1. 玄関
  2. 2018年 1月 平成三十年 睦月
QR
スマホで

2018年 1月 平成三十年 睦月

2018年 平成三十年 1月です。箱根駅伝観ましたか?今年も雪が降るといいな~

胃腸炎の回復期なのでこんな組み合わせで(*´Д`)

烈海王にでも「少林寺に伝わる回復料理だ!」なんて言われればちょっとそれっぽくもある、薬膳粥メインのこんな組み合わせを考えてみました。胃腸炎はもうこりごりじゃ;つД`)

あ、茶碗蒸しは良いけど上に乗ったたけのことかぎんなんはちょっとアウトだったかな……まあ回復期なんでそろりそろりと通常食に戻す一歩手前ってことで

以前食べたキューピーのレトルト粥「サムゲタン味」がまぁーほんとにラーメンかっつーくらい実においしかったので、それっぽいのを期待してこんなのを買ってみました(;・∀・)

いやぁしかし全然違いましたよ……こっちはむしろほんとにTHE薬膳粥っていうお味でした。そりゃそうですよね、高麗人参にクコの実ってもちろんこれサムゲタンっぽいですが、本来のサムゲタンは薬膳な味ですもの!あのキューピーのがやけにうますぎなんですって絶対( ;∀;)

そしていわゆる茶碗蒸し。これは胃腸炎の時にやさしい食べ物ってことで医療サイトに載っていたのを見て食べたくなっちゃったんですが、そりゃなんにも入ってない茶碗蒸しなんて売ってるわけもないっしょ;つД`)

仕方がないので一番うまそうだったやつを。ううむでもたけのこは繊維が多いから逆にNG食材に書いてあったもんなぁ(;´∀`)とほほ

そしてこれ!病中こそこれが効く!飲む点滴、甘酒でございます

しかしこりゃまた甘さ控えめで、酸味もゆるくて実にやさしい、お米の味がきちんとする甘酒でした。酒粕が入ってないのか、酒らしさは皆無。自然派で良い感じです~( *´艸`)

これらはすべて鍋に水を沸騰させてぐつぐつしてアツアツに。そこに小鉢の納豆をからし抜きで付ければもう完璧でしょう!腸内環境を整えるヤクルトも忘れずにね!(*´ω`*)

えんどうとひよこ豆の野菜粥
ダイショー
188円
「えんどうとひよこ豆の野菜粥」を買いに行く

セブンで見つけた変わり種の麺

セブンの「煮込み野菜がおいしい武州煮ぼうとう」とな!?( ゚Д゚)

武州は武蔵の国、つまり埼玉東京を指すわけですが、ほうとうといえば普通知られるのは甲州、つまり山梨なわけでして、小作なんかで何度かほうとうなど戴いてるわたくしとしては、ほほう武州流のほうとうとはこれいかに!?という感じでございます

む。具はかぼちゃ系でなくけんちんのような、つゆもいわゆるこってりした味噌つゆでいただく本家ほうとう鍋とは違ってかなりあっさりめ(^-^)

そしてほうとうの方は……ん?これか?この一反木綿みたいなやつなのか!?( ゚口゚)=3

先日訪れた甲子の飯沼本家でいただいた「はっとパスタ」なる一反木綿といい、最近は流行りなんですかねぇ一反木綿(;´∀`)

一反木綿をもじって一反猛麺とか言えばこりゃ新しいラーメンにもなりそうな匂いもありそうですわな

胃腸炎の療養真っ最中なもので、コンビニの新作にこういう野菜たっぷりなうどん系が出ているというのは、いやいやなんとも助かるタイミングでした( ˘ω˘ )

煮込み野菜がおいしい武州煮ぼうとう
セブンイレブン
398円

てぬぐい本で浅草をご案内( *´艸`)

ジョイフル本田のクラフトコーナー付近で見つけた手ぬぐい本シリーズ。今回は人力車からスタートして浅草ご案内~(*´ω`*)

まずはお馴染み雷門!正式名称は風雷神門!仁王門はポピュラーでもやっぱり風神雷神を納めた門ってのは全国的にも珍しいですよねぇ( ˘ω˘ )

