1. 玄関
  2. 2016年 6月 平成二十八年 水無月
QR
スマホで

2016年 6月 平成二十八年 水無月

2016年 平成二十八年 6月は長雨とアジサイですね。寺町が風情を増す季節(^^♪i>

和風きのこスパを、松茸のお吸い物とシーチキンでアレンジ

レトルトきのこパスタもそろそろマンネリ化してきているので、ちょっとアレンジしてみようかなーなんて。永谷園の松茸のお吸い物をパスタに絡めるCMを思い出したのでそれと、あとシーチキンを合わせてみました。ちと塩気が多いかなー……( ;∀;)

いや、でも七味をぱらりと振りかけて香りを出していくと意外とイケる!やっぱりきのこ同士の相性は良いに決まってるし、シーチキンのさっぱりした旨味も和風にしっくりハマります

エクストラバージンの代わりにごま油を使うのもいつものポイント。丼に盛り付けてもなかなか乙なものです(*´ω`*)

ファイト一発みたいな肉体派と相対して、愛情一本は家庭的なイメージ(*´ω`*)

どこかのファイトォ~イッパァ~ツに相対するかのように、ほっこり家庭的な愛情一本!そう、頑張るお父さんは確かに決して崖なんか登ったりせんのですよ;つД`)

歴史的にはリポDの方が2年ほど先輩ですが、こちらもつまりかなり旧い!1964年、つまり東京オリンピックの年に発売なんですね~

リポD基準になってしまうのはいつも申し訳ないのですが、リポDよりちょっとだけ格安になる傾向にありますね。そしてお味もリポDよりちょっとあっさり愛情一本。しかしこれがやっぱり飲み飽きない!とはいえかつてはもちろん医薬品!医薬部外品となった今もそうですが、1日の用法容量があるわけで、いくら飲み飽きなくても堪えなくてはならないんですね~;つД`)くぅぅ

チオビタドリンク CM 「物干し竿」篇

チオ、ビタ!やっぱりチオビタと言えば菅野美穂と平山広行のこのCMシリーズですね~( *´艸`)ほっこりすぎる

チオビタドリンク
大鵬薬品
146円
1964年(昭和39年)発売
「チオビタドリンク」を買いに行く

リポD系ドリンク剤をコレクションしてみたいと思います( *´艸`)

これこそ最も集め甲斐があるであろうドリンクコレクションになるのではないでしょうか!リポD、チオビタを筆頭とするいわゆる茶瓶ドリンク剤たちをゴリゴリと集めていきたいと思いますよ( *´艸`)

なんたって各ドラッグストアや薬剤メーカー、果てはスーパーやコンビニに至るまで、今やそのプライベートブランドの数を合わせたらその数は計り知れず……果たしてどこまで行けるでしょうか、楽しみであります(*´Д`)

というわけでその筆頭たるリポDからスタート!もうこれは言うまでもありません!肉体派2人が謎の崖を登り、足場が崩れてファイト~イッパ~ツ!それまではリポDの顔と言えば王貞治氏だったそうですね

効いてる感と味の良さのバランスで言ったら、やはりこれを超えるものはないでしょう!コレクション1発目を飾るにふさわしい、栄養ドリンクのホームラン王ってところでしょうか(^^♪

リポビタンD
大正製薬
153円
1962年(昭和37年)発売
「リポビタンD」を買いに行く

単純にプリンキャラがほっこりすぎたので(;´∀`)

ええ、もう見てもらえばおわかりのとおり、これを手に取らずにいられなかった理由は1つですとも!このプリンキャラがあまりにもほっこりだったという、ただそれだけのことだけです!3個パックの格安系に属するだけあって、きっと中身はごくごく普通のプリンなんでしょうとも(;´∀`)わかります

しかしKondoってメーカーは初見ですね……近藤乳業は、湘南で80年の歴史を持つ乳製品メーカーらしいです。湘南のイメージとあまり合わないようなこの適度に昭和感も漂うプヨっとしたプリンキャラはどうやって誕生したんでしょうねぇ?社長の趣味かな?( *´艸`)

ええ、言わずもがなのこの属性!カラメルなんかもややあっさりめで、パンチがない分だけ飽きがこない、癖になるおいしさ!そういういかにも地に足が付いたところに照準を合わせてくるあたり、創業80年の貫禄が見え隠れしますね

スーパーをぶらついていてデザートコーナーに差し掛かり、あ、プリンでも食べようかな~のノリでついついカゴに入れちゃう安定感と安心感!そういう深層心理に見事に働きかけてリピートを獲得していくこのバランス調整は見事ですよね~(*´Д`)

プリン
近藤乳業
100円
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は大吉です!

    今日はほんにゃらごっこな一日になりそうです!ほんにゃら、ほんにゃら、かーりあっげっクン!

    本日のラッキーほっこりは いつでもどこでも美味しい防災食(豚汁) です!

    これまでのおみくじ結果