1. 玄関
  2. お風呂 最新10件
  3. 名刺コレクション

お風呂

温泉紀行や観光、町おこしイベント、季節のイベントを訪れた記録です。

お風呂 最新10件
ゲームコーナーのある温泉
レトロな空間・イベント
道の駅めぐり
タオルコレクション
名刺コレクション
温泉紀行
小京都の花火~小江戸の風情をたずねて
新春の川治をたずねて
晩秋の奥日光~東照宮をたずねて
中秋の那須湯本~茶臼岳をたずねて
初夏の益子~塩原元湯をたずねて
春分のいわき湯元にフラガールをたずねて
紅葉真っ盛りの奥日光をたずねて
日帰りぶらり
下町の風に吹かれて柴又をぶらり
リピート温泉宿
塩原元湯温泉「ゑびすや」
日光湯元温泉「白根荘」
温泉宿
川治温泉「柏屋」
那須湯本温泉「民宿 松葉」
湯ヶ島温泉「たつた」
いわき湯本温泉「松柏館」
湯西川温泉「はたご松屋」
鉛温泉「藤三旅館」
鬼怒川温泉「七重八重」
温泉じゃない宿
ビジネスホテル・シティホテル
立ち寄り湯・足湯
栃木県の立ち寄り湯・足湯
千葉県の立ち寄り湯・足湯
東京都の立ち寄り湯・足湯
イベント・景勝地
岩手県のイベント・景勝地
福島県のイベント・景勝地
群馬県のイベント・景勝地
栃木県のイベント・景勝地
茨城県のイベント・景勝地
埼玉県のイベント・景勝地
千葉県のイベント・景勝地
東京都のイベント・景勝地
神奈川県のイベント・景勝地
静岡県のイベント・景勝地
長野県のイベント・景勝地
旅の風情を楽しむ
田んぼでおにぎり
温泉街と駄菓子屋さん
キヨスクと車窓の思い出
QR
スマホで

名刺コレクション

温泉旅館やシティホテル、飲食店に神社仏閣など、いろんな旅先でご自由にお持ちくださいってなってる名刺やショップカードを集めていきます

初春残雪のお宿ゑびすや、2度目の宿泊です(*´ω`*)

塩原元湯温泉「ゑびすや」栃木県那須塩原市湯本塩原153

やってまいりました今回2度目の宿泊となる塩原元湯ゑびすや!前回はいつぞやの真夏でしたねぇ~……あれは益子で宇宙椀を買ったときでした(*´ω`*)

今日はまだスタッドレスが必要か否か、みたいな残雪情報がある日でございます!とはいえ実際に走ってみると雪なんて塩原温泉の中心街にすら全然なかったんですよね~('ω')

ところがですよ!塩原も元湯に向けて徐々に標高が上がってくるころ、あれは源三窟や逆杉のあたりからでしょうか、ちらちらと路肩に雪が見えてまいりまして、ここゑびすやに到着してみるとこんな状態なのであります;つД`)さすがだよ

お宿向かいの清流もこのとおり!向こう側にはミニかまくらなんかも残っていてほっこりするばかり!このタイミングでまさかこんなにも雪が見られようとは思いもよりませんでした( *´艸`)

しかしやっぱりこの水のきれいさ!これぞ塩原ですのぅ~

ゑびすやの名物といえば温泉おかゆもですが、この山奥ならではのヤシオマスってのもあるんです!今日も食べられると良いなぁ~(^^♪

まったくお賽銭投げたくなるような神々しい雪解け水ですね;つД`)

ほとんど0度という、キンキンに冷えてやがる清流でございます!山魚の姿は見えないけど、こんな澄んだ水ですから絶対にどこかにいるはずですね~(*´Д`)

いや~このロビーも久しぶり!変わってませんねぇ~!受付のおばあちゃんもご健在で何より!前回同様、楽天トラベルからの予約特典でまたポリタンクをもらいました~( *´艸`)ありがとうばあちゃん

今回のお部屋は2階でございます!前回は確か玄関の縁台で夕涼みしてる人が見えるような1階の奥の間でしたっけねぇ(;´∀`)

そういえばお部屋に向かう途中、なんだか前回よりも廊下が綺麗になってるような気が……!?こりゃだいぶ直しましたなぁ~(*´Д`)

さぁて疲れた~!早速浴衣に着替えてリラックスといきましょ!もちろんアメニティ類もしっかりです

前回は真夏だったからこのうちわにもだいぶお世話になりましたねぇ……今回は雪の残る季節。でも何気に湯あがりにはありがたいもんです(*´ω`*)

ちなみに前回もらったポリタンクも持ってきちゃいました!……って、あら!?ポリタンク小さくなってる~(;´∀`)

まぁ不景気が続いてたししょうがないか~……今回は喜連川温泉に寄るからそのお湯を汲めたらと思って持ってきたんですが、さすがにそりゃちょっと難しかったですな;つД`)

とりあえずお茶を淹れてほっこり一息。そしてやっぱりなんてったって温泉饅頭が置いてあるのが嬉しいんです!これぞ何よりも温泉に来たーって感じになりますもんねぇ(*´▽`*)

さっそく食前に温泉を楽しみに参りましょう

さて一休みもできたし、風呂に乗り込むぜ~!2階の階段前はちょっとした湯あがりスペースになってるので、あとでこの瓢箪のソファーでまったりも良いですね~( *´艸`)

お湯殿は地下1階になっております!この宿の見どころの1つ、THE湯治場って感じの内湯に乞うご期待(`・ω・´)

お湯の成分表示と湯暖簾。期待感が高まりますよ~

……っとその前に、飲泉処に寄り道しましょうか!明日の朝食にはこの「梶原の湯」で炊いた温泉おかゆが出るのです(^^♪

紙コップがあるので汲んでいただきましょう!飲みすぎに注意ですが、まぁはっきり言って素のままそんなにたくさん飲めるような味でもありません(;´∀`)