そういえば以前何気なく浅草ぶらぶらに出かけたら、ななんと三社祭にたまたま出くわしたなんてことがあったんですが、夕方ごろになるとこの雷門の前で大クライマックスをやっていてかっこよかったです;つД`)

そして浅草の観音様といえばこの浅草寺!雷門をくぐって仲見世をお通りやして、ハトがたくさん見えてくるころに仁王門、五重塔、そして本堂に行きつきます

仲見世が店じまいを始める暮れごろになると参拝客もまばらになり、猫との遭遇率もぐんと上がるんですよねぇ~( *´艸`)

仲見世ではずいぶんお買い物しました……食品サンプルにはまりだしたのも、かっぱ橋「まいづる」のミニチュアサンプルがお土産品で売られていたから(^^♪

そして隅田川といえばアサヒビールの金のふにゃオブジェと、何といっても花火ですね~!あれは大変だった……敷地がそれほど広くないのに人の数は凄まじいので、かなり隙間から見る感じになってしまいましたっけねぇ;つД`)

吾妻橋向こうはかのドリフターズのいかりや長介が幼少期に住んでいたところだそうです。浅草出身の芸人だったなんてまったくもって後で知りましたよ

そして水上バス!最近は銀河鉄道999の松本零士がデザインしたという、ワラジムシみたいな型のやつが往来してるとか。一度この水上バスで移動して風流に居酒屋のはしごとかしてみたいですよね~( *´艸`)

三社祭!先にも述べましたが、またぶらぶらして呑んで帰ろう~だなんて何も考えずに浅草駅に上陸したら、駅からしてやたらと人混みがすごいのでまさかまさかとは思いましたよ(´;ω;`)

そんな三社祭の体験のしかたもあるもんですねぇ~……お目当ての居酒屋「赤垣」もこの日は貸し切りで入れず……地元の日だから致し方なしですな( ˘ω˘ )

満月の五重塔。まるで花札の絵柄かのように気風が良いですね!観音様のお慈悲と三社様の威光が織りなす、独特な浅草の風情がよく詰め込まれた粋な手ぬぐい本ですな

手ぬぐい本(浅草)
濱文様
1,080円

よく駄菓子屋さんでお世話になった昔ながらのこの味!実は足利出身

とにかく自分はこの手の駄菓子ラーメンが本当に好きで、これのカップ麺タイプのやつは当時駄菓子屋さんで一番よく食べた駄菓子なんじゃないかなぁ……買ったその場でおばちゃんにお湯淹れてもらうアレね!( ;∀;)

そのラーメンが何だったのか、今もってはっきりした情報は掴めずにおりますが、縦型カップのベビースターラーメンじゃなく、この平べったいタイプの麺だったのは間違いないのです!( ゚Д゚)

というわけで今回は袋めんタイプの東京拉麺揃い踏み!さらにパッケージに写ってる調理法を完全再現してみようという企画でございますヾ(≧▽≦)ノ

まずはこれから!東京拉麺基本のキ!昔ながらのチキン味からいってみましょう!うーんしかしいきなりハードル高いなこの半熟たまごの感じ……;つД`)

ま、ちょっとあそこまでふわふわの白身を作るのは流石にご愛敬ということで……ただしねぎはちゃんと細ネギにこだわってみましたよ!( *´艸`)

やっぱこの味!駄菓子屋さん脇のコスモスの20円ガチャをテーブル代わりにして啜っていたあの風景が蘇ってきますね~!この味にはやはり透明なプラフォークが必須ですね

続いて!エビ香るアッサリ豚骨!いやこれは自分の時代にはまぁなかった味なので懐かしむ要素ってのはあまりないですが、逆に新鮮でどんな味なのか楽しみですね~(*´ω`*)

冷凍エビを戻して乗せて、そこに細ネギの先端を切り揃えたものを添えて……うん、パッケージの写真どおり実に彩り豊かになりました(*´Д`)

