1. 玄関
  2. とちぎ大好き!
QR
スマホで

とちぎ大好き!

名湯あり、名水あり。

あり、グルメあり。

湯あがりにうまい牛乳あり、空気の美味しい高原あり、世界遺産日光東照宮あり。

春はフラワーパークの幻想的な藤棚に、夏は足利の20000発花火大会……

そして秋の紅葉は華厳の滝に中禅寺湖に戦場ヶ原に映え、冬は雪国湯西川でかまくら祭りの灯をともす……

四季折々の美観美食をその土地土地いっぱいに湛える、関東の楽園とちぎの魅力を集めたコーナーでございます(^^)

今日は鏡開きですよ~!栃木県産コシヒカリで鏡餅入り七草粥を

忘れちゃいけない七草粥の日~!今年はちゃんと鏡餅もあるので、鏡開きの餅入り七草粥にしま~す!お正月にばあちゃんにもらった栃木県産コシヒカリを使って、今年も本格的なやつを炊きましょう~

いや~色つやが良いですね!さすが米どころ栃木のお米!やっぱ水が違いますよ栃木は(*´ω`*)

七草は今年もこの神奈川県産のやつにしました~!っていうかこのへんだとこれしか売ってない!七草をちゃんと作ってくれる農家がそこかしこにあるわけもなし、このあたり全域分のを一手に栽培してるんでしょうかね?(*´ω`*)ありがたや

せりなずな、ごぎょうはこべらほとけのざ、すずなすずしろ春の七草!全部ちゃんと根っこまで付いてるんですが、もちろん捨てるところなんかないはずですよね、こういうのは絶対に(*´Д`)

さて、鏡開きもいたしましょう~!鏡餅食べるなんて久しぶりだな~……なんかちょっとワクワクするんですよね、鏡開きってのも( *´艸`)

お!良いですねこの形!これって中身でもそのまま鏡餅作れるってやつなんですね!丸餅丸餅~!こりゃかなり雰囲気出ますな~(*´▽`*)

そして米にこだわるからにはもちろん水にも!1年の始まりに相応しい「身改水」!いや引き締まる~……あ、でも海洋深層水だけに「深海水」→「身改水」ってダジャレかい~;つД`)

いや、そういうのを験担ぎって言うんです!あ、ちょっと違うな……まぁいいや(;´∀`)

栃木県という内陸育ちの米高知県という島国産の海洋深層水、そしてその中間的な湘南で取れた七草という、なんかこう、そういう取り合わせになってしまった七草粥、行きま~すヾ(≧▽≦)ノ

もちろん各野菜とも、髭みたいな根っこの先っちょまで余すところなく刻んで放り込んでありますよ~!栄養満点のかほり

去年の暮れに出掛けた飯岡にて、シラスや白魚と一緒に入手してきたうんめぇ~青海苔の佃煮と、そしてこれまたばあちゃんちでいただいてきた個別包装の贅沢な梅干しを付け合わせに添えて( *´艸`)

中火で沸騰、木べらで軽く混ぜてから蓋を半開きにして弱火で炊いて、そして蓋して蒸らすこと5分!炊きあがりましたよ~ほこほこ(*´▽`*)

こんがり焼き目が付いてふっくりと焼きあがった鏡餅もパリッと香ばしく、具材多めの栄養満点七草粥完成~!ヾ(≧▽≦)ノ

木べらでお茶碗に盛り付けていきます!ふっくらもっちり、実に透明感のあるおかゆになりました!米良し、水良し、七草も本物と、これ以上ない七草粥ですね~!(^^♪

塩味は敢えて付け合わせのみ!おかゆには味付けなしです!七草の味がダイレクトに味わえてこれがまたヘルシーにうんめぇ~んです(*´▽`*)

いや~この「伊賀焼かまどさん」も、もうけっこう長いことごはんにおかゆに大活躍!最高ですね

金谷ホテルのカレーがあるとは聞いてましたが、まさかマーガリンまであるとは( *´艸`)

見つけてしまいました、憧れの日光金谷ホテルの名を持つ商品をついに!レトルトカレーの存在は、かのU字工事のコントをはじめ、いろいろなところで噂を聞いていてずっと探しているんですが、いまだに見つけることができず……;つД`)

ということで、まさかのマーガリンでございます!こんな意外なところに金谷ホテルの銘入り商品がありましたよ!しかもスーパーにさりげなく普通に置いてあったという!( *´艸`)

やっぱりマーガリンを試すならブレッドが必要!今回は釣り合いが取れるようにちょっと美味しいやつを選びましたよ!こういうパン、本当に金谷ホテルの朝食にも出てきそう~

うーんなんとも品があるインナーパッケージ。格式があるのに変に出過ぎない、この落ち着きこそがやっぱり本物なんですよね(*´ω`*)