基本的に薄めずに飲むんですよね!了解です!硫黄の香りにちょっと酸味のある独特のお味!これを1日4回が適量らしいです。かなり湯治な感じ( ゚Д゚)うぬぅ

さーぁ風呂だぬーん!この古めかしいインパクト、変わりませんねぇ~!いや、少しここも綺麗に直したのかな?でも温泉の強烈な成分の影響ですぐにこの感じになっちゃうようですね( *´艸`)

そして今回初めて気づいたんですが、この2つの湯船って単なる熱湯とぬる湯かと思ったら、なんと源泉が2種類だったんですねΣ(゚Д゚)マジか

左手のぬる湯のほうは先ほどの飲泉処でも湧いていた「梶原の湯」!こちらは本当に長湯ができる温度で、気が付いたらのぼせているというちょっとアブないお湯でございますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

そして右手の激アツの湯!こちらが一定時間ごとに噴き出る名物間欠泉「弘法の湯」でございます!前回はちょっと触っただけでもう無理と……まったく入れる気がしませんでした;つД`)

しかし今回は!勇気を振り絞ってこちらの湯にどぼーん!!あぢぃ~!ってなるかと思ったんですが、これがなんと摩訶不思議!肌にぢりっと来るのは最初だけで、意外とすぐに馴染んでしまうのです(;・∀・)マジです

なんと、我慢大会だなんて言っていた前言は完全に撤回!普通~にこっちのお湯に長々と浸かってしまいました!いやこれほんとに一度慣れると不思議なくらい浸かってられるんです(^◇^)

まぁもちろん上がってみると全身真っ赤っかなんですがね……それでも不思議とのぼせない!こりゃひょっとすると名前からしても本当に霊験あらたかな名湯なんじゃなかろうかと( ;∀;)

40秒 音あり 7.94MB

ちなみに間欠泉が噴き出る様子は動画に収めてまいりました。湯口付近と端っこではやっぱりちょっと湯温が違うようですがね(*´Д`)

動画は梶原の湯の方に浸かりながらから撮影したんですが、弘法の湯あがりでこっちに入るともうほとんどプールです;つД`)

さてそれじゃあ今回もこのお湯をいただいていくとしましょう!源泉が2種類あると知った以上、せっかくですから2種類とも持って帰りますとも( *´艸`)

大きいポリタンクのほうは前回同様、間欠泉から直接汲み取るスリル満点の弘法の湯!たったこれだけでも自宅のお風呂に混ぜるとかなり香りが蘇るんですよね~

そして小さいポリタンクのほうは今回初の持ち帰り、飲泉処から梶原の湯を!こちらも自宅のお湯で楽しんでも良いんですが、こちらはやはり自宅で温泉おかゆの再現と洒落込みたいものです( *´艸`)

というわけでしっかりチャージ完了です!自宅まで楽しみ~!こういう生のお土産がいただけるのもゑびすやの魅力(^^♪

湯あがりは前回同様、ロビーのソファーにて( *´艸`)うちわもあるしね

受付のところに飾られたプレミアムヤシオマスの盾。これもこの宿の楽しみの1つなんですよね~( *´艸`)

塩原らしくモミジをあしらった額にもてなしの一期一会、そしてゑびすやらしく木彫りの恵比寿さん

にごり湯の会!とちぎはにごり湯がたくさんありますからねぇ~!今日寄ってきた早乙女温泉もにごり湯でしたし、やっぱり温泉好きにはたまらんのがなんたってにごり湯!くぅ~;つД`)

両目の入ったでっかいだるま!このお宿の成功祈願だったのでしょう、ご利益は間違いなしですね(*´ω`*)

そして塩原といえば新名物のとて焼!まだ食べてないんですよ、とて焼~……毎回しもつカレーでお腹いっぱいになっちゃってねぇ……次こそチャンスを掴みたい( ;∀;)

奥にはツキノワグマの剥製が!このへんはガチで出そうですからね~……ってそれより気になるのがこのお花のシールですよ!!こりゃあ~うちにもかつてありました!昭和レトロですなぁ~(*´▽`*)

前回もしっかりチェックしたプレミアムヤシオマスのポスター!まさに宿の隣を流れる清流にもいそうな山魚って感じです( *´艸`)

しっかり明記されております!もちろんです!今回も楽しみです!( ゚口゚)=3

そしてお待ちかねの夕食タイムヾ(≧▽≦)ノ

お湯の力も借りつつ、もうね、限界まで腹減ったんですよー!これだから宿の夕食はたまらん;つД`)

夕食は1階広間にて。美しい行灯と花の香りでしっとりほっこり上品な会場でございます

この夕食が~!また素晴らしく山の幸を堪能できるんですよね~!見るからに素敵ですよ(*´▽`*)

あ、もちろん宿の食事は確実に浴衣でいただく主義でございます!そりゃこれぞ温泉宿ですからのぅ~( *´艸`)

お酒はななんと、旭興の生酒があったんですよ!!いやこれまた心得てますねゑびすや~!この旭興っていう大田原の地酒、かつて那須温泉の民宿松葉で初めて戴いたんですが、ほんとに美味いんですよ;つД`)

まずは先付けのお皿。ごまをあしらった餅菓子クルミ甘露バイ貝の煮つけエシャロット味噌

とにかく彩豊かな味わいでまずはすべての味覚が目を覚ますのです( *´艸`)

アサリのメンタイ風!つまみ感ハンパありませんねこういうのは!素直にうめぇ~酒が進む~(*´Д`)

そしてお刺身!エビの身も仕事してますね~美しい!山の刺身らしく刺身こんにゃくってのがまた良いですね(^^♪

このピンクのはサーモン?いえいえ!これこそがプレミアムヤシオマスでございます!これがなんたってうまいんですよね~……サーモンを軽く燻したようなちょっと枯れた風味で、そして味が濃い!いかにも山魚っていうお味

イワナの塩焼きも熱いうちに!頭から中骨から尻尾まで、残すところなんてありゃしません!こういう焼き魚で一献……山の恵みを噛み締めます;つД`)