トンコツにエビの香りってのがまた斬新のような感じがしますが、これが旨味が重なってかなりイケます!思ったより素直なあっさり味で、どちらかというとエビ塩寄りなスープかも?( ˘ω˘ )

そしてカレー風味のチキン味!いわゆるカレーヌードルの思い出と言えば、当時は10円高い60円の部類だったので手が出なかったってことですかねぇ……;つД`)

でも駄菓子屋によってはこのカレーヌードルがバカ売れだったのか、店中にこのカレーの香りが充満してるところもあって、あれがなんかすっごく羨ましかったですな~(´;ω;`)

小口切りの人参ジャガイモ、それにパッケージでは豚バラのようになってますが、ここはちと童心に帰る目的も込めてウインナーをチョイス!そして彩りに乾燥パセリをぱらぱらと( *´艸`)

いやウマいですね~!やっぱりカレーヌードルは安定のストライク!豚バラをウインナーにアレンジしたのも良かったかも!全体的に絶対子供が好きな味になりました(*´ω`*)

そしてラスト、ピリ辛にんにくラーメン!辛い駄菓子麺というと、自分がよく食べていたのは「チャイナヌードル」という名前でしたね、確か(^-^)

味付け麺じゃなくスープが別袋になっていたのを覚えています。それなのにノーマルチキンヌードルと同じ50円!何となくお得感があったのと、やっぱり味がうまかったので自分は当時それを集中的に食べていましたねぇ(^◇^)

フライドガーリックももちろん手作り!そして小ネギに……この赤いのが何なのかわからずしばらく困っていましたが突き留めました、糸切り唐辛子というシロモノらしいです( ^ω^ )

全体的に一番ジャンキーな味に仕上がって満足です!子供向けだからかもですが辛さは見た目よりずっとマイルドで、でもガーリックのパンチが効いて旨味が弾ける感じ!当時自分の中でこの手の味と言ったら、駄菓子ではリスカのハートチップルですかね( ˘ω˘ )


さて一通り戴いてみましたが、どれも駄菓子らしいチープさの中に飽きの来ない工夫があって実にうまかった……4つの味で1番を挙げるとすると、やはりカレーかな~……幼少期にもよく駄菓子屋さんで嗅いだ懐かしい香りで、今食べても素直に一番うまいと思える味でした

夏には本場足利の東京拉麺を訪れてみようかと計画中。意外なところで自分の幼少期の思い出とあの足利の街が繋がっていたと知ったときは、なんだか1人でやたら感慨深い思いに浸りましたよ……;つД`)

東京拉麺
東京拉麺
100円
ダイソー
1962年(昭和37年)9月発売
「東京拉麺」を買いに行く

湖池屋からのりと柚子こしょうという黄金タッグポテチ

高級感溢れる柚子こしょう風味のポテチを発見!のりしおの元祖湖池屋から、ありそでなかったこの組み合わせ!こ~れはもう見るからにイケそうですね~(*´ω`*)

パッケージデザインのベースが黒基調でちょっと和風ってたまりませんよね!のりしおポテチにこんな渋いイメージを充てるなんて、さすが粋な江戸のポテチ屋さん湖池屋( *´艸`)

袋を開封するとさっそく柚子こしょうの良~い香り!うん、思ったとおり柚子こしょう、のりしおの味と実にマッチしますね~!はりっとしていて華やかな香り、そしてぴりっと辛い江戸っ子好みの味という感じ(*´~`)

こりゃビールも日本酒もイケそう!もちろんポテチだからコーラとかでも良いですけどねぇ( *´艸`)

強烈なインパクトがありながら上品でバランス良く仕上がっていて、おやつにもおつまみにも止められない止まらないという逸品です(*´Д`)

ポテトチップス のりと柚子こしょう
湖池屋
155円
2018年(平成30年)1月28日発売
「ポテトチップス のりと柚子こしょう」を買いに行く

時々無性に食べたくて仕方がなくなるこの一品( ;∀;)

ミニスナックゴールド!こここれ、たまに無性~に食べたくなりませんか!?ええそうです、どんなに大人ぶって食べてみたところで手や口の周りがべたべたになることは必至なんです!しかしそんな面倒も眼中になくなるくらい惹かれて惹かれて仕方ないタイミングってのが人にはあるものなのです( ゚口゚)=3

