1. 玄関
  2. お食事処 最新10件
  3. ヤクルトタイプ

お食事処

お食事は離れの庵にて。おいしいお蕎麦や地のグルメをご堪能ください。

お食事処 最新10件
行列店特集
三立て蕎麦特集
コロッケ蕎麦特集
箸袋コレクション
コロッケ・メンチ特集
瓶特集
レトロドリンク特集
黄色いほっこり特集
お蕎麦
江戸切り
関西風
名物蕎麦
立ち食い蕎麦
弁当の蕎麦
カップ蕎麦
いろんなグルメ
ラーメン・ギョーザ
うどん・すいとん
居酒屋・バー
鉄板・粉もの系
鍋・懐石
鳥・たまご
鮮魚・海の幸
ジビエ・山の幸
とんかつ・コロッケ
定食
喫茶・甘味処
パン
ステーキ
ハンバーグ
イタリアン
バーベキュー
インド料理
ヘルシー
ご当地グルメ
駅弁
テーマパークグルメ
ファミレス
ジャンク・ファストフード
おうちごはん
時代劇めし
漫画めし
ゲームめし
レトロめし
その他のおうちごはん
弁当・おにぎり・総菜ごはん
セブンごはん
ファミマごはん
ローソンごはん
スリーエフごはん
ミニストップごはん
Newdaysごはん
スーパーのごはん
道の駅・観光拠点のごはん
専門店のごはん
自販機のごはん
カップ麺の旅
カップラーメン
カップやきそば
カップうどん
その他のカップ麺
市販食品コレクション
レトロ系おやつ
レトロ系瓶詰缶詰レトルト
レトロ系インスタント
絶品冷凍食品
ほっこり
こだわり
おかき・煎餅
和アイス
その他おもしろ食品
ドリンクコレクション
温泉水
ミネラルウォーター
緑茶(500mlペットボトル限定)
牛乳・飲むヨーグルト
コーヒー
ラムネ
おしるこ
甘酒
和豆乳
オロナミン系(500ml除く)
ヤクルトタイプ
大人気分
ジンジャーエール
果汁100%
野菜ジュース
スープ
ココナッツ系
その他おもしろソフトドリンク
日本酒
ワイン
ビール
ウイスキー
その他のお酒
QR
スマホで

ヤクルトタイプ

ヤクルト系の黄色い乳酸飲料タイプ。マミー、ピルクル、ビックルなどの飲料を集めていきたいと思います

ピルクルのヤクルトタイプ!一体1日量はどっちなのか?('ω')

500mlの紙パックでも出ているピルクル。それがこんなヤクルトタイプな容器になってるってことは、中身が濃いのかな?('ω')

いやいや、特に濃いということは書いてないですな……とすると、ヤクルト的に見るならばこの容器が1日分(;´∀`)

フタはヤクルトと同じ、ブランド名が躍るデザイン。文字の間のにょろ~んっていう赤い波がなんとも乳酸菌飲料チックで良いですね( *´艸`)

しかしこれトクホだしなぁ……分量間違って飲むってのはあんまり体に良さそうじゃないし、ちゃんと調べてみましたよ( ;∀;)

ありゃ、やっぱり1日65mlが適量らしい!とすると500mlの紙パックを普通に飲みきると、ざっと7日~8日分をいっぺんに飲んでるってことですか!Σ(゚Д゚)がびーん

えーでもさー普通さーあの500mlはさー1人当たりの1回分の飲料だと思うじゃないですかー!ズルくない?ズルくなーい??……というのはDEBU理論かなぁ……いやいやDEBU理論は2Lでしょ!やっぱり普通ですって( ;∀;)

しゃーない、次からは500mlで買ってもそれをおちょこに注いでちびりちびりと飲ることにしましょうか;つД`)うぐぐ

あ!ちなみに味はヤクルトに一番近い乳酸菌飲料かもしれません

ピルクル
日清ヨーク
218円
1993年(平成5年)発売
「ピルクル」を買いに行く

おとなのための乳酸菌飲料を見つけました

酵素と乳酸菌おとなには大人の乳酸菌飲料ってどっかで聞いたようなフレーズですが、L.カゼイ菌と米麹のコラボというからビックリです( ゚口゚)=3

見た目には朝から手軽に飲めるヤクルトサイズの普通の乳酸菌飲料と変わらないようなんですが、果たしてどうなんでしょうか

おおお、見てくださいこの美しいフタのゴールド(^◇^)

一瞬にして目を奪うこの輝き!まさに大人のためのプレミアム飲料という演出でしょうか( *´艸`)