日光湯波刺しふんわりごま豆腐をさっぱりおろしダレで!湯波におろしっていうこの組み合わせがまた……いつの間にか定番になるような、目立たないけど実にすんなり入ってくる味なんですよ~(^-^)

フグのから揚げ!フグと言ったらやっぱから揚げですよ!……いや待てよ?塩原でフグ?まさかご近所那珂川の温泉トラフグなんてこと……さすがにあるわきゃないか(;´∀`)

さくさく衣にレモンを絞って、はっふはふ!……でまた酒がぐいっと進んでしまうと……やっぱヤバいな~こういうごはんは知らぬ間に酒が減ってゆく~;つД`)

青い鉢の蓋を取ると、こちらは巻き湯波のとろみ出汁!きっちり旨味があって、それでいて優し~いお味でほっとする~(*´ω`*)

そんなこんなでお酒も2本目に突入!また同じ旭興にしようかう~んう~ん……ええいやっぱり天鷹の生で行こう!……って、スパークリングだったんか~い⊂⌒~⊃。Д。)⊃

カシュッと口開け、しゅわわわ~なさっぱり生酒!うん。こういうのも趣向が変わって悪くない!ちょっとした酒パーティー気分に鞍替えです(∩´∀`)∩

そろそろ猪鍋の方も良い色に煮えて参りました!やっぱり猪肉は噛むほどに味が出て、これぞジビエじゃのぉ~相変わらず

味噌味のつゆとの相性も申し分なし!やっぱりこれですよ、お酒もぐいぐい進む落語「二番煎じ」を思い出すお味( *´艸`)

古今亭志ん朝 二番煎じ

そしてうどんもすっかり食べ終わった鍋のつゆでやっぱり……Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

こう行くわけですね~!これがまたねぇ……鍋と言ったら雑炊が醍醐味ですよやっぱり!さらりさらりとんめぇ~

酒も肴もすっかり平らげて、〆のお食事~!お香々もこの一膳のために取っておくのが流儀です!……と言いつつ途中でついたくあん1枚食べちゃったんですが(;´∀`)

らっきょうのたまり漬けってのがまた土地の定番でして。茶漬けの供にこれ以上の箸休めがありましょうや( *´艸`)

そしてこの吸い物!初春らしく菜の花など浮かべて、またこのしんじょうの美味いこと……しっかりおだしによく合いますのぉ~(*´ω`*)

そして食後の甘味。いやこんなに美しいとちおとめはスーパーなどでは滅多にお目にかかれませぬ……珠玉の1粒って感じですな!甘いけど甘すぎず、香りも良くて完璧です(*´Д`)

メロンは地元のタカミメロンでしょうか。ジューシーで甘みも強く、味わい深いメロンらしいメロン味!こんなメロンは滅多に食べられません……贅沢ですねぇ~

食後はおいしいお水も1杯いただいて、ごちそうさま~( ˘ω˘ )

明日の朝食ではここに温泉おかゆが登場いたします!朝湯あがりにまでも「ならでは」の楽しみがあるという、本当に盛沢山なお宿なのであります

食後にもうひと風呂。そして

食後はもちろん2度目のお湯殿!今宵も散々食べ尽くした山の幸たちが、お湯の力を借りて体に沁み込んでいきます~……極楽じゃ;つД`)

そして今度の湯あがりはもちろんこやつらの登場です(*´Д`)

まさにこの時のために仕入れたきつれがわサイダーと塩原のパスチャライズド牛乳!さっそく戴いてみましょう(*´▽`*)

まずはサイダーから裏を見てみよう……どれどれ、あら?製造が静岡県~!?道の駅で飲んだうめぇペット緑茶といい、喜連川は静岡と交流が深いってのか~;つД`)

まあそれは置いておいて、さっそくTHE温泉旅館コップに注いで飲んでみます!お、ちょっと良い感じの香料ですね!ほんのりお菓子のラムネっぽい懐かしい香りで何とも言えずフルーティー( *´艸`)

佐野のさのまるサイダーにちょっと方向性が似てるような気もしますが……あ!まさかさのまるサイダーも静岡産だったなんてオチ……?(;´∀`)

そして那須塩原のパスチャライズド牛乳!塩原方面の湯あがり牛乳は毎回これですねぇ( *´艸`)

乳脂肪分も程よく、香りはいかにもこってりしているようでいてこれが実にごくごくさっぱり飲めるのが嬉しいです!大瓶なので飲み切れないかと思っていましたが、これがあっさり飲み干してしまうのでありました……温泉力ですねぇそれもこれも

おはようございます!朝ですよ~(*´▽`*)

いや~よく寝た~!夕べあれほど寝る前にぐびぐびと牛乳を飲んだというのに、夜中はまったく起きもせずぐっすり朝まで寝とりましたわ~;つД`)

やっぱり熱い湯に浸かるってのはそれだけごっそり汗かいてるってことですよねぇ……ものすごいデトックスなのでしょう

というわけでいつものごとく朝食前のひとっ風呂(*´Д`)

ロビーも朝日が差して実に清々しいのであります!でも夕べがこっちだったので、朝食前の湯あがりタイムは2階の瓢箪ソファーで過ごしましたとさ(*´ω`*)

さあそして朝食でございます!昨日あれだけ山の幸で呑んで食べてだったのに、朝風呂効果ですっかりお腹はぐーぐーです( *´艸`)

そんな朝食はお腹に優しい「温泉おかゆ」が食べ放題!これがまたうまいからってがっつり食べすぎては元も子もございませんけどねぇ( ;∀;)

おかゆの隣にゆかりとごま塩が置いてありましたが、そりゃーまずはゆかりでしょう!おかゆとの相性はこいつが一番でございます

そしてまた不思議なことに、飲泉処ではあれほど飲むのに苦労した梶原の湯……それをおかゆにしてみるとこれがまったく癖がなくなって、美味し~くいただけちゃうのです(∩´∀`)∩

おかずの方も朝から山の幸が嬉しいです!なめたけおろしはやっぱり定番ですね!さっぱり~(*´Д`)