生地がクロワッサンってところがこれまた罪深い……小腹が空いているだけで充分にこいつに手が伸びる理由になってしまうほど、なにしろさくっと軽~いイメージなんですよ(´;ω;`)

だいたいこのサイズのどこらへんがミニなのかと問いたいわけですが、ミニじゃないものがあるならお目にかかってみたいというか、むしろそんな手に余るほどでっかいこいつに是非かじりついてみたいもんですなぁ;つД`)

渦巻き状のフォルムがまた見た目にも甘さを強調して、そしてそんな期待にばっちり応えるこのたっぷり白砂糖シロップのうんまいこと……リピートしてしまう理由はまさにイメージした味に対して食べた味がきちんと応えてるってことが大きいんですよね~(*´Д`)

あーだめだーまた買ってきちゃおう近いうち……

ミニスナックゴールド
山崎製パン
97円
「ミニスナックゴールド」を買いに行く

ドイツじゃポピュラーというこのお手軽ジャンクフード('ω')

もう20年以上前になりますか……北海道旅行で泊まった「グリュック王国」。かつて帯広にあったこのドイツ風アミューズメントパークの屋台で買い食いした、うまいソーセージ料理がありました( *´艸`)

あれってどう考えてもカレー粉にケチャップだったよな~と当時から悶々としていたんですが、何しろ料理名もわからないので調べようもなく……しかし最近、ふとしたきっかけでその正体がやっとはっきりしたので、今日はワインのお供にそのお手軽ジャンクフードでもこしらえてみようということにしました

とはいえソーセージだけじゃやっぱり物足りないので、チーズを添えて。ブルーチーズがうまかったGERARDシリーズのウォッシュタイプを、今回は試してみることにします(*´ω`*)

クリーミーウォッシュなのでふわっと柔らか。カマンベールみたいな食感のウォッシュタイプ!丸っと1個なのでカットがちと大変です(*´Д`)

というわけでこんがりと焼けたソーセージにたっぷりのカレー粉とトマトケチャップを振って、これぞドイツのポピュラージャンクフード「クリーヴルスト」でございます!うーん実にシンプル(*´▽`*)

歴史的にはソーセージってものは普通は茹でていただくものだったらしいですが、やっぱりこの「焼き」ってところが如何にもジャンキーなんですよね!それにカレー粉でエキゾチックな香り増し増しで、ましてこれがビールに合わないわけがない!今回はワインですけどね……(;´∀`)

チーズとの相性ももちろんばっちり!あ、でもソーセージに合わせるなら基本的に白ワインのほうが良かったかな~……味付けがケチャップってところがまた微妙な選択になってきますな

グリュック王国も今は寂しい廃墟となってしまったとか……行川アイランドのような感じですな。昭和~平成初期の面影を残すテレカはお宝でございます;つД`)

懐かしヒット商品にも取り上げられたLEEの辛いやつをいただきます

LEEって実は、けっこう懐かしがられる部類のレトルトみたいなんですよね~……(*´Д`)

昭和平成ヒット商品 LEE

自分はあんまり注目した覚えもないんですが、懐かしヒット商品に取り上げられていたので買ってみました( *´艸`)

昔は30倍とかいう激辛もあったそうですが、今はもうないのかな?20倍までしか見つけることができませんでした(*´Д`)

Since1986というと、昭和生まれじゃないですか!?えええそんなに古かったでしたっけこれ?自分がこの名を初めて耳にしたのは平成に入ってからだとずっと思っていたのに……(;´∀`)

だってLEEだなんて名前も若干平成っぽいしさ……あ、そこが偏見だったのかもしれませんけど( ;∀;)

一応辛さの一覧ではこれが最高ということになっていますね。30倍はやっぱり幻になってしまったようですね……残念(´・ω・`)

中のパウチもやっぱり昭和生まれとはとても思えない洗練されたイメージなんですよね~。だいたい激辛ブームだって平成の産物のように記憶してるんですが、それはもはや第2次とかだったんですかねぇ('ω')

