1. 玄関
  2. お風呂 最新10件
  3. 面影残る町屋の半日ぶらり旅

お風呂

温泉紀行や観光、町おこしイベント、季節のイベントを訪れた記録です。

お風呂 最新10件
ゲームコーナーのある温泉
レトロな空間・イベント
道の駅めぐり
タオルコレクション
名刺コレクション
温泉紀行
冬ならではの絶景~雪中日光踏みしめ湯旅
カリブの味覚とネモフィラの空なGWキャンプ旅
小京都の花火~小江戸の風情をたずねて
新春の川治をたずねて
晩秋の奥日光~東照宮をたずねて
中秋の那須湯本~茶臼岳をたずねて
初夏の益子~塩原元湯をたずねて
春分のいわき湯元にフラガールをたずねて
紅葉真っ盛りの奥日光をたずねて
日帰りぶらり
冒険と極上グルメの飯岡日帰り旅
紅葉とグルメの奥久慈日帰り旅
今回もサプライズ多数の銚子日帰り旅
面影残る町屋の半日ぶらり旅
下町の風に吹かれて柴又をぶらり
小江戸日和な佐原日帰り旅
リピート温泉宿
塩原元湯温泉「ゑびすや」
日光湯元温泉「白根荘」
温泉宿
川治温泉「柏屋」
那須湯本温泉「民宿 松葉」
湯ヶ島温泉「たつた」
いわき湯本温泉「松柏館」
湯西川温泉「はたご松屋」
鉛温泉「藤三旅館」
鬼怒川温泉「七重八重」
塩原温泉「赤沢温泉旅館」
温泉じゃない宿
ビジネスホテル・シティホテル
キャンプ場
立ち寄り湯・足湯
栃木県の立ち寄り湯・足湯
茨城県の立ち寄り湯・足湯
千葉県の立ち寄り湯・足湯
東京都の立ち寄り湯・足湯
イベント・景勝地
岩手県のイベント・景勝地
福島県のイベント・景勝地
群馬県のイベント・景勝地
栃木県のイベント・景勝地
茨城県のイベント・景勝地
埼玉県のイベント・景勝地
千葉県のイベント・景勝地
東京都のイベント・景勝地
神奈川県のイベント・景勝地
静岡県のイベント・景勝地
長野県のイベント・景勝地
旅の風情を楽しむ
田んぼでおにぎり
温泉街と駄菓子屋さん
キヨスクと車窓の思い出
QR
スマホで

面影残る町屋の半日ぶらり旅

ついに町屋に上陸!下町の面影、夕日にむせぶ街並みは今も健在……銭湯、ウイスキーボンボン、居酒屋、〆の蕎麦と、ショートショートながら充実のぶらり旅になりました

  1. 出発
  2. 竹の湯
  3. ムラマツ製菓
  4. 大衆酒場 栃木屋
  5. 日本そば朝日屋 町屋店
  6. 帰宅

今日はいよいよずっと行ってみたいと思っていた町、町屋に上陸作戦でございます!地元にある馴染みの蕎麦屋さん「あさひ」の暖簾元がかつてあったという町だそうで、それを聞いてからというものずっと機会を伺っておったのですよ( *´艸`)

そしてそうこうしていると吉田類の酒場放浪記でも何やらすごーく良さげな居酒屋を紹介したりして、何やらこうハードルばかりがぐんぐん上がり続けておりました

そんないかにも満を持したというような心境で出発しようものならば、たとえ都合で半日旅になろうとも、いざ町屋に向かう車中ではもうウキウキが止まりませんでした(*´▽`*)

というわけで最初のターゲットは、一献やる前のひとっ風呂!昔ながらの銭湯「竹の湯」で、まずは旅の汗を流すとしましょうヾ(≧▽≦)ノ

町屋駅(徒歩4分)竹の湯

町屋下町風景その一、ほっこり銭湯「竹の湯」

竹の湯東京都荒川区町屋1-21-14

ついに来たーずっと気になっていた町屋にいよいよ降り立ちましたよ~!地元のうんま~い蕎麦屋さん「あさひ」の暖簾元がかつてあったという、THE下町の町屋ですよ( *´艸`)

