1. 玄関
  2. お風呂 最新10件
  3. レトロな空間・イベント

お風呂

温泉紀行や観光、町おこしイベント、季節のイベントを訪れた記録です。

お風呂 最新10件
ゲームコーナーのある温泉
レトロな空間・イベント
道の駅めぐり
タオルコレクション
名刺コレクション
温泉紀行
小京都の花火~小江戸の風情をたずねて
新春の川治をたずねて
晩秋の奥日光~東照宮をたずねて
中秋の那須湯本~茶臼岳をたずねて
初夏の益子~塩原元湯をたずねて
春分のいわき湯元にフラガールをたずねて
紅葉真っ盛りの奥日光をたずねて
日帰りぶらり
下町の風に吹かれて柴又をぶらり
リピート温泉宿
塩原元湯温泉「ゑびすや」
日光湯元温泉「白根荘」
温泉宿
川治温泉「柏屋」
那須湯本温泉「民宿 松葉」
湯ヶ島温泉「たつた」
いわき湯本温泉「松柏館」
湯西川温泉「はたご松屋」
鉛温泉「藤三旅館」
鬼怒川温泉「七重八重」
温泉じゃない宿
ビジネスホテル・シティホテル
立ち寄り湯・足湯
栃木県の立ち寄り湯・足湯
千葉県の立ち寄り湯・足湯
東京都の立ち寄り湯・足湯
イベント・景勝地
岩手県のイベント・景勝地
福島県のイベント・景勝地
群馬県のイベント・景勝地
栃木県のイベント・景勝地
茨城県のイベント・景勝地
埼玉県のイベント・景勝地
千葉県のイベント・景勝地
東京都のイベント・景勝地
神奈川県のイベント・景勝地
静岡県のイベント・景勝地
長野県のイベント・景勝地
旅の風情を楽しむ
田んぼでおにぎり
温泉街と駄菓子屋さん
キヨスクと車窓の思い出
QR
スマホで

レトロな空間・イベント

レトロを感じずにはいられないイベント、展示館、湯殿、味、その他もろもろを集めてみました

滑河に続き小見川のレトロオートパーラーに突撃

24丸昇 小見川店千葉県香取市野田510-1

さて本日は先日訪れた滑河駅よりもさらに銚子寄り、小見川駅にやってまいりました。目的はもちろん、オートパーラーシオヤに続く第2弾、レトロ自販機を求めて24丸昇に突撃すること(*´▽`*)

今回のところにはオートパーラーシオヤにはなかったトーストサンドの自販機があると小耳に挟んでいるので非常に楽しみ!そして弁当の自販機というのも(^◇^)

駅からは徒歩10分くらいの道のりで前回よりもずっと近いんですが、ナビ頼りに歩いていくと最短ってことでこんなルートを進んでいきます( *´艸`)

上はもちろん先ほど乗ってきた成田線の線路……だいぶ頭上からの距離が近いであります!こんな近距離で列車が通るところを是非見たいもんですが、次は一体いつ来るのだろう……?;つД`)ここで待つのはちょっと

なんか良いですよね、危険を冒すと書いてまさに冒険ですよこの感じ!上を電車が通ったら爆音とともに真っ赤に燃えた鉄くず火花が降ってきそうで怖くもあります(;・∀・)

あ、でもちょっと雨降ってきちゃったから先急ぎますね( ;∀;)

さて、そんなこんなで今回は近くて助かりました、24丸昇の小見川店(*´ω`*)

ゲーム&お弁当とあるので、今回はレトロ自販機だけじゃなくレトロゲームにも出会える予兆がありますね!こりゃーかなりハードル上がってきました( *´艸`)

いや~良いですね門構えが古めかしい!そしてゲームって言われるとなんだかちょっとアヤシイ感じにも映ってまいります!自販機だけのいわゆる純オートパーラーとは少し趣向が違うのかもしれません( ˘ω˘ )

中はけっこう広く、手前が自販機のイートイン奥がゲームコーナーになっていて、地元のおっちゃんたちの憩いの場になってました!なんともしょっぱい雰囲気の渋~い昭和レトロ空間浅草のロック方面とやや似た空気もあるかな?地元色が強い感じが非常にありますな(´・ω・`)

しかしさらっと見渡しただけでもその自販機ラインナップはこれまた実に良~い顔ぶれですよ!シオヤでは見かけなかったラーメン自販機に、角のやつらは看板にもなっていた世にも珍しい弁当自販機群(*´Д`)

そしてもう一つの見慣れぬタイプのラーメン自販機に、やっと出会えたトースト自販機も話に聞いたとおりにちゃんと稼働してましたヾ(≧▽≦)ノ

おお!財布を見ると小銭がねぇ!こいつは準備不足だった……早速軍資金調達に、これまた古いタイプの両替機のお世話になります

さぁてもう誰が何と言おうとまずはこれ!この自販機が作ってくれるハムチーズトーストがずっと食べたかったんですよ!さっそくお願いします!ポチっとな(^^♪

トースト中の点滅!40秒の待ち時間に期待がどんどん膨らむ……こういうとき膨らましすぎはダメなんですけど、しかしどうしても膨らむもんは膨らむんですよ……;つД`)

キター!アルミ箔にくるまったトーストさんがコトンと出来上がりました!あっちぃーヾ(≧▽≦)ノ

しかしすぐにはがっつかない!ここは落ち着いてジェントルに行きましょう。飲み物もちゃんとこのカップの自販機で調達しますよ

手慣れた紳士たちはトースト待ちの40秒の間にドリンクもゲットするという荒業もできましょう。しかし自分は新顔……欲張った行動は命取りと、ちゃんと段取りを踏んだまでですからね!( ;∀;)頭が悪いとか言わない

あら、よく見るとこれまたなんとも懐かしいラインナップ牛乳屋さんの珈琲って学生時代によく飲んでたやつー!しかもカルピスとリアルゴールドのミックスドリンクも!ずっと見てなかったな~何十年ぶりだろうこんなの( ゚口゚)=3

ということで今日は雨もしとしと蒸し暑いので、トーストの付け合わせは冷た~いミックスドリンクをチョイスしましたよ~!いや懐かしい~(*´▽`*)

さて熱々のアルミ箔の中身はこんな感じです!良い焼き色ですねまた~!見ているだけで香ばしい

お行儀悪くパンをオープン!クリーミーなチーズに大きめのハム!紛うことなきハムチーズサンド!こういうのをレトロ自販機が作ってくれたって事実がまた、ほんとに良い味付けになるんですよね~( *´艸`)

割ってみるとこんな感じ!いやこれ、ほんとにうまいですよ!レトロな雰囲気を度外視しても、トーストのさっくり歯ごたえにこんがり香ばしさ、そしてハムの旨味を包み込むこのチーズのクリーミーなコク!こりゃうめぇ~ほんとにうめぇ~(^◇^)

よーしこれはエンジン掛かってきましたよ!次はお弁当をいただきましょう!しかし自販機がたくさん……どれにしようか迷いながらも、ここは噂に聞いていた唐揚げ弁当に決定です(*´Д`)

この電光表示も普通のデジタルとなーんか違う?よく見ると粒々で出来ていて、なんとなしに古いけど頑張ってる感ありますね(^-^)

ではさっそく360円の唐揚げ弁当、お願いしますヾ(≧▽≦)ノ

ごとん!ちゃんと箸が付属していて、崩れないようにビニールでしっかりくるんでありますね

ほっかほか~!ありがたいですねぇ~こんなちゃんとしたお弁当が自販機で買えるだなんて!蓋越しに見え隠れする唐揚げのまたサイズのでかいこと!360円でこれは奮発じゃないですか?(*´ω`*)

ごはんきらきらしてる!梅干しも添えてバランスも良い!唐揚げごっつい!そして……うま~い!これまた全体的にかなり良い出来ヾ(≧▽≦)ノ

唐揚げの味が実にしっかりしていてほんとに香ばしい!こりゃまた予想外のうまさで、トーストの後だというのにごはん進む( *´艸`)太るわ

さてさて、ただ食べて終わりってだけじゃないのがここの良いところ!奥のゲームコーナーで腹ごなしと行きましょう!おっちゃんたちにはやっぱり大人の麻雀ゲームとかが人気みたいだけど、わしはお子ちゃまなので飛行機のやつとかないの~?(*´▽`*)

あ、テトリスも良いな~!温泉気分になりますよね初代アーケード版テトリス!しかし古いパチンコ台とかもずらっと並んでいたり、大人向けが多いな~

よし、ここはひとつ、中でも異彩を放つストライカーズ1999と洒落込みますか!久しぶりに腕が鳴るぜ~ボキボキ( ゚ー゚)ハッタリです

む?これは何ですか?見慣れないダイヤル(´・ω・`)

おおお~!かちっと回したら画面が切り替わった!えええアーケード版マッピーですとぉ~!?こんなの初めて見ましたわ~!ううう、でもファミコンでもマッピーへたっぴーなんですよわし……ということで予定通り1999をプレイ!うおおおー!( ゚口゚)=3

