1. 玄関
  2. 巡礼展 最新10件
  3. 栃木県の神社

栃木県の神社

那須温泉神社、日光東照宮、今市二宮神社など、これまで訪れた栃木県の神社です。

かつて人生で初めて大吉を引いたのがここでした;つД`)

塩原八幡宮栃木県那須塩原市中塩原11

やってまいりました塩原の天然記念物、逆杉!今回はほとんど衝動的に寄ってしまいましたよ……何しろここは人生で初めておみくじで「大吉」を引いた記念すべき神社ですからねぇ;つД`)

しかしあれは実にうん十年前だったか……まぁかなり今更ではありますが、あのときのお礼参りも兼ねて参拝させていただくとしましょう(*´ω`*)

今回はこれまた雪かむりで実に神秘的に染まっております。温泉街でしかも雪のある神社だなんて、ほんとに絵になりますねぇ;つД`)

参道には雪がほとんどなく快適に歩けます。こういう朝一番の参拝ってのは空気はぴりりと冷たくて良いですね!森閑とした山の空気が実に清々しく体を潜り抜けていくようです( ˘ω˘ )

狛犬顔がややコワモテですなぁ。後ろ髪がパーマみたいで、ちょっとベルセルクとかに出てきそうなデザイン……(;´∀`)

ここでは本宮への参拝、ご神木逆杉の拝見、そしてご神水も湧いているようで見どころ盛りだくさんですね。そのすべてが偉大なる大自然に由来する、まさに山深き神域(*´Д`)

昭和ねずみ会の記念碑。しかしなんですかねずみ会とは!なんかほっこりするデザインですね……昔話「ねずみの相撲」的なにほひ(*´ω`*)

お、橋がありますね!さっそく美しい湧水を滔々と湛えたエリアというわけですね!でもロープが張ってあって渡れない……;つД`)なんでー

仕方ないので覗くだけ……おおーすっごいきれいな水!なにしろこの距離から池を泳ぐ鯉がこんなにもはっきりと見えるなんて!まるで和菓子に表現されるような風景じゃあないですか(^^♪

昨夜お世話になったお宿ゑびすやの脇にもこんな真透明な水がざばざばと流れていましたねぇ……これですよ、これぞ塩原、これぞ栃木です(*´▽`*)

それではそんな清らなる水を引いているであろう手水舎で手を清めさせていただきましょう!つ、冷たい!Σ(゚Д゚)ひょー

真新しい絵馬がたくさん。ここは木々の力が中心のパワースポットなので、木の絵馬のご利益も一入なのではないでしょうか( ˘ω˘ )

そしていよいよ、その奥に鎮座ましますのが、これぞ樹齢1500年、塩原随一のご神木「逆杉」その姿でございます!根、幹、枝ぶり、そのすべてから生命力が満ち溢れるようなどっしりとした出で立ちですね(^◇^)

しかも説明によるとこれは夫婦杉なんですね!そして「梢に近く高い幹に垂れた太い枝が多い」から逆杉と……んー、やっと逆杉の名前の由来が分かると思ったんですが、これってどういう状況のことなんでしょう……うーむ(;・∀・)

その奥にあった八幡神社の大栃は、残念ながら切り株になってしまっていました。これも太さからして相当の樹齢だったでしょうに……やっぱり雷様の仕業かなぁ;つД`)

本堂にお参りを。まずは人生初の大吉をありがとうございます!今日もできればおみくじを是非引いて帰りたいものですなぁ

扁額には正一位正八幡宮とあります。やはり格式の高いお宮ですね( ˘ω˘ )

本堂脇にももう一対の狛犬が。こっちのはまたなんとカッコいいデザイン!牙を剥き出して今にも咬み付かれそうな勢いですね(*´Д`)

源有綱のお社。源頼朝から逃れてこの近くの源三窟に隠れていた、義経の腹心ですね(´・ω・`)

こちらは改修時の全景図。いつの改修かは書かれておらずわかりませんが、今の拝殿神殿がおそらくこの時のものなのでしょう(*´ω`*)

