1. 玄関
  2. 巡礼展 最新10件
  3. 栃木県の仏閣

栃木県の仏閣

日光山輪王寺、奥日光温泉寺、中禅寺湖立木観音など、これまで訪れた栃木県の仏閣です。

温泉寺は冬季閉鎖になると聞いていましたが、果たして……( ˘ω˘ )

日光山温泉寺栃木県日光市湯元2559

湯ノ平湿原から雪の木道をさくさく渡り、日光山温泉寺の境内にやってまいりました。このずらりと並んだ名物石灯篭たちもすっかり雪かむりで、ほっこりな風景になっておりますね~( *´艸`)

湯元温泉の所縁は今から遡ること1231年前……まだおそらく誰も住んでいなかったであろうこの奥日光の地に足を踏み入れたという一人の高僧が、この場所で温泉を発見したのが始まりとされているようです

何しろ硫黄成分をたっぷり含んだ湯の花わさわさのにごり湯ですから、その名もズバリ「薬師湯」!そしてここ温泉寺のご本尊はもちろん薬師如来ということに相成ったわけでございます( ˘ω˘ )

そんなここ温泉寺、普段ならなんとお寺で温泉に入れるというほっこりおもてなしスポットなのですが、噂によれば冬季は閉鎖しているとのこと……果たしてその実、どうなんでしょう?(;´∀`)

うん、どうやら間違いないようですね!玄関前も人が歩いたような形跡がなく、それはそれは綺麗でまっさらな雪がふわりと積もっております!うーん残念!この雪のシーズンの日付入り御朱印をぜひ温泉寺でいただきたかったんですがねぇ……

閉鎖中ということで、普段は解放されている釣り鐘も固定されていて突くことができません。でも軽くなら何とか……挨拶代わりにご~ん。うーん良い音色!仏壇のりんの音も好きですが、やっぱりお寺の釣り鐘の音ってのは心に響くものがありますよね(*´▽`*)

しっかしこの釣り鐘堂の屋根の雪!その質感はマシュマロみたいにふっかふかのようでいて、そしてお餅のようにもったりと厚みのある感じ!良いなぁ~こういうのが実に良い!ほっこりする雪ってのはまさにこういうのですよね~

釣り鐘を突いたので次は本堂にて薬師如来を参拝。本来ならその後に薬師湯に浸かるというのが、ここ温泉寺の入浴作法であります。これで効能も一入!湯元温泉の陽の気を存分に体に取り込むことができるのであります( *´艸`)

台風で旧本堂が倒壊したときにも、ご本尊は無傷だったんですねぇ……やはり霊験灼然。ここの温泉には不思議な力が宿っているようです(*´ω`*)

おにぎりみたいな形の石碑がありましたが、なにしろ雪がもっさもっさに積もっていて近づけない……何の石碑だったんでしょうかのぅ?;つД`)

というわけでまぁ、温泉神社もそうでしたが、やはり温泉寺も雪に埋もれて諸々ままならぬ状況でありました……とはいえもちろん、温泉寺の雪景色ってのも一度見たかったので、やはり来た甲斐がありました(*´▽`*)

日光山温泉寺
栃木県日光市湯元2559
0288-55-0013
入浴休憩1時間 500円(大人)・300円(4歳~小学生)
入浴休憩時間 8:00~17:00(4月中旬~11月下旬)
日光駅からバスで80分
駐車場あり
創建 延暦7年(788年)
天台宗
別院
本尊 薬師瑠璃光如来
(伝)勝道(開基)

さながら白竜の頭!もしゃ髭のように見える氷柱が愛嬌あり( *´艸`)

竜頭の滝栃木県日光市中宮祠

さぁ~て東武日光駅から遥々バスに揺られ、東照宮、いろは坂、中禅寺湖を越えてくること1時間の長旅を経て、ついに竜頭の滝観瀑台のある「龍頭之茶屋」に到着です!(;・∀・)ちかれたび~

さすがにここまで登ってくるともう雪の厚さが段違いになってきています!雪の絶景、そして雪見風呂……やはり奥日光は期待どおりだったようですな(*´▽`*)

そんな絶景計画第一弾!このお店の向こう側が、かの竜頭の滝でございます!いよいよ雪の竜頭を初お目見えするときが来たんですね~!(*´Д`)