はい。2面のボスであっさりやられてガメオベラ!お疲れさまでした~( ;∀;)

さてゲームで汗かいて小腹が空いたので、ラーメンが食べたくなってしまいましたよ!てことでラーメンの自販機……こいつもやっと生で拝めましたわ~(*´▽`*)

しかしよく見るとこれ……故障ですか~い;つД`)ふぁーい

てことでもう1つあったラーメン自販機!こっちはしっかり稼働してました!しかしこれどうなってるんだ?どこからラーメン出てくるんですかね(;・∀・)

ということで300円ちゃりり~ん!また何とも味のある電光表示

どうなるどうなる?ポチっとな('ω')

うおおお!銀行の金庫みたいに開きおった~!これはまったく予想外の豪快さ!そしてよく見ると8秒で閉まるとかなんとか……えええ、出遅れるとありつけない仕様ですかコレーッ!Σ(゚Д゚)

ということで普通に並んでいたラーメンをごり押しの自力でゲットするという冒険の末に手に入れたラーメン!まるで宝物のように輝いてるぜ!(*´▽`*)ふぅ~

コショーは共同の調味料置き場から借りてきました~!ちゃんと管理してる人も常駐してるみたいだし、もはや完全に自販機版のフードコートってところですね( *´艸`)

しっかしでっけぇ~チャーシュー!300円のラーメンで良いんですかこんなに!?しかもけっこうちゃんとした出来で、このチャーシューなんか普通にうまいんですよこれまた(*´Д`)店の味じゃんか!

熱々のスープをふーふーして、ずずずーっと!やや太麺のもっちりした麺に、正統派の鶏ガラ醤油スープで実に嬉しい味!さっき食べたホットサンドや唐揚げ弁当はどこ行ってしまったんだというくらい普通にいただいてしまいました(;´∀`)

いや~美味しかった!これにて大満足ということで、初めての24丸昇を後にしますが、本当に半日くらい楽しめてしまいました。地元色にもすっかり馴染んでしまい(?)、もう一見さんなんて言わせませんよ( ;∀;)無理かー無理だよなそれは

帰り道は先ほどの最短ルートとはちょっと違う、街中を通るルートを選択。途中にまたいろいろ見つけましたよ!こちらは普通にお酒の自販機なんですが……( ^ω^ )

なんと年齢確認装置!こんなの初めて見ましたよ!免許証でこんなことができたんですか!知らなかった……コンビニでお酒の販売にボタン押させられるようになってから久しいですが、自販機ではちょっとこういうのは初めてですね~

今度のルートは先ほどのギリギリの鉄橋じゃなく、ちゃんと踏切を渡ります。いや~やっぱり田舎感が凄いですね~小見川も(*´ω`*)長閑な!

このタイプのポストが普通に置いてありましたよ!佐原とか成田とかのそれっぽい観光地でしか見たことないやつが、なんと今回は生活感ある街中に!場所によってはまだ生き残ってるとは聞いてましたが、こんなにさりげないのはまた初めてですよ(∩´∀`)∩

さて、駅に戻ってまいりました。気が付いたら帰りは雨も止んでいて、気分的にちょっと寄り道散歩する方向になったのがまた良かったですね

適当に駅に来ちゃいましたが、割と電車はすぐに来てくれて助かりました~!場合によっては1時間くらい来ないわけですが、運が良かったです~めでたし( *´艸`)

24丸昇 小見川店
千葉県香取市野田510-1
0478-83-2775
7:00~24:00 年中無休

松の湯、竹の湯に続いて梅の湯にやってきました( *´艸`)

梅の湯千葉県千葉市花見川区検見川町2-481

先日は船橋の松の湯町屋の竹の湯と巡ったので、今日はその締め括りとして検見川の梅の湯にやってまいりました!……なにしろここ、けっこう駅から遠かった……そして途中から雨が土砂降り。しかし険しい道のりになるほどこういうのは燃えてくるもんです( ゚ー゚)

良いですねこの佇まい!これまででピカ一の銭湯らしい銭湯っていう形してるじゃないですか~!長い煙突もちゃんと残ってるし、良~い門構えですね

雷ががらがらと鳴っていようと雨がざばざば降っていようと、このほっこりを目の当たりにしてすべてがすっ飛びました( *´艸`)

そしてなんとこちら、昔ながらの銭湯にして露天風呂があるって言うんですよ!そりゃあもちろんこんな天気だろうが絶対入りますよ露天風呂!今日はこれを楽しみにしてきたってところもありますからね~( ゚Д゚)

けっこう住宅街的なエリアの真ん中なので、おそらくは星空が見える露天風呂っていう感じなんでしょうが、まさかこういう普通の銭湯で露天風呂だなんて想像もしたことないですからね~、番台から湯殿に続くあの景色と一体どのように融合しているというのか、期待は膨らむばかりでございます( ˘ω˘ )

お、ここにもコインランドリーが付属していましたね。突然の横殴りの雨でけっこう湿気ったし、風呂入ってる間に服もここで乾かそうかしら……う~む。あ、でもそうなるとランドリー内で服脱がなきゃならんのか……( ;∀;)無理じゃーん

銭湯の下足箱。良いですねこの木札。これと腕にはめる式のロッカー鍵!なんたってこれぞ昭和の銭湯の2大アイテムですよね~

さっそく番台でいつものように石鹸とシャンプーを購入して中に入ると、な~るほど、脱衣所を挟んで内湯と露天風呂がある構造なわけですね~(*´ω`*)

というわけでまずは内湯で洗いを済ませて軽く薬湯に浸かって、軽く拭いてから脱衣所を通ってそのまま露天風呂へ(*´ω`*)

なんと奇跡的に露天風呂に入る頃には雨もすっかり止んで、月が見えましたよ~!思わぬ月見風呂!けっこう広めの岩風呂で、温度も内湯より少~しぬるめでちょうど良く、脇の長椅子で湯冷まししたりまた湯に浸かったりと、長々と楽しませてもらって本当に極楽でしたわ~( *´艸`)

湯あがりはもちろん冷蔵庫を覗いたら瓶牛乳もあったんですが、それよりも今回は目を引いたのがこちら、なんと珍しいPOMの緑茶!雨上がりの涼しい帰り道、香りの良いお茶をこぽこぽと飲みながら、また長い駅までの道のりを実に良い気分で帰って行きました~(*´Д`)

さて、これにて船橋の松の湯、町屋の竹の湯、そして本日は検見川の梅の湯にて見事松竹梅の湯コンプリートを果たしました~イエ~イ!……ってまぁ別に景品があるわけでもなんでもないんですが、なんか気持ち的にささやかに清々しいのです

というわけで思い付きで松竹梅のちょっと良いお酒を仕入れて、記念に一杯呑りました~!謎の記念行事でございます(;´∀`)

肴は先日食べてうまかった揚げ銀杏のスナックを。香草の香りと銀杏の程よい苦みを日本酒で洗うってのもなかなか乙なものでして( ˘ω˘ )

まぁ特段にウマいってほどの酒じゃあないんですが、それでも酒はやっぱり意味を持たせると味が変わるもんですね~( *´艸`)イベントですイベント

梅の湯
千葉県千葉市花見川区検見川町2-481
043-273-8080
430円(大人) 170円(6~11歳) 70円(~5歳)
15:00~22:00 水曜定休
JR新検見川駅から徒歩20分・京成検見川駅から徒歩10分
駐車場7台

町屋下町風景その一、ほっこり銭湯「竹の湯」

竹の湯東京都荒川区町屋1-21-14

ついに来たーずっと気になっていた町屋にいよいよ降り立ちましたよ~!地元のうんま~い蕎麦屋さん「あさひ」の暖簾元がかつてあったという、THE下町の町屋ですよ( *´艸`)

今日はそんな下町を味わう3つの趣向、銭湯、居酒屋、蕎麦屋を巡るぶらり下車旅でございます!もちろん吉田類の番組ルートもチェックしているので、時間があったらウイスキーボンボンのお店なんかも視野に入れつつ

駅を降りて、まずは駅近の銭湯「竹の湯」へ!踏切待ちしていると都電が来ましたよ~!しかも落語会カラー(*´Д`)なんじゃこりゃ~

ちなみに昨日は船橋の「松の湯」、そして今日はここ町田で「竹の湯」!あとは梅の湯に入れば松竹梅コンプリートなのです!イエーイヾ(≧▽≦)ノ

やや道に迷いながらも、ストリートビューで確認したとおりのロケーションに、ありました昔ながらの銭湯「竹の湯」!すっかりビルに囲まれちゃって、なんだか知る人ぞ知る雰囲気( ˘ω˘ )

いつもながらの手ぬぐい一本手ぶらで銭湯スタイルなので、石鹸とシャンプーは前回の松の湯や栃木市の金魚湯と同じようにミニサイズのやつを番台にて購入~!この下足箱の木の札も、昔ながらの銭湯と言えばって風景の1つでほっこりですよね(*´ω`*)

しかもここの湯あがりはこんな和の庭を贅沢に眺めながら涼めるのですよ~!東京下町のど真ん中だと言うのに、これは粋ポイントが高い感じですね(^◇^)

