1. 玄関
  2. 2015年 11月 平成二十七年 霜月
QR
スマホで

2015年 11月 平成二十七年 霜月

2015年 平成二十七年 11月~!食欲の秋真っ盛り。秋刀魚に松茸、焼きいもを頬張るのです

中華屋さんの焼きそばは、野菜炒めに麺とソースを加えたこのスタイル!

竹三屋千葉県八街市八街ほ693-1

今日はとにかく中華の焼きそばが食べたくて、どこに行けば食べられるか考えた結果、こちら竹三屋さんにやってまいりました(^.^)

さっそく注文、出てきた焼きそばを見て、完璧だと思いました

普通のいわゆる鉄板で作る屋台のソース焼きそばとは何かが違う中華屋さんの焼きそば……いったい何が違うんだろうと考えてみた結果、中華鍋で作る方は野菜炒めがベースになっているんだということに気づきました。

つまりそのお店のスープが加わることで、この味になるんですね~!納得です

竹三屋
中華料理
千葉県八街市八街ほ693-1
043-443-8001
~1,000円
11:30~23:00 年中無休
八街駅から1,163m
駐車場あり

安くてうまい町のおそば屋さん!冬はおかめ蕎麦がウマい!

あさひ千葉県八街市八街ろ169-24

普通の町のお蕎麦屋さん風のお店で決して値段も高くないんですが、本当に上品でうまいものがいただけるので重宝されるお店です!

おかめ630円がこのクオリティ

蕎麦は細打ち、つゆは辛めでかつ繊細、そして添えられた柚子が香って、なんとも品のある一杯に仕上がっています。ちゃんとおかめの顔も書いてある、正統派のおかめそば(^ー^)

冬場は良い感じにほっこりできる、満足の逸品です♪

あさひ
日本蕎麦
千葉県八街市八街ろ169-24
043-443-5584
~1,000円
11:00-20:00 木曜定休
駐車場あり

果汁100%の炭酸飲料!原産はなんと……( *´艸`)

みなさん、アップルタイザーって知ってますか?アップルサイダーじゃなくアップルタイザー(*´ω`*)

こんな瓶に入ってたまーにスーパーとかに売ってますが、中身は果汁100%の炭酸飲料です(^-^)

アップルタイザーという名前はアップルとアペタイザー(食前酒)を掛け合わせた造語ですが、これはお酒ではありません(´・ω・`)

そして見てびっくりなのが原産国が南アフリカということ!アップルタイザー社というところが製造してますが、その歴史は古く南アフリカでの発売は1966年からだそうです!日本の輸入もなんとその3年後の1969年からΣ(゚Д゚)

グレープタイザーは後から出た姉妹品でこれも同じく100%の炭酸、さらに2005年には洋ナシ味のペアタイザーというのも発売されたそうですが、それはまだ未遭遇でございます(/・ω・)/

味もこれがなかなかうまいんですよ。クリア系果汁100%だから本来の爽やかな果汁感にさらに微炭酸が効いているので、初めて飲むとけっこう新しいです(*´ω`*)

当然ですが砂糖や甘味料一切使用してないので甘さも程よく、喩えるならノンアルコールのシャンパンみたいな印象で、名前の通り食欲増進効果がありそうな感じがします(^^♪

アップルタイザー
アップルタイザー
180円
1969年(昭和44年)発売
「アップルタイザー」を買いに行く

見るからにレトロ!レモン型のお菓子( *´艸`)

昔学校でよくみかんネットに入って蛇口に括りつけられていたあの「レモン石鹸」を彷彿とさせる、レモン型のレトロ洋菓子「プリンスレモンケーキ

プリンスってネーミングもまた昭和ですよね~!何の予備知識もなくスーパーで目に止まって、完全に衝動任せのジャケ買いでした(*´▽`*)

このわかりやすい黄色に緑の文字でロゴっていうコントラストがわくわくしますね(^^♪

メーカーのマルト製菓広島の製菓会社で、広島銘菓のもみじ饅頭なども作っているようですが、商品ラインナップを見る限りではこのレモンケーキが特段レトロ色の強い一品のようですね( *´艸`)