ほっこりたまご焼き明太子、そして付け合わせに珍味っぽいやつ!どれもおかゆによく合います

そしておかゆだけじゃないこの宿のもう一つの朝食目玉朝採れ地たまごでございます!さっとヒガシマルのだし醤油を乗せて……( *´艸`)

こういう一膳も楽しめちゃうんですよ~!まったく朝っぱらからなんて罪作りなんだゑびすや;つД`)

いただきま~す!さくさくうま~い!やっぱ日本の朝食はこれだよな~(*´~`)


さて朝食ものんびり戴いて大満足!チェックアウトまでにささっとお出かけの準備を!しかし限界まで堪能するために、朝もこれまたぎりぎりまで浴衣でいるのが流儀です( ^ω^ )

出発前にロビーの自販機で飲み物調達!チチヤスがこっちを見てますね~

瀬戸内レモンの乳酸菌ソーダヨーグレットとハイレモンの中間みたいなお味で実にすっきりさわやか!朝にはちょうど良いですね(*´ω`*)

そして最近のチー坊はほっこり後ろ姿も(*´Д`)

いやぁすっかり堪能しきりました2度目のゑびすやいろんな有名人のお墨付きがあるだけのことはあって本当に良い旅館です!ありがとうございます!またそのうち絶対来ます!それまで元気でいてね~(*´ω`*)

塩原元湯温泉「ゑびすや」
栃木県那須塩原市湯本塩原153
0287-32-3221
大人1名 8,000円~
現地ではカード不可
駐車場あり(無料)
もっと詳しく / 宿泊予約

とにかく健康志向が嬉しい、ど田舎のほっこり定食屋さん(*´▽`*)

遊っ蔵千葉県佐倉市大佐倉112-1

今日はこんなど田舎駅の近くにあるという、超健康志向な定食屋さんを伺ってみようとやってきましたよ(*´▽`*)

それはそうと、久しぶりですな「大佐壱號( *´艸`)

いやぁ~こりゃあなかなか普通の民家感がすごい佇まい( ゚口゚)=3

農家ダイニング「遊っ蔵」!ゆっくらとほっこりと

いや、こりゃけっこう都内のランチくらいの値段じゃないですか……ほうほうほう( ˘ω˘ )

しかも時間がちょうどお昼時ということもあって狭い店内はお客でいっぱい……まさかこんなことが!;つД`)

予想外に待つこと30分、ようやく席が空いたので店内へ。メニューは定食がいくつか。どれもヘルシーそうな内容ですな( *´艸`)

やっぱり野菜の文字がある定食に惹かれますが、れんこんは昨日丸亀でいただいたばかりなので、アボカドにしましょう!それに食後にハーブティーを付けて

ごはんを白米と玄米で選べるあたりがもうヘルシーそのもの(*´ω`*)

今盛んに言われている一汁三菜のスタイルですし、これは良いですぞ(^^♪

しかもこの肉巻きが超うんま~い!特にメインのアボカドは、ほんのり柚子が効いてるサプライズ!玄米のごはんがこんなにも進むなんて( ゚口゚)=3

中華風ドレッシングの海藻サラダに揚げレンコンのアレンジ。これもまた凝ったサラダでしてねぇ……うめぇうめぇ( *´艸`)

その上スープまでもがなんだかとってもうまい!何だろうこの深み……( ˘ω˘ )

あっという間に完食してしまった玄米ご飯。食器を下げるときに「足りました?」って聞かれたってことは、おかわりできたってことだったんでしょうか……いや足りたから良いんですけど( ;∀;)

食後のハーブティーはレモンバーム+パイナップルミントティー(^^♪

パイナップルミントってのは初めてだったんですが、パイナップルの味がするんでしょうか……このお茶はレモンバームがだいぶ前面に出ていて、ビミョーにパイナップルの味がしたようなっていうくらいでしたが;つД`)

それはそうと、食前に何気なく読んでいたこの壁に貼られた健康法。1日3リットルの水ですって!?Σ(゚Д゚)

自分も水分についてはいろいろ言われてきましたが、基本医者からですら1日2リットルって言われてましたぞ……あんまり飲みすぎると水中毒ってのもあるとかって(;・∀・)

そして店内にはこの健康法と連動するかのように、見慣れないペットボトルの水が売られていました(´・ω・`)

自然回帰水。思わず試しに1本買ってしまいましたよ……;つД`)

どうやら店員さんの話では、3リットルという量を飲みやすくする水という説明でしたが……なんでも体に溜め込まずすぐに体内を洗い流してくれるという水なんだそうで、おかげで花粉症がだいぶ調子いいらしいのです('ω')

うーんまぁすっごくアレな感じもするんですが、とりあえず味はいわゆる軟水でお料理なんかにも使えそう。もちろんここの料理にもこれを使っているらしいです( ˘ω˘ )

ちなみに水源は阿蘇で、しかもただのミネラルウォーターってわけでもなく、「回帰処理」というのを行っているんだとか

バイオセラミックスを通すことで自然の水浄化サイクルを再現したという、つまり天然水をもっとキレイにした水というニュアンスでしょうかね(^-^)

あ、この水について調べていたらなんと水3リットルについての本も出ていた……いやまあ水3リットルってのは置いといて、この水は確かにデトックス効果は期待できそうというか、なんとなく消化が早かったような気はします(;´∀`)

しかも驚いたことにこれの濃度10倍という水も並んでいまして、そちらは何とお値段も10倍……もうただただ、え、水でしょ!?っていう( ゚Д゚)

いつか恐る恐る試す日が来るのでしょうか……;つД`)

ちなみにお店の箸袋はこんなんです。緑でほっこり、ヘルシーな感じですね

そしてお店の名刺野菜直売生活雑貨手作りパンもあったんですね……あ、青汁シフォンケーキは次回試してみたいかもしれません( *´艸`)

遊っ蔵
ヘルシー定食
千葉県佐倉市大佐倉112-1
043-485-2407
~1,000円
11:00~18:00 土日月曜定休
京成大佐倉駅から徒歩3分
駐車場あり