今日はそんな下町を味わう3つの趣向、銭湯、居酒屋、蕎麦屋を巡るぶらり下車旅でございます!もちろん吉田類の番組ルートもチェックしているので、時間があったらウイスキーボンボンのお店なんかも視野に入れつつ

駅を降りて、まずは駅近の銭湯「竹の湯」へ!踏切待ちしていると都電が来ましたよ~!しかも落語会カラー(*´Д`)なんじゃこりゃ~

ちなみに昨日は船橋の「松の湯」、そして今日はここ町田で「竹の湯」!あとは梅の湯に入れば松竹梅コンプリートなのです!イエーイヾ(≧▽≦)ノ

やや道に迷いながらも、ストリートビューで確認したとおりのロケーションに、ありました昔ながらの銭湯「竹の湯」!すっかりビルに囲まれちゃって、なんだか知る人ぞ知る雰囲気( ˘ω˘ )

いつもながらの手ぬぐい一本手ぶらで銭湯スタイルなので、石鹸とシャンプーは前回の松の湯や栃木市の金魚湯と同じようにミニサイズのやつを番台にて購入~!この下足箱の木の札も、昔ながらの銭湯と言えばって風景の1つでほっこりですよね(*´ω`*)

しかもここの湯あがりはこんな和の庭を贅沢に眺めながら涼めるのですよ~!東京下町のど真ん中だと言うのに、これは粋ポイントが高い感じですね(^◇^)

ちなみにここまで3軒の銭湯を続けざまに訪れたわけですが、やはり共通点は湯が熱め!カランやシャワーから出るお湯からして基本的に熱いってのが、これこそまさに銭湯らしさなんですよね

温泉の湯船はたいてい床より下。でも銭湯の湯船は床より上で、跨いで湯船に入るのです。このへんの仕草1つ取っても、やっぱり風情の違いがある温泉と銭湯(*´ω`*)

瓶牛乳を腰に手を当てて飲むってのも、本当は温泉じゃなくて銭湯の文化なんですよね~!今や温泉宿に行く前には必ず湯あがり用に、地元の牧場のうまい瓶牛乳を探すのが慣習になってる自分ですが~;つД`)

しかしここの薬湯もまた熱かった……足が真っ赤っかになるヘビーな温度を体感しましたよ……昨日の松の湯は48度の湯に入れたってのに、今回は足先だけでギブアップ!何が違ったのかな~……(;´∀`)

竹の湯
東京都荒川区町屋1-21-14
03-3895-6159
460円(大人) 180円(小学生)
12:00~24:00 水曜定休
駐車場なし

実に気持ちの良いお風呂をいただきました……はぁ~さっぱりさっぱり!これでいつでも呑み始められるぞー( ^ω^ )

……と言いたいところなんですが、居酒屋が開店するまでにはまだもう少し時間があるので、だいぶ涼しい時間になってきたことですし、ちょっとぶらりと足を延ばして酒場放浪記でも紹介していたウイスキーボンボンのお店を訪ねてみるとしましょう(*´ω`*)

竹の湯(徒歩11分)ムラマツ製菓

吉田類も訪れた、下町のウイスキーボンボン製造所(*´ω`*)

ムラマツ製菓東京都荒川区町屋4-24-7

湯あがりに涼みがてらぶらぶらと、かの吉田類も番組内で訪れたという下町の名店「ムラマツ製菓」までやってまいりました(*´ω`*)

いや~しかし銭湯と今宵の酒場「栃木屋」はけっこう目と鼻なのに、そこから離れること徒歩20分……迷路のような細道をえんやこらと歩いてきたのでけっこう疲れました~;つД`)

ここは何を隠そう、懐かしの昭和菓子の代表「ウイスキーボンボン」を専ら作っている製菓工場

いや~実は小姓、子供の頃はね~、このウイスキーボンボンって菓子はすこぶる苦手でね~……しかしウイスキーの味を知った今、そしてレトロを追い求めて已まない今こそ、絶対に味を理解する自信を持って今回はお邪魔しましたよ~(*´Д`)

