1. 玄関
  2. 2013年 11月 平成二十五年 霜月

玄関

雪月花の湯、玄関ロビーでございます。更新履歴を月別に展示しております。

ロビー 全記事の最新10件
とちぎ大好き!
2021年 令和三年
2021年 卯月
2021年 弥生
2021年 如月
2021年 睦月
2020年 令和二年
2020年 師走
2020年 霜月
2020年 神無月
2020年 長月
2020年 文月
2020年 水無月
2020年 皐月
2020年 弥生
2020年 如月
2020年 睦月
2019年 令和元年
2019年 師走
2019年 霜月
2019年 神無月
2019年 長月
2019年 葉月
2019年 文月
2019年 水無月
2019年 皐月
2019年 平成三十一年
2019年 卯月
2019年 弥生
2019年 如月
2019年 睦月
2018年 平成三十年
2018年 師走
2018年 霜月
2018年 神無月
2018年 長月
2018年 葉月
2018年 文月
2018年 皐月
2018年 卯月
2018年 弥生
2018年 如月
2018年 睦月
2017年 平成二十九年
2017年 師走
2017年 霜月
2017年 神無月
2017年 長月
2017年 葉月
2017年 文月
2017年 水無月
2017年 皐月
2017年 卯月
2017年 睦月
2016年 平成二十八年
2016年 神無月
2016年 葉月
2016年 文月
2016年 水無月
2016年 皐月
2016年 卯月
2016年 弥生
2016年 如月
2016年 睦月
2015年 平成二十七年
2015年 師走
2015年 霜月
2015年 神無月
2015年 長月
2015年 葉月
2015年 文月
2015年 水無月
2015年 皐月
2015年 卯月
2015年 弥生
2014年 平成二十六年
2014年 神無月
2014年 長月
2014年 葉月
2014年 卯月
2014年 如月
2014年 睦月
2013年 平成二十五年
2013年 師走
2013年 霜月
2013年 神無月
2013年 葉月
2013年 皐月
2013年 弥生
2013年 如月

2013年 11月 平成二十五年 霜月

2013年 平成二十五年 11月~!食欲の秋真っ盛り。秋刀魚に松茸、焼きいもを頬張るのです

渋温泉で歴史のある信州そばの店(*´ω`*)

玉川本店長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2178

さて渋温泉で食べるお昼ですが、ここはもちろん信州そばってやつでしょう(*´ω`*)

すでに目星をつけていた「玉川本店」。でもさすがにお昼時は行列ですね~……ちょっと雨も降ってきちゃったけど、とりあえず列の最後尾に並んで待ちます( ˘ω˘ )

やっと入れた頃にはなんだか体が冷えてしまって、そんな状況だからか名物くるみだれ蕎麦には目もくれず、熱っついおかめ蕎麦を注文です

珍しく「店内撮影禁止」となっていたので、店内の様子が写らないようにうまく料理の写真だけ撮ってみたんですが、それで良かったのかな?何も言われなかったのでセーフでしょう( *´艸`)うふふ

つゆは柚子が程よく香る薄口しょうゆのさらっとした甘めタイプ。これはいわゆる関西風に近い、甲信州あたりの温かい蕎麦独特のつゆですね( ˘ω˘ )

蕎麦は平打ちでやや柔らかい印象……全体的になんともほっこりした一杯で、本来の伝統的な信州そばのやさしい味わいを忠実に守ってる感じがしました

雪こそ降っていなくともちょうどこんな寒い日に、木の温もりに囲まれたぬくぬくのお店で何とも安心する温かい蕎麦。昔話のようですね(*´ω`*)

こちらが箸袋。これを見る限りではなんと千葉県の柏にもお店があるみたいですね!近所なのでいつかお邪魔したいです( *´艸`)

玉川本店
日本蕎麦
長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2178
0269-33-2252
~1,000円
11:30~15:00 18:00~23:30 第3・第5水曜定休(祝日の場合は営業)
湯田中駅から1,729m
駐車場なし

間欠泉のある野猿の温泉

地獄谷野猿公苑長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845

渋温泉郷から駅と逆方向のバスに乗り込んで山間を走り抜けること15分、上林温泉バス停に到着(^-^)

ここから野猿の温泉までは徒歩35分とのこと……天気も曇りで今一つだけど、さあて歩くかぁー( ゚口゚)=3

いきなり手打ちそば処の紅葉がめっちゃ綺麗!やっぱ山ん中ですねぇ( *´艸`)

雰囲気も良いし、いつかここの信州蕎麦ってやつをたぐってみたいもんです(*´ω`*)

そんなこんなで静かな山道をひた歩いて、猿と入る噂の温泉旅館「後楽館」の前を通って横湯川を渡ると、いよいよ野猿公苑のゲートが(^^♪

そこからはもうお猿の天国(*´ω`*)

注意書きの看板の周りにすでにうじゃうじゃとお猿が集まっています( *´艸`)