焙じ茶の香りに誘われて

狭山茶カフェ和芳庵埼玉県川越市元町2-2-5 2F

蔵の町をかなり歩いてお店も見て回って、ちょうど少し足を休めたいと思っていたところに、なにやら焙じ茶のいい香りが漂ってきまして( ˘ω˘ )

その主は狭山茶の老舗「長峰園」。香りに誘われて店内に入ってみると、焙じたてのお茶がそれはそれは鮮烈な香りを放っていました……

そんなお茶屋さんの2階が茶店「和芳庵」になっているということなので、休憩がてらこの焙じ茶を是非一服いただいていきましょう(*´ω`*)

靴を脱いで狭い階段を上がっていきます(^^♪

そこはなんとも上品な畳の和空間……小ぢんまりとしていて実にほっこりです

かなり歩き疲れていたので、閉店時間も近いというのに上げていただき感謝です;つД`)足が痛かったんです

この建物はお茶屋さんが入る前は呉服店だったようで、その看板が歴史を示すように飾られています(^-^)

室内用のミニつくばいやこんな行燈なんかが空間のちょっとしたところにあるだけで、なんとも気持ちが和むものですねぇ( ˘ω˘ )ほっこり

メニューにはいろいろなお茶と和菓子のセットがあったんですが、注文はもちろん香りに惹かれたあの焙じ茶のセット(*´▽`*)

いやぁ~期待通りの素晴らしい香りです!焙じ茶でこんな感激したのは初めてですねぇ。さすが伝統の狭山茶の老舗……茶葉からしてものが違うのでしょう( *´艸`)

そして添えられたこの小さなキューブ状のお菓子……これがまた!色からしてチョコかと思ったんですが、チョコっぽかったのは食感のみ。この香りは紅茶……?しかもその味わいはしっかり和菓子の趣( ˘ω˘ )

まさか焙じ茶に紅茶の和菓子を合わせるだなんて、お茶屋さんならではのなんとも面白い発想のハーモニー……またこれがお茶にお茶のはずなのにまったく味がボケる感じがしないんですよ……不思議です(;´∀`)

ちなみに一般的に焙じ茶を淹れるお湯の温度は100℃って言われていますが、聞いてみるとやっぱりこれは良い茶葉なので低い温度でじっくり淹れるのがベストなのだそうです

焙じ茶にも茶葉によって玉露的な淹れ方があったなんて知らなかったですわや;つД`)

そしてこちら和芳庵のショップカード。なかなかリアルに描き込まれたマスコットが凛として良いですね

狭山茶カフェ和芳庵
甘味処
埼玉県川越市元町2-2-5 2F
049-223-3210
~1,000円
10:00~17:00(ラストオーダー16:30) 年中無休
本川越駅から1,219m
駐車場なし

川越メインストリート「蔵の街並み」を歩く♪

一番街 蔵造りの町並み埼玉県川越市幸町5

いよいよやってきました川越観光のメインディッシュ、蔵造りの町並みヾ(≧▽≦)ノ

なぜか若衆の浴衣姿がちらりほらり……なにかイベントでもやってるのかや?そういうわっしも蕎麦扇子なんぞぱたぱたしちょりますが……

いきなりお目見えしたコカコーラの瓶自販機!こういうところからじわっと入ってくるんですね~楽しみです(^-^)

おお、早速古めかしい石造りのコーヒー屋さん!その名も大正館ですか(^^♪

このちょっと店頭のごちゃごちゃした感じもなんか懐かしい感じがして良いですね

こちらは和菓子屋さんですね

本来和風づくりの軒先が似合うはずのお店にこういうしっかりした石造り……逆に新しいですね( ˘ω˘ )

イタリアの国旗がはためくピザ屋さん「ウッドベイカーズ」の川越店(^^♪

石造りってのはけっこうなんでもまとめちゃう包容力みたいなものがあるんですねぇ(*´ω`*)

出た!いい顔の霊犬プリアちゃんのお店(*´▽`*)

当のプリア氏はお店の奥で他のお客さんにイイコイイコされてくつろいでました。顔見えなかったなぁ……残念;つД`)

店頭でおじちゃん(社長?)が採ってきたっていうハチミツの試食をいただきました。本物のハチミツは久しぶりでうま~い( *´艸`)

そんなハチミツと一緒にさりげなく戴いた、こちら陣力屋のショップカード。こんな風にプリア氏を近くで拝みたかったですわなぁ( ˘ω˘ )

カードを開くと川越マップが見られてこれまた便利な一枚。ここで人力車に乗るならやっぱり浴衣で決めてこないとですよねぇ

伊勢亀本店。いやぁここは本物でしょう!洋品店ですよ洋品店( ゚口゚)=3ふはぁ

川越がこんなふうに観光地として売り出す前からやっていたお店に違いないですね!いやそうであってほしい( ˘ω˘ )

ふと店頭にこんなものを置いてる店を発見!沖縄物産の「真南風

ボンカレーゴールドは全国でも、この元祖ボンカレーは今や沖縄限定!これは食べ比べ用に押さえていくしかないでしょう( *´艸`)

T字路にぶつかるとさらに古めかしい建物のオンパレード……ここからさらに蔵造りロマン街道は本番になっていきます(^◇^)

角のたばこ屋発見!現役でやっててくれたらなぁ……でも自販機すら衰退気味の現代にそりゃさすがに無理な話か……( ˘ω˘ )

昔はたばこ屋にも看板娘なんてのがいたらしいですけどねぇ

ここからさらに浴衣率アップ!途中でちょっと祭りイベントっぽいのやってる会場があったけど、それにしちゃ町並みのほうに浴衣の人が多すぎる……もともと川越ってところは浴衣で歩く街なのか!?(;・∀・)

仏具屋かと思ったら金物屋でした

他にも包丁専門店とか箸専門店とか、内装はわりと現代風のお土産屋っぽい作りをしてますけど、内容的には浅草みたいな専門店だらけ。雰囲気出てますなぁ(*´ω`*)