ふおおぉ~!これはすげえぇぇ~!いや、いくら奥日光でもまさか滝が凍るほどのことはないだろうと予想してましたが、でもこりゃ半分凍ってますよ(*´▽`*)

斜めに滑り落ちる独特のこの景観ですが、その節々で雪がトンネルを作っていて、そこから氷柱が下がっているような個所も所々に見えます……そしてその間を縫うように、豪快な水量でもって流れてくる滝!こ~れは想像以上に超絶景ですぞ~ヾ(≧▽≦)ノ

竜頭の滝という名称からもわかるように、ここはちょうど竜の頭に見える部分なわけですが、こう雪がもっさりに氷柱がしゃわしゃわ下がっていると、さながらヨークシャーテリアのような髭もしゃの白竜ですな( *´艸`)うぷぷ

しかし相変わらずこの滝壺の透明度!やっぱ奥日光、延いては栃木県でございますね~!流水の美しさで言ったら間違いなく関東随一( ˘ω˘ )

25秒 音あり 4.97MB

音からも水量の多さが聞いて取れますね~!一段とぴりっとする空気の中で、寒さも忘れてしみじみと眺めてしまう滝の絶景!まぁそりゃーこういうところを観に来るわけですから、背中にも足にもカイロをごっそり背負ってますともよ~!寒さ対策は十重二十重でございます

龍頭之茶屋のガラスケースの中には木製ミニチュアのほっこりおうちがたくさん!障子紙が1枚1枚貼ってあって、内装の囲炉裏と畳の間までちゃんと作ってあるこの感じ……わたくしこういうものに目がございません……今宵お世話になる白根荘もこういう色の趣味があるお宿なんですよね~!たたまらん;つД`)

さて、この渓流のような滝の、いわゆる竜の胴体部分に沿うように遊歩道があるので、もちろんそこも登ってみましょう~!雪の滝を横から眺める絶景を求めて(*´ω`*)

そういえばその遊歩道の入り口のところにお堂があるんですよね。納められているのは竜頭の滝の観音様、「龍頭観音( ˘ω˘ )

由緒ある三十六観音の一だそうですが、ここはお寺じゃあないのでご朱印はいただけませんのぉ……無念;つД`)

いやぁ~真っ白白だよ~!これぞ雪だよ~!これを求めてやってきたんだよ~!足元がざっしゅざっしゅと、本当に良い音です(^-^)

踏み固められていない路肩の雪はもっふもふ!ダイブしたいーッ!某動画みたいに焚火でこの雪を溶かして甘酒作りたい(^◇^)

はい、ここが絶景ポイントその2でございます!白銀を行く竜の胴体ですね~!水が通らないところだけ雪が残って、動と静が入り混じった白竜の背中という風情(*´ω`*)

やはりここでも流れの上に氷が張っている個所があって、氷柱の下を清らな激流が通っていく様がそこかしこに見られます!雪に負けずに水量がちゃんとあって、それでいて雪を適度に残すこのバランス……自然って良く出来てますよね( *´艸`)

しかし水キレイですよね~!所々に小さな滝壺のような深みがあって、水の透明度が確認できます!湯ノ湖に落ちる滝はないので、つまり湯ノ湖ではこれだけの水なり温泉なりがずっと湧き続けているということですよね~( ˘ω˘ )すごい

46秒 音あり 8.46MB

動画でざばぁー!があるとまた迫力が違います

絶景ポイントなので「竜頭ノ滝」の立て札が。そういえば竜頭の滝って、漢字は「竜頭」?「龍頭」?「の」は平仮名?カタカナ?んー、まぁいろいろあるみたいですが細かいことは良いかー(;´∀`)

さらに上にも少し開けたところがあります。ここはちょっとしたトロ場になっていて、深みもあるので水の色も青緑に映りますね!( ^ω^ )

こういう色は本当に澄んだ水でないと出ないもの……しかしこの流れの最上流である湯ノ湖にはかなりの量の温泉が流れ込んでいて、それこそ広大な湖が一部温泉の色に染まるほどなんですが、それでも湯滝や戦場ヶ原を経てくる過程でこれだけの透明度になってしまうものなんですね~!やっぱり奥日光全体が湧き水の宝庫ってところでしょうか(*´ω`*)

