

これは見事です。晩秋の標高1400m地帯、静けさとともにピリッとした澄んだ空気がなんともおいしい……

湿原なので木道を外れると足が沈んでしまいそうな場所が多々あります。

遊歩道沿いには湯滝から続く湯川が清水を湛えて静かに流れていきます。

この季節はマガモのつがいが清流で餌を取ったり羽繕いしたり。

流れに逆らって必死に水をかき、流れに任せてスイ~と高速移動し、止まったかと思うと水中に頭を潜らせて足をバチャバチャ!なんとも面白い動きにしばし足を止めて眺めていましたが、ニマニマしちゃいますよこれ(^ー^)

橋の上から水中をよく見ると川底がはっきり見えて、その中に魚影も確認できました。そういえば途中で見かけた釣りについてのお触書には、カワマス、ヒメマス、ニジマスがいると説明があったので、そのどれかでしょうか。

戦場ヶ原といえば6月の綿毛のシーズンも気になるので、いずれ訪れてみたいと思います(^^)

戦場ヶ原
栃木県日光市中宮祠
0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
無料
24時間
JR・東武日光駅前より東武バス「湯元温泉行き」で約50分 「三本松」下車 徒歩1分
駐車場あり(無料)

戦場ヶ原は空気が冷たかったせいか汗は大してかいておりませんが、お次は汗を流すべく温泉寺で立ち寄りの湯です。

まあ、日光湯元は源泉が一つなので、今夜の宿とお湯自体は同じなわけですが、しかし温泉寺はあの古めかしい湯殿が楽しみなんです!

戦場ヶ原(車で10分)日光山温泉寺

薬師如来のご利益を温泉で。

日光山温泉寺栃木県日光市湯元2559

温泉寺を訪れるのは2回目ですが、今回こそはこの薬師の湯に浸かろうと決めてきました。

休憩含め一人1時間500円也。

「空から日本を見てみよう」のDVDでこの温泉寺の入り方を紹介していましたが、まず梵鐘を突き、本堂の薬師瑠璃光如来に願掛けし、そして温泉に浸かると効能がさらに強くなるんだとか。

それにしても同DVDで紹介されたここの湯殿は、まさに古めかしい時代のついた湯殿で、今回はそれがとても楽しみなわけです!

狭い湯殿を想像していたので、受付時におばちゃんに混み具合を確認すると、それなりにいるが大丈夫とのこと。しかし湯殿は改装されたばかりできれいになったという情報も。ガーンΣ(゚Д゚)

なるほど確かにきれいです。

まあ、床が抜けそうだったなんて聞けば、改装も仕方なしですね……

お湯はかなり熱めで、そんなに長くは入っていられませんでした。洗い場には石鹸も置いてあって、ちゃんときれいにしてから入れるので安心です。

ちなみに御朱印ですが、やはり今回も半紙になってしまうそうなので、見送らせてもらいました……

日光山温泉寺
栃木県日光市湯元2559
0288-55-0013
入浴休憩1時間 500円(大人)・300円(4歳~小学生)
入浴休憩時間 8:00~17:00(4月中旬~11月下旬)
日光駅からバスで80分
駐車場あり
創建 延暦7年(788年)
天台宗
別院
本尊 薬師瑠璃光如来
(伝)勝道(開基)

さて今宵の宿は温泉寺から徒歩でも行ける距離にある「白根荘」。ここでもまた温泉三昧するので、温泉寺では控えめにしないと湯疲れしちゃいます。

楽しみなのは温泉のみならず、夕食に鴨の豆乳しゃぶしゃぶが出るというのもありまして(´艸`*)ジュルル

日光山温泉寺(車で1分)旅館 白根荘

ぬるめの寝湯露天で星を眺め、鴨の豆乳しゃぶしゃぶに舌鼓♪

日光湯元温泉「旅館 白根荘」栃木県日光市湯元1068

本日のお宿はリピート2回目となる旅館「白根荘」。

前回、ロビーでお土産を買ったときにいろいろお世話になった、あのおばあちゃんがお出迎えしてくれました。お元気で何より(^^)

そしてロビーに飾られた茅葺のジオラマも変わらず健在ですね(^^)

今回のお部屋は2部屋ある角部屋の2階側。前回は1階側でしたね。角部屋プランに申し込むと、どちらになるかはランダムで決まります。

部屋には冷水が置いてあり、これが素晴らしくうまい水!部屋の水道から出るのがこの水で、白根山の雪解け水なんだとか。今のところ水といえば、かの尚仁沢湧水を超えるものはありませんでしたが、これはひっ迫するものがあるすごい水ですね!

温泉寺の熱が冷めやらぬ中ですが、お茶を戴き一休みしたら夕食前にひとっ風呂です(^^)


今日は休前日でもないので2組しか泊まっておらず、お風呂もゆったり!

内湯は熱すぎずぬるすぎず、まさにちょうどいい温度に調整されており、じっくりゆんわり温まります。湯の花が浮く乳白色のお湯は、少しぽってりしていて肌触りはツルツル感があります。いい湯だな

ちなみにボディソープやシャンプーは馬油で統一されていたりしてちょっと高級感(^^)


湯から上がってほどなくすると、お待ちかねの夕食です。夕食はお部屋にて。

何といっても楽しみは鴨の豆乳しゃぶしゃぶ

沸騰した豆乳から最初に湯葉ができるのでまずはそれをすくってしゅるりといただきます。できたてはあつあつでお味も濃厚ですねぇ!