お店の方に話を聞けば聞くほど、ここがただの工場ではないことがわかるわけですが、なんとそんな流れの中でボンボンの「作りたて」ってやつを試食させてもらっちゃいました(^^♪

まだ乾燥室で仕上げ途中の、ほんのり温かいできたてボンボン!しかもこれ、何を隠そう「日本酒ボンボン」!しかも中身は鈴鹿の銘酒「作」!そんな良い酒を惜しげもなくボンボンに~!しかしそんな受注はしょっちゅうだそうな( ;∀;)

薄~い外側をかりっと噛み砕くと、はらりと崩れたその中から上質な日本酒の香りがぶぅわぁ~!こりゃうめぇ~!( ;∀;)

そんなわけでおみやげにしたのはこの2品!もちろん基本のウイスキーボンボンと、サンプルの中にあったキラリと光る一品「ラムネボンボン」も見逃さず入手してきましたよ

そしてあんなにうまかった日本酒ボンボンはなんで買ってこなかったのかって?そりゃ入手不可だったからですよ~……あれは受注品で販売はできないんだそうな;つД`)くぅぅ

きちんと乾燥しきった外側はかなりかっちりと固いコーティング。よく見ると中で液体が動いてるのが見えるんですよね~。これをぱりっと噛み砕くと、良い歯ごたえの中から香り高き濃厚な雫がとろり……いやうまい~!( *´艸`)

ラムネボンボンは炭酸入りじゃないけど、ちゃんとしたラムネ味で清涼感ありますよ~!でもね、やっぱり今だからこそきちんと味わえるこのウイスキーボンボンというお菓子の完成度の高さ!まったく素晴らしい味ですよ!もちろんムラマツ製菓製ってのが特になんでしょうけど(^-^)

アルコールは抜けているのか酔っぱらうことはないウイスキーボンボンですが、ラムネボンボン以上に食べても食べてもほんとに食べ飽きない……こりゃまた太るわなぁ~いやはや

ムラマツ製菓
東京都荒川区町屋4-24-7
03-3895-4353
~1,000円
10:00~19:00 日曜祝日定休
東尾久三丁目駅から419m
駐車場なし

ただ懐かしいだけじゃなくて今でもちゃんと本物を作り続けてるってところが、やっぱり下町ですよね!こうでなくちゃいかんです(*´ω`*)

さて良いお土産もゲットできたところで、いよいよお楽しみの居酒屋「栃木屋」に突撃と参りましょう~!今度は玄関に良い具合に提灯も灯って「いらっしゃい」の雰囲気であります

ムラマツ製菓(徒歩10分)大衆酒場 栃木屋

下町の居酒屋「栃木屋」は、もちろん栃木ゆかりの名店( *´艸`)

大衆酒場 栃木屋東京都荒川区町屋1-16-17

良~い感じに暮れてきた町屋の風景!提灯の明かりが灯り始める頃に訪れたのは本日の居酒屋、町屋指折りの名店「栃木屋」!お分かりのことと思いますが、もちろん栃木県の栃木でございますヾ(≧▽≦)ノ

まさか町屋にねぇ、栃木ゆかりの居酒屋さんで、しかも吉田類も訪れるような本物の名店があろうとは、これはもう最初からかなり贔屓目に見てしまいそう……しかし今日はそんな個人的な数々のアドバンテージをぐっとこらえて、素直に味わっていきましょう( *´艸`)

時間も早いので今宵も開店早々一番乗り!老夫婦が営む、本当の昔ながらを今に伝える素朴~な居酒屋さん;つД`)

メニューの見やすいカウンター真ん中に陣取ってさっと見渡すと、とにかく豊富なメニューたちの下、数字の部分がほんとにお安いことに気づきます(^◇^)

しかし安かろう不味かろうでは、この町屋の街でやっていけるはずもなし。そう考えるともはやどいつもこいつもそそるメニューに見えてくる中から、今日はより取り見取り期待を込めて、極上の味巡り酒巡りタイムと参りましょう

