1. 玄関
  2. 2013年 12月 平成二十五年 師走
QR
スマホで

2013年 12月 平成二十五年 師走

2013年 平成二十五年 12月です。クリスマスから大晦日にかけての年末の雰囲気が大好き!こたつみかんと鍋がそろそろ恋しい季節

神田の古い建物が残る一角に池波正太郎が愛した暖簾があります

神田まつや東京都千代田区神田須田町1-13

やってまいりました、かの鬼平の池波正太郎が愛したという神田は老舗の暖簾、まつや(*´Д`)

いやぁまさかとは思いましたがこの時間、なるほど夕食時であっても容赦なく行列ですねぇやっぱり

蕎麦だから回転は早いので助かりますが、果たして彼がいつも座っていたという席に座ることは……できるわきゃないか~;つД`)

店内はけっこう広めにもかかわらず、お客が入れ代わり立ち代わり満員御礼状態がひたすら続いております。席はみ~んな相席!こんな蕎麦屋は初めてじゃぁ~(;´∀`)

ここの名物はこの柚子切り!これが絶品なのですよ~!柚子の爽やかな香りが蕎麦の香りと見事にハーモニーを描き出す……これはまさに伝統の老舗の味ってやつなんでしょう、素晴らしく趣深いです( ˘ω˘ )

もちろん普通のもりもたぐりましたが、つゆは甘辛の江戸前、蕎麦も香り高く喉越しも良く絶品!鬼平の世界を思い起こしながらいただけばこれまた江戸の風が吹く、本物の江戸切り蕎麦なのであります

街ログ 神田まつや

前情報として街ログを見ておりましたが、この動画だとやっぱり昼の方が空いてるのかなぁと……夜だと池波正太郎コースである甘味処竹むらとのはしごもできないので、次はランチでお邪魔することにします(*´ω`*)

神田まつや
日本蕎麦
東京都千代田区神田須田町1-13
03-3251-1556
1,000円~2,000円
11:00~20:00(L.O.19:45)(月~金)・11:00~19:00(L.O.18:45)(土曜祝日) 日曜定休
東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」より徒歩2分・都営地下鉄新宿線「小川町駅」より徒歩3分・東京メトロ銀座線「神田駅」より徒歩4分・JR中央線「神田駅」より徒歩7分

横浜の原鉄道模型博物館を見学!

原鉄道模型博物館神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング

本日はふらふらっと横浜あたりまで足を延ばしまして、原鉄道模型博物館をじっくりと見てみようなんて思いますよ( ˘ω˘ )

以前大宮の鉄道博物館巨大な鉄道模型ジオラマを見ましたが、こちらはなにしろ鉄道模型専門の博物館となっておりますので、その規模や力の入れように期待大でございます

ジオラマ云々の前にまずは鉄道模型に関するお勉強から(*´ω`*)

こちらで扱っている規格は国内での一般的な鉄道模型からするとかなり大型。見た感じではOゲージなのかな……一番ゲージっていう名前も出てきましたが初めて聞きました( ˘ω˘ )

しかもこのコレクションはよく見ると世界中の鉄道模型なんですね……イギリスやらドイツやらのもずいぶんありますよ( *´艸`)すげぇ

機関車ですが、この形は海外の車種ですかね(*´ω`*)

スケールがでかいこともあってディテールがしっかり作り込まれていて、まさに鉄の突進力といった重厚感ある迫力!リアルですなぁ;つД`)

これは確かこのコレクションの主である原信太郎氏が若かりし頃、国際電話で海外オークションに参加して競り落としたものだとか……( ゚口゚)=3

まぁなんたってこの主は超大金持ちの御曹司で、幼少期からおぼっちゃまくん並みの小遣い片手に鉄道にのめり込む日々を送ったそうなのですよ;つД`)

後に実に6か国語を操り、鉄道オタクから派生した数々の技術で世に多大な功績を残したその才能も然ることながら、それを開花させるに十分な環境にも恵まれたスーパーラッキーボーイでもあったわけですね

いやはやまったく別の星の話のようですよ……( 一一)

そんなこんなでお待ちかねの特大ジオラマコーナーにやってまいりました

いやここもOゲージくらいなのか、なんたってスケールがでかい!こんなサイズ感の鉄道模型はまずここ以外で見ることは稀でしょう( *´艸`)

このサイズになると音までリアルなんですね~……レールの継ぎ目を通る音がかなり本物っぽいんですよ(*´▽`*)

あ、しかも12/22という今日だけに、よく見るとクリスマス仕様じゃないですか(^^♪

煌びやかですなぁ~( ˘ω˘ )

リースを付けた列車がプレゼントを運んどる!( *´艸`)

なんて夢のある演出でしょう……お子さんも大喜びですな(*´ω`*)

大宮の鉄道博にはこれの本物がありましたっけねぇ……いわゆる転車台というやつです( ˘ω˘ )

このサイズになると模型とはいえディテールもしっかりしているせいか、実に重々しい機械感が漂ってきます

なんて感心してると景色がふわりと夕景(*´▽`*)

いやぁロマンティックですなぁ

こんな町並みでクリスマス休暇だなんて、映画のワンシーンのようではないですか

よく見ると家々の屋根には洗濯物が干してあったりして、なんだか生活感が溢れていて人々の息遣いまでリアルに感じられます;つД`)

そして聖なる夜(´;ω;`)

光を灯すクリスマス列車がサンタのソリのごとく滑走していきます(*´▽`*)

夜の駅舎も静かにホーリーナイトに溶け込んでいます( ˘ω˘ )

こんな景色を見ていると心なしか雪がちらついてるような錯覚さえ覚えますね( *´艸`)

ほんと、原氏のコレクションや偉大な功績も然ることながら、そんなことはさておいてでもこれを見に来るだけで価値があった気がします(^-^)

鉄道模型が織りなす夢とロマンの世界の集大成を見たような気がしました

原鉄道模型博物館
神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング
045-640-6699
1,000円(大人)・700円(中学・高校生)・500円(4歳以上)
10:00~17:00(最終入館16:30) 火曜休館
JR横浜駅より徒歩5分・横浜高速鉄道みなとみらい線 新高島駅より徒歩2分
駐車場あり(地下1階「三井のリパーク」駐車優待サービスあり)
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    和食は邪気を払い、英気を養ってくれます。体にも良いですよ!

    本日のラッキーほっこりは い縄のれん です!

    これまでのおみくじ結果