1. 玄関
  2. 2021年 3月 令和三年 弥生

玄関

雪月花の湯、玄関ロビーでございます。更新履歴を月別に展示しております。

ロビー 全記事の最新10件
とちぎ大好き!
2021年 令和三年
2021年 卯月
2021年 弥生
2021年 如月
2021年 睦月
2020年 令和二年
2020年 師走
2020年 霜月
2020年 神無月
2020年 長月
2020年 文月
2020年 水無月
2020年 皐月
2020年 弥生
2020年 如月
2020年 睦月
2019年 令和元年
2019年 師走
2019年 霜月
2019年 神無月
2019年 長月
2019年 葉月
2019年 文月
2019年 水無月
2019年 皐月
2019年 平成三十一年
2019年 卯月
2019年 弥生
2019年 如月
2019年 睦月
2018年 平成三十年
2018年 師走
2018年 霜月
2018年 神無月
2018年 長月
2018年 葉月
2018年 文月
2018年 皐月
2018年 卯月
2018年 弥生
2018年 如月
2018年 睦月
2017年 平成二十九年
2017年 師走
2017年 霜月
2017年 神無月
2017年 長月
2017年 葉月
2017年 文月
2017年 水無月
2017年 皐月
2017年 卯月
2017年 睦月
2016年 平成二十八年
2016年 神無月
2016年 葉月
2016年 文月
2016年 水無月
2016年 皐月
2016年 卯月
2016年 弥生
2016年 如月
2016年 睦月
2015年 平成二十七年
2015年 師走
2015年 霜月
2015年 神無月
2015年 長月
2015年 葉月
2015年 文月
2015年 水無月
2015年 皐月
2015年 卯月
2015年 弥生
2014年 平成二十六年
2014年 神無月
2014年 長月
2014年 葉月
2014年 卯月
2014年 如月
2014年 睦月
2013年 平成二十五年
2013年 師走
2013年 霜月
2013年 神無月
2013年 葉月
2013年 皐月
2013年 弥生
2013年 如月

2021年 3月 令和三年 弥生

2021年 令和三年 3月はお花見ですよ!夜桜お七~

インド人もびっくり|д゚)

「インド人もびっくり!」というキャッチコピーがずっと昔からなぜか耳に残っています。CMを見たことある世代なんかじゃないんですが、一体どこで流行っていたというのか……(´・ω・`)

昔のカレー CM

最近になってそれがエスビーカレーのCMだったと聞いて、てっきりカレー粉のCMと思っていたんですが、どうやらカレールウの方だったようですね( ˘ω˘ )

当然今はもう市販されていないものなので、ここは一つ今も現役のエスビーのカレー粉を使って再現してみようという試みになりました( *´艸`)

エスビーの公式サイトに、カレー粉から作る基本のカレーというレシピがあったので、今回はこれを参考にしていきたいと思います(*´ω`*)

昔ながらなのはカレー粉のほかに砂糖とコンソメと薄力粉くらいでしょうか……

ということでここぞとばかりに使いますよこの砂糖を( ^ω^ )

コンソメもやっぱり王道行くなら味の素でしょう。この赤と黄色のパッケージ、昔から馴染みがあった……ような気がします、たぶん;つД`)

先日のインド風ラーメンを思えばマギーという選択もありましたけどね……今日はもうテーマが昭和レトロなので王道をチョイスです

それにやっぱり昔ながらのコンソメといえば顆粒よりキューブですよなんつったって(*´Д`)

というわけでサラダ油で薄力粉を炒めて、キツネ色になったところでカレー粉を投入。野菜の煮汁で伸ばしていきます。普段はカレーなんてレトルトばっかりでルウからだって滅多に作らないというのに、今回はそのルウを作ってるってんですからね~……貴重な体験ですよまったく( ゚ー゚)

あらかじめ煮込んでおいた鍋の方にルウを投入して、最後の仕上げに砂糖と塩で調味です。ここでついにアノ懐かしの砂糖の登場です( ゚口゚)=3

これできっとますますレトロな味にな~る。おいしくな~れ、おいしくな~れ( ゚Д゚)呪

話は逸れますが、今回はただカレーライスだけでも十分に非日常なものになる予定なんですが、やっぱりちょっと付け合わせが欲しかったのでじゃがりこポテサラ

初めてのチーズ味。さてどうなることでしょう。レトロカレーにもきっと合うものができてくれると嬉しいですが;つД`)