ちなみにここまで3軒の銭湯を続けざまに訪れたわけですが、やはり共通点は湯が熱め!カランやシャワーから出るお湯からして基本的に熱いってのが、これこそまさに銭湯らしさなんですよね

温泉の湯船はたいてい床より下。でも銭湯の湯船は床より上で、跨いで湯船に入るのです。このへんの仕草1つ取っても、やっぱり風情の違いがある温泉と銭湯(*´ω`*)

瓶牛乳を腰に手を当てて飲むってのも、本当は温泉じゃなくて銭湯の文化なんですよね~!今や温泉宿に行く前には必ず湯あがり用に、地元の牧場のうまい瓶牛乳を探すのが慣習になってる自分ですが~;つД`)

しかしここの薬湯もまた熱かった……足が真っ赤っかになるヘビーな温度を体感しましたよ……昨日の松の湯は48度の湯に入れたってのに、今回は足先だけでギブアップ!何が違ったのかな~……(;´∀`)

竹の湯
東京都荒川区町屋1-21-14
03-3895-6159
460円(大人) 180円(小学生)
12:00~24:00 水曜定休
駐車場なし

以前から気になっていたほっこり銭湯に突撃しました

湊町松の湯千葉県船橋市本町3-24-17

先日栃木市で金魚湯を訪れてからというもの、すっかり銭湯ボルテージが上がってしまいました( *´艸`)

今日はそんな勢いに任せて、以前から気になっていた銭湯、「松の湯」に満を持して突撃でございます!以前に遠目から見て「目が3のおじいちゃんが入ってきたら良いなぁ」なんて言ってましたが、どんなもんでしょうか

こちらの銭湯はランドリーエリアを抜けて入ります。また良いですねこのランドリーって空間が!昭和の銭湯と言えばランドリーが必ずセットだった……(*´ω`*)

要するにその使い方は、ひとっ風呂浴びている間に着ている服も洗ってしまおうというわけで、つまり身だしなみのシンプルなクリーニングサイクルを安価で提供してくれているというシステムなのですね(*´Д`)

金魚湯に続き、こちらも石鹸とシャンプーは番台で購入。料金がまたすこぶる良心的で……駄菓子屋さんみたいな数字でした。これならほんと毎週末にでも通ってみたくなります( *´艸`)

ちなみに銭湯ってところは慣れてくるとマイお風呂セットをボトルキープのごとく預けるようになってくるみたいですね!使い慣れてる人はわりとそうしてるようで、スーパー銭湯になってもそこらへんは意外と引き継がれている要素だったりして(^^♪

脱衣場にでっけぇ~キリンが!これぞここ松の湯のシンボル!しかし見れば見るほど、この昔ながらのほっこりな空間がじんわりとして何とも良いじゃないですかね~( ;∀;)

古めかしい体重計とマッサージチェア!昭和の銭湯には必須アイテムですね!あ、体重はもう自分は怖くて計れませんけどね……もうちょっと痩せないと;つД`)

またこの揉み手が剥き出しのマッサージチェアが良いですよ!いかにもむか~しの型番って感じがします

マッサージチェアは1回10円!良いなぁ~10円だなんて!これもやっぱり駄菓子屋さんみたいな価格!ちなみにドライヤーは1回20円でした( *´艸`)ほっこり

スーパー銭湯だと最新のマッサージチェアなんかが置いてある代わりに、お値段も1回200円とかですからね~……( ˘ω˘ )

銭湯はご近所のパワースポット!良いですねぇ、まさにこういうことですよ。銭湯ってのは社交場であり禊の場であり庶民が日々の健康長寿を願う場なのであります(*´▽`*)

しかし実はここにはなんと、温度計の針が本当に48度を指しているという、まさにいわゆる「押すなよ!絶対に押すなよ!」って言いたくなるような「熱湯風呂」があるのです( ゚ー゚)

しかしそんな地獄のような温度でも、中身が薬湯だったおかげか否か、今回なんと勢い任せに5分くらいじっくりと浸かってしまったのですよ( ゚口゚)=3

その湯に浸かった後なんかもう普通の温度の湯船に移動しようものなら、もうまるでプールですよ、子供のプール!それだって普通に42度とかあるのにですよ?(;´∀`)

いや~そんな面白い体験もありつつ、涼しい夜風で湯冷まししながら飲む湯あがり牛乳!温泉以上にやっぱりこういうのは銭湯でやってこそですかね( *´艸`)

腰に手を当てて~顔は左斜め45度!そして一気に~ごくごくごく!ぷっは~!あ、ちなみに風呂桶は金魚湯同様、きちんとケロリンでしたよ~(^◇^)

湊町松の湯
千葉県船橋市本町3-24-17
047-424-3005
430円(大人) 170円(小学生) 70円(未就学児)
15:00~24:00 不定休
駐車場あり(3台)

自販機で食事が取れるレトロオートパーラー

オートパーラーシオヤ千葉県成田市猿山935-4

本来は車で利用するために設置された無人食堂。国内にいくつか残る中で、「オートパーラーシオヤ」は滑河駅から歩いで行ける場所にあるということで、今回は敢えてそこへ歩いて向かうという珍行動(*´ω`*)

道すがらのこんな花に出会えるのも、ぶらり散歩ならではですね

途中、こんなどでかい鳥居が!え、この近辺に大きなお社がおわすのですか!?何も下調べしてこなかった~;つД`)

小御門神社というらしいです。よし、帰ったら調べよう!今日はもう時間もそれなりなので参拝はまた次回(*´Д`)

滑河観音から地図を頼りに静かな小路を歩くこと30分……足もちょっと疲れてきたころに、ありました!ここが噂のオートパーラーシオヤ(*´▽`*)

ついに、ついにこの時が来たんですね……SNSで見てはずっと食べたいと思っていた自販機ごはんを味わえる日が;つД`)

おしぼりはないので、食前は付属の洗面で手をきれいにしましょう!食後の濯ぎにも利用できますね(^-^)

時間は夕食には少し早いくらいですが、おやつでなくここでちゃんと食事を済ませるべく、腹を減らして来ましたよ~( *´艸`)

とりあえず入店時は他に利用客はなく、夕日の注ぐ風情あるこのパーラーをのんびりと見学&取材ができそうです(∩´∀`)∩

とにかく見慣れない自販機がたくさん!ハンバーガーの自販機なんて利用したことがないです!でもむか~しどこかで見た覚えは微かにあるようなないような……('ω')

販売中止になっている自販機もいくつかありましたが、稼働していなくても室内でこうして綺麗な状態で保存できているのがまた良いですね(^^♪

しかしこりゃ何の自販機だろう……?

犬くんのジャケットに「バカンス気分でのんびりいこーよ」ですね。何だろう……DVD??いやそんなに新しいものじゃないかな?……わからん……( ;∀;)

ドライブインだから旅先だとすると……もしかして絵葉書かな?( *´艸`)

こちらはお菓子のレトロ自販機の模様

修理不可能のため販売中止」ですか……こういうの泣けてきますね。おじいさんの古時計みたい;つД`)お疲れ様……

これまたデザインからしていかにもレトロなコーヒー自販機!真空管アンプでアナログレコードをかけるように、こんな自販機でガーッと淹れられたコーヒーを啜るのもまたさぞ味わい深いことでしょう( ˘ω˘ )

稼働していたら完全に食後のコーヒーをこいつに淹れてもらってたところでしたが、一足遅かったですね……(´;ω;`)

ライスの自販機!これはつまり米の自販機ってことじゃなく、当然ドライブインですからほかほかのごはんが買えるってことだったんですよね

その奥にはちょっと自分も馴染みのあるレトロ両替機!その昔、デパートの屋上やゲーセンなんかでよくお世話になったことがあるタイプだと思われます(^-^)

あ!この銀シールもなんか懐かしい!最近の自販機には貼られてないですよねこれ( ;∀;)

この縦型カップ麺の自販機を見ると、昭和の温泉旅館を思い出すのです……夜おなかがすいたら夜食の1杯を求めて静かな廊下をうろうろしたもんです(*´Д`)

さてそれじゃあ見学も一通り済んだので、さっそく食事にしましょう!やっぱり目ぼしいのはまずこれ!ハンバーガーとチーズバーガーがありましたが、おなかがすいているのでここは贅沢にチーズバーガーを(*´ω`*)

商品が出てくるまでしばらく待機。加熱中のランプが点灯しているので、かなり熱々の状態でいただけることが期待できますね( *´艸`)

バーガーを待っている間にもう一つ、どうしても味わいたいのがこちら!天ぷらうどんと天ぷらそばがありますが、もちろんわたくしですからお蕎麦をいただきますよ(*´Д`)

こちらも調理中のカウントダウン!料理ってのはこの作ってもらってる待ち時間ってのが、また何とも腹が減るもんですよね~!(^-^)ニクイ!