さあ、そして最後の絶景ポイントは滝の上流に架かる橋からの絶景!いや~ここからの眺めは何度見てもこう、湯滝スライダー的なことがしたくなるんですよね~ヾ(≧▽≦)ノ

向こうに見える中禅寺湖に向かってずざざざーっと一直線に滑って行けそうな錯覚に陥る……いや危ない危ない!そんなこと考えてゴムボートでも浮かべようものなら、普通に龍頭之茶屋の観瀑台に突っ込んで沈むだけなんですがね~⊂⌒~⊃。Д。)⊃

10秒 音あり 1.88MB

本当はこの橋の反対側にもなかなか見応えのある、名付けて「竜の深み」とも言うべき隠れた絶景があるんですが、今日はもうバスの時間が迫っているのでバス停に向かいますよ~ε≡≡ヘ( ´Д`)ノいそげー

滝上停留所に到着~!実は竜頭の滝へのバスでのアクセスはここで降りるっていう案内が多いので、本当はこの滝は上から下へ観ていく順路なのかもしれませんが、2014年の紅葉のときも確か下から順に観ていきましたっけねぇ~!ま、いっか~(;´∀`)

さていよいよ次はいよいよ今宵の宿がある湯元温泉に向かって歩を進めますぞ~( *´艸`)

竜頭の滝
栃木県日光市中宮祠
0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
観瀑無料
24時間
JR・東武日光駅より東武バス「湯元温泉行き」で約60分 「滝上」下車 徒歩3分
駐車場あり(無料)

たまたま通りすがって見つけたので急遽寄り道( ゚Д゚)

長岡百穴古墳栃木県宇都宮市長岡町373

次の目的地に向かって宇都宮市内をドライブ……すると道すがら、ふと目に飛び込んできた奇妙な風景が!!Σ(゚Д゚)

こここれかぁ~宇都宮の長岡百穴!!以前SNSでリクエストもらってきゃらふとでキャラ化に挑戦した、宇都宮市内の名勝ですな(^◇^)

いや~しかしたまたまとはいえまさかその真横を通過しようとは!しかも名前しか知らなかったのに、目で見てピンと来てしまうとは、これはまさに奇跡的!予定になかったけど急遽見学しかないっしょ(*´▽`*)

豊郷まほろばの道……「まほろば」とは「住みやすい場所」という意味の日本の古語だそうで、なるほどこの名前が付いてるってことはやっぱり宇都宮ってところは昔っから住みやすかったんですね~( *´艸`)

栃木県の指定史跡!長岡百穴……古墳!え、古墳!?7世紀前半!?え、え、それって飛鳥時代あたりなんじゃ……(;・∀・)

ぎゃっぎゃーん!すっかりもののけ姫みたいにちょっと野性味溢れる原始人チックなイメージで作っちゃった長岡百穴たん!完全にやっちまった典型例ですなこれは~!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃

リク主の評価は良かったけど、これ全然意味が違うんや~ん!あっはっはー(*´▽`*)

確かに石をきちんと四角く切り出したりしていて、それなりに加工技術があった痕跡ですなこれは……まったくもって原始人の住居なんかじゃないですわ~;つД`)

中には祭壇も。仏像は先ほどの説明によると後世のものらしいですが、にしてもこれだけきちんと空間を整備するとなると、こりゃあそうとう高貴なお方が眠りにつかれるための場所ってことですなぁ( ˘ω˘ )

何やら室内は青っぽい色をしている穴があったり、おそらくこれ全部加工なんでしょうねぇ。ちなみにサイズはどれも人一人が横になれるくらいのカプセルホテルサイズ。そりゃそうか(*´Д`)墓だもんな

丘の上には各穴に安置された仏像の本堂的な役割として、百穴観音堂という小さなお堂がありますね。ここでは毎年4月18日に例祭が開かれるのだそう

長岡百穴古墳
栃木県宇都宮市長岡町373
028-632-2764(宇都宮市教育委員会文化課)
無料
24時間
宇都宮駅から関東バス「美術館行き」などで20分「豊郷台入口」下車徒歩10分
駐車場あり