それに最初にこっそり作っておいたしめじのバターソテーも添えて、ついに完成ですヾ(≧▽≦)ノ

いやーやっぱりね、まず見た目の色が違うんですよ本当に。もう自分のころは茶色いカレーが当たり前だったので、カレーの色を「黄色」と表現されることにすごく違和感を感じていたのを思い出します( ;∀;)

でもカレー粉から作るとこのとおり、確かに黄色なんですわ。そして何よりこの味!いやほんとうまいんですよこれが( ゚口゚)=3

懐かしいといえば確かに懐かしい。でもこんなカレーは実際にはほとんど食ったことない気もする。それなのに「これだよこれ」というTHEライスカレーの味だとわかる不思議( ;∀;)一体どうなってやがる

でね、食べてみて思ったんですよ。これ絶対にね、合うんですよそばつゆに!ということで早速、関東風つゆを使ったカレーうどんも作ってみましたよ( *´艸`)

ええ、もうね、完璧です。完璧に店の味;つД`)

いつも手抜きで適当にレトルトカレー使ってカレーうどんなんてやってたからおかしなことになっていたんだと気付かされました。合うわけがなかったんですそもそも、このカレーじゃなきゃ(´;ω;`)

ということでいつもながらただのノリなんですが、オマケにインド人をテーマにしたCHARATを作ってみました

マサラじいは「今日ヤバイ奴に会った」の動画で、カーンさんの実家で300人カレーを作ったときにいた、手からスパイスが出そうなおじいちゃんをモデルにしてます( *´艸`)

インドの300人前のビーフカレーの作り方

カレーの味を決める村の長老みたいなポジションの方でしょうか( ˘ω˘ )

インドメイドは実際インドにけっこういるらしいメイドさんをモデルに……というわけではなく、いわゆるインド系のデザインとメイド系のデザインを足して2で割ってみたという感じです。あんまりそういうの見ないよなーと思って、衝動的にアイディアを形に;つД`)

世界最先端技術を持つ外科医、その名も「THEドクター」……ってのがいたとして、それがインド人とかだったらなんかかっこいいなと思って、これも何となくノリで( *´艸`)

最後は同じく「今日ヤバイ奴に会った」の動画に出てきたキーワード「カレーコンピュータ」から( *´艸`)

インドの炊き込みご飯ビリヤニの作り方

しかし結局あれよあれよといじっているうちにカーンさんからはすっかり遠ざかり最近流行りのインド音楽のMVチックなイメージになってしまいましたよ;つД`)

Kala Chashma

ファンキーで悪くてギラギラなインド人というイメージですね。6年前くらいですけど、こんなインドもあるみたいですよ( *´艸`)

宗教上の理由でこういう音楽がやれるかやれないかも別れるのかもしれませんけどね……;つД`)

昔駄菓子屋さんで食べていたカップラーメンの正体がようやく判明しましたよ;つД`)

突然どうしてこの組み合わせなのか。ついに判明したからですよ……かつて駄菓子屋さんでよく食べていたカップラーメンの正体;つД`)

もうずっと私、てっきり足利の東京拉麺の商品だとばっかり思っていたんです。何しろ記憶にあるそのスタイルは今も発売中のしんちゃんラーメンにそっくりだったので……(;´∀`)

かつて東京拉麺のペペロンチーノを食レポした記事でも書いたように、そのときの記憶を巡っては当の東京拉麺に電凸までしたんですよね私……(*´Д`)

会社の偉い人がけっこう長時間にわたって古い記録を調べてくださったり、本当にお時間とお手間のかかる神対応をいただいたんですよ私……(´・ω・`)

なのに……それなのに結果……実は全然違ってたというこの体たらく⊂⌒~⊃。Д。)⊃

結論から言いますと、こちらなんです。当時いくら調べても情報が出てこないなどとボヤいていたんですが、ふとしたきっかけであっさりと見つけることができてしまいました( ;∀;)長年のコリがあっさり取れた

画像を拝借してしまい恐縮ですが、まさにこれなんですよエビスのミニヌードルとミニやきそば。あーこの焼きそば……そういえば苦い思い出がありますわー……(´;ω;`)