ちなみにカウンター横には座敷もあり、下町にあってかなりほっこりな田舎の空気感も演出しております。あの柱にかかったお面、な~んか見覚えあるんですよね~……那須の民芸品の店で見たような(´・ω・`)

そしてこんな下町のほっこり居酒屋で飲むものと言ったら、ビール?日本酒?ノンノン、やっぱり下町のチューハイでしょう!オーソドックスに350円のレモンハイをチョイス(*´▽`*)

湯あがりの火照った体にはこういうのも実に良い!爽やか~にスイスイ~っと、危険です!実に危険!これが下町工場での肉体労働終わりでもさぞ同じ味なんでしょう!

ハラヘリだったので思わず撮る前に1枚食べちゃいましたが、お通しが実にシンプルなたくあん!しかしこれがなんともチューハイに合う旨味のある一品(^-^)

食欲がますます出てくるアペタイザー的な効果が抜群でございます!さぁてそろそろお料理がやってまいりますよ~(^^♪

まずは栃木屋と言ったらこちら、もつ煮込み!みなさん、写真だけ見ると普通のもつ煮とお思いでしょうがこれが聞いてびっくり、なんと1杯100円でございますΣ(゚Д゚)

お好みでということで一味と七味と両方出てきましたが、いつも七味ばかりなのでここは一味をさっと振ってはふっと行ってみますと……うおお~こりゃーうめぇ~!しっかり煮込まれて旨味が出てる~!良いんすか、これ100円でほんと良いんすか( *´艸`)

そして煮込みのこのまろ~い味をチューハイのキリっとした爽やかさで洗うと……くぅ~こりゃたまらん!なんと吉田類的( ゚口゚)=3

お次は合鴨入りつくね!これまたこの店の人気メニューの1つということなんですが、こ~れがまたうんまは~い!焼き鳥屋顔負けの芳醇なタレ!そして合鴨の旨味しっかり、つくねそのものの仕事!これまたチューハイがぐいぐいと進んでしまいますよ~;つД`)

一時期つくねは塩で、なぁ~んてしたり顔で言っていた時期が私にもありましたが、最近思うのはつくねってやっぱりタレと合わさって完成なのかもと……いやはやそんな風に思わざるを得ないこの味、もはや完璧と言っても差し支えございません( ˘ω˘ )

そして3品目。カレイの唐揚げ!煮つけは何度かお目にかかったことがありますが、唐揚げですよ!これって珍しい一品なのでは……と思いつつ、さっそくレモンをしっかり絞ってさくっ……( ゚ー゚)

うめぇぇ~!これ!これです!これは本日一番、食べるべき一品!カレイのしっかりした風味に唐揚げの香ばしさが乗っかって、衣さくさく中身ふわっ……これほんとに絶品です!オススメですヾ(≧▽≦)ノ

そんな絶品唐揚げを平らげたら、下のお皿の柄がなんとも、ねぇ!鶴と亀のほっこり柄!ついつい思わずにんまりしてしまうこういう細かいところ、良いですねぇ~( *´艸`)

さてそろそろお野菜の方も行かないとですね!なす揚げ出し!栃木では足利織姫神社の蕎麦屋さん「蕎遊庵」でもいつもなすの揚げ浸しをいただいておりますねぇ(*´ω`*)

こちらは居酒屋さんらしくたっぷりのかつぶしに生醤油をさっと、そこにおろししょうがを添えてはほっといただきます!いやうまい~!たまらんですね、ナスの味ってこの程よい油でほんと引き立ちます!そしてそこに醤油の切り立った味がまた……チューハイ進む~;つД`)

お次は月見!月見ってなんぞやって思ったら、刻みとろろのたまご乗せでした!擦りおろしのもあったんですが、さくさく歯ごたえが好きなのでこちらをチョイス( *´艸`)

なんと味ぽんが添えられてきました!醤油でも良いけどお好みでってことだったんで、今回は味ぽんでさっぱりと行ってみたら、これがまたうまいんですよ~!油っぽい料理が続いたので小休止ってところですね(^-^)