そしてしゃぶしゃぶに入るわけですが、合鴨ではない本物のジビエならではの旨味たっぷりのお肉は、脂っぽくないので軽めにしゃぶしゃぶしてほとんど生の状態で頬張れます。脂の旨味とは違う、肉そのものの旨味が広がって、これがうま~い♪

そして鴨の出汁がたっぷり出た豆乳は、最後にごはんと余ったタレを入れて豆乳鴨ぞうすいになるんですが、これがまた……(>-<)タマラン

そうこうしている間に、熱いものが後から別に運ばれてきました。湯川にも生息するニジマス。この塩焼きは中骨までかじってしまえます!

天ぷらに添えられているお肉は、鹿肉の塩焼き。鹿肉は本当に癖がなくさっぱりしてます!この辺りでは夜の静寂に鹿の声が響くことがあるのですが、まさにこの宿のお料理は地のものづくしというわけですね(^^)

日本酒は冷蔵庫にあった貴婦人を♪

湯元温泉の女将さんたちが全国の地酒を試飲した意見を持ち寄って作られた、奥日光限定の日本酒らしいです(>.<)

少し太めで辛い印象、エーテルっぽい香りも強い系統ですね。生酒だからなおさらですが、味のしっかりした山の幸にはぴったりです!

デザートにブドウとバニラアイスを頂戴して、ごちそうさまでした!


食事のあとのひとっ風呂は、ゆっくり消化したいのでぬる湯の露天風呂へ♪

ライトアップで幻想的な雰囲気の中、寝湯にのんびりと浸かりながら星を眺め、静かな時間を過ごすこと1時間……本当に時を忘れます。

あまりに静かで他にお客さんもいないので、ここでドリフの「ビバノンロック」をBGMにかけてみるという試み!はぁビバノンノン!これがまたウキウキしてきてなかなかの趣向でしたよ(^^)

そして今回の湯あがり飲料は、三本松のおみやげ屋さんで仕入れた「レモン牛乳」です。レモン牛乳ってクッキーとかアイスとかしか見つからなくて、いわゆるレモン牛乳本体に出会ったのは何を隠そうここが初めてだったりしました。今回は2度目なので予定通りです(^^)

そうそう、レモン牛乳といえば、「空から日本を見てみよう」で足利方面をやったときにレモン牛乳の工場を紹介していて、そこで出ていた「レモン牛乳ウインナー」なるものをまだ味わったことがないのですが、探しても見つからないし、通販でも買えないし……もうやめちゃったんでしょうかね(^^;)

そしてもう一つ、湯あがりといえば戦場ヶ原にある光徳牧場の牛乳が浮かぶんですが、こちらもなぜかビンなどの持ち帰りを扱っておらず、その場で飲む用のみ……湯あがり用の牛乳は売れると思うのになぁ……(;-;)


翌朝はもちろん朝食前に朝風呂です!

今日は予報も晴天!朝風呂の幸せなことと言ったら!

朝日が差し込む内湯は、湯の花がはっきり見えますね。注ぎ口は成分がこびりついてガシガシです。

部屋に戻る途中にも、ちょっとした心遣いで癒される……


朝食は1階の食事処で。

旅館の朝食といえば、焼きのりに納豆に生卵にしゃけという定番もいいのですが、こちらは手の込んだお料理が並びます。夕食にもありましたが、朝食にもやっぱり湯葉!日光ですもの(^^)

鉄板料理はきのこの山!朝から肉がじゅうじゅう言ってたらどうしようと思っていた中、このやさしさがいいですね!キノコの下にはベーコンが敷かれていてとってもいい香りです。

食後はおしゃれな木のカップでコーヒー、そして杏仁豆腐が出されます。餃子の国とちぎなので杏仁豆腐までもが似合ってしまう不思議!

そしてテーブルに置かれたポットのお茶はなんとそば茶!最後の最後まで行き届いているのがうれしいです(^^)


チェックアウトの前に、こちらの女将さんから教わった「とんかつ浅井」のご報告。なんでも最初はとんかつ屋さんは奥さん一人でやられていたそうです。しかし今では行列が絶えないお店になったため、家族総出でやっているというわけです。なんともすごい話ですね。

女将さん曰く、あんまり知られてないようですが冬の湯ノ湖もまた素敵だそうで、半分だけ凍った湯ノ湖の周りに湯西川のようにミニかまくらを作ってあかりを灯すのだとか。

さらに湯ノ湖からバスで戦場ヶ原に出て、静寂の中で日本一星がきれいに見える時間を過ごすなんていうのもあるそうな。湯あがりにどてらを羽織って戦場ヶ原で星を見上げるなんて、素敵でしょうねぇ(^^)

車でなくても、湯ノ湖は日光駅からバス一本で来られるそうなので、雪深いときはスタッドレスよりそのほうがいいかもしれませんね(^^;)

日光湯元温泉「旅館 白根荘」
栃木県日光市湯元1068
0288-62-2144
大人1名 8,000円~
現地ではカード不可
駐車場あり(無料)
もっと詳しく / 宿泊予約
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    今日はお風呂に一工夫。お気に入りの入浴剤を浮かべてゆっくりと浸かってみましょう!

    本日のラッキーほっこりは リンクル・リバー・ストーリー(SS) です!

    これまでのおみくじ結果