色は普通のマーガリンと同じかな?いや、少し黄色が濃いかな?……そしてこの香りが何とも良いですね!コクがあるのに爽やかな感じがします(*´Д`)

パンのほうも良いですね!こういうふしゃっとした食感の生地が本当に大好きです(*´▽`*)

今日はマーガリンを味わうためですので、一気に塊を乗せていただきます!お、こ、これは~!なるほどこれはすごい!バターのようなワイルドな感じではないのに、まるでバターのような強烈なコク!そしてしっかりとした味と、香りも実に芳醇で、まるで通常のマーガリンを何倍にも濃縮したような味わいです(^◇^)

あああ憧れの日光金谷ホテル、一度は泊まってみたい!そして朝からこんな贅沢な味わいの朝食を優雅に戴いてみたい( ゚口゚)=3

そしてもちろんトーストもお試し!ちょっと焦げが強く付いちゃいましたが、マーガリンがしっとり黄金色にとろけて、パンの焼き目と溶け合ってより素敵な香ばしさを放っております(*´▽`*)

さくっとかじると……いや~これは極上!まさしくコクと香りの乱舞です!マーガリンってここまでうまくなるものなんですね!まったく金谷ホテルのブランドに恥じない、素晴らしいお味のマーガリンです

日光金谷ホテル ホテルマーガリン
金谷ホテルベーカリー
800円
「日光金谷ホテル ホテルマーガリン」を買いに行く

宇都宮こいしやの「平家納豆」を食す

イトーヨーカドーにて「平家納豆」なるものを発見しました!自分にとって平家と言えば湯西川。もしやと思ってよくよく見てみると、メーカーのこいしやはなんと宇都宮!あれ、湯西川じゃないのか……でも栃木産には違いない!ということでこのいかにもこだわりが詰まってそうな一品、是非戴いてみたくなりました

なにしろパッケージには「全国納豆鑑評会優秀賞受賞」とありますから、これは期待大……いや、えええ~そもそも全国納豆納豆鑑評会なんてもんがあるんですか~!それはちょっと見てみたい!最近納豆っ喰いであることに気づいた自分としては是非;つД`)

うおお、この「特製醤油だれ」の黒さがいかにもインパクトありますね!朱色一色のパッケージからの、ですから余計に目に刺さります(^-^)

タレにまで平家の紋が光り、そしてからしも色合いと質感からしてきちんとしたものを使っていそう……こういうところにまでこだわってくると、いよいよ納豆への思い入れが尋常でないことがひしひしと感じられますよね( *´艸`)

豆は見た目にも小粒でしっかりしていそう。タレの黒さがここでも際立ちますが、「平家」のイメージと相まってか、この色合いに何とも古風な上品さが漂ってくるじゃあないですか( ˘ω˘ )

かさかさかさと混ぜ合わせ……程よく粘りが出た頃には、タレの黒さが馴染んで褐色の納豆が出来上がりました。色だけ見ると濃い味なのかなーと思えてきますが果たして……(*´Д`)

うん、色から想像したとおり、醤油の香りがきちんとする正統派のタレ!味は少ーし濃い目な感じがするけど、思ったほどではないです。アンモニア感も少なく、旨味が際立つ豆は食感も程よいです。ちょっと懐かしい気持ちになるというか、どこか昔ながらの納豆をそのまま進化させたかのようなコンセプトを感じます

平家納豆
こいしや食品
138円

あずま食品の栃木産大豆納豆がついに地元でも入手できるようにヾ(≧▽≦)ノ

地元のスーパーをふらふらと見ていたら、いつもの納豆コーナーに新顔が!しかもよく見るとあずま食品の納豆で見たことないやつらじゃないですか

ん?ん?し、しかもこれは……つ、ついにあずま食品の国産大豆納豆キターッ!ええ、もちろん栃木・茨城産大豆使用ってちゃんと書いてありますよ!やったぜー!ヾ(≧▽≦)ノ

そしてもう1つはなんとからしじゃなく「わさび」で食べる黒豆納豆!大根おろしだれとか青海苔だれとか、とにかくあずま食品はタレにも定評があるので、これまた楽しみです( *´艸`)

まずは国産大豆から!まあ豆の違いを説明できるほど美味しんぼでもないですが、やっぱり普通の納豆でいかにおいしいかってのはとても重要!なにしろこれから買い続けるレギュラーの座が掛かってますから( ゚ー゚)

いつもは納豆だけで食べるときはタレは半分にしてるんですが、今日はテイスティングなので全部掛け!からしも心なしかちょっと良いやつに見えてきます(*´Д`)