色はカレーにしてはやや黒に近い感じでしょうか。これ以上辛くなると赤くなっていくんでしょうが、とりあえずこのくらいの色でもまぁ~充分に辛いです( ゚口゚)=3

割と後から来る系の素直な辛さで、最近流行りのジャブから入ってくる痺れるような辛さとは質が違います( *´艸`)

いわゆる食べれば食べるほど辛さが増すというタイプ。これで辛くなってきたからと言って途中で水を飲むとさらなる地獄を味わうことになってしまうという、昔ながらの激辛カレーでしょうか;つД`)

最初はひぃひぃ言いながらも、徐々にエンジンがかかり腹減りの勢いに任せてこれを軽~く完食です!如何に辛かろうとカレーはやっぱり飲み物です(∩´∀`)∩

LEE 辛さx20倍
江崎グリコ
209円
1986年(昭和61年)発売
「LEE 辛さx20倍」を買いに行く

甲子の酒蔵で食事ができるらしいので行ってみました

甲子 飯沼本家千葉県印旛郡酒々井町馬橋106

ずーっと気になっていた地元の酒蔵「飯沼本家」!今日はここで食事もできると知ったので、お腹を空かせて見学に向かおうかと思います(*´ω`*)

いや~しかしまだまだ名残雪の残る今日、底冷えのする寒さですのぅ~( *´艸`)息が白い

はい、到着~!仕込み樽っぽいオブジェの後ろに雪が~!まるで寒い地方の酒処みたいに見えますね( ;∀;)

もうお昼時はやや過ぎているものの、酒蔵レストランってところはいったいどんなごはんを振舞ってくれることでしょう( ˘ω˘ )

あ、ちなみにまがり家の奥にある門の先は、甲子ブランドを作ってる酒蔵でございます。見学には予約が必要なんで、今回はとりあえずパスで;つД`)

このいかにも日本酒って感じの暖簾が良いですね~!おそらく酒屋さんなんかがよくしている前掛けの生地だと思うんですが、ちょっと分厚いんですよね

暖簾は暖簾でも腕押しがややずしっと重いっていう

こりゃ何の人形でしょう??「Oh!No!」って感じの素振りに見えますが、この独特のフォルム、誰か有名な人の作品でしょうかねぇ?(^-^)

お、入り口前にさっそくメニューが出てますね!抹茶や紅茶なんかの甘味と、どうやら食事も軽食的なものがメインのようですなぁ(;´∀`)

カレーも良いけど、前情報的にはパスタがうまいということなので、このはっとパスタってやつを戴いてみたいと思います

新潟から移築したというこの「まがり家」は、この酒蔵で醸した日本酒などの物販ブースと、そして最近できたばかりの飲食ブースが併設されたほっこり空間となっております(*´ω`*)

やっぱり全体的に日本酒のかほりがぷ~んとしてくるんですよね~……お外が寒いのでこの温かみがなんとも沁みますわい(*´Д`)

ということでさっそく注文しましたよ。置いていった伝票にまで甲子の文字('ω')

他にお客さんは誰もいなかったので、奥でかちゃかちゃ作ってる音がよく聞こえました。程なくして運ばれてきた「はっとパスタ」なるメニュー

ラー油の浮いたたまご雑炊みたいな感じに見えますね。パスタだというのにレンゲが付いてきてる( *´艸`)

ところでパスタはどこじゃ?……あ、このかんぴょうみたいに見えるやつ、これがパスタみたいですな!ここれはまるで山梨のほうとうじゃないですか!?いや、それよりも太い一反木綿みたいな麺ですぞこりゃあ!?;つД`)

パスタだから勝手に普通の麺を想像してたんですが、こりゃあ一応麺だとしてもとても麺を食べてる気がしないですのん( ;∀;)

お味の方はこれまたなんと茗荷の効いた薬味スープに、ごまやラー油が効いた健康志向な感じのパスタなんですよ!しかもパスタには酒蔵ならでは、酒粕が練り込んであるというのが何とも!(*´▽`*)

かなり腹ペコにして来たので、ちょっと足りないかな~っていうくらいの量に見えたんですが、このパスタの食感がもちもちとしていて実にずっしり!お腹いっぱいです

そして食後にこの豆乳!酒蔵で豆乳ですって!?気になりますよこりゃあ( ゚Д゚)

もちろん寒いのでホットで!あらぁ良いですね酒蔵カフェのカップにほっこり豆乳!