きちんと管理が行き届いているので、割り箸と七味も十分にあります!うどんそばの自販機が稼働しているのに、割り箸がなかったらそりゃ致命的ですもんねぇ……(;´∀`)当たり前か

ドリンクは昔ながらの明治オ・レフルーツを添えて、こちらが本日のレトロ自販機でいただく夕食でございますヾ(≧▽≦)ノ

バーガーもお蕎麦もできたてアツアツですっげーうまそう!ハードル上がりすぎていやしないかな自分……(;´∀`)

バーガーは箱を開けると、紙の内袋がありました。この紙袋をくしゃくしゃと解くと……(*´ω`*)

バンズにゴマが散らされたチーズバーガー!熱っついんですよほんとにこれ!さっそくはふっとかじってみましたが、いやほんとにこれ期待以上にうまいです( *´~`)

自販機で売る以上、それなりに保存が効かなければならない制約があると思うんですが、缶詰やレトルトでないこれらは、食材はチルド保存という感じなんでしょうかね?( *´艸`)

こんなレトロな機械でその条件を克服しつつこの味を出してくるとは……まさにジュークボックスなんかと同じで、無人でありながらどこか人の温もりを感じさせる機械ってやつですよね

そしてお蕎麦!これもまた……いやこれ本当は中で人が作ってるんじゃないですか;つД`)

食材自体は当時より進化した面もあるのかもしれませんが、これもまた少なくともとても無人の自販機から出てきた食べ物とは思えません( *´艸`)

立ち食い、カップ麺、その他のどのジャンルの蕎麦とも違う、自販機の蕎麦というジャンルですね!こんなドライブインで味わうことまで含めて、これは実に完成しています

いくらこれがレトロと言われても自分にとっては初めてのこと実に新鮮で良いものを体感できたと思います!音に聞くとおりの癒しと満足がここにはありました;つД`)

食後にまったりしていると、1組の「アベック」が入ってきて楽しみ始めたので、そっと場を後にしました( ˘ω˘ )

帰り際ふと、向かいにガソリンスタンドがあったことを思い出しましたが、もしやこのオートパーラーシオヤは……?( ゚Д゚)

やっぱりなー!ここが管理してたんですね!これはこれからも末永く保存されることが期待できそう!今回は徒歩だからガソリンは入れられないけど、これからもどうぞみんなが楽しめるようこの聖地を守っていってください( ˘ω˘ )

帰り道、変な信号機を発見。板……??なんかすっごいおもちゃ感があってほっこりです

往路で通りがかったときには老夫婦がきれいにしていた六地蔵。オートパーラーシオヤへは、徒歩で行くのも本当に風情があって良い感じの旅路なのです(*´ω`*)

というわけで徒歩15分程度で、夕暮れ時の滑河駅へ帰還しました(^^♪

駅には面白い柄の貸し切り電車がすれ違い待ちで止まっていました。中には自転車も見えたので、競輪選手の移動用でしょうか?('ω')

お、駅の自販機にもちょっと面白いドリンクがありますぞ?ここはデザート代わりに1つ( *´艸`)

甘美な振って飲むショートケーキ」!ショートケーキがドリンクに!?一体どんなお味なんでしょう!……と思ったら意外と懐かしい感じ(*´Д`)/p>

いわゆるいちごミルク飴をドリンクにしたような、ミルキーでイチゴでほっこりなお味でした!こういう時にはなんとも嬉しい味わい!最後の最後まで感謝です

オートパーラーシオヤ
千葉県成田市猿山935-4
0476-76-0338
24時間営業 年中無休

初春残雪のお宿ゑびすや、2度目の宿泊です(*´ω`*)

塩原元湯温泉「ゑびすや」栃木県那須塩原市湯本塩原153

やってまいりました今回2度目の宿泊となる塩原元湯ゑびすや!前回はいつぞやの真夏でしたねぇ~……あれは益子で宇宙椀を買ったときでした(*´ω`*)

今日はまだスタッドレスが必要か否か、みたいな残雪情報がある日でございます!とはいえ実際に走ってみると雪なんて塩原温泉の中心街にすら全然なかったんですよね~('ω')

ところがですよ!塩原も元湯に向けて徐々に標高が上がってくるころ、あれは源三窟や逆杉のあたりからでしょうか、ちらちらと路肩に雪が見えてまいりまして、ここゑびすやに到着してみるとこんな状態なのであります;つД`)さすがだよ

お宿向かいの清流もこのとおり!向こう側にはミニかまくらなんかも残っていてほっこりするばかり!このタイミングでまさかこんなにも雪が見られようとは思いもよりませんでした( *´艸`)

しかしやっぱりこの水のきれいさ!これぞ塩原ですのぅ~

ゑびすやの名物といえば温泉おかゆもですが、この山奥ならではのヤシオマスってのもあるんです!今日も食べられると良いなぁ~(^^♪

まったくお賽銭投げたくなるような神々しい雪解け水ですね;つД`)

ほとんど0度という、キンキンに冷えてやがる清流でございます!山魚の姿は見えないけど、こんな澄んだ水ですから絶対にどこかにいるはずですね~(*´Д`)

いや~このロビーも久しぶり!変わってませんねぇ~!受付のおばあちゃんもご健在で何より!前回同様、楽天トラベルからの予約特典でまたポリタンクをもらいました~( *´艸`)ありがとうばあちゃん

今回のお部屋は2階でございます!前回は確か玄関の縁台で夕涼みしてる人が見えるような1階の奥の間でしたっけねぇ(;´∀`)

そういえばお部屋に向かう途中、なんだか前回よりも廊下が綺麗になってるような気が……!?こりゃだいぶ直しましたなぁ~(*´Д`)

さぁて疲れた~!早速浴衣に着替えてリラックスといきましょ!もちろんアメニティ類もしっかりです

前回は真夏だったからこのうちわにもだいぶお世話になりましたねぇ……今回は雪の残る季節。でも何気に湯あがりにはありがたいもんです(*´ω`*)

ちなみに前回もらったポリタンクも持ってきちゃいました!……って、あら!?ポリタンク小さくなってる~(;´∀`)

まぁ不景気が続いてたししょうがないか~……今回は喜連川温泉に寄るからそのお湯を汲めたらと思って持ってきたんですが、さすがにそりゃちょっと難しかったですな;つД`)

とりあえずお茶を淹れてほっこり一息。そしてやっぱりなんてったって温泉饅頭が置いてあるのが嬉しいんです!これぞ何よりも温泉に来たーって感じになりますもんねぇ(*´▽`*)

さっそく食前に温泉を楽しみに参りましょう

さて一休みもできたし、風呂に乗り込むぜ~!2階の階段前はちょっとした湯あがりスペースになってるので、あとでこの瓢箪のソファーでまったりも良いですね~( *´艸`)

お湯殿は地下1階になっております!この宿の見どころの1つ、THE湯治場って感じの内湯に乞うご期待(`・ω・´)

お湯の成分表示と湯暖簾。期待感が高まりますよ~

……っとその前に、飲泉処に寄り道しましょうか!明日の朝食にはこの「梶原の湯」で炊いた温泉おかゆが出るのです(^^♪

紙コップがあるので汲んでいただきましょう!飲みすぎに注意ですが、まぁはっきり言って素のままそんなにたくさん飲めるような味でもありません(;´∀`)

基本的に薄めずに飲むんですよね!了解です!硫黄の香りにちょっと酸味のある独特のお味!これを1日4回が適量らしいです。かなり湯治な感じ( ゚Д゚)うぬぅ

さーぁ風呂だぬーん!この古めかしいインパクト、変わりませんねぇ~!いや、少しここも綺麗に直したのかな?でも温泉の強烈な成分の影響ですぐにこの感じになっちゃうようですね( *´艸`)

そして今回初めて気づいたんですが、この2つの湯船って単なる熱湯とぬる湯かと思ったら、なんと源泉が2種類だったんですねΣ(゚Д゚)マジか

左手のぬる湯のほうは先ほどの飲泉処でも湧いていた「梶原の湯」!こちらは本当に長湯ができる温度で、気が付いたらのぼせているというちょっとアブないお湯でございますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

そして右手の激アツの湯!こちらが一定時間ごとに噴き出る名物間欠泉「弘法の湯」でございます!前回はちょっと触っただけでもう無理と……まったく入れる気がしませんでした;つД`)

しかし今回は!勇気を振り絞ってこちらの湯にどぼーん!!あぢぃ~!ってなるかと思ったんですが、これがなんと摩訶不思議!肌にぢりっと来るのは最初だけで、意外とすぐに馴染んでしまうのです(;・∀・)マジです

なんと、我慢大会だなんて言っていた前言は完全に撤回!普通~にこっちのお湯に長々と浸かってしまいました!いやこれほんとに一度慣れると不思議なくらい浸かってられるんです(^◇^)

まぁもちろん上がってみると全身真っ赤っかなんですがね……それでも不思議とのぼせない!こりゃひょっとすると名前からしても本当に霊験あらたかな名湯なんじゃなかろうかと( ;∀;)

40秒 音あり 7.94MB

ちなみに間欠泉が噴き出る様子は動画に収めてまいりました。湯口付近と端っこではやっぱりちょっと湯温が違うようですがね(*´Д`)