うん、うま~い!タレはダシより少し醤油がちの、むしろ醤油の香りが楽しめるタイプ。これまたあずま食品が得意なスタイルでもありますな!そしてからしも変に酸味が主張したりしない、全体的にとってもバランスの良いお味!もちろん豆の味は言わずもがな最高(^◇^)

はい、決定です!今後はこいつが我が家のレギュラーになりますのでよろしく(*´▽`*)

なにしろごはん炊かなくても納豆を1日2パックほぼ必ず食べる人間なので、消費しますよ~( *´艸`)

そして変化球の黒豆!パックにもわかりやすいように「くろまめ」の印字

おお、本当だわさび!タレは普通のダシ系かな?以前、だるま納豆の黒豆納豆もいただきましたが、やっぱり黒豆独特の香りがあって全然違いました!今回はそこにわさび!楽しみですね~(^^♪

黒い本体にわさびの緑ってのもなかなか良い色合い!早速混ぜていきましょう~

混ぜ感もちょっと普通の納豆より粒が固めのように感じます。そしてお味!おお、わさびの甘味と香りが先に効いてくる!そしてやはり黒豆独特の香り、そしてそのあとでわさびのつんとした辛味が爽やかに抜けます(*´▽`*)

これもこでらんねぇ!タレはこちらは打って変わってダシがちな甘めの味で、それが全体をまろ~くまとめております!やっばいごはん進みそう~( *´艸`)

いやいやさすがあずま食品、本当に納豆っ喰いのための納豆を作ってくれますよ!いつも納豆単体で食べるからよりわかる、納豆本体も決して変にアンモニアとかが強く匂わない、THE納豆味!U字工事がコントで推していたのは伊達じゃあないのですよ(∩´∀`)∩

特別栽培国産小粒納豆
あずま食品
128円

台風の今日は月星ソースでポテト入り焼きそば作った(*´▽`*)

今日は台風24号なんてものがブーンと来ております。さて本日の台風コロッケはどうしようか?……そうだ、ちょうどいい!あれで行こう(*´▽`*)

というわけで、本日は花火大会の足利でゲットしてきた月星ソースを用いて、足利名物のポテト入り焼きそばを作ってみようと思いますよ

台風の日は家から出ずに有り合わせの食材だけで台風コロッケができたら、それこそ本格的サバイバリーで良い感じなんですが、今日はなにしろソースはあっても麺も野菜もなんにもなし……普通~に暴風雨の中で買い出ししてきたよ~;つД`)

実は月星ソースって普通のウスターソースとこの焼きそばソースとあって、かな~り悩んだ挙句に焼きそばソースをチョイスしてきたわけですが、焼きそば以外にも使うとなると普通の方が良かったのかな~……いやしかしやっぱりポテト入り焼きそばがメインになるし……うう~( 一一)

後悔は食べてからするとしよう……とりあえず前を向いて行こう(*´Д`)

お野菜は栃木都賀の上原園の焼きそば用を仕入れてきました!マジ助かるんですよ上原園~!今宵も台風の中、楽させてもらいますわで~

なんとこのお野菜に、青海苔と紅ショウガが付属しているんですよ!お手軽すぎる!でもこっちを後で別のスーパーにて仕入れたもんだから、青海苔は別に買っちゃってたんですよね~ん(;´∀`)ホワ~イ

てことで完成しました!本場足利月星ソースを使って、進化版ポテト入り台風焼きそば!タイ風焼きそばじゃないですよ~台風コロッケ添えの焼きそばってことですよ(^^♪

かつて「伊藤家の食卓」の裏技で知ってこの方、水でなく日本酒でさっと麺をほぐすようにしているんですが、そのお陰で水っぽくならずソースの味が鮮烈に引き立つんです

いやこれこでらんねぇソースですね~!!完全に屋台の味を思い出すソース!しかも先にこんがり素揚げしたポテトを絡めて作ったので、その香りと合わさるとこれが一際香ばしい!こーりゃうめぇ!看板に偽りなし( ゚口゚)=3

もちろんコロッケにも月星ソースをたっぷりかけたわけですが、ポテト入り焼きそばに合うこの味がコロッケに合わないわけもなし!これ、完全にパワーアップ版になりましたヾ(≧▽≦)ノ

ちょっとしたノリのつもりで今回の台風に合わせて月星ソースを開封してみたわけですが、これは大成功って結果になりました!現地でもこのコロッケ添えのアレンジはいかがですかね~(*´▽`*)

餃子の握りがあると聞いてやってきましたΣ(゚Д゚)

魚べい ピアシティ稲毛海岸店千葉県千葉市美浜区真砂1-2-5 ピアシティ稲毛海岸

一度食べてみたいと思っていた元気寿司の系譜「魚べい」。その魚べいでなんと「餃子の握り」なるものが2015年から提供されているという情報をキャッチしたので、これはもう食べに行くしかあるまいということで、今日は最寄りの魚べいがある稲毛にやってまいりましたよヾ(≧▽≦)ノ