若水源泉をいただきます

更なる神域へ続く鳥居の向こうには、ご神水である若水の湧く源泉が見えております。左手には池の中心に作られた離れ島へ続く橋もありますね(^^♪

同じ栃木県内ですが、塩谷の尚仁沢湧水を思い出すこの水の清らかさ……自分の足より下を流れる水の色とは到底思えません

今回は手持ちの給水タンクが2つありましたが、先のゑびすやにて弘法の湯と梶原の湯をそれぞれ汲んできており生憎空きがございませぬ……ということで腹に収まる分だけのご神水を頂戴していきたいと思いまする( ^ω^ )

手に掬えるだけ掬ってがぶりと。いやぁ~うめぇ~!まさに命の水!まったくこういう水がこうも絶え間なく湧き出てるんですからね~、山の神気ってのはすごいものですよ……同時に名湯と呼ばれる湯もまた湧くわけですから恐れ入ります(*´Д`)

1分18秒 音あり 15MB

この水の流れゆく先に、先ほどのクリスタルな池があるのです( *´艸`)まさに天界の池のよう

綺麗な水に魚は棲まぬなんて言いますが、生命に必要な要素だけはきっちり養分として入っているからこそ名水なんですよね(*´ω`*)

いや~綺麗じゃのぉ~絵になるのぉ~!まったく鯉ってのはこんな山の清水から町の公園の池みたいな水まで、ほんと幅広い環境で生きられる魚ですよね;つД`)ヒトもそうか

黒い真鯉も混ざってますね。真鯉ですら、この水ならばなんと美しく映ることか

そしてこの水を治めるように鎮座するのが、池の島に建てられた若水神社。正真正銘、水の神様であります!参詣仕ります( ˘ω˘ )

あ、ところでこちらのご朱印なんですが、現場にてスマホでいろいろ調べたら電話番号が出てきたので電話してみたんです。そしたら見事に誰もいないここの社務所の中の電話が鳴っていたので、おみくじと一緒に諦めざるを得ませんでした……(´;ω;`)

まぁ今回はご縁がなかったということで、またいずれ参詣に参ります(*´ω`*)

塩原八幡宮
栃木県那須塩原市中塩原11
0287-32-3912
JR那須塩原駅西口よりJRバスで65分「塩原温泉バスターミナル」下車徒歩20分・JR西那須野駅西口より乗継市営バスで45分「塩原支所」下車徒歩10分
駐車場あり
創建 大同2年(807年)
村社
誉田別命

現在再建中の足利総鎮守さま( ˘ω˘ )

八雲神社栃木県足利市緑町1-3776

足利総鎮守、八雲神社さまにやってまいりました(^^♪

八雲神社と名の付くお社は足利市内に三社?いや七~八社とも言われていますが、かの「渡良瀬橋」の歌詞に登場する八雲神社がどこなのかについては、とりあえず謎です( ;∀;)

ただここが足利総鎮守であるということは、おそらくそれらの八雲神社の本社にあたると見て良いと思います

本殿は火災により焼失し、現在伊勢神宮の建材を用いて再建中('ω')

再建に伴ってこれだけの会社や個人から寄付が集まるというのは、さすがに信仰を集めていますね(*´ω`*)

手水舎。しめ縄がかけられていて厳かな雰囲気。きれいな水が滾々と注がれています( ˘ω˘ )

石段下の道祖神。まだ新しそうですが、珍しい夫婦型ですね(^-^)

参道の守り神といったところでしょうか

再建中の本殿。宮大工の人たちが作業中だったりしますが、すでにこちらでお参りができます(*´ω`*)

白木の香りが漂う建築中の本殿で御鏡に向き合ってお参りなんて、そうそうできる経験じゃありませんね

最後にご朱印をいただきに、境内脇の高台にある神主さん宅へ。ご自宅ということなので、あらかじめ電話連絡をしておきました(^-^)

玄関でご朱印をお願いし、待っている間に見つけた絵馬

やっぱり渡良瀬橋の夕日のデザインもありました。願い事一つ叶うならあの頃に戻りたい~(*´○`)o¶♪ボエー

八雲神社と伊勢神宮のポスター。やっぱり建材を譲り受けるだけあって関連が深いんですかねぇ('ω')

八雲神社といえば出雲大社との関連がありそうな気もするし、ウィキペディアには全国の八雲神社の総本社は京都の八坂神社であるともありますが……ううむ複雑そうですな(;・∀・)