当時お湯を切らなくていいカップ焼きそばなるものがあって、盛んにテレビでCMしとったんです。それを聞きかじっていた幼少期の私は何をどう間違ったのか「カップ焼きそばはお湯を捨てずにできるもの」などという謎のシッタカインプットがされてしまっていまして;つД`)

明星 お湯すてマッタ! CM

というわけで私、初めてのカップ焼きそば体験はナントお湯を切らないままソースをどばどば……それをそのまま食べて、うっわまっず……となってしまったわけです⊂⌒~⊃。Д。)⊃

以来しばらく、「カップ焼きそばというのはまずいシロモノ」なのだという自業自得も甚だしい的外れなトラウマが突き刺さってしまい、何ともやり場のない哀れな幼少期を過ごしたのでありました( ^ω^ )

ていうかおばちゃん絶対説明してたはずなんですよ、「お湯捨ててからソース入れてね」ってさ……それにいつも作るときは粉末スープを入れてからお湯を入れるおばちゃんが、そのときわざわざソースを入れずにお湯だけ入れて渡してきてるとかさ……ちょっと考えれば想像つきそうなものなのにね……それでミスってカップ焼きそば全体にトラウマを持つとか、昔からやっぱりどこか逆恨み体質でサイコパスなんですよ私……やってらんねっすよホント(^^♪

で、当時よく食べていたのがチャイナヌードルという赤いやつだったんですが、上記はすでにエビスから大黒に製造が移譲された後のもののよう。どうやら大黒に移ってからは紙蓋に変わったらしく、蓋に取っ手らしきものが付いてるんですよね……でも私が食べていたチャイナヌードルは間違いなくエビス時代のスタイルでした(*´Д`)

ノーマルのチキンヌードルとチャイナヌードルは50円、対してみそラーメンと焼きそばは60円と10円高かったので、その10円をケチっていつもチャイナヌードルなのでした。昔から変なところがセコイんですよね私……それでもノーマルを選ばないあたりとか……金もねーくせにちょっとでもリッチ感を味わおうなどと必死こいてるわけですよ私ガキのくせして(´・ω・`)今に通じる意地汚さ

いやだってほらそうは言ってもねぇ……駄菓子の世界は10円あれば……ねぇ。いろいろ買えるんだからさ、正当化しようよそういうのはもっと( ;∀;)貧ぼっちゃまで良いじゃない

ちなみにちゃんぽん麺は見たことなかったです

つい最近までこの大黒というメーカーから「ミニラーメンの太郎くん」なる商品が発売されていたんですが、それがもしかしたら当時のミニヌードルの系譜を受け継ぐやつだったんじゃないかと勘ぐり、こちらもまた懲りずにメーカーに電凸させていただきましたよもう;つД`)

で、結論から申しますとどうやらアテは外れていた模様。太郎らーめんはもともとアカギと合併した際に持ち込まれたブランドだったようで、エビスのそれとはまったくルーツが異なっておりました('ω')

なのでエビス時代のものは今ではもうすっかり……否、東京拉麺のしんちゃんラーメンこそがまさに今を生きるミニヌードルそのものなのですよ;つД`)

というわけで、今回は大黒のチゲ辛らーめんを仕入れてみました。まあー似ても似つかないのは承知の上なんですが、同じメーカーの面影だけでも味わおうという、今回はそういう企画です( ˘ω˘ )偲ぶ会

ということで当時のノーマルミニヌードルの中身を彷彿とさせるこちらも用意しました(´・ω・`)

絶対に当時からは味変わってますけどね……( ゚ー゚)

別袋が一つという潔さは、往年のチャイナヌードルを思い出させてくれます。ノーマルのチキン味には別袋がないけど、チャイナヌードルは同じ50円なのに別袋でスープが付属しているという豪華さ

いや普通に考えれば同価格なら別袋代がある分だけ中身の原価は安いってことになるのかもしれませんが……駄菓子は「遊び心」にこそ金を使うものですからそれで良いのです( ゚口゚)=3

あ、そうか当時のは蓋が丸いんだから当然丼も丸かったはず……ということは中身の麺の形も丸だったってことか( ゚Д゚)