いやぁ~この感じ、なんとも美しいです……熱い紅茶でも淹れて食べたくなりますね( ˘ω˘ )

レモンケーキってものは調べるとわりとポピュラーなお菓子で、手作りレシピなんかも数あるようですが、自分はもちろんそんなのはまったく知らず初見ですよ(^-^)

お味はブルボンのバームロールが近い感じですかな?周りの黄色い部分は甘酸っぱいレモンシロップのような感じで、レシピでは「グラサージュ」なんて呼ばれてました。中はふわふわのパンのようなカステラのような生地です(*´▽`*)

いやぁウマいですね、5個しか入ってないからあっという間になくなりましたわ……こりゃまた買いに行こう!(/・ω・)/

プリンスレモンケーキ
マルト製菓
300円
2008年(平成20年)4月1日発売

幸運のご神徳に預かるべく、千葉神社を参拝しました(^-^)

千葉神社千葉県千葉市中央区院内1-16-1

本日は千葉県でも有数のパワースポット、千葉神社の参拝にやってまいりました( ˘ω˘ )

境内に入るその門がすでに分霊社「尊星殿」となっております。この楼門をくぐると本殿正面なんですが、ここで一つ気づくことが……そう、鳥居をくぐっていないのです(/・ω・)/

横から入るところには鳥居があるんですが、この正面参拝ルートに鳥居を設けないというのは、やはりかつて明治の神仏分離までこの神社が寺院だったことの名残なのでしょうか……にしてもちょっと珍しいですね

こちらもまた珍しい、拝殿が一階と二階にそれぞれあるという重層社殿という造りの本殿です。主祭神の通称妙見さまというのも元々はお寺に祀られていた妙見菩薩のことであり、神道でいうところの天之御中主神に当たります( ˘ω˘ )

ちなみに創建時のお寺の名前は「千葉妙見宮」……宮ってのはすでに神社っぽいんですが、お寺だったそうです。のちに真言宗の北斗山金剛授寺尊光院となり、神仏分離を経て現在の千葉神社となったそうです(^-^)

境内を歩くと末社がずらり全14社という数は国内でもそうそうない数ではないかと思われます(;´∀`)

天之御中主神という主祭神の位置づけが日本神話の中でもかなり根本にあたるためか、関連する神が大勢おわすってことなんでしょうね……( ˘ω˘ )

このような長屋っぽい造りの社殿なんてのも珍しいですよね……まさに末社の数の多さを物語っているような('ω')

こちらも末社の一。御岳神社はちゃんと山のご神体になっています( ˘ω˘ )

こちらは撫でると幸運になるという亀岩。これが自然にできた岩の形だとするとなんともパワースポットな感じ……霊験あらたかですねぇ

そして千葉県最大の天神として名高い、摂社にあたるこの千葉天神。かつての千葉神社の本殿だった建物を移築し、天神をお祀りしているんだそうです(^-^)

天神は菅原道真ですが……やっぱり天と付く縁から、天之御中主神の摂社にあたるということなんでしょうか( ˘ω˘ )うーむ

かつての本殿ということで月星のご神力も合わさって、まさに学問プラス幸運という、受験生のためにあるかのような神社となっております(*´ω`*)

天神の横にある力石。天神の力と相まって、手で触れることでボケ封じになるそうです(^-^)

そして亀岩の反対側にある「お水取り」の井戸幸運をもたらすご神水だそうなので、一口いただきました。んー、味とかは至って普通の水のような感じ(;´∀`)

お水取りって関東各地から来るんですね……やっぱり「幸運」っていう何を成すにも必要なご神徳と、あらゆる神との繋がりを示すパワースポット感がそうさせるんでしょうか( ˘ω˘ )

そんな千葉神社のご朱印です

なかなか堂々たる書体で、美しい一枚ですね(^^♪

千葉神社
千葉県千葉市中央区院内1-16-1
043-224-2211
祈祷受付 8:30~17:45 ご朱印受付 9:00~17:00
JR千葉駅(京成千葉駅)から徒歩約10分
駐車場なし(近隣有料駐車場)
創建 長保2年(1000年)9月13日
縣社
主祭神 北辰妙見尊星王(天之御中主大神)