動画は梶原の湯の方に浸かりながらから撮影したんですが、弘法の湯あがりでこっちに入るともうほとんどプールです;つД`)

さてそれじゃあ今回もこのお湯をいただいていくとしましょう!源泉が2種類あると知った以上、せっかくですから2種類とも持って帰りますとも( *´艸`)

大きいポリタンクのほうは前回同様、間欠泉から直接汲み取るスリル満点の弘法の湯!たったこれだけでも自宅のお風呂に混ぜるとかなり香りが蘇るんですよね~

そして小さいポリタンクのほうは今回初の持ち帰り、飲泉処から梶原の湯を!こちらも自宅のお湯で楽しんでも良いんですが、こちらはやはり自宅で温泉おかゆの再現と洒落込みたいものです( *´艸`)

というわけでしっかりチャージ完了です!自宅まで楽しみ~!こういう生のお土産がいただけるのもゑびすやの魅力(^^♪

湯あがりは前回同様、ロビーのソファーにて( *´艸`)うちわもあるしね

受付のところに飾られたプレミアムヤシオマスの盾。これもこの宿の楽しみの1つなんですよね~( *´艸`)

塩原らしくモミジをあしらった額にもてなしの一期一会、そしてゑびすやらしく木彫りの恵比寿さん

にごり湯の会!とちぎはにごり湯がたくさんありますからねぇ~!今日寄ってきた早乙女温泉もにごり湯でしたし、やっぱり温泉好きにはたまらんのがなんたってにごり湯!くぅ~;つД`)

両目の入ったでっかいだるま!このお宿の成功祈願だったのでしょう、ご利益は間違いなしですね(*´ω`*)

そして塩原といえば新名物のとて焼!まだ食べてないんですよ、とて焼~……毎回しもつカレーでお腹いっぱいになっちゃってねぇ……次こそチャンスを掴みたい( ;∀;)

奥にはツキノワグマの剥製が!このへんはガチで出そうですからね~……ってそれより気になるのがこのお花のシールですよ!!こりゃあ~うちにもかつてありました!昭和レトロですなぁ~(*´▽`*)

前回もしっかりチェックしたプレミアムヤシオマスのポスター!まさに宿の隣を流れる清流にもいそうな山魚って感じです( *´艸`)

しっかり明記されております!もちろんです!今回も楽しみです!( ゚口゚)=3

そしてお待ちかねの夕食タイムヾ(≧▽≦)ノ

お湯の力も借りつつ、もうね、限界まで腹減ったんですよー!これだから宿の夕食はたまらん;つД`)

夕食は1階広間にて。美しい行灯と花の香りでしっとりほっこり上品な会場でございます

この夕食が~!また素晴らしく山の幸を堪能できるんですよね~!見るからに素敵ですよ(*´▽`*)

あ、もちろん宿の食事は確実に浴衣でいただく主義でございます!そりゃこれぞ温泉宿ですからのぅ~( *´艸`)

お酒はななんと、旭興の生酒があったんですよ!!いやこれまた心得てますねゑびすや~!この旭興っていう大田原の地酒、かつて那須温泉の民宿松葉で初めて戴いたんですが、ほんとに美味いんですよ;つД`)

まずは先付けのお皿。ごまをあしらった餅菓子クルミ甘露バイ貝の煮つけエシャロット味噌

とにかく彩豊かな味わいでまずはすべての味覚が目を覚ますのです( *´艸`)

アサリのメンタイ風!つまみ感ハンパありませんねこういうのは!素直にうめぇ~酒が進む~(*´Д`)

そしてお刺身!エビの身も仕事してますね~美しい!山の刺身らしく刺身こんにゃくってのがまた良いですね(^^♪

このピンクのはサーモン?いえいえ!これこそがプレミアムヤシオマスでございます!これがなんたってうまいんですよね~……サーモンを軽く燻したようなちょっと枯れた風味で、そして味が濃い!いかにも山魚っていうお味

イワナの塩焼きも熱いうちに!頭から中骨から尻尾まで、残すところなんてありゃしません!こういう焼き魚で一献……山の恵みを噛み締めます;つД`)

日光湯波刺しふんわりごま豆腐をさっぱりおろしダレで!湯波におろしっていうこの組み合わせがまた……いつの間にか定番になるような、目立たないけど実にすんなり入ってくる味なんですよ~(^-^)

フグのから揚げ!フグと言ったらやっぱから揚げですよ!……いや待てよ?塩原でフグ?まさかご近所那珂川の温泉トラフグなんてこと……さすがにあるわきゃないか(;´∀`)

さくさく衣にレモンを絞って、はっふはふ!……でまた酒がぐいっと進んでしまうと……やっぱヤバいな~こういうごはんは知らぬ間に酒が減ってゆく~;つД`)

青い鉢の蓋を取ると、こちらは巻き湯波のとろみ出汁!きっちり旨味があって、それでいて優し~いお味でほっとする~(*´ω`*)

そんなこんなでお酒も2本目に突入!また同じ旭興にしようかう~んう~ん……ええいやっぱり天鷹の生で行こう!……って、スパークリングだったんか~い⊂⌒~⊃。Д。)⊃

カシュッと口開け、しゅわわわ~なさっぱり生酒!うん。こういうのも趣向が変わって悪くない!ちょっとした酒パーティー気分に鞍替えです(∩´∀`)∩

そろそろ猪鍋の方も良い色に煮えて参りました!やっぱり猪肉は噛むほどに味が出て、これぞジビエじゃのぉ~相変わらず

味噌味のつゆとの相性も申し分なし!やっぱりこれですよ、お酒もぐいぐい進む落語「二番煎じ」を思い出すお味( *´艸`)

古今亭志ん朝 二番煎じ

そしてうどんもすっかり食べ終わった鍋のつゆでやっぱり……Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

こう行くわけですね~!これがまたねぇ……鍋と言ったら雑炊が醍醐味ですよやっぱり!さらりさらりとんめぇ~

酒も肴もすっかり平らげて、〆のお食事~!お香々もこの一膳のために取っておくのが流儀です!……と言いつつ途中でついたくあん1枚食べちゃったんですが(;´∀`)

らっきょうのたまり漬けってのがまた土地の定番でして。茶漬けの供にこれ以上の箸休めがありましょうや( *´艸`)

そしてこの吸い物!初春らしく菜の花など浮かべて、またこのしんじょうの美味いこと……しっかりおだしによく合いますのぉ~(*´ω`*)

そして食後の甘味。いやこんなに美しいとちおとめはスーパーなどでは滅多にお目にかかれませぬ……珠玉の1粒って感じですな!甘いけど甘すぎず、香りも良くて完璧です(*´Д`)

メロンは地元のタカミメロンでしょうか。ジューシーで甘みも強く、味わい深いメロンらしいメロン味!こんなメロンは滅多に食べられません……贅沢ですねぇ~

食後はおいしいお水も1杯いただいて、ごちそうさま~( ˘ω˘ )

明日の朝食ではここに温泉おかゆが登場いたします!朝湯あがりにまでも「ならでは」の楽しみがあるという、本当に盛沢山なお宿なのであります

食後にもうひと風呂。そして

食後はもちろん2度目のお湯殿!今宵も散々食べ尽くした山の幸たちが、お湯の力を借りて体に沁み込んでいきます~……極楽じゃ;つД`)

そして今度の湯あがりはもちろんこやつらの登場です(*´Д`)

まさにこの時のために仕入れたきつれがわサイダーと塩原のパスチャライズド牛乳!さっそく戴いてみましょう(*´▽`*)

まずはサイダーから裏を見てみよう……どれどれ、あら?製造が静岡県~!?道の駅で飲んだうめぇペット緑茶といい、喜連川は静岡と交流が深いってのか~;つД`)

まあそれは置いておいて、さっそくTHE温泉旅館コップに注いで飲んでみます!お、ちょっと良い感じの香料ですね!ほんのりお菓子のラムネっぽい懐かしい香りで何とも言えずフルーティー( *´艸`)

佐野のさのまるサイダーにちょっと方向性が似てるような気もしますが……あ!まさかさのまるサイダーも静岡産だったなんてオチ……?(;´∀`)

そして那須塩原のパスチャライズド牛乳!塩原方面の湯あがり牛乳は毎回これですねぇ( *´艸`)

乳脂肪分も程よく、香りはいかにもこってりしているようでいてこれが実にごくごくさっぱり飲めるのが嬉しいです!大瓶なので飲み切れないかと思っていましたが、これがあっさり飲み干してしまうのでありました……温泉力ですねぇそれもこれも

おはようございます!朝ですよ~(*´▽`*)

いや~よく寝た~!夕べあれほど寝る前にぐびぐびと牛乳を飲んだというのに、夜中はまったく起きもせずぐっすり朝まで寝とりましたわ~;つД`)

やっぱり熱い湯に浸かるってのはそれだけごっそり汗かいてるってことですよねぇ……ものすごいデトックスなのでしょう

というわけでいつものごとく朝食前のひとっ風呂(*´Д`)