あ!しかも案の定これはただの豆乳じゃない甘酒と豆乳のハーフみたいな、なんとも自然な甘さと糀の香りが立った絶妙なドリンクですなぁ( *´艸`)

いやこれはホットで飲むのが絶対正解!軽くデザートとしても成り立つし、こりゃ~うま~い(*´▽`*)

そんなまがり家の箸袋はなんとまぁ紫な!一見上品なようでいてけっこうお酒のにほひがするデザインですな

食後は食休みがてらぶらぶらとお二階の展示ブースへ( ˘ω˘ )

まがり家の二階は季節のイベント開催中でございます。本日はお寒い中、版画と短歌のほっこりコラボレーション展示中( *´艸`)

スリッパに履き替えて細い階段をぎぃぎぃと上ると、早速素敵な版画がさりげなく照らされておりました

本日の中二階はイベント物販ブース。この屋根裏感が良いんですよ~まがり家の二階!(*´ω`*)

素敵な柄のお風呂敷と、これは札入れかな?

今回のイベントの絵葉書がご自由にって置いてありました~。4日からやってたんですね(*´ω`*)

木々の中おさかなたちは静まりて透明のまま夢を見ている」とあります。なにやら古からの悠久の時を感じるような詩ですね

この本はなんじゃろ?なぜかこのページが開いてあるんですが、「家をも名をも」という謡の解説がされているようです('ω')ふむぅ

どうやら万葉集?の歌のようですな。周りを見ると確かに大和時代っぽいテーマの版画がいっぱい(*´ω`*)

まがり家のちょうど曲がっている部分。そういえば何となく大和時代だの万葉集だのっていう雰囲気にも通じるものがありますな( ˘ω˘ )

奥は何やら整然と版画が並び、中心には植物があしらわれ、まるで美術館のようなすっきりした空間となっております(^◇^)

両サイドの版画は乃上あつこという方の短歌がそのまま文字として彫られたもののようですね。かの有名な足利の詩人、相田みつをチックな雰囲気がぽかぽかと漂ってきます

あ、葉っぱのおさかな!なるほど葉っぱだから万葉集ってことなんでしょうかね?うーん短絡的にしかわからんですが、ほんとはもっと深い意味がありそう……;つД`)

一番向こう側には童のような画がありました。これはひょっとすると、手前の万葉集版画がどうやら男女の模様を描いているものだったので、子宝というか世代が受け継がれていくみたいな壮大なテーマを表しているのでしょうかね?(*´ω`*)

スターウォーズも昨今のエピソードVII~VIIIの流れはまさに後世への引継ぎのようなことが描かれているし、こういうテーマって深くて良いですよね……

さてはて戦利品のコーナーに参りましょう

さて一通り見終わって、もちろん帰りには物販ブースで戦利品調達です( *´艸`)

日本酒をあえて買わなかったのは、実は甲子には隠れた銘酒があることを知ってしまっているからなのです……( ˘ω˘ )

一喜」という銘柄なんですが、何を隠そうこのお酒は酒蔵では手に入らないんですよね……造ってるところだというのにまったく日本酒ならではの不思議な物流です( ;∀;)

というわけで日本酒風呂蔵元造りのかすていら、そして甲子の手ぬぐいをゲットしてまいりました

まずは手ぬぐいを広げてみましたよ!良いですね~日本酒って感じですね~この藍染めに酔っぱらった書体で酒酒酒!お酒呑む人花ならつぼみ、今日もさけさけ明日もさけ!( *´艸`)

はい、そして同じく藍染めチックなパッケージのこちら、いわゆる日本酒カステラというやつですね!(*´ω`*)