ご朱印には足利総鎮守、總社、そして東国第一勅願所の文字が入ります

八雲神社
栃木県足利市緑町1-3776
0284-21-8801
東武伊勢崎線足利市駅から徒歩24分 JR足利駅から徒歩27分
駐車場あり
創建 貞観11年(869年)か
村社
主祭神 素盞嗚男命

川治温泉明月苑の裏手にひっそりとたたずむ温泉神社。

川治温泉神社栃木県日光市川治温泉川治173

長生閣明月苑というちょっと大きめの旅館の陰に、ひっそりとたたずむ温泉神社。ちょっと見つけづらく通り越してしまいそうです(´・ω・`)

神社は浅間山という小さな山の山麓にあるため、浅間神社かと思いきや関係は特になさそうです('ω')

新春のため社殿にはお神酒と鏡餅がお供えされていて、冬のぴりっとした空気の中で森閑とした威厳を漂わせていました

案内板に由緒書きが書かれていましたが、川治温泉は享保3年に元湯が発見されたのだとか。

塩原や奥日光より比較的新しい温泉のようですが、「けがは川治」とうたわれる効能は確かなので、期待できそうですね(^^)

ちなみにご朱印ですが、神社の手前に社務所らしき建物があったので訪ねてみたところ、玄関が開いていて中は資材置き場のようにごちゃごちゃ……人の気配がなかったので諦めました(´・ω・`)

川治温泉神社
栃木県日光市川治温泉川治173
川治湯本駅から徒歩8分
創建 享保8年(1723年)
主祭神 大己貴命・小彦名命

紅葉も微妙で休日でもない本日、それでも東照宮は大混雑!

日光東照宮栃木県日光市山内2301

紅葉を期待して来た割には微妙ですが、参道からして人多いですね~(^^)

参拝料1人1700円をお支払いして、さっそく境内へ!

最初にお目見えする左甚五郎、江戸っ子風に言うとしだり甚五郎の有名作品は、三猿ですね。

人の一生を表すとされる彫刻作品全8面の第2面で、子供のころは世の中の悪いことに触れることなく育つが良いとする教えだそうですが、気になるのはむしろそんな彫刻が何故馬小屋の軒下に施されているのか……?答えは東照宮公式サイトにありました。猿は馬を守ると昔から言われているんだそうです。へぇ~(;´・ω・)

ひぐらしの門はこの日は修復中で、工事シートの中……残念(´・ω・`)

しかしその奥の唐門は逆に修復したての真新しい状態を拝むことができました!金箔もピカピカでかっちょいいですね!

個人的な感想としては、東照宮は何故か時代がついているより真新しい感じのほうが似合う気がします。やっぱり神になったとはいえ家康公は元は武士。どこか武神のような、荘厳でありながら眼光の鋭い顔も持っていてほしい気がしますよね(^^)

朱印所は廻廊の手前にありましたが、なにしろこの混雑です。時間かかりますがいいですかと言われたので、御朱印帳を預け番号札をもらい、書いていただいてる間に他を参拝します。

奥宮の門に住まう眠り猫。こちらもしだり甚五郎の作ですね。

どこかの団体さんにガイドさんが語っているのを小耳に挟んだのですが、門番である眠り猫が獅子とならなければならぬような乱世はもう訪れさせまいとする、家康公の大志が表れているという説もあるようです。

しかし何しろ小さい眠り猫のこと、「眠り猫ココ↑」のような札がないと見逃してしまいそうな一品ですね。それに眠り猫周辺は人の流れが激しく、この有名な彫刻を近くでゆっくり見たいと思っても難しいのですよね~……うーん(´・ω・`)

石段に次ぐ石段を登り、ついに到達した奥宮。読みは「おくみや」ですね。おくやみじゃないですよ。

廟所ですがここは神社……ですよね?ということで二礼二拍手一礼の作法でお参りしましたが……これでよかったんでしょうか(^^;)