ロビーも朝日が差して実に清々しいのであります!でも夕べがこっちだったので、朝食前の湯あがりタイムは2階の瓢箪ソファーで過ごしましたとさ(*´ω`*)

さあそして朝食でございます!昨日あれだけ山の幸で呑んで食べてだったのに、朝風呂効果ですっかりお腹はぐーぐーです( *´艸`)

そんな朝食はお腹に優しい「温泉おかゆ」が食べ放題!これがまたうまいからってがっつり食べすぎては元も子もございませんけどねぇ( ;∀;)

おかゆの隣にゆかりとごま塩が置いてありましたが、そりゃーまずはゆかりでしょう!おかゆとの相性はこいつが一番でございます

そしてまた不思議なことに、飲泉処ではあれほど飲むのに苦労した梶原の湯……それをおかゆにしてみるとこれがまったく癖がなくなって、美味し~くいただけちゃうのです(∩´∀`)∩

おかずの方も朝から山の幸が嬉しいです!なめたけおろしはやっぱり定番ですね!さっぱり~(*´Д`)

ほっこりたまご焼き明太子、そして付け合わせに珍味っぽいやつ!どれもおかゆによく合います

そしておかゆだけじゃないこの宿のもう一つの朝食目玉朝採れ地たまごでございます!さっとヒガシマルのだし醤油を乗せて……( *´艸`)

こういう一膳も楽しめちゃうんですよ~!まったく朝っぱらからなんて罪作りなんだゑびすや;つД`)

いただきま~す!さくさくうま~い!やっぱ日本の朝食はこれだよな~(*´~`)


さて朝食ものんびり戴いて大満足!チェックアウトまでにささっとお出かけの準備を!しかし限界まで堪能するために、朝もこれまたぎりぎりまで浴衣でいるのが流儀です( ^ω^ )

出発前にロビーの自販機で飲み物調達!チチヤスがこっちを見てますね~

瀬戸内レモンの乳酸菌ソーダヨーグレットとハイレモンの中間みたいなお味で実にすっきりさわやか!朝にはちょうど良いですね(*´ω`*)

そして最近のチー坊はほっこり後ろ姿も(*´Д`)

いやぁすっかり堪能しきりました2度目のゑびすやいろんな有名人のお墨付きがあるだけのことはあって本当に良い旅館です!ありがとうございます!またそのうち絶対来ます!それまで元気でいてね~(*´ω`*)

塩原元湯温泉「ゑびすや」
栃木県那須塩原市湯本塩原153
0287-32-3221
大人1名 8,000円~
現地ではカード不可
駐車場あり(無料)
もっと詳しく / 宿泊予約

アメ横で夜ごはん!今日はいよいよあの店のチャーハンを(*´ω`*)

珍々軒東京都台東区上野6-12-2

あれよあれよですっかり煌びやかなアメ横ナイト!アーチにも明かりが灯り、照らされる「パンダの赤ちゃんおめでとう」の幕がまた上野らしくて良いですね(*´ω`*)シャンシャンでしたっけ

それはそうと、アメ横の夜はそれなりに早いのであまりのんびりはしていられません。夕食のお店はもう決まっているので早速参りましょう!(∩´∀`)∩

もうアメ横と言えば何はなくともここです。ラーメンの珍々軒!この時間だと呑み客とかがひしめいてるかな~と思ったんですが、ちょうどタイミングよく席が空いてくれてすぐに座れました(^^♪

なにしろガード下がそのまま屋根になっているようなこのオープンスタイルの昭和のラーメン店!今日は疲れすぎて無理ですが、いつかここで絶対に呑みたい呑みたい;つД`)

ジョッキに刺さった大量の割り箸!夏だったら野球中継がラジオから聞こえてきそうな空気感!うちわでばたばたやりながら野菜炒めと餃子で瓶ビール!いやぁ夏だな夏!ここでの呑みは夏しかない( ゚口゚)=3

調味料類も基本のみ!醤油、酢、ラー油、コショウの4種類!そして忘れちゃいけないつまようじ!やっぱこれが東京ラーメンのストロングスタイルです(*´Д`)直球勝負

はい!つーわけで今日はなにしろ醤油ラーメンに次ぐ昭和中華の王道チャーハンの味を確認しにやってきたわけです!うおおお良い匂いじゃぁ~!これだこれ!ヾ(≧▽≦)ノ

レンゲはスープに入ってくる!これですね!だってほら、レンゲってほんとはスープ飲むための食器なんですよ!それを、こうやって出て来たらそのレンゲで客が勝手にチャーハンまで食っちゃったってのが、いわゆるレンゲで食うチャーハンというスタイルの始まりなんじゃないかと( *´艸`)いやまさか

昭和レトロの飲食の文化、スタイルなんてものは、忙しい客がそうやって勝手にやってたら自然にできあがっちゃった~なんてものも、きっとたくさんあるんでしょうなぁ

ネギとタマゴとチャーシューの入り混じった黄金色の半球!こういうスタイルの店だからもう少し色の濃いタイプが出てくるかと思っていたら、意外と白系な見た目(*´ω`*)

さっそくレンゲでカポっと!あら、なんだかずっと忘れていた香りがします……でもこれ、これぞチャーハンの香り!!巷のチャーハンも自分は割と好きな味が多いけど、この香りはなかなかしてこない気がします( ;∀;)

うっすら焦げの香りが付いてるのか……すごーくすごーく懐かしい!何とも言えない忘れられない東京の中華味;つД`)

そしてスープ!見てくださいこのキラキラとした無数に浮かぶ輪っかたち!この多すぎず少なすぎずの美しい油の芸術!これがまた食欲を掻き立てるんですよ~( ;∀;)

チャーハンもこのスープも塩分はやや控えめの、香りがしっかり立った、とにかく食べ飽きることのない下町の味

いつもながら大満足の珍々軒!ラーメンとチャーハンを確認したので次は絶対に野菜炒めと餃子で呑みですな!また来ます!ごちそうさま~(*´▽`*)

珍々軒
中華料理
東京都台東区上野6-12-2
03-3832-3988
~1,000円
10:00~23:00(平日) 10:00~20:00(日曜) 月曜定休
JR上野駅から徒歩3分 JR御徒町駅から徒歩5分 京成上野駅から185m

浅草で一休みはここが好き!ほっこりレトロ喫茶のハトヤ

ハトヤ東京都台東区浅草1-23-8

いや~まったくもって本日1日分の参拝疲れってやつです!ひーこらばひん!ハトヤで一休みさせてくれ~い;つД`)

新仲見世のけっこうはずれに位置するんですが、疲れていてもわざわざここまで来ますとも!やっぱり落ち着くし好きなんですハトヤ

創業が1928年!昭和3年ですよ!昭和という時代をはじめっから生きてきた、これぞ本物のレトロ喫茶なのです( ゚口゚)=3

あれ?でもちょっと待って!自分がここに来る楽しみでもあった「あのドリンク」のサンプルがなくなってませんか!?え、え、ほんとに!?Σ(゚Д゚)

今日は5時閉店らしくちょっと時間的に慌ただしいですが、それでもいいの!たとえ30分でもここの空気に触れてまったりしたいのです

疲れた足を休めながら、やっぱりこういう時は甘いやつでしょう!そしてここで甘いやつと言ったらあれしかない( *´艸`)

ホットケーキ!!ここハトヤでこれを食う機会をどんなに楽しみにしていたことかヾ(≧▽≦)ノ

なにしろレトロってのもありますが、やっぱり純喫茶なわけですからなんたってこれは外せない人気メニュー!昔ながらの手作りの、家庭で作るようなホットケーキミックスなんか使わない、まさに本来の喫茶店の味(^^♪

あ!そうそうやっぱり予感が的中だったのですよ!「ブルーハワイ」はつい先日をもってメニューからなくなったのだそうな;つД`)

なんだかあんまり人気がなかったみたいなマスターの口ぶりでしたが、えええあれこそこの店以外のどこで飲めるっちゅうんですじゃー!?(´;ω;`)

というわけで今回はソーダ水!いえそりゃあソーダ水だってものすっごい好きですよ!?しかもメロンソーダって書かずにソーダ水って書く、これもまたほっこりポイント高し

ほいじゃあさっそくシロップをとくとくとかけまして、いただきま~す!見てくださいこの罪なビジュアル;つД`)

チップとデール リスの朝ごはん

このディズニーアニメにも表現されているように、ホットケーキはやっぱりなんたってこのシロップをかける時が一番うまそう度が上がるわけですよ( ゚口゚)=3

ナイフでバターを滑らせるとさらに輝きを増すこの香ばしい重なりをさくっとカットして頬張れば、ほっぺが落ちる幸せが口いっぱいに広がるのであります(*´▽`*)

ふと壁に目をやると、昭和14年の浅草の地図が。昔は花やしきのあたりは敷地もバカでかいし、しかもこんなでっかい池まであったんですか……( ˘ω˘ )

今では浅草に池なんて皆無……最寄りで上野の不忍池ってところじゃあないでしょうか(*´Д`)