山梨の長坂というところに七賢という酒蔵があるんですが、その向かい側にある金精軒という和菓子屋さんが出した「大吟醸カステラ」がおそらく初出にして有名にしたであろうお菓子ですね

サイズはハーフなんですが、十分な食いでがありそうな予感がします(;´∀`)

外包装を剥がすと内側の箱には甲子正宗やら飯沼本家やらのいろんなロゴがばらばらと。これまたいかにも日本酒って感じが漂うほっこりデザインですのぅ

見た目はパンみたいですが、カステラです。そしてお味は……なるほどこれは!完全に日本酒味ですね!というかこれってアルコール入ってませんか!?リアルに苦みもあって、かなり大人の味( ゚口゚)=3

しかしこれ、口当たりは強いんですが一度食べ始めると癖になるというか、次々と頬張ってしまい気づいたらすっかりなくなっておりました……やっぱり酒入ってたのかなぁ?いや入ってるんですけど(´・ω・`)

そしてこれ!日本酒風呂!気になりますねぇ~これは!(^^♪

指折りの酒蔵が作った日本酒の入浴剤ですよ。お肌しっとり、身体ぽかぽか!一体どんなリアルな日本酒の香りなんでしょうか

ん?あれ?「清酒」って書いてあるんですけどこれ!?え、どういうこと?つまりこれって……(;・∀・)

パキュっと開けてみると、うん、これはつまり日本酒そのものってわけですね。ちょっと舐めてみましたが、ええ、しっかり呑めるお酒そのものです!;つД`)

いや~一見これ贅沢なようでいて、実は300mlくらい入れても湯船の量のお湯だと何の変化もないんじゃないかとも思うんですが……(;´∀`)

とりあえず湯桶に注いでみました。これくらいならまだ湯気と一緒に割とそれっぽい香りが立ちますね~( *´艸`)

しかしやっぱり湯船にざぼーんと混ぜてしまうとすっかり薄くなってしまいました;つД`)

これはひょっとすると湯桶に入れた状態で香りを楽しむっていう使い方なのかもしれませんな

甲子 飯沼本家
千葉県印旛郡酒々井町馬橋106
043-496-1111
2,000~3,000円
10:00~18:00 月曜定休(祝日は営業・翌休)
南酒々井駅から618m
1688年~1704年(元禄年間)創業

ストロングなカナダドライ!どうしてもウヰルキンソンと比べちゃいますが;つД`)

名残雪のまぶしい極寒の中、自販機でストロングカナダドライというやつをついに見つけたのでバシっと飲んでみましたよ

やっぱりジンジャーエールで強炭酸とかストロングとか言われるとどうしても王者ウィルキンソンと比べてしまうのは、ファンとしてはどうしようもないんでしょうか;つД`)

うむ、確かに炭酸はウィルキンソンに匹敵する強さかもしれません。だがしかし、ジンジャーのシャープな辛さがやってこない丸さがやはりカナダドライ!ストロングを謳ってもやはり万人受けタイプですのぅ( ˘ω˘ )ふぉっふぉっふぉ

あの下手をするとひゃっくりが出てしまいそうになるほどのビシっとくる辛さは、やはりウィルキンソン特有のものなんでしょうねぇ。バーなんかでも選ばれる理由が一歩も二歩も先を行くウィルキンソン……今回のストロングカナダドライは、そのウィルキンソンの刺激の鮮烈さを改めて認識する一品となりました(^-^)

なんてことを調子に乗ってやっていたらしもやけですよしもやけ!子供のころになったっきりでしたが、この歳になってもなるときはなるもんですね~……それほどやばい寒気団ってことですな。みなさん週明けの雪にも警戒しておきましょう;つД`)

カナダドライ ジンジャーエールストロング
コカ・コーラ ボトラーズ
130円
2018年(平成30年)1月15日発売
「カナダドライ ジンジャーエールストロング」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は末吉です!

    神様に願掛けをしておくと、後々良いことがきっとありそうな感じです!

    本日のラッキーほっこりは 悪魔城すぺしゃる-ぼくドラキュラくん(GB) です!

    これまでのおみくじ結果