拝殿の奥、神殿に位置する場所に巨大な鋳造の御宝塔があり、ここは当初は将軍でないとお参りが許されなかったそうです。

そして後の調べでわかったんですが、ここでも奥宮の御朱印がいただけたそうです。今回はご縁がなかったので、またいずれ。

奥宮には石段を登り切った人のために自販機が設置されているのですが、全部お~いお茶ですね。

伊藤園は家康公ゆかりの静岡ということで、置くことを唯一許されているのかもしれません。間違っても秀吉公ゆかりの京都伊右衛門は置けないわけですね(^^;)

石段を下りて預けていた御朱印帳をいただきました。四百年式年大祭?まさかそれでこんなに混雑しているんじゃ……

そして最後は鳴龍へ。

薬師堂の中には薬師如来と干支の守護神である十二神将が安置されていて、どう見ても完全にお寺。と思ったらそれもそのはず、ここは東照宮の敷地内にありながら実は輪王寺のお堂なのだそうな。

家康公は薬師如来の化身と言われていたそうで、つまり東照権現の本地仏としての薬師如来という位置づけなんだそうです。なるほどそれで東照宮の敷地内にあるのですか。複雑ですね~(´・ω・`)

鳴龍はいい音でしたが、さらに後の調べでここでも御朱印をいただけたことを知りました。しかしまあなにしろ混雑していて案内を探すことすらできず仕舞い……まあ、これも今回はご縁がなかったということで( ;∀;)

東照宮参拝も終焉に。閉門した表門を振り返ると、入門時にはあまり目に止まらなかった仁王が。

左が吽形像

右が阿形像。ここの仁王はさすがにかっこいい形をしておられます。

そして逆光の五重塔。五重塔ってあんまり間近で見る機会がないですが、見事ですよね(*'ω'*)

駐車場へと下る階段から、見納めの紅葉が。今年も良い秋でした!夕焼け小焼け~♪

日光東照宮
栃木県日光市山内2301
0288-54-0560
拝観料 1,300円(大人・高校生) 450円(小・中学生)
拝観時間 8:00~17:00(4/1~10/31)・8:00~16:00(11/1~3/31)
JR・東武日光駅より徒歩35分
駐車場あり(普通車600円・200台)
創建 元和3年(1617年)
別格官幣社
徳川家康公

温泉ゆかりの神社といえば那須湯本の温泉神社

那須温泉神社栃木県那須郡那須町大字湯本182

那須湯本温泉に鎮座する那須温泉神社日本で温泉の神社といったらまずここが挙げられるかもしれません

かの那須与一が扇を射貫くエピソードで「那須温泉大明神」と仰いだ、その神社ですね(*´ω`*)

このでっかい鳥居の前に駐車場があって、車を降りるとさっそく硫黄の香りが……まさに湯の街那須湯本に来たなぁ~って感じがします

鳥居を潜ってお社まで、上へ上へと続く参道をひたすら登っていきます(`・ω・´)

参道からは殺生石が見下ろせます( ˘ω˘ )

数々の伝説や信仰が折り重なったこの地のオーラそのものがひしひしと伝わってくる、まさに絶大なパワースポットですね

そして見返ると那須湯本の温泉街が見えます(*´ω`*)

那須温泉の湯の効能は、古くは江戸の温泉番付で関脇を張っていたという歴史もあり、古来から湯人たちのお墨付きなわけですね

そんな湯の効能をさらに高めるべく、しっかりお参りです( ˘ω˘ )

病気平癒身体健全のほかにも、商売繁盛縁結びのご利益もあるそうで……なにとぞよしなにお願いします!( ゚Д゚)くわっ

本日は例大祭につき、半紙でのご朱印授与です( ˘ω˘ )

例大祭の日付の入ったご朱印ってのがまた貴重な一枚ですなぁ

ちなみに温泉神社の読みは「ゆぜんじんじゃ」ですよ~('ω')

那須温泉神社
栃木県那須郡那須町大字湯本182
0287-76-2306
祈祷受付 10:00~16:00(平日は要予約)
JR黒磯駅より東野交通バス「那須湯本行き」約35分 那須湯本バス停より徒歩約1分
駐車場あり
創建 舒明天皇二年(630年)
式内社
主祭神 大己貴命・少彦名命・誉田別命

日光男体山を祀るお社

二荒山神社中宮祠栃木県日光市中宮祠2484

二荒山神社中宮祠にやってまいりました!栃木では指折りの大きい神社ですね

ここでは5種類のご朱印がいただけるのですが、まずは中宮祠のご朱印がこちら。男体山登拝口、幸の湖々畔の押印がなんとも良いですね

境内には素晴らしく見事な紅葉が!扇形に重なる紅と黄金のマリアージュ!思わず目が釘付けになる見事な自然美ですねぇ

そして男体山の湧き水で銭洗い!これで金運はばっちしです!ちなみに湧き水はペットボトルでも売られていました。男体山のおいしい水ですね!