駅から魚べいまで向かう途中、何故か古い蕎麦屋さんの食品サンプルスペースに並んだ食玩たち。何気にうちにもいるバカボンのパパ発見!これどこで入手したんだっけなぁ~……まったく記憶がない……;つД`)

そんなこんなでえんやこら、とうとうやってまいりました魚べい(^◇^)

あ、なるほど魚べいって「魚米」ってことだったんですね!魚と米で寿司ってことか!ほうほう……そしてここは見た目にもかなり綺麗な造りで、しかもオール100円ということで期待が高まります( *´艸`)

壁に展示された寿司一覧!さあ喰うぞ~!ってあれ……ここには餃子の握りは……見当たらないような?(´・ω・`)はて?

ちなみに時間が遅かったので空いてました!すぐにカウンターに座って、餃子の握りを確認しなくてはね~(*´ω`*)

席でお湯が出るシステム、これぞTHE回転ずし!しかしここの蛇口は一つ違和感が……そう、下の流しがないのです!確かに回転ずしでお茶を作るのに、そもそも流しが必要なほどこぼれたことなんてないんですよね……合理的~( *´艸`)

特製寿司醤油は「GENKI SUSHI」の文字が入った密封ボトル!ちなみにお寿司はすべてさび抜きだそうで、据え置きのわさびをお好みで( ˘ω˘ )

いつもガリを多めに取っちゃうんですよね~!好きなもんで、ハイ(^^♪

ということでさっそく注文!餃子寿司ももちろん注文してたんですが、やっぱり生ものの方が早く到着レーンはかっぱ寿司と同じで2段レーンの特急式なんで、バーのカウンターを滑る「あちらのお客様からです!」みたいにシューっと来ました(*´Д`)

そしてここは元気寿司の系列なのでもちろんあるんですよ、コ・ハ・ダが~!!嬉しいですよこれ、ほんと好きなんですコハダ!〆具合も良くうんめぇ~ヾ(≧▽≦)ノ

そして湯びきの赤魚!甘味があって良いお味~!レモンが爽やか~!こういうさっぱりしたところから行くのが食欲が徐々に増していって良い感じなんですよね~

そしてやっと来ました!これが餃子の握りです!もちろんタッチパネルから注文したんですが、けっこうメニューを探し回ってやっと見つけました……ちょっとわかりにくかったんですが、あんまり推してないのかな……;つД`)

こちらは普通の餃子握り!「寿司ネタに餃子!?」と一瞬驚くメニューなんですが、これ実はうまくできてまして、考えてみると餃子って酢醤油でいただくんですよね~( *´艸`)

つまり酢飯の酢と、これに醤油を付けて食べれば、すなわちこれ一口餃子ライスになると、そういう寸法なのであります(*´▽`*)

こちらはそのロジックにラー油を載せたバージョン!しかも食べるラー油!ますます餃子ライスの味に深みが増しております(∩´∀`)∩

100円寿司ということもあって餃子の味があんまり……という口コミもあったんですが、ラー油乗せの方はそれでもけっこう本格的な餃子ライスしてました!うまいですよこれはなかなか(*´Д`)甲斐あった~

そしてお次は「炙り」のコーナーにあったエビ炙り!マヨが効いてこれまた凝縮系の旨味!いつものエビ握りも良いけど、こういうのもたまには良いですよね~

さてそろそろお腹も一杯になってきてしまったので、今更目に付いてしまったハバネロ対わさびの激辛対決は次回に回すとして……( ゚ー゚)

そろそろ〆に向かってサイドメニューでも。いつもなら迷わず茶わん蒸しと行くところなんですが、今日はたくさん歩いたこともあって体がかなり暑いので、やっぱり涼しいものが良いですね( *´艸`)

夏野菜のゼリー寄せ!これは絶対ウマいやつですよ~これにしましょう(^^♪

そしてデザートはこの鮮やかなラムネ色ブルーに惹かれてソーダゼリーに決定!アツい餃子寿司の後は、夏らしく涼味な〆に期待です

ということで、出揃いましたゼリーズ!良いですね~栃木の山奥の清流を思わせるような透明感があって、実にキラキラした涼やかなビジュアルです(*´ω`*)

まずは夏野菜から……おお~まさに涼味!おだしのゼリーの中に泳ぐひんやり夏野菜とボイルエビの爽やかなコンビネーション!またこのいくらが程よく旨味あるパンチを加えてくれて、この季節ならではの実によくできた一品ですぞ(*´Д`)

そしてソーダゼリー!いや~こういう色って夏場は思わず惹かれてしまいますよね~(^-^)