お店とお店の間にこんな間口が……新聞受けもあるし表札があるってことは普通に住居なわけですな('ω')なんかすごい

そしてついに到着、小江戸川越蔵の町のメインと言って良い「時の鐘

やぐらの上に梵鐘みたいなのが付いてるこの独特のスタイル!タイミング的に音は聞けなかったけど、撞木で鳴らす鐘ってことならばお寺みたいなサウンドが鳴るんでしょうかね……( ˘ω˘ )

ちなみに今は手動でなく機械が自動で鳴らすそうです('ω')

一番街 蔵造りの町並み
埼玉県川越市幸町5
049-222-5556
無料
9:00~18:00
西武新宿線本川越駅から徒歩10分 東武東上線・JR川越線川越駅より徒歩22分
駐車場あり(近隣)

水戸の絶品蕎麦屋さんヾ(≧▽≦)ノ

にのまえ茨城県水戸市末広町3-7-15 アシマ肉店2F

水戸のおいしい蕎麦屋さん「にのまえ」!今回で2度目の訪問です(^^♪

看板に常陸秋そばの文字がありますが、残念ながら季節は春。まあそのへんは仕方ないとして(;´∀`)

店内はややモダンな作りですが、ところどころに涼味があって蕎麦屋さんらしいですね(^-^)

カウンターなんかもあってちょっと居酒屋さんのようでもありますが、夜は20時までと普通のお蕎麦屋さんタイムです( ˘ω˘ )

そしてちょっと風変わりなのが、お座敷の壁に飾られたこの数々のレコードジャケット(*´ω`*)

よく見るとこれ全部タンゴなのですよ!タンゴのLP盤!珍しいなぁと思って眺めていたら、それもそのはずです。なんとこのお店、お蕎麦と中南米料理という珍しい組み合わせを供するのですΣ(゚Д゚)

2回目にしてまったく気づいていませんでしたが、メニューをよく見ると確かにお酒とおつまみに見慣れない文字が……(´・ω・`)

板わさと同列にブ、ブ、ブラジルソーセージ!?米焼酎芋焼酎に並んで、ピスコ……ペルーのブドウ蒸留酒……(;´∀`)

自分の知るそっち方面の料理といったら、タコスにチリビーンズにコロナビール……って全部メキシコなんですけど、蕎麦との相性を考えるとどうなんだ?考えたこともないぞ……;つД`)

いや、それはとりあえず置いといてですね、前回もいただいたこの店の逸品「鴨南蛮」が来ましたよ(*´▽`*)

この柚子の添えられた上品なビジュアル!そばは二八のやや平打ちめの細打ち、つゆは江戸鴨南のそれを少しかえし弱めの上品にしたような感じで、とにかく鴨の味わいがぎゅっと詰まってます!いやぁやっぱりうまい!( *´艸`)

そして今日は贅沢にも2杯目!やっぱりどうしても確認したいこの店のもりを、今度は十割でいただきます( *´艸`)

いやぁまずはやっぱいいいつゆ加減です!甘さといい辛さといい絶妙なバランスの江戸切りつゆ!そしてここの十割はけっこう食感というか喉越しが変わります。二八の時にはなかった程よい引っかかりがあって、二八に比べてより「うどんじゃないぞ、蕎麦なんだ!」って主張してくる喉越しですよ( *´艸`)

それだけじゃない、もちろん蕎麦の香りも二八よりずっと立ってきて、わさびもちゃんと本わさび、甘い香りのアクセントからのグラデーションはかなり極上です(^^♪

ここまで蕎麦がうまいと、その中南米料理ってやつとの相性だってそうとうに考え抜かれてることが期待できます。いやぁいつかここで呑んでみたいなぁ( *´艸`)

そんなにのまえのショップカード。紅葉があしらわれた秋蕎麦な感じのデザインが粋ですね。自分らは梅の季節に主に来ますがね;つД`)

にのまえ
日本蕎麦
茨城県水戸市末広町3-7-15 アシマ肉店2F
029-303-6058
1,000円~2,000円
11:30~14:00 17:00~20:00 月曜・第1第3第5火曜定休
水戸駅から茨城交通バス「茨大栄町行き」で上水戸入口下車すぐ
駐車場あり

今年最初の居酒屋探訪。吉田類も訪れたあんこう鍋の名店( ^ω^ )

さわらや千葉県成田市花崎町854-9

年始だというのにすでに営業しているのが嬉しいです。成田の名店「さわらや」!(*´▽`*)

かの吉田類も以前、酒場放浪記のロケで訪れたことがあり、とにかく冬場はなんといってもあんこう鍋が旨い店なんです(*´ω`*)

結論から言いますと、正月早々ちょっと調子に乗って呑みすぎてしまったために、もうこのお店で何を呑んだのかまったく覚えていないというところから話は始まります;つД`)あいすみません

これからはちゃんと呑んだものくらいメモっておこう……(;´∀`)

お通しがいきなりはまちのカルパッチョというあたりがいかにも魚系の居酒屋さんらしい。というか千葉の居酒屋さんらしい(^^♪

さっぱりと酸味のあるドレッシングでいかにもアペタイザーという感じの前菜でございます( *´艸`)

まず一品目はとりあえず銀杏があったので迷いなく( ^ω^ )

この季節の居酒屋の定番ですね!塩加減もちょうど良くてうんまい

殻ごと塩に埋まって出てくるところもありますが、自分はこういうふうにすぐ食べられる状態のやつがやっぱり手間がなくて良いと思うんです( ˘ω˘ )

そして二品目、すでに銀杏と一緒に頼んでおいたメインディッシュのあんこう鍋が早速登場しましたよ!早ッ!(*´▽`*)

まだ火が通ってないので卓上でぐつぐつ!その様子を見ながら銀杏でちびりちびり……いや良いですなぁ(*´ω`*)

そのうちいい具合に煮上がってきたのでトンスイによそって、いただきます!うっふまーい( *´艸`)