ホットケーキのナイフとフォークをくるんできたハトヤナプキン。このハトが2羽でハートを作ってハトヤってのがもうね、すっごいほっこりするんですよ;つД`)

かつてカップルが「アベック」と呼ばれていた時代はなんたってデヰトの基本は「きっちゃてん」だったそうですからねぇ~!今は昔ですが、まさにそのころの華々しいムードをよく表しているロゴってことなんですねぇ

ハトヤ
喫茶
東京都台東区浅草1-23-8
03-3844-5313
~1,000円
8:00~18:30(営業時間は流動的) 不定休
つくばエクスプレス浅草駅から219m
駐車場なし

冬の柴又の夕暮れ時は寅さん記念館で(*´ω`*)

葛飾柴又寅さん記念館東京都葛飾区柴又6-22-19

柴又ぶらり旅も暮れてきました。こんな季節ですから、この時間は寒さしのぎも兼ねて寅さん記念館と参りましょう( *´艸`)

チケットを買って、いざ入館!入り口で「館」の字を修理中の寅さん像がまた味わい深いんです(*´ω`*)

山田洋次の直筆?撮影現場の殺伐とした雰囲気にしてはちょっとへちょれた字で、これがまた寅さんっぽくてほっこりします

ちょっと小学校の日直書くところみたいですのぅ( ˘ω˘ )

まずは帝釈天と柴又の草だんごの幟、そして寅さんとともにあった激動の昭和史の記憶を刻んだ新聞記事が展示されています(^-^)

新聞の上には寅さんと並ぶ懐かしの昭和を彩る映画たちのポスター。「君の名は」なんて、最近にも通じますね!まったくの別物だそうですけど……;つД`)

そしてボタンを押すと画面には当時のニュース映像が!この時点ですっかり気分は昭和にタイムスリップです(*´Д`)

映画のセットの「とらや」をそのまま移転したという、本物空間から始まる寅さんの世界(^^♪

柴又に実在しないだんご屋なのに、こんなにも柴又感が溢れているこの門構え!絵に描いたような昭和下町のかほりですね( *´艸`)

この内装!こんなお店でだんご食べたいですなぁ~

あ、でも初期のころのとらやはもっと普通の「昭和食堂」っていう感じだった気がしますが!お客もだんごのみならず、ビール注文したりしてた( ;∀;)

そんなとらやの冷蔵庫。劇中でもよくこの冷蔵庫から冷えた飲み物出しますよね!夏場のシーンではかき氷もよく売れてる感じだったり( *´艸`)

キリンオレンジにサッポロラガーに、そしてビー玉の上に紙が貼られたこれぞ懐かしスタイルの昭和ラムネ!;つД`)くぅぅ~

そして涙あり笑いあり喧嘩あり、数々のドラマを生むとらやのお茶の間!ここでもボタン一つで始まるお茶の間シーンの再現がまた……

ここで再生されるシーンは、寅さんがついに堅気になると言い出したものの、その堅気の理想像についてあれやこれや注文を付ける名シーン( *´艸`)

テキヤだからこそ、堅気に対する理想が高い!こういう凡人らしさこそが何よりも寅さん的であり、万人に「うんうん」と頷かれるところなんですよねぇ;つД`)

昭和なタイル張りの流し台。そしてこの緑の椅子ですよ!むか~しばぁちゃんちでこんなスタイルのダイニングを目にしましたねぇ

とらやの裏にある博の職場、タコ社長の朝日印刷所( ˘ω˘ )

いや~しかし最初はとらやも印刷所もまさかセットだったとはまったく気づきませんでした。柴又の街のロケシーンと繋げられると、完全にそこにこのとらやが実在するものだとしか思えませんでしたものねぇ;つД`)

手も顔も油まみれになる昔の印刷所の風景!「労働者諸君!」と高らかに決まり文句を言いながら寅さんが入ってくるたびに、ここも荒れるんですよね~(;´∀`)

作品を重ねて時代が進むにつれてにこの印刷所もだんだん綺麗になっていき、社員の人たちも初期のころはやせ型ばっかりだったのに、後半の作品では何となく現代的な中年体系に近くなっていくんですよね~( *´艸`)ぜったい儲かってるこの印刷所

とらやのでっけぇジオラマがありました!あれ、くるまや?確か映画でも「はい、とらやです!」って電話に出てた気がするんですが……おかしいなぁ(´・ω・`)

1階手前の飲食店のところ、隣にだんご作る部屋なんてあったんですねぇ。劇中ではあんまり見たことない気がしますが、普通に考えたらそりゃそうか(;´∀`)

箱詰め作業は奥の部屋でやってましたね。そして居間、その奥に仏間ですね。この店の内装も印刷所と同じで、いつからかリフォームしたのかもしれませんね。小上がりなんかも出来てるし

細かく作り込まれてますねぇ~!映画もこんな日常風景の中で寅さんの噂をしてるんですよね

そして噂をすれば影……だいたいタコ社長が寅さんが帰ってることを知らずに大声で寅さんの悪口を言いながら裏口から入ってくるパターンですね;つД`)

博は印刷所からさくらの部屋をいつもこの裏庭越しに見ていたんですねぇ。昭和の恋模様、四畳半フォーク的な世代でしょうか( *´艸`)

1作目で博と結婚する前は、さくらは職工たちのアイドルのようですからねぇ。博はそんなさくらを射止めたりして、同僚に顔向けできたんでしょうか……いや、そんな心の狭い時代じゃない(;´∀`)

男はつらいよの名シーンパネルたち。寅さんと一緒にこんな風に遠い目で眺めてみるのも良いですね( ˘ω˘ )

その奥は昭和の町並み再現ブース!1/3くらでしょうか、大きめスケールで迫力のジオラマです

手焼きせんべいはこんな風に丸ぁるい瓶に入って売ってましたねぇ!今でも一部の観光地や景観保護地区的なところでは逆に再現したりもしてそうですが( ˘ω˘ )

店の人がサンダル履きで店番してる感じ! つい最近までは町の床屋さんとかでもリアルにあった気がしますが、これからはどんどんなくなっていってしまうんでしょうねぇ( ;∀;)

神社のお祭り!屋台がたくさん出て、ひぐらしの鳴く夕暮れ時から賑やかに煌びやかな灯が

ハッカパイプなんてのもまた今はもう出ないですよね……どんな味なんでしょうか、実は自分もこれは一度も食べた経験がありません;つД`)

酒屋にカルピスの看板があったり、夕暮れの商店街では近所の主婦たちが噂話をしていたり……あ、噂話ってのは今でもいたるところで生きてそう( *´艸`)

さらに奥は柴又駅の昔!柴又駅はかつて金町との間を人力の鉄道が通っていたそうな!その名も帝釈人車鉄道( ゚口゚)=3

人力車の鉄道版なんてあったんですね!またこのジオラマの風景が……こりゃどこの田舎ですか!……ってこれがまさか柴又の風景!?えええ……(;・∀・)

うおお!リアルサイズの人車鉄道も置いてあるじゃないですかーッ!Σ(゚Д゚)

しかも乗れるー!この木造の客車っていう雰囲気!こういう車内は経験ないんですよね~……でも昭和の中期くらいまでは都内の国鉄なんかでさえも普通にこんな風景が当たり前だったと言うんですよね~;つД`)

そしてこの車内広告!実はこの「あせ知らず」は今でも現役みたいですね!湯あがりにパタパタで保湿の爽やかお肌をキープ!剃刀負けなどのスキンケアもできる、幅広い用途の化粧パウダーですね

そして成田山!柴又は京成線だから、実は成田へは簡単にアクセスできるんですねぇ~!帝釈天とお不動様を結ぶなんて、ありがたい路線です(*´Д`)

そして寅さん旅の空、装備品の展示コーナー!これがまた面白いんです(*´▽`*)

ハラマキにお守りに雪駄っていうこのスタイル!THE昭和のおっちゃんスタイル、しかもちょっと胡散臭い系の、ですよね;つД`)

劇中では未公開だと思うんですが、これが寅さんのカバンの中!これぞ究極のアウトドアアイテムです( ゚口゚)=3

キンチョーの蚊取り線香ケロリン、そして験担ぎを重んじるテキヤらしく暦なんかは手放せなさそうですね

しかし出先で病気になってるシーンはほとんどないわけですから、現代人から見たらそりゃすごい免疫力を持ってるように見えるもんです!逆に恋の病は星の数ほどですけどね( ˘ω˘ )

そうそう、よく見てると何気に寅さんって指輪とかしてるんですよね!そういう貧しい中にちょっとしたハイカラ感があるってのもまた昭和風情( *´艸`)

寅さんと旅する昭和の旅列車コーナー。昔ながらのシートに座って劇中の旅の空を追っていく、記念館終盤にしてなんともこれまたほっこり泣けてくる名コーナーです;つД`)

網棚に乗せられた旅の荷物たちがまた、昭和すぎて夏休みすぎて本当に良い匂いですねぇ(´;ω;`)

昔の駅弁用お茶!自分の頃はすでに白湯パックにティーバッグを入れるタイプでしたが、これがかつては陶器だったというから驚きですね(*´ω`*)