今はどれも四角ですわなぁ……太郎ラーメンしんちゃんラーメンも……それだけでもルーツが違うとわかるってことだったわけか;つД`)盲点でした

今じゃすっかりチキンラーメンにも引けを取らないくらい洗練されてきてしまっている感じでしょうかね……型落ちみたいな感じで、一昔前のチキンラーメンそっくりみたいな(´・ω・`)

まあ昔の味に比べたらどうしたって洗練されてしまうのは仕方ないですがね……今はお子ちゃまも舌が肥えてる時代ですし( ˘ω˘ )

これも一応往年のチャイナヌードルに一番近しいイメージかと思ってゲットしてみたわけなんですが、やっぱりチゲを謳うだけあって酸味の効きが強めですよね……それに辛さもさすがに駄菓子屋さんのはここまでは辛くはなかったかも

麺の風味も駄菓子屋さん的ではなく洗練されているので、記憶も曖昧ながらちょっとイメージはやっぱり遠いかなぁと……残念( ;∀;)

普通に別物として美味しくいただきましたよ。ご馳走様でした

思い起こせばあの頃はちょうどアニメのドラゴンボールがこんな頃だったような。スーパーどどん波とか( ˘ω˘ )

あとはスカウターが故障したりとか;つД`)

だからそれは故障じゃなくて仕様ですって何度言ったら( ;∀;)

今見ても当時の空気が蘇るからすごいですよねやっぱり

あと余談なんですけども、孫悟空は「孫」天津飯は「天」って呼ばれるんだったらさ、桃白白も「桃」って呼んであげなきゃじゃない?ってずっと思ってるんですけども( ;∀;)

ミニヌードル
エビス産業
50円

菱餅とちらし寿司

ひな祭りといえばちらし寿司!コカ・コーラのサンタ服とかバレンタインのチョコみたいに、これも永谷園が火付け役なのかと思ってましたが、どうやらこれは普通に古くからの習慣らしいですね;つД`)

というわけでこんなつづらが届きました。今日は奮発です( *´艸`)

以前、菱餅の味を知らないと書いたことがあるかと思いますが、実はあれはただ色を付けただけの普通の餅なんじゃないか説が今のところ濃厚なのであります( ゚ー゚)

ということは焼けば焼き餅となるわけであります。要するにあんな出で立ちでも中身は普通ってことなんだと思います、多分。そんなもんです世の中

わざわざ「やわらか菱餅」と銘打って売られているということは、もともとの菱餅は固いってことなわけでして、そうなるとますます普通の餅説が有力ですよね( ˘ω˘ )

そういうわけでつづらを開封です。特上ちらし寿司というメニューですが、これはもうちらしというより海鮮重ですね(´・ω・`)

横着なので醤油はかけちゃう派です。銀の小皿はあくまでもわさび醤油を作るためですよねきっと( ^ω^ )

あさくさ江戸屋の「海鮮重」とのコラボ!これがやりたかった……( *´艸`)

というかですよ……つい今しがた知ったんですけど、江戸屋さん閉業しちゃったんですか!?Googleの情報ですが、どうやらデマっぽくないんですよね……レビューも2020年の1月までしか見つからなかったですし(;・∀・)

うそだー!あそこは単なるお土産屋さんなんかじゃなく、貴重な江戸民芸を今に伝える大事な使命があったお店だというのに;つД`)

これもまた時代の流れ……令和とはかくも残酷な時代になってしまったものか……( 一一)

やわらか菱餅って要するに「すあま」やーん!ってツッコミは、食べる前から薄々思ってたことですけどね

すあま大好きなんで、良いデザートになりました( *´艸`)

ひな祭りをイメージしてCHARAT GENESIS」いじってみたんですが、気の向くままにポチポチしたらいつの間にかこんなんなりました(*´Д`)

色はもうただの菱餅で、あとはちょっと幼げ貴族っぽく色白で、何となく羽ばたけニッポン女子的なメカ羽Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

あとひな祭りって昼のイメージあるけど、ぼんぼりに明かりを付けるんだから夜なんですよ本当は。だからちょっとダークな色合いも混ぜてみたりして(;´∀`)

やっぱりサイコパスなんですわ自分

特上ちらし
銀のさら
1,450円
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は大吉です!

    タブチ、チブタ、タブチブタ!えー、ありがとうございます!

    本日のラッキーほっこりは マーブル です!

    これまでのおみくじ結果