市販のプルプルした水気の多いゼリーと違ってかなりゼラチン質のしっかりめゼリー!こういうところに手を抜かないのはやっぱり栃木県民の性格が表れてるんですかね~( *´艸`)

いや~最後の最後まで良い味で〆させてもらって大満足でありました、初「魚べい」体験(*´ω`*)

帰りにエントランスで元気寿司系のガチャを発見1回100円と格安だし、こりゃ~回すしかあんめぇ~ヾ(≧▽≦)ノ

ということで左上の寿司スロットフォンを2回ほど回してみましたよ~!狙いの元気寿司マーク入りのやつは1/3の確率で当たる模様!頼むぜ~( ゚Д゚)

……あら、これダブったんじゃないですか!?5種類もあるのに色まで同じのが2つ……しかも元気寿司マークのじゃな~い(´;ω;`)トホー

近いうちリベンジして必ずこの「おすし編」のどちらかを当てるまで帰れまテン!ってのをやりましょうかね~!激辛対決もスルーしちゃったし、しかもあとで気づいたんですがかんぴょう巻き食べてねぇ~じゃんか~!っていう⊂⌒~⊃。Д。)⊃

餃子寿司に関してもちょっと小ネタを思いついたので、近いうち再訪してこれらのやり残しをきっちりやり遂げて行きたいと思います;つД`)

魚べい ピアシティ稲毛海岸店
回転ずし
千葉県千葉市美浜区真砂1-2-5 ピアシティ稲毛海岸
043-307-5691
1,000円~2,000円
11:00~22:00(L.O.21:45)
稲毛海岸駅から771m
駐車場あり

下町の居酒屋「栃木屋」は、もちろん栃木ゆかりの名店( *´艸`)

大衆酒場 栃木屋東京都荒川区町屋1-16-17

良~い感じに暮れてきた町屋の風景!提灯の明かりが灯り始める頃に訪れたのは本日の居酒屋、町屋指折りの名店「栃木屋」!お分かりのことと思いますが、もちろん栃木県の栃木でございますヾ(≧▽≦)ノ

まさか町屋にねぇ、栃木ゆかりの居酒屋さんで、しかも吉田類も訪れるような本物の名店があろうとは、これはもう最初からかなり贔屓目に見てしまいそう……しかし今日はそんな個人的な数々のアドバンテージをぐっとこらえて、素直に味わっていきましょう( *´艸`)

時間も早いので今宵も開店早々一番乗り!老夫婦が営む、本当の昔ながらを今に伝える素朴~な居酒屋さん;つД`)

メニューの見やすいカウンター真ん中に陣取ってさっと見渡すと、とにかく豊富なメニューたちの下、数字の部分がほんとにお安いことに気づきます(^◇^)

しかし安かろう不味かろうでは、この町屋の街でやっていけるはずもなし。そう考えるともはやどいつもこいつもそそるメニューに見えてくる中から、今日はより取り見取り期待を込めて、極上の味巡り酒巡りタイムと参りましょう

ちなみにカウンター横には座敷もあり、下町にあってかなりほっこりな田舎の空気感も演出しております。あの柱にかかったお面、な~んか見覚えあるんですよね~……那須の民芸品の店で見たような(´・ω・`)

そしてこんな下町のほっこり居酒屋で飲むものと言ったら、ビール?日本酒?ノンノン、やっぱり下町のチューハイでしょう!オーソドックスに350円のレモンハイをチョイス(*´▽`*)

湯あがりの火照った体にはこういうのも実に良い!爽やか~にスイスイ~っと、危険です!実に危険!これが下町工場での肉体労働終わりでもさぞ同じ味なんでしょう!

ハラヘリだったので思わず撮る前に1枚食べちゃいましたが、お通しが実にシンプルなたくあん!しかしこれがなんともチューハイに合う旨味のある一品(^-^)

食欲がますます出てくるアペタイザー的な効果が抜群でございます!さぁてそろそろお料理がやってまいりますよ~(^^♪

まずは栃木屋と言ったらこちら、もつ煮込み!みなさん、写真だけ見ると普通のもつ煮とお思いでしょうがこれが聞いてびっくり、なんと1杯100円でございますΣ(゚Д゚)

お好みでということで一味と七味と両方出てきましたが、いつも七味ばかりなのでここは一味をさっと振ってはふっと行ってみますと……うおお~こりゃーうめぇ~!しっかり煮込まれて旨味が出てる~!良いんすか、これ100円でほんと良いんすか( *´艸`)

そして煮込みのこのまろ~い味をチューハイのキリっとした爽やかさで洗うと……くぅ~こりゃたまらん!なんと吉田類的( ゚口゚)=3

お次は合鴨入りつくね!これまたこの店の人気メニューの1つということなんですが、こ~れがまたうんまは~い!焼き鳥屋顔負けの芳醇なタレ!そして合鴨の旨味しっかり、つくねそのものの仕事!これまたチューハイがぐいぐいと進んでしまいますよ~;つД`)