そしてみかん。夏休みの旅のみかんはもちろん冷凍みかん!車中で程よく解凍されたところをしゃりっといただく幸せ

最後は寅さんハニワ柴又八幡神社の古墳で発掘されたそうな!何という偶然でしょうね……こりゃあもうほんとに帝釈様の仏縁としか言えませんね(^-^)パワースポット

これで記念館はおしまい!ちょうど閉館の音楽が流れてきたころに中庭へ出ました(*´Д`)

でっかいデフォルメ寅さん像!まるでここに置くために作ったようなオブジェですな( *´艸`)

あ!これ良いですね!カバンと帽子で寅さんってわかるこのベンチ!しかしこの帽子も石でできてるんですか……ちょっとすごいですね(*´ω`*)

記念館パンフレット。本当は山田洋次記念館ってのも隣接してたんですが、今回は閉館の時間になってしまったのでまた次回寄らせてもらいます

ロケハンの結果、柴又という町に出会いぴったりと惚れ込んだというわけなんですね……わかりますとも;つД`)

あ!山田洋次ミュージアムのネタバレが!ここはあえて読まずにおきましょう( ゚ー゚)

パンフレットの裏表紙。細かい情報まできっちりと!また来るよ柴又~

寅さん記念館テレカコーナー

中庭から立ち寄れる記念館ショップでその昔に入手した記念館のテレカがこちら。イラストですが、帽子に切符を挟んでるなんてのも良い味ですよね

こちらは参道のお土産屋さんで入手した、寅さんをデフォルメした「どら太郎」のテレカ。何故か記念館のロゴも入ってるのです(*´ω`*)

しかし柴又のお土産で寅さんが実写で写ってるテレカってのがないものなのかとずっと探し求めていたのです。1枚で良いからそういうのが是非欲しいと(*´Д`)

そんな折ですよ……ある時ふと何気なく記念館のショップに寄ったところで見つけてしまったこの大変なシロモノ(;´∀`)

男はつらいよ 全48作映画ポスター 縁結び 幸福を呼ぶテレカセット」!こここれはぁ~!……いや1枚で良かったんですが(;^ω^ )

しかしこれは思い切って入手して良かったです!宝物になりましたよ……今の時代だから市場相場としては値下がりしちゃってますけど、もちろん手放す気などありません!こりゃお守りですよもはや( ˘ω˘ )

葛飾柴又寅さん記念館
東京都葛飾区柴又6-22-19
03-3657-3455
500円(大人)・300円(児童・生徒)・400(65歳以上)
9:00~17:00 第3火曜休館(第3火曜が祝休日の場合は直後の平日)・12月第3火水木曜
京成電鉄金町線「柴又駅」下車徒歩8分
駐車場あり(柴又公園駐車広場・1日500円)

有野課長も訪れた柴又レトロの駄菓子店( *´艸`)

古くから柴又を知る人にとってはけっこう新名所ですかね。柴又ハイカラ横丁!見るからに趣向がはっきりとしたこの佇まい( *´艸`)

柴又駅から徒歩1分足らずのところに、この昭和レトロと駄菓子のお店が誕生したのはもちろん平成になってからのこと。ゲームセンターCXの有野課長もたまゲーロケで来てましたっけねぇ

もちろん駄菓子の物色も然ることながら、ここはレトロゲームの宝庫でもあるのです(*´ω`*)

こちらお馴染み国盗り合戦。数字と図柄をスロットの要領で揃えて、沖縄から北海道までランプを点灯させていくすごろくゲームですね(^^♪

すごーく見覚えがあるけど、やったことはないかなぁ。ランプが進む音にもものすごく聞き覚えがあるんですが;つД`)

奥にはピンボール!リアルなやつはやっぱり音が良いんですよね~。あのチン……って音が妙に哀愁ありすぎてほっこりほっこり(*´Д`)

アナログは良いですねぇ~。重厚感と奥ゆかしさ、ダイナミックレンジの広さと言いますか、CDとレコードの違いみたいなもんですね

うおお!そしてこれは最近高田馬場ゲーセンミカドでも解説動画が上がっていたvsスーパーマリオ!これファミコン版と全然中身が違うって初めて知りましたよ( ゚口゚)=3

子供のころ1度だけどこかで見かけてプレイした記憶があるんですが、途中で続けるのがつらくなって放棄しましたね!なにしろすっかりコントローラーで慣らしたマリオ……ゲーセンのジョイスティックでなんて出来ゃしませんがなΣ(゚Д゚)

VS.スーパーマリオブラザーズ

そして昭和を生きた多くの人にとって、ゲーセンのゲームと言えばやっぱりこれでしょう!スペースインベーダー

レコードはYMOなんかが流行った時代?子供が青年、大人になり、SFの中にあった夢のコンピューターの世界がいよいよ現実味を帯びてきた頃でしょうか( *´艸`)

そしてこれです、ゼビウス!ちょっと前にノーコンキッドっていうドラマでも出て来てましたこのゼビウス!やる人はトコトンやり込む、中毒性のハンパないゲームの筆頭として、今もゲーム史に君臨しておりますね

またこのお店のゼビウスが置いてある場所が良いんですよ!階段の下だと思うんですが、天井が斜めに低くなっている、なんとも閉塞感のある隅っこにあるんですよ!良いですねぇ~わかってますねぇ~このゼビウスっていうゲームのことを!( ^ω^ )

それではここで一つ僭越ながら以前あたくしめがこしらえたゼビウスのアレンジなんかを載せてみちゃったりなんか……

あああ、辰っちゃん!成田山では鉄砲漬けの店に置いてあるんですよね~この人形!やばい鉄砲漬け食いたい!今度成田山で買って来よう!( ;∀;)

そして辰っちゃんと言えば仁義なき戦い!若杉の兄貴ぃ!お店にはブロマイドコーナーもあって、菅原文太兄ぃの若いころのもありました!(*´▽`*)

良いですよねぇこの頃の俳優たちって、二枚目すらもただかっこいいだけじゃなくて噛むほどに味がある人ばっかり( ˘ω˘ )

あー、このガムのマシーンもありましたね~!別にアタリハズレがあるわけじゃないのに、なぜかガチャ感覚でプレイしてしまう不思議な魔力がありました;つД`)

それにジャンケンマン!ジャーンケーン……ポン!あーいこーで……しょ!ズコーッ!っていう。慣れてくるとジャーンポン!ズコーッ!っていうスピード感になってきますね(;´∀`)

新幹線ゲーム!ほ、本物だぁ~!こ~りゃハマりましたよね~!この絶妙な、「腕を磨けば絶対に攻略できる感」ですよ!まんまと貢がされたわけですな( ;∀;)

あ、これの貯金箱持ってますよ!今ではめっぽうプレミアが付いて大変なお値段になってますねぇ……そんなもんなのかこれはΣ(゚Д゚)

チャンスラー!これは現役ではまったく覚えがないゲームなんですが、ゲームセンターCXでは何度か出てきたので名前だけは知ってるんですよね~( *´艸`)

いわゆるUFOキャッチャータイプの先駆けですね。かつて飴獲るゲームもさんざんハマりましたが、自分がよくやってたのはクレーンで台に乗せて、もう一つの台で押し出してゲットするってやつでした( ˘ω˘ )ちょっと新しいですね

そんなハイカラ横丁の戦利品はこちら!これにプチプリン瓶の三ツ矢サイダーを加えた全9品です!前田のクラッカーのミニチュアは最後の一個でした……完全に呼ばれましたね~これは( ;∀;)

まけんグミってやつは、実は自分の思い出はお菓子じゃなくておもちゃなんです。マジックハンドでしたっけ?ペタペタする伸びーる手のおもちゃ!このタイプは後に「カメレオンの舌」となり、さらにマリオとコラボして「それいけヨッシー」なんておもちゃにもなりましたっけねぇ

そして指輪の飴!完全に手ぇベタベタになるに決まってるこの形!懐かしいですよ~( *´艸`)

東京拉麺のカルビラーメンも入手できました!もうどこもかしこもペペロンチーノばっかりで、それ以外のやつを見つけたのは本当に久しぶりでした;つД`)

それぞれの駄菓子のレビューは別記事で追ってしていくとして、前田のクラッカーミニチュアのディテールチェック!良いですね~この袋に入ってかさかさするタイプ大好きなんですよ~(*´▽`*)

あ、隣のハッピー栓抜きは前回ハイカラ横丁を訪れたときに、ケロリンコップと一緒にゲットした品でございます。これも瓶の中身がきちんと入っていて、良い味出してるんですよ~

柴又ハイカラ横丁
東京都葛飾区柴又7-3-12
03-3673-9627
~1,000円
10:00~19:00 火曜定休・2F博物館は土日祝日のみ開館
京成金町線柴又駅より徒歩1分
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    近場のほっこりスポットに小さな幸せが待っている予感がします。チャンスを逃さずに!

    本日のラッキーほっこりは 森永ホットケーキ風プリン です!

    これまでのおみくじ結果