駅前の呑める蕎麦屋さん!日本酒ラインナップに目を奪われますΣ(゚Д゚)

そば酒膳 あづみ野千葉県千葉市若葉区西都賀3-1-8 ハックベリー都賀1F

都賀駅前にあるちょっとおしゃれな感じの店構えの蕎麦屋さん「あづみ野」(*´ω`*)

以前友人の勧めもあったので今日のランチはこちらにお邪魔してみたいと思います

店内は石造りの壁にちょっとダークな照明、ジャズがかかるいわゆる蕎麦バーのスタイル( ˘ω˘ )

しかしその壁にさりげなくずらり貼られた日本酒の銘柄を見てちょっとびっくり……あらまさ十四代而今ですとなッ!?Σ(゚Д゚)

こここりゃ~完全に呑める蕎麦屋……駅近という立地もばっちりだし、しかもこのラインナップはちょっとこだわってる居酒屋並みに日本酒党向けと言っても良いんじゃないですか??(/・ω・)/

うーむそうなると小料理も期待だし、もちろん主役の蕎麦だって……と、どんどんハードルが上がってしまいますよこりゃぁ;つД`)

そんなわけで蕎麦以外の味も確認したくなったので、ここはお得なミニかつ丼セット(*´▽`*)

ほうほう、やはりあづみ野という店名だけあって信州ゆかりの蕎麦屋さんとお見受けしてましたが、なかなか香りの良い蕎麦ですぞこりゃ(^^♪

つゆも辛めのしっかりめで良い感じ

カツ丼!……は流石に馴染みの蕎麦屋には及ばないけど、たまごも半熟でなかなかいい線です(^-^)

これは夜の小料理にも割と期待が持てそうですぞ!いつか来よう!(*´▽`*)ぬふふ

そんなあづみ野の箸袋です。こんなほっこりぽってりした書体、良いですね~

そば酒膳 あづみ野
日本蕎麦
千葉県千葉市若葉区西都賀3-1-8 ハックベリー都賀1F
043-255-2787
1,000円~2,000円
11:30~15:00(LO) 17:30~23:00(LO22:30) 月曜定休
JR都賀駅より徒歩1分
駐車場なし

その日のうちにご賞味を!本物のだんごがここにあります(^-^)

平林のだんご千葉県八街市八街ほ239

余計なものは一切使っていない、今時珍しい米粉だけで純粋に作っただんごが食べられるお店「平林のだんご」(*´ω`*)

建物こそ鉄筋ではあるものの、その門構えや店内の空気はまるで時代劇の茶店を思わせるほっこりした佇まいで、これぞどこからどう見てもTHEだんご屋さんそのものという風合い(^-^)

お店の歴史はこの八街の地に列車が引かれることになった頃からだそうで、店頭には創業当時の店舗を再現したミニチュアも展示されていますが、その作りは茅葺屋根に白木の壁……これこそ本当に時代劇に登場する峠の茶屋って感じですよね

なにしろここのだんごは賞味期限がその日のうち!そのお値段も今もって一本40円程度と、もう本物の材料から本当の作り方で作った本物のだんごを本当の値段で売り続けている姿勢がありありと伝わってくるのですよ……;つД`)

ほとんどのお客さんが持ち帰りで包んでもらうようですが、この静かな店内のほっこり空間でいただくこともできます(*´ω`*)

今回はうちも包んでもらいましたが、次回はここで是非食べたいなぁ

だんごは「みたらし」と「あん」の2種類で、これがほんとにほんとのだんごなもんですから、スーパーやコンビニのなんかと比べたら味も香りも食感も全然別物なんですよ!(*´▽`*)

こりゃあ表立っては言ってなくても間違いなく八街名物……八街駅にお越しの折には是非一度食べていただきたいと、本当に思うのであります;つД`)

平林のだんご
和菓子
千葉県八街市八街ほ239
043-443-0239
~1,000円
9:00~売り切れ次第閉店 火曜定休
総武線八街駅から徒歩約1分
駐車場なし

昔ながら~の中華食堂で支那そば半チャン( *´艸`)

竹三屋千葉県八街市八街ほ693-1

駅前からちょっと外れた場所にお店を構える、いわゆる昔ながらの中華食堂「竹三屋」(^^♪

こういうお店にお邪魔したら、何はともあれまず注文したいメニューはやっぱりこれでしょう!(≧▽≦)