一時期つくねは塩で、なぁ~んてしたり顔で言っていた時期が私にもありましたが、最近思うのはつくねってやっぱりタレと合わさって完成なのかもと……いやはやそんな風に思わざるを得ないこの味、もはや完璧と言っても差し支えございません( ˘ω˘ )

そして3品目。カレイの唐揚げ!煮つけは何度かお目にかかったことがありますが、唐揚げですよ!これって珍しい一品なのでは……と思いつつ、さっそくレモンをしっかり絞ってさくっ……( ゚ー゚)

うめぇぇ~!これ!これです!これは本日一番、食べるべき一品!カレイのしっかりした風味に唐揚げの香ばしさが乗っかって、衣さくさく中身ふわっ……これほんとに絶品です!オススメですヾ(≧▽≦)ノ

そんな絶品唐揚げを平らげたら、下のお皿の柄がなんとも、ねぇ!鶴と亀のほっこり柄!ついつい思わずにんまりしてしまうこういう細かいところ、良いですねぇ~( *´艸`)

さてそろそろお野菜の方も行かないとですね!なす揚げ出し!栃木では足利織姫神社の蕎麦屋さん「蕎遊庵」でもいつもなすの揚げ浸しをいただいておりますねぇ(*´ω`*)

こちらは居酒屋さんらしくたっぷりのかつぶしに生醤油をさっと、そこにおろししょうがを添えてはほっといただきます!いやうまい~!たまらんですね、ナスの味ってこの程よい油でほんと引き立ちます!そしてそこに醤油の切り立った味がまた……チューハイ進む~;つД`)

お次は月見!月見ってなんぞやって思ったら、刻みとろろのたまご乗せでした!擦りおろしのもあったんですが、さくさく歯ごたえが好きなのでこちらをチョイス( *´艸`)

なんと味ぽんが添えられてきました!醤油でも良いけどお好みでってことだったんで、今回は味ぽんでさっぱりと行ってみたら、これがまたうまいんですよ~!油っぽい料理が続いたので小休止ってところですね(^-^)

ついにお酒がなくなってしまいました……しかし吾輩、ジョッキで2杯行けるほど強くなく……ということでおばちゃ~ん、2杯目はビール!じゃなくてノンアルですこれ(*´Д`)ぶひゃーん

そして続いてはめんたいソーセージ!これもまたここの人気の一品らしいですが、こりゃチョリソーみたいに辛い……だけじゃない!明太の旨味がソーセージの旨味に乗っかって、それがこんがりとソテーされていて……いやこりゃーまた絶品なり(*´▽`*)

付属のマヨを付けたり付けなかったりして味に幅を持たせてみたりと、ほんとに極旨でまったく飽きの来ない一皿でございます

そしてここでまたさっぱりとした小鉢を!居酒屋の定番、いか納豆をチョイス!さらさらっと口の油っ気が拭われていくのが感じられるヘルシーなおいしさ!そしてそれでいてもちろんバッチリ酒にも合う!もうノンアルだけどさ~(;´∀`)

ラストはにんにくの唐揚げ!ってこれは唐揚げじゃな~い!でもこれ!この素揚げにんにくに味噌乗せて食べるスタイル!もはやおつまみとして鉄板ですね(^^♪

味噌がまた程よい塩加減で、からりと揚がったにんにくにえも言われぬ香ばしさを与えてくれるんですよ~!まさにビールにぴったりってやつです!ノンアルだけどさ~;つД`)

帰り際にふと覗くと、奥の座敷にも灯りが入っていていろんなものが飾ってあるのが見えました。きっちり吉田類のサインもあるじゃないですか~ヾ(≧▽≦)ノ

そしてこのお面ですよ……気になるなぁ~って思って調べてみたら、やっぱり栃木の民芸品、ふくべ細工のひさご面ってやつじゃないですか!どっかで見たことあると思ったわ~( *´艸`)

しかも栃木屋って栃木のどこなのかと思って聞いてみたら、なんと店を始めた先代の出は鹿沼だそうですよ!今宮神社の屋台祭りがこのほどユネスコに登録された、あのさつきと木工の街鹿沼です( ゚口゚)=3

いや~すっかりいい気分ですよ栃木屋!入ったときには薄明るかったのに、出るときゃすっかり宵の口……ってほどでもないですけどね。吉田類ならここでもう一軒でしょうが、それも真似できませんや。下戸なもんでねぇ( ˘ω˘ )