子猿が危なっかしく看板の上で遊んでいます(*´▽`*)

そしてそれを心配そうに見守るのは母猿でしょうか(*´ω`*)

下の川沿いにも猿がたくさんいるのが見えます。そして人も(^^♪

奥にはお待ちかねの猿温泉

子猿を背中に背負ってすい~っと気持ちよさそうに入浴中( *´艸`)

子猿が離れて泳ぎ出しました(*´ω`*)

こら!温泉で泳いじゃいけません!なんて人間様の場合は子供のころ叱られましたっけねぇ;つД`)

川縁で毛づくろいをする猿たち( ˘ω˘ )

こういう場合、大抵はオス猿がメス猿の機嫌取りのためにやってることが多いんだとか……( *´艸`)

川縁に降りて近づいてみましたが、このとき自分の持っていたカバンに昔リプトンのオマケでついてきた洋菓子ストラップがぶらぶらと付いていたのを、知らぬ間に猿に目を付けられて引っ張られるというアクシデントが( ゚口゚)=3

いやぁでもこの時に思わず猿の手を握ったんですが、サイズはまるで赤ん坊なのに質感は完全にごつごつの大人の手っていう、不思議な感覚を味わいましたわ……( *´艸`)貴重

そしてこれがお立合い、野猿公苑の間欠泉でござい!大迫力ですよ~( *´艸`)

14秒 音あり 2.62MB

動画で見るとこんな感じ。間欠泉っていうかずーっと噴きっぱなしな感じなんですね

ちなみにここの猿たちは実は餌付けしているんだそうですが、餌付けショーではありません!と高らかに断り書きが('ω')

つまり野猿が温泉に入るというこの世界的に珍しい生態を見るためにわりと海外なんかからも観光客が来るんだそうで、そんな遠路はるばる来てもらったのに猿がいませんってんじゃあまりにも勿体ないじゃないのってことでの餌付けなんだそうです( ˘ω˘ )なるほどね

ゲートの資料館でそんな力説を読んでいたらあっという間に時間ですよ……往路で歩いたってことは復路も歩くわけで、朝イチに出発したわりにけっこう忙しい予定になったかなぁ……;つД`)

せっかくなんで帰りに「後楽館」もちらっと覗いてみたんですが、まぁ~良い感じの鄙びた一軒宿ですよ……ちょうど二階から浴衣姿の人が下りてきて、ああほんとに温泉宿なんだって思ったくらいです

まぁ渋は金具屋といいここといい、泊まってみたい温泉宿がまだまだありますのぅ( *´艸`)

帰り道、往路では気づかなかった神社の紅葉がまた良いグラデーションでした……(*´ω`*)

地獄谷野猿公苑
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
0269-33-4379
800円(大人)・400円(小学生~高校生)
8:30ごろ~17:00ごろ(4月ごろ~10月ごろ) 9:00ごろ~16:00ごろ(11月ごろ~3月ごろ)
湯田中駅からバスで15分「上林温泉」下車徒歩35分
駐車場あり

渋温泉の湯にすべて浸かったら、ここの薬師をお参りしましょう(^^)/

神明山薬師庵長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2208

渋温泉の湯めぐりに挑戦したわけですが、はっきり言って一度で九つの湯すべてに浸かるのは無理です!( ゚Д゚)

正確には一泊では無理といったところでしょうか……まぁ無理すると完全に湯あたりします;つД`)

でもね、欲張りだから願掛けだけはちゃっかりするわけです('ω')

ほんとは九つすべての湯に浸かってからこちらの高薬師にお参りして結願っていう流れなんですけど、三つ程度浸かったところでもはやヘロヘロになってしまって後はごにょごにょといろいろ割愛!とりあえずメインの九番大湯には浸かったから良いでしょう;つД`)

今回は手ぬぐいにご朱印を押していくってのもやらなかったので、次回はゆっくり二泊くらいかけて回ってちゃんとご朱印も集めて、ついでにその時はあわよくば金具屋に泊まったりしてもう非の打ちどころないくらい渋温泉を満喫しきれますように!って薬師にお参りすることじゃないですね(´・ω・`)

ちなみに通常のご朱印的なものはありませんでした('ω')

神明山薬師庵
長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2208
0467-33-5100(渋温泉旅館組合)
拝観無料
拝観時間 24時間(薬師湯への入浴は宿泊客のみ6:00~22:00)
長野電鉄湯田中駅よりバス「上林行き」で約7分 「渋温泉入口」または「渋温泉和合橋」下車
駐車場なし
創建 神亀年間(724年~729年)
渋高薬師
本尊 薬師瑠璃光如来
(伝)行基(開基)
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢はです!

    にっこりほっこりな一日になるでしょう。きっと良いことがありますよ。

    本日のラッキーほっこりは 旭興(雄町磨き五割生原酒) です!

    これまでのおみくじ結果