ついにお酒がなくなってしまいました……しかし吾輩、ジョッキで2杯行けるほど強くなく……ということでおばちゃ~ん、2杯目はビール!じゃなくてノンアルですこれ(*´Д`)ぶひゃーん

そして続いてはめんたいソーセージ!これもまたここの人気の一品らしいですが、こりゃチョリソーみたいに辛い……だけじゃない!明太の旨味がソーセージの旨味に乗っかって、それがこんがりとソテーされていて……いやこりゃーまた絶品なり(*´▽`*)

付属のマヨを付けたり付けなかったりして味に幅を持たせてみたりと、ほんとに極旨でまったく飽きの来ない一皿でございます

そしてここでまたさっぱりとした小鉢を!居酒屋の定番、いか納豆をチョイス!さらさらっと口の油っ気が拭われていくのが感じられるヘルシーなおいしさ!そしてそれでいてもちろんバッチリ酒にも合う!もうノンアルだけどさ~(;´∀`)

ラストはにんにくの唐揚げ!ってこれは唐揚げじゃな~い!でもこれ!この素揚げにんにくに味噌乗せて食べるスタイル!もはやおつまみとして鉄板ですね(^^♪

味噌がまた程よい塩加減で、からりと揚がったにんにくにえも言われぬ香ばしさを与えてくれるんですよ~!まさにビールにぴったりってやつです!ノンアルだけどさ~;つД`)

帰り際にふと覗くと、奥の座敷にも灯りが入っていていろんなものが飾ってあるのが見えました。きっちり吉田類のサインもあるじゃないですか~ヾ(≧▽≦)ノ

そしてこのお面ですよ……気になるなぁ~って思って調べてみたら、やっぱり栃木の民芸品、ふくべ細工のひさご面ってやつじゃないですか!どっかで見たことあると思ったわ~( *´艸`)

しかも栃木屋って栃木のどこなのかと思って聞いてみたら、なんと店を始めた先代の出は鹿沼だそうですよ!今宮神社の屋台祭りがこのほどユネスコに登録された、あのさつきと木工の街鹿沼です( ゚口゚)=3

いや~すっかりいい気分ですよ栃木屋!入ったときには薄明るかったのに、出るときゃすっかり宵の口……ってほどでもないですけどね。吉田類ならここでもう一軒でしょうが、それも真似できませんや。下戸なもんでねぇ( ˘ω˘ )

でもせっかく良い店で良い気分だったので、ここはズバリ一句だけでも真似てみましょうか

もつ乞ふて
したまちの郷
縄くぐり

名物のもつ煮と木工の街、舌待ちと下町をかけました。吉田類は何と詠んだんでしたっけねぇ……ま、お後がよろしいようで( ;∀;)

縄のれんにこのレトロな居酒屋看板。町屋の風景もずいぶん変わったと言われておりましたが、この場所はずっと変わらぬ空気であってほしいものです( ˘ω˘ )

大衆酒場 栃木屋
和風居酒屋
東京都荒川区町屋1-16-17
03-3800-9888
2,000円~3,000円
17:00~23:00 日曜定休
京成線町屋駅より徒歩5分・東京メトロ町屋駅より徒歩6分・都電町屋駅前駅より徒歩6分・都電荒川七丁目駅から231m
駐車場なし

いやいや~本当に最高の呑みでしたよ!これぞまさに期待していたとおりの昭和下町の居酒屋でした!そりゃ前情報があってハードル上がってはいたものの、やはり聞くと味わうとでは大違い( *´艸`)

やっぱり町屋って良い町ですね!昭和レトロの中でも特に「温かみ」の部分だけを切り抜いたようなエッセンスに満ちていると思います!いよいよ〆の蕎麦屋探しとなりますが、やっぱり半日じゃとても足りないですね!また来なきゃ~(*´Д`)

大衆酒場 栃木屋(徒歩4分)日本そば朝日屋 町屋店

蕎麦屋激戦区町屋でついに蕎麦をたぐる!