でもせっかく良い店で良い気分だったので、ここはズバリ一句だけでも真似てみましょうか

もつ乞ふて
したまちの郷
縄くぐり

名物のもつ煮と木工の街、舌待ちと下町をかけました。吉田類は何と詠んだんでしたっけねぇ……ま、お後がよろしいようで( ;∀;)

縄のれんにこのレトロな居酒屋看板。町屋の風景もずいぶん変わったと言われておりましたが、この場所はずっと変わらぬ空気であってほしいものです( ˘ω˘ )

大衆酒場 栃木屋
和風居酒屋
東京都荒川区町屋1-16-17
03-3800-9888
2,000円~3,000円
17:00~23:00 日曜定休
京成線町屋駅より徒歩5分・東京メトロ町屋駅より徒歩6分・都電町屋駅前駅より徒歩6分・都電荒川七丁目駅から231m
駐車場なし

きゃらふとちぎ擬人化計画!第二十四弾は大谷石さん

きゃらふと」で栃木を擬人化シリーズ

江戸期には蔵の建材なんかに重宝された大谷石さん!今でも北関東の各地では大谷石でできた蔵を数多く目撃することができますね( *´艸`)

宇都宮市内の一角に足を踏み入れると、さっきまでの街の様子と一変!その土地がまさに石の宝庫であることがありありと伺える景観に変わっていきます

そんなエリアにあるここは大谷景観公園。自然の大谷石が作り出すダイナミックな渓谷美をそのまま眺められる公園です。広い芝生の敷地もあって、好天の日はこんな景色を眺めながらおにぎりでも食べたくなるような雰囲気です(*´ω`*)

そこから少し入ったところにあるのが大谷資料館!かつて大谷石最盛期の頃に切り出しを行っていた洞穴がそのままツアー空間となっている、国内きっての異世界体験ゾーンでございますヾ(≧▽≦)ノ

大谷石の歴史から使われ方、材質の特徴など、様々な角度から大谷石を知ることができるまさに知識と体感の資料館!まさか宇都宮にこんな場所があったなんてねぇ~(;´∀`)

この軽石のようにごつごつと穴の開いた石こそが、大谷石でございます!耐火力、風通しの良さ、切り出しや加工のしやすさなど、とにかく各パラメータが高い優秀なマテリアルでございます( ˘ω˘ )

また大谷石といえば坂東三十三観音十九番札所、かの有名な大谷観音も近くだったのですが、この時は予定に組み入れずスルーしてしまいましたのよ……もったいない;つД`)

ちなみに大谷石は「おおや」石、大谷観音も「おおや」観音なのですが、大谷川だけは「だいや」川と読むので要注意でございます

大谷資料館
栃木県宇都宮市大谷町909
028-652-1232
800円(大人)・400円(小・中学生)
[4月~11月]9:00~17:00(最終入館16:30)・[12月~3月]9:30~16:30(最終入館16:00) [4月~11月]無休・[12月~3月]火曜休館(火曜日が祭日の場合翌日休館)・[年末年始]12月25日~1月1日休館
JR宇都宮駅西口6番乗場から「大谷・立岩行き」で約30分・東武宇都宮駅前バス停から「大谷・立岩行き」で約20分 「資料館入口」下車徒歩約5分
駐車場あり(普通車350台)

ラーメンもうまいけどなんたってこのメンマが最強すぎたヾ(≧▽≦)ノ

らーめん麺蔵栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1270 道の駅サシバの里いちかい

道の駅「サシバの里いちかい」に併設しているイートイン形式の食堂。今日はここでお昼ってことで早速入ってみると、まぁー蕎麦屋にラーメン屋に酒処まで入ってると来たもんです(*´▽`*)

いや、そんなことより満席なんじゃないのー!?あわわあわわ、おそるべし昼時の市貝……と思ったら入り口付近の広い席が空いたーッ!ズサァー⊂⌒~⊃。Д。)⊃

よし!これでじっくり店を見て回ることができ~る!いやーやっぱり私ですから蕎麦かなー……と思って蕎麦屋の前まで行ったんですが、悩んでいるうちにとうとうこのイートイン中に充満するラーメンのかほりにぽっきり心が折れました!何しろ空腹ですから、らーめん麺蔵に決定です(*´Д`)

メニューはノーマルラーメンの醤油か塩味噌ラーメン魚介だしラーメン、そしてつけ麺の4つ。サイドメニューにミニチャーシュー丼ありですね。いやーやっぱり初めてだし、正直に味玉ラーメンの醤油で行きましょう!毎日食べたいさっぱり味に期待

あ、あとメンマ増しでお願いします~どっさりねどっさり~ヾ(≧▽≦)ノ

見た目にはわからなかったですが実はけっこう順番待ちがあったらしく、そこそこのお時間が経過してからやっと番号呼ばれました~( *´艸`)