こちらがその霊峰男体山登山口にして二荒山神社奥宮へと続く参道入り口。この時期は閉鎖されていましたが、いつか登ってみたいです。そしてU字工事のネタにあるように、男体山から見下ろすスナックのネオンにワクワクしたい

健康と金運で明るい未来!こちらが男体山のご朱印(*'ω'*)

そして日光二荒山神社奥宮のご朱印がこちら

こちらは中宮祠の摂社で、中宮祠稲荷神社です。ちょっとミニサイズのかわいいお稲荷さんですね('ω')

そんな中宮祠稲荷神社のご朱印もちゃんといただけるんです(^^♪

そしてあと1枚は、湯ノ湖にある温泉神社のご朱印なのですが、これは温泉神社に社務所がないため、ご朱印を中宮祠で扱っているというだけなのでここでは割愛します。

このシーズンは最高の紅葉が朱塗りの社殿に映えて、本当に素晴らしい御姿を見せてくれていました(^^♪

二荒山神社中宮祠
栃木県日光市中宮祠2484
0288-55-0017
拝観時間 8:00~17:00(4月~10月)・9:00~16:00(11月~3月)
JR・東武日光駅より東武バス湯元温泉行き「二荒山神社前」下車 徒歩約1分
駐車場あり
創建 延暦3年(784年)
式内社(名神大)論社・下野国一宮・旧国幣中社・別表神社
主祭神 二荒山大神(大己貴命・田心姫命・味耜高彦根命の総称)

奥日光最果てに祀られる温泉のお社

温泉神社栃木県日光市湯元2559

湯ノ湖の奥にひっそりと祀られた、湯元鎮守温泉神社

西暦800年代の奈良時代に勝道上人という仏僧によって発見されたという歴史を持つここ湯元温泉を、その時からずっと見守っているという由緒あるお社です(*'ω'*)

ここのご朱印は、中禅寺湖畔の二荒山神社中宮祠にていただけます。中宮祠の宝物殿には、以前この温泉神社に建てられていた銅祠が保存されています(^^♪

温泉神社
栃木県日光市湯元2559
東武バス「湯滝入口」から徒歩5分
創建 延暦5年(786年)
主祭神 大己貴命・少彦名命

美しい境内と社殿、七夕祭り中の織姫神社(*´ω`*)

織姫神社栃木県足利市西宮町3889

足利の街を見下ろす小高い織姫山の上に鎮座する「織姫神社」( ˘ω˘ )

真夏の炎天下ですが、高いところに登れば少しは涼し……くないですね( ;∀;)

7月7日から8月7日までの一か月間がここ織姫神社での七夕短冊まつりなので、境内は笹の葉さらさら~( *´艸`)

社務所前の木陰のベンチで一呼吸、よく剪定された小さなつげの植木にホースのシャワーから水がシャアア( ˘ω˘ )涼しい~

そんな織姫神社のご朱印がこちら(^-^)

神社の歴史はなんと1200年織物産業が盛んなこの足利の地に古より祀られる機織りの縁結び神です

手前の幟はあしかがひめたまという萌えおこしらしいですよヾ(≧▽≦)ノ

織姫神社
栃木県足利市西宮町3889
0284-22-0313
社務所受付時間 10:00~16:00 年中無休
東武伊勢崎線足利市駅 JR両毛線足利駅 各駅より徒歩30分
駐車場あり
創建 宝永2年(1705年)
無格社
主祭神 天御鉾命・八千々姫命
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    今日はお風呂に一工夫。お気に入りの入浴剤を浮かべてゆっくりと浸かってみましょう!

    本日のラッキーほっこりは ブラックサンダー です!

    これまでのおみくじ結果