こんぶを泳がせてあるだし汁に味付けはシンプルに白味噌、そこに野菜たちとあんこうの出汁が出たこの鍋つゆがまずたまらんです

あんこうは白身というよりコラーゲンの塊のような食感で、プリプリとした中にちょっと甘みがあって、熱々をふぅふぅして食べれば、これぞいかにも冬の味覚ってやつですねぇ(*´▽`*)

そういえばあんこうって骨まで食べられるなんて言いますけど、確かに骨はやわらかいですよ……うん、やわらかいんですけど、食べられるってほどでもないかなぁ……(;´∀`)

さすがに鍋と戦っているとそろそろお酒がないザンス!壁に目をやるとまぁ~豪華なラインナップが貼ってあるんですが、さすがにこれが全部揃っているというわけではない……( ˘ω˘ )

例によって何を呑んだのか忘れてしまってるんですが、何があるのか確認して、2杯目をいただきます!ヾ(≧▽≦)ノ

写真にうっすらラベルが写ってるけど、何だったかなぁ~……まったく思い出せん、すいません(-_-;)

さてお次に登場したのは居酒屋の定番、揚げ出し豆腐!(*´▽`*)

これがまたうまいんですよ~!しっかりめのかつおだしのつゆが染みたじゅわーり豆腐

もみじおろしとネギを添えて頬張ると、甘い油の香りと豆腐の旨味が広がる~!ふまーい(^^♪

お次はやっぱりこの季節、あんこう鍋をいったからにはあんこうで攻めたいというのもあって、普段なかなか頼まないあんきもをチョイス!( ^ω^ )

これがまたポン酢のさっぱりにあんきものこってりがなんとも言えん味わいですよねぇ!まさに頬張っては酒で洗うっていう表現がぴったりのメニューです

さてお酒もなくなってきてしまったので、次は何にしましょうかねぇ~(^^♪

もうね、さっきからずーっと気になってるこの「亀仙人」……聞いてみたんですが、入ってないかぁ~うーん(;´∀`)

3杯も普段は呑めないんですけど、この日は何でしょうかねぇ、正月のノリってやつでしょうか……怖いですよほんと

いよいよラスト!巾着納豆!( *´艸`)

なぜか気になってしまったこの一品、油揚げをかじると中から程よい味付けの納豆が溢れ出て、これまた何ともうま~い(*´▽`*)

〆に持ってくる料理じゃなかったかもしれませんが、こんな調子でお酒もかなり呑んじゃいましたし、さすがにもうお腹いっぱい;つД`)

これ以上は家に帰れなくなりそうなのでさすがに打ち止めです(;^ω^)

席の隣にずっと滝の音を響かせる涼し気な水場があって、ビールなんかが冷えてたりするんですけどね……いや、もう呼ばれない!もう無理!ごめんまた今度!;つД`)

さわらやの箸袋~(*´ω`*)

そしてちょっとふにゃけてしまいましたが、こちらがさわらやのショップカードでございます(;´∀`)

さわらや
和風居酒屋
千葉県成田市花崎町854-9
050-5872-2780
3,000円~4,000円
16:00~0:00(L.O.23:30) 日曜定休
JR成田線成田駅東口から徒歩2分 京成成田駅から徒歩10分

の~んびり栗山川の流れを見ながら絶品多古米だんご

白石菓子舗千葉県香取郡多古町多古219

日も暮れかかったこの時間の栗山川はほんとに長閑で良いですね~(*´▽`*)

そんな川のほとりに、この地域の名産高級ブランド米である多古米を使った焼きたてだんごをいただける和菓子屋さんがあります(^^♪

白石菓子舗は、道の駅多古にもだんごや和菓子を卸している老舗で、道の駅に卸しただんごなんかはすぐに売り切れてしまうそうです(*´ω`*)

今日は時間も遅く当然道の駅では買えなかったので、道の駅のスタッフの方に教わってこちらの本店に足を運んでみた次第です( ˘ω˘ )

本店ならではの「焼きたて」のだんごを、橋の袂の船着き場なんかを眺めながらいただきましたが、多古米の甘さ焼きの香ばしさに、ちょっと辛めのみたらしアツアツほくほくに絡んで、こりゃ絶品です

やっぱり焼きたて……だんごも鮮度って大事なんですねぇ( *´艸`)

ちょーっとふにゃけてしまった白石菓子舗のショップカード。多古のお米ときんかんを使ったお菓子が名物のようですね( ˘ω˘ )

ちなみに道の駅でもう一つ評判なのが「いずみベーカリー」のぶどうパン(^^♪

こちらも一斤売りは即完売してしまうんですが、スライスの方だったらまだ買えたのでちゃっかり押さえました( *´艸`)

ほんとに自然の干しぶどうがたっぷりで、お菓子じゃないかと思うほど甘くてうま~いんです!(*´▽`*)

早い者勝ちではありますが、このだんごとぶどうパンはほんとにうまい名物なので、道の駅多古にお寄りの際は是非~(^^♪

あ、あとこの竹の皮で作った鴨のオブジェも買わずにはいわれなかった……道の駅の隅っこにて発見( ˘ω˘ )

白石菓子舗
和菓子
千葉県香取郡多古町多古219
0479-76-2954
~1,000円
9:00頃~19:00頃 火曜定休
駐車場あり(店舗前空きスペース)

みなもと流を謳うこだわりの蕎麦屋さん

そば工房 篠千葉県山武郡芝山町大里1586-7

芝山の何にもない田舎道が開けたところに忽然と姿を現す手打ちそばの暖簾(`・ω・´)

自家製粉石臼挽き手打ちそば工房とはまた、まるで山奥の道場で修業したかのような頑固なこだわりを感じます

実はこのお店、「みなもと流」を謳っているんですが、酒々井の「みなもと」の暖簾分けなんでしょうかねぇ?('ω')

確かに店内の雰囲気、全体的に無垢材の温もりを感じるような空気感は、みなもとのそれっぽい……しかも席に着くと出される「そばの実あられ」やメニューの「そばくらべ」など、確かにみなもとに酷似している……これはもう間違いないでしょう( *´艸`)