薬師の湯から川沿いの小道を入ったところにある小さな祠。

骨継地蔵栃木県日光市川治温泉川治

男鹿川と浅間山の岩肌沿いに続く細い遊歩道。その中腹あたりに骨継地蔵の祠が鎮座します。

けがは川治の効能をより高めるため、お地蔵さまに願掛けします。

骨継ぎなので骨に関する怪我には最高の御利益がありそうですね

しかしこの祠がある場所はこんなところ。足を踏み外したら逆に骨に来そうです(´・ω・`)

祠の横には急な石段があり、そこにもお社が。こちらに関しては情報がまったくないため、何のお社なのか……鍵付きの門がしっかりあったので、元湯の宿らんりょうの私有かもしれません

ご朱印は、もらえそうなところがないですな(´・ω・`)

骨継地蔵
栃木県日光市川治温泉川治
川治湯本駅から徒歩12分
駐車場なし
本尊 地蔵菩薩

輪王寺の広大な敷地にはお堂がたくさん。仏像もたくさん。

日光山輪王寺栃木県日光市山内2300

輪王寺は表参道の石段から入山。途中に小さな滝などもあって趣深いです。

これしきの距離で息がゼーゼー言いつつ、紅葉に出迎えられました。

ん?あの紅葉の向こうに見える怪しい建物はなんぞ?

へ、平成の大修理!?なんか完成予想図が描いてあってこれは逆にかっこいいかも……普段見ることのできない光景なんじゃないかと。

こちらは輪王寺本堂にあたる三仏堂。こちらの御朱印は手前の参拝券発売所でいただきました。

金堂って書かれてますね。お堂の完成図にも金堂という緑の額があるようですが、中に安置されている三体仏(阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音)が金色だからかな……?

その三仏堂の奥には護摩堂があり、五大明王七福神十二天がお祀りされています。中でも毘沙門天は七福神にも十二天にも名があり、一人二役のようでちょっと不思議な感じがしました。

護摩堂でいただいた御朱印は……読めん(^^;)

後で調べたところによれば、五大尊と書かれているようです。五大明王のことのようですね。

輪王寺は他にもお堂が多数あり、いただける御朱印もまだあるようですが、本日は予定も押しているので参拝はここまでに。

日光山輪王寺
栃木県日光市山内2300
0288-54-0531
大人900円 小中学生400円
拝観時間 8:00~17:00(4月~10月)・8:00~16:00(11月~3月) 休業日なし
JR・東武日光駅から東武バス「世界遺産めぐり」で 三仏堂・護摩堂・宝物殿・逍遥園へは「勝道上人像前」 大猷院・常行堂へは「大猷院 二荒山神社前」下車
駐車場なし
創建 天平神護2年(766年)
天台宗
門跡寺
本尊 阿弥陀如来・千手観音・馬頭観音
(伝)勝道(開基)

薬師如来のご利益を温泉で。

日光山温泉寺栃木県日光市湯元2559

温泉寺を訪れるのは2回目ですが、今回こそはこの薬師の湯に浸かろうと決めてきました。

休憩含め一人1時間500円也。

「空から日本を見てみよう」のDVDでこの温泉寺の入り方を紹介していましたが、まず梵鐘を突き、本堂の薬師瑠璃光如来に願掛けし、そして温泉に浸かると効能がさらに強くなるんだとか。

それにしても同DVDで紹介されたここの湯殿は、まさに古めかしい時代のついた湯殿で、今回はそれがとても楽しみなわけです!

狭い湯殿を想像していたので、受付時におばちゃんに混み具合を確認すると、それなりにいるが大丈夫とのこと。しかし湯殿は改装されたばかりできれいになったという情報も。ガーンΣ(゚Д゚)

なるほど確かにきれいです。

まあ、床が抜けそうだったなんて聞けば、改装も仕方なしですね……

お湯はかなり熱めで、そんなに長くは入っていられませんでした。洗い場には石鹸も置いてあって、ちゃんときれいにしてから入れるので安心です。

ちなみに御朱印ですが、やはり今回も半紙になってしまうそうなので、見送らせてもらいました……

日光山温泉寺
栃木県日光市湯元2559
0288-55-0013
入浴休憩1時間 500円(大人)・300円(4歳~小学生)
入浴休憩時間 8:00~17:00(4月中旬~11月下旬)
日光駅からバスで80分
駐車場あり
創建 延暦7年(788年)
天台宗
別院
本尊 薬師瑠璃光如来
(伝)勝道(開基)