ほうほうほうこれは鶏ガラに少々トンコツが効いた、あっさり醤油トンコツってやつですかな?麺はやや平打ちの中細で、よくスープが絡む縮れ具合です(*´ω`*)

あああそしてこの味玉が!良いですね~とろり濃い味!がっつりダシ効いてますよまたこれ!理想的~( *´艸`)

このチャーシューもさりげなくうまい!とろり系の食感ながら味は実に王道的。このあっさりスープとの相性が良い感じに仕上がっております( ˘ω˘ )

そして!メンマ増しを注文したらなんと別皿でこんなにどどーんと!しかもどういうわけか2人分注文したのに、1皿にたくさん盛るから1人分の料金で良いと!なんですとぉーそんな意外なサービス!こちらのメンマ好きを知ってのことかーッ;つД`)ありがてぇ

これまたよく見るとですね、2種類のメンマが乗っかってるんですよ。そもそもラーメンの上にデフォルトで乗っていたタイプと、そして厚切り角形で色が濃いタイプ(;・∀・)

そう、そして何を隠そうこの厚切りタイプのメンマが、ほんとガチでウマい!こ・れ・は、メンマ好きをも唸らせるまさに王道的理想形のメンマですぞΣ(゚Д゚)

それをまた惜しげもなくこんなにたくさん!良いんですかこれほんとに箸が止まらん!ラーメンよりこのメンマをガツガツ行ってしまうわ~ビールが欲しいぜチクショーッ;つД`)

いやー、意外なところにサプライズあり!らーめん麺蔵にして大正解ですよ!出入口近くの席でやや冷え込んでいましたが、お腹も満たされてすっかり温まってしまいました!ごちそうさま~

らーめん麺蔵
ラーメン
栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1270 道の駅サシバの里いちかい
0285-81-6568
~1,000円
10:30~15:00(月~水・金曜) 10:30~16:00(土日祝日) 木曜定休
真岡鉄道市塙駅より徒歩17分
駐車場あり

たまたま通りすがって見つけたので急遽寄り道( ゚Д゚)

長岡百穴古墳栃木県宇都宮市長岡町373

次の目的地に向かって宇都宮市内をドライブ……すると道すがら、ふと目に飛び込んできた奇妙な風景が!!Σ(゚Д゚)

こここれかぁ~宇都宮の長岡百穴!!以前SNSでリクエストもらってきゃらふとでキャラ化に挑戦した、宇都宮市内の名勝ですな(^◇^)

いや~しかしたまたまとはいえまさかその真横を通過しようとは!しかも名前しか知らなかったのに、目で見てピンと来てしまうとは、これはまさに奇跡的!予定になかったけど急遽見学しかないっしょ(*´▽`*)

豊郷まほろばの道……「まほろば」とは「住みやすい場所」という意味の日本の古語だそうで、なるほどこの名前が付いてるってことはやっぱり宇都宮ってところは昔っから住みやすかったんですね~( *´艸`)

栃木県の指定史跡!長岡百穴……古墳!え、古墳!?7世紀前半!?え、え、それって飛鳥時代あたりなんじゃ……(;・∀・)

ぎゃっぎゃーん!すっかりもののけ姫みたいにちょっと野性味溢れる原始人チックなイメージで作っちゃった長岡百穴たん!完全にやっちまった典型例ですなこれは~!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃

リク主の評価は良かったけど、これ全然意味が違うんや~ん!あっはっはー(*´▽`*)

確かに石をきちんと四角く切り出したりしていて、それなりに加工技術があった痕跡ですなこれは……まったくもって原始人の住居なんかじゃないですわ~;つД`)

中には祭壇も。仏像は先ほどの説明によると後世のものらしいですが、にしてもこれだけきちんと空間を整備するとなると、こりゃあそうとう高貴なお方が眠りにつかれるための場所ってことですなぁ( ˘ω˘ )

何やら室内は青っぽい色をしている穴があったり、おそらくこれ全部加工なんでしょうねぇ。ちなみにサイズはどれも人一人が横になれるくらいのカプセルホテルサイズ。そりゃそうか(*´Д`)墓だもんな

丘の上には各穴に安置された仏像の本堂的な役割として、百穴観音堂という小さなお堂がありますね。ここでは毎年4月18日に例祭が開かれるのだそう

長岡百穴古墳
栃木県宇都宮市長岡町373
028-632-2764(宇都宮市教育委員会文化課)
無料
24時間
宇都宮駅から関東バス「美術館行き」などで20分「豊郷台入口」下車徒歩10分
駐車場あり
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    近場のほっこりスポットに小さな幸せが待っている予感がします。チャンスを逃さずに!

    本日のラッキーほっこりは 土窯づくりの最高級竹炭(ペットボトル用) です!

    これまでのおみくじ結果