というわけでみなもとでも何度かいただいた「そばくらべ」を(*´ω`*)

もみじをあしらったこの盛り付けの風流な感じ、それに白ネギのなんともふわっとした感じ、見るからにみなもと流ですね( *´艸`)

そばつゆもかえしのしっかりした太めの印象で、すごくみなもとに近いです。うまーい(^◇^)

こちらの色が黒い方が二八です。ぬき実を丸ごと石臼で蕎麦粉にする挽きぐるみという製法で作られているため、三番粉まで含まれて黒くなります('ω')

二八だからうどん粉二割なんですが、蕎麦のすべてを使っているので三番粉特有の苦みや食感まで感じられて、蕎麦らしいと言えばこっちのような気がします

そして色が白い方が十割。いわゆる生粉打ちというやつです。こちらは色が白いので、おそらく使っていても二番粉までかな?('ω')

蕎麦の香りそのものはやっぱり十割の方が楽しめますね(^^♪

わさびもきちんと本わさび、甘さと香りが全然違います。こういうところも抜かりなくみなもと流

そして食後の蕎麦湯は、一緒に蕎麦粉が供されます。蕎麦湯だけでも十分うまいのでちゃんと蕎麦粉の打ち粉を使っているんでしょうが、そこをさらに香りを楽しませるために蕎麦粉を出す……まぁ、そこまでいくとお好みでっていう範疇なんですけどね( *´艸`)

いやぁしかしほんとにみなもとが2店舗あると言っても過言ではないくらい、素晴らしい蕎麦を供してくれます、そば工房篠!(*´▽`*)

こちら、篠のショップカードでございます。蕎麦の実色の鮮やかな黄色で蕎麦の香が感じられますね(^-^)

そしてこのショップカード、開くと蕎麦のうんちくが書かれております。是非またたぐりに行きたくなる店主のこだわりですね

そば工房 篠
日本蕎麦
千葉県山武郡芝山町大里1586-7
0479-78-1147
1,000円~2,000円
10:30~蕎麦がなくなり次第 不定休
京成芝山千代田駅から車で10分
駐車場あり

地元で評判の本格的な割烹料理( *´艸`)

山王千葉県八街市八街は48-49

何にもない片田舎なんですが、地元じゃちょっとした評判の割烹料理店「山王」( ˘ω˘ )

ちょい呑みの居酒屋風としてもいける、懐の深い静かで上品な空間です

この日の突き出しはかぶとほたての白和え。かぶの歯ごたえとほたての旨味が程よい甘酸っぱさと合わさって上品です(*´ω`*)

ちなみにお酒は八海山

こちらはもつ煮込み(^^♪

旅館の夕餉のように着火剤に鉄なべでぐつぐつ、上にダイナミックに乗ったしっかり木綿豆腐をさくっと崩して小皿に取り分けます( ˘ω˘ )

あっさりした白味噌のダシにもつの旨味、木綿豆腐のほっくり感が食感に厚みを加えて、意外と薬味のネギもしっかり効いた、飽きの来ない一品です

途中から七味を振るとまた香りが変わってよろしいですね( *´艸`)

続いて鳥塩焼き(^^♪

焼き鳥串でなく、鳥のもも肉をダイナミックに焼き上げた一品。一見ガテン系の定食屋を思わせるマヨネーズ付きですが、これがなかなか爽やかでいけます(*´ω`*)

レモンを搾って、七味を振って、皮はパリパリ肉は柔らかなジューシー鶏は、またまた酒が進んじゃいます( ˘ω˘ )

さて程よくお酒も回ってきたところで、〆も兼ねてここ山王の主力メニュー、松花堂弁当を注文

山王膳(月)」は、天ぷらに炊き合わせに握り寿司という、和食の粋を行く王道のセットです(^^♪

この松花堂弁当で何より語らずにはいられないのが、この煮物の炊き合わせ!素材一つ一つに丁寧な仕事がなされた、懐石ならではの日本の心を感じられる一品です。これを食べに来るだけでも十分に価値があると言えるでしょう( ˘ω˘ )

お酒をちびちびやりながら、さくさくの揚げたて天ぷら、ほくほくの炊き合わせといただいて、最後はおみよつけを啜りながらお寿司をつまむ……まさに和の心意気を手軽に堪能できる、貴重なお店です

お店のカードというより板長の名刺のようになってます、山王のショップカード(^-^)

山王
寿司割烹料理
千葉県八街市八街は48-49
043-443-0169
1,000円~2,000円
11:30~14:00 16:00~21:00 水曜定休
榎戸駅から2,616m
駐車場あり

浅草といえば雷おこし……のミニチュア!

あさくさ江戸屋東京都台東区浅草1-29-4

浅草といえば雷おこし!こちらは浅草江戸屋さんにリクエストして作っていただいた、江戸民芸のミニチュア雷おこしです!

江戸民芸ならではの究極の精巧さが素晴らしいですね!

リアルさの追求もさることながら、木は木、紙は紙と、本物の素材で作られているところなんかは、まさにミニチュア置き物の極み!思わずニマニマしてしまいます……

大きさはマッチ箱の1/4程度。

ほかにもいろんなミニチュア作品がありますが、楽天なんかでは売り切れと出ているものでも、問い合わせれば追加で作ってくれたりもするので、私のような趣味人にとってはうれしい限りです(^^)

こちらは江戸屋さんのショップカード。自然の木目のような質感の紙がまた良いですね

開くと楽天市場のお店の情報も。実は意外とこっちで買い物させてもらってる次第です( *´艸`)

あさくさ江戸屋
東京都台東区浅草1-29-4
03-3844-3715
1,000円~2,000円
10:30~19:00 年中無休
あさくさ江戸屋で買い物する
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は末吉です!

    今日は残業しすぎない日にしましょう。体力をきちんと回復しておくことが大切です。

    本日のラッキーほっこりは コーンポタージュ です!

    これまでのおみくじ結果