一度は詣でたかった温泉のお寺

日光山温泉寺栃木県日光市湯元2559

空から日本を見てみよう」の日光編で紹介されて以来、一度はお参りに来てみたいとずっと思っていた温泉に入れるお寺「日光山温泉寺」についにやってまいりました

梵鐘をついて本堂にお参りして、それから入浴すると効能がさらに上がると説明してましたが、残念ながら今回は入浴時間帯ではなかったので入れませんでした(´・ω・`)

ご朱印は書く人が不在だったため半紙のものをいただきました。文字はもちろんご本尊の薬師瑠璃光如来ですね

日光山温泉寺
栃木県日光市湯元2559
0288-55-0013
入浴休憩1時間 500円(大人)・300円(4歳~小学生)
入浴休憩時間 8:00~17:00(4月中旬~11月下旬)
日光駅からバスで80分
駐車場あり
創建 延暦7年(788年)
天台宗
別院
本尊 薬師瑠璃光如来
(伝)勝道(開基)

根を下ろしたままの樹がそのまま観音様に!

日光山輪王寺別院中禅寺栃木県日光市中宮祠2578

坂東三十三ヶ寺札所十八番、中禅寺湖のほとりに建つ「日光山中禅寺」にやってまいりました!

こちらのお堂の中にご本尊の立木観音がいらっしゃいますが、外からは見ることができません。ふと見ると参拝客を集めて何やら住職が解説している模様。これにくっついて、中までご案内ツアーさせていただきました。あ、別にキセルとかじゃないですよ(;^ω^)

さすがに中での撮影は禁止だったので画像はありませんが、けっこう巨大な観音像でした。これがまだ樹として根を張って生きているというから霊験あらたかですよ。

そんな立木観音のご朱印です。文字は「立木大観音」ですね。素敵です

そして中禅寺にはもう一つ「下野七福神」の大黒天がおわします。この下野七福神めぐりは真岡~奥日光と、まあ距離がすごいみたいです。とても歩いて回れやしません(;^ω^)

その大黒天のご朱印がこちら。波之利大黒天、読み方は「はしりだいこくてん」ですね('ω')

日光山輪王寺別院中禅寺
栃木県日光市中宮祠2578
0288-55-0013
拝観料 500円(大人)・200円(小中学生)
拝観時間 8:00~17:00(4月~10月)・8:00~16:00(11月・3月)・8:30~15:30(12月~2月)
日光駅からバスで40分 中禅寺温泉下車から徒歩で25分
駐車場あり(無料)
創建 延暦3年(784年)
天台宗
別院
本尊 十一面千手観世音菩薩(立木観音)
(伝)勝道(開基)

真岡市高田に鎮座する高田派本寺(^-^)

高田山専修寺栃木県真岡市高田1482

二十四輩の二番、三重県の高田派本山専修寺とともに親鸞の遺骨を守る真岡の「専修寺」にやってまいりました(^-^)

広~い敷地に、時間も早いからか人気はなく、本堂からはご住職のお勤めの声が聴こえてきます(*´ω`*)

桜の季節とはいえまだ肌寒さが残る朝の空気の中、この広く静かな境内に身を置くというのはなんとも厳かな気持ちになるものです( ˘ω˘ )

現在は三重県の専修寺高田派本山とされていますが、元は稲田草庵から移ってきた親鸞がこの高田の地に建立したこの寺こそが高田派の起源なのだそうです

そんな歴史もあって、お寺自体は国史跡、さらに各お堂も重文指定ですよ('ω')

高田山専修寺
栃木県真岡市高田1482
0285-75-0103
JR水戸線下館駅よりタクシーで20分 真岡鐡道久下田駅または真岡駅よりタクシーで10分
駐車場あり
創建 嘉禄元年(1225年)
真宗高田派
二十四輩二番
本尊 阿弥陀如来
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は大吉です!

    今日はほんにゃらごっこな一日になりそうです!ほんにゃら、ほんにゃら、かーりあっげっクン!

    本日のラッキーほっこりは ヨーグルメット です!

    これまでのおみくじ結果