支那そば半チャーハン!基本のメニューにもちろん醤油ラーメンもあるんですが、それと別に支那そばってメニューがあるのです( *´艸`)

水菜わかめというあっさり具材コンビに、スープも醤油ラーメンよりもややすっきりやさしい感じ(/・ω・)/

まあ、これがいわゆるラーメンの古い呼び方である「支那そば」に合っているのかと問われれば、どちらかと言うとむしろ最近のヘルシー志向じゃないかっていうツッコミを受けそうなのはさて置いて、これはこれでかなりうまいわけですよ!(*´▽`*)

そしてチャーハン!こっちはもうしっかりチャーハンしてます!チャーハンはやっぱこういう味でなきゃっていうチャーハンです(^^♪

とまあ、今回はそんな基本に徹したような注文になりましたが、このお店はなにしろメニューの数がやたら多いので、他にも気になるものが多数あるわけです('ω')

次回は焼きそばかなぁ……( ˘ω˘ )

竹三屋
中華料理
千葉県八街市八街ほ693-1
043-443-8001
~1,000円
11:30~23:00 年中無休
八街駅から1,163m
駐車場あり

絶品もつ煮に鴨せいろ。本場仕込みの町蕎麦屋さん!

あさひ千葉県八街市八街ろ169-24

榎戸駅からちょっと離れますが、ここ「あさひ」のお蕎麦は美味しいですよ~(*´▽`*)

……と言いながらいきなりの「もつ煮込み

濃いめの味噌だれで煮込まれたもつたちがすごくすごーく良い味なのです!七味を振ってしゃきしゃきのねぎもよく混ぜて、このウマ辛な味がほんとにたまらん(^-^)

ほんとはお酒のお供なんでしょうけど、呑まなくてもけっこう毎回注文してしまうほどの絶品です。ちなみに居酒屋さんをはじめいろんなところでもつ煮って頼むんですが、こういうタイプは今のところ他でいただいたことはありません( ;∀;)

そして肌寒くなってくる秋~冬場はこいつがうまい、鴨せいろ!( *´艸`)

普通のそばつゆでたぐってももちろんうまい蕎麦なんですが、この香ばしく炙った合鴨が効いたつゆですよ!ここの鴨せいろはほんとにうまいんです;つД`)

ちゃきちゃきの江戸っ子蕎麦っ喰いさえも間違いなくうならせるであろう「蕎麦食った~!」っていう満足感と充実感が、なぜかこんな小田舎なのに味わえるなんて、ほんとにありがたいお店でございます「あさひ」

あさひ
日本蕎麦
千葉県八街市八街ろ169-24
043-443-5584
~1,000円
11:00-20:00 木曜定休
駐車場あり

この独特な味わいがなんだかんだでロングセラー。

ニュータッチのチャーシューメンって、このなんとも言えない独特の味わいが癖になりますよね~(*´▽`*)

他に類を見ない独自の「昔ながら」の一形態を確立した感じで、ずっと変わらないこの味の路線でなんだかんだのロングセラー

チャーシューが別袋になったりスープが液体後入れになったり、見た目はいろいろ変遷がありそう……味が変わってないように感じられても、きっとうっすらと影響はあるんでしょうなぁ('ω')

この生姜の効いたチャーシューがなんとも独特なんですよねぇ( *´艸`)

食感なんてもうスライスハムみたいでとてもチャーシューって感じはしないんですけど、このヌードルとラーメンの間くらいの独特のスープと相まって、ニュータッチチャーシューメンっていうスタイルそのものになんとも郷愁を誘う味があるんじゃないでしょうか

一方で凄麺とか作ってるヤマダイだけに、このギャップがなんとも言えません;つД`)

ニュータッチ チャーシューメン
ヤマダイ
170円
1981年(昭和56年)6月発売
「ニュータッチ チャーシューメン」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    ちょっと買い食いで、小さな幸せを感じたりして。できたてのものは、すぐにいただくのが良いですね。

    本日のラッキーほっこりは POPメロンソーダ です!

    これまでのおみくじ結果