容器はヤクルティーですが、それを最大限プレミアムにしようとしてる感じが、この空間を意識した文字配置からもありありと伝わってきますね( ˘ω˘ )無駄がない

味はこれまた飲んでびっくり、ほんとに麹の味がします。すなわち甘酒とヤクルトのミックスドリンク!いやこれがまた不思議なほどうまい!癖になる

このタイプのドリンクって、まったくこの量を1日1本って言われるのが酷なくらいうまいのが多いですよね……1日10本くらい飲んじゃだめなのかなぁ;つД`)高くつくけど

酵素と乳酸菌
ホワイト食品工業
162円

赤に水玉模様のフタも良いですよね~

シジシーから格安乳酸菌飲料!これまた格安ながらL.カゼイ菌なんですね……奮発してますな

この赤に水玉のフタもなんか昭和の色ですよね~!ヤクルトもどきなんだけど、これはこれですごくウキウキさせられるビジュアル( *´艸`)

ストローは付いてないので、ぺろ~っとフタを剥がす昔ながらの飲み方で行きますよ( ˘ω˘ )

もうぱっと見完全にヤクルトと見まがう感じですが、味はちょっとすっきりとしていてレトロな感じがします(*´▽`*)

ヤクルトはシロタ株が入ってるのがなんたって特別なんですが、L.カゼイ菌だけでもかなり腸には有効なはず!続けるならお財布へのやさしさも重要ですからね

CGC 乳酸菌飲料
シジシージャパン
148円

りんごジュースと乳酸菌飲料のまんま間のお味

ちょっと幼児向けなパッケージりんごx乳酸菌!なんとL.カゼイ菌が配合されてますね。これはお腹に良さそうだ( *´艸`)

このタイプの容器でフタが緑のやつってな~んか惹かれるんですよね。りんごジュースも緑だったと思うんですが、これってつまりりんごが入るとフタが緑になるっていうルールなんでしょうか?

中身の色もちょうど白いタイプのリンゴジュースとヤクルトタイプのドリンクをミックスしたような感じですね(*´ω`*)

要するに緑のキラキラが好きだったのかもしれません。ビックリマンシールでいうヘラクライスト的な(*´▽`*)

お味の方もこれがまさにそのまんま。リンゴジュースとヤクルトをミックスドリンクにしたという感じ!でもこれが不思議となかなかイケる(^^♪

こうして普通のスーパーのお寿司パックにちょっと付けるだけで急におこちゃま寿司に見えてきませんか?ちょっとしたマジック容器ですよねこの形って

りんごx乳酸菌
日清ヨーク
128円
2017年(平成29年)3月26日発売
「りんごx乳酸菌」を買いに行く

カルピスのヤクルト系飲料

あのカルピスからもヤクルト系飲料が出ております。その名も「ぐんぐんグルト

カルピスだからなのか、これがとってもカルピスらしいお味!ちょうどカルピスとヤクルトを足して2で割ったような爽やかな酸味が良い感じなのです(*´ω`*)

自分的にはかなりうまいと思いましたが、これってひょっとしてミックスドリンク的な味なのかな……1対1で割ってみたら同じ味になったりして( *´艸`)

ちなみに3種類の乳酸菌入りってことですが、ぐんぐんって背が伸びる的なイメージなんですかね……つまり子供向けを意識してる?……と思いきや、実は30代~50代の男性が一番の支持層なんだそうな(;´∀`)業績がぐんぐんか

ぐんぐんグルト
アサヒ飲料
140円
2003年(平成15年)発売
「ぐんぐんグルト」を買いに行く

唯一この牛乳パックサイズで出てるヤクルト系飲料( *´艸`)

マミーって別にミイラ男のことじゃないんですよ?たぶん母上の愛称のマミーだと思うんです、たぶん('ω')

かつてはヤクルトもそうだったらしいですが、このマミーももちろんがありました……今じゃもうその空き瓶すらも、昭和レトロファン垂涎のアイテムになってる感じですよよよ;つД`)

今じゃすっかり紙パック飲料として定番になったこれも、このとおりコップに注げばヤクルトとなんら見分けのつかないビジュアルとなっております

味の方もかなり甘口。マミーっていうくらいだからヤクルト以上に幼児用というコンセプトで作られたんでしょうか……しかしこれがこんなにも甘いというのにけっこうごくごくいける不思議( *´艸`)

こんなでかい紙パックで出てるからにはもちろん湯あがり飲料にも最適です。なにしろこれも歴史ある飲料だけに、懐かしいという声が今でも聞こえてきますよ( ˘ω˘ )

マミー
森永乳業
100円
1965年(昭和40年)発売
「マミー」を買いに行く

はい、今更ですが本家本元の登場です

今更ですが本家本元のヤクルトをここで久々に飲んでみたいと思います。「New」って