日本そば朝日屋 町屋店東京都荒川区荒川7-20-1 イーストヒル町屋104号

あれだけ肴を取って呑んで、しかしそれでもなお町屋の夜は終わらない!最後の最後に今宵この町屋に降り立った最終目的が控えているのですよ!そう、蕎麦屋激戦区の町屋で最強にうまい盛りを手繰るというラスボスが( ゚口゚)=3

なにしろ町屋は地元千葉のうますぎる町蕎麦屋さん「あさひ」の暖簾元があった町!あの懐かしい東京蕎麦の味を、本場でも久々に味わうことができるのか?安くてうまい最強の盛りに出会えることを期待していざ、その名も「朝日屋」の暖簾をくぐりますヽ(`Д´)ノ

しかし席に通されてメニューをさらっと見てみると、どういうわけかついつい2軒目のスイッチが入ってしまったりして!もう蕎麦前は十分すぎるほどガブガブと呑ってきたってのに、ここでもしれっと何食わぬ顔で1本付けてくれ~;つД`)

もちろん肴は蕎麦屋さんと来れば板わさが定番でございましょう!ちゃんと本わさび使ってるあたりからもう気迫は十分に伝わってくるのであります。くぅぅ~ハードル上がるぜぇ~(*´Д`)

そして、ちびりちびりとまた酔っぱらいスイッチがほのかに灯ったころ、へいお待ちどう!良いですね~ちょいと無駄っ話してる間に出てくる……これぞ時そばクオリティー

そして……おおお~この輝き、実にうまそうな!間違いなさそう!いただきますよ~ヾ(≧▽≦)ノ

うん!しっかりぽきぽきとしたコシのあるお蕎麦!あさひとは少し方向性が違うかな……どちらかというとこだわり志向が強い感じ。つゆも辛めで負けてない!良いですね~しっかり町屋に根を張ってる感じの味(*´▽`*)

わさびがまた本わさびってところも良いですね!こだわってる蕎麦屋ならちょいちょい目にしても、普通の町蕎麦ではなかなか味わえない贅沢です(*´ω`*)

言わずとも蕎麦湯はきちんと湯桶で後出し。最近トレンドの無粋な蓋開けチェーック!( ˘ω˘ )

うん、良い色合い!さらっとして適度に白みがかって、香りがしっかり。つゆに注いだ時にもやが立たないくらいがちょうど良いですよね(^^♪

わさびがうますぎて蕎麦と一緒につい全部手繰り込んでしまったので、蕎麦湯は七味でいただきました!これまた香りが良いやつを使っていてウマい~!すっかり素敵な町屋の夜の〆になりました!ごちそうさま~(^◇^)

日本そば朝日屋 町屋店
日本蕎麦
東京都荒川区荒川7-20-1 イーストヒル町屋104号
03-3801-4889
1,000円~2,000円
11:00~22:00 木曜定休
町屋駅から58m
駐車場なし

今回の旅はこれでおしまい!今となっては町工場の「まの字」も見当たらない綺麗な町でしたが、やはりそこは町屋、どこかふんわりと残る職工の町時代の面影……半日巡っただけで十分にそれは伝わってきましたよ( ;∀;)

酒場放浪記でもこの町は何度も紹介されているように、なにしろ居酒屋だけでも気になる店がまだまだたくさん!ここはいずれまた折を見て再上陸する日が来ることでしょう( *´艸`)

正直今回の〆に手繰った蕎麦も地元の蕎麦屋さんとはちょっと違うタイプだったので、次回こそ「これぞ暖簾元があった町」と言うにふさわしいタイプの蕎麦をきっと手繰りたいと思います( ^ω^ )

日本そば朝日屋 町屋店⇒ (徒歩2分) ⇒町屋駅

めでたし

プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    今日はお風呂に一工夫。お気に入りの入浴剤を浮かべてゆっくりと浸かってみましょう!

    本日のラッキーほっこりは タニタカフェ監修 オーガニック調整豆乳 です!

    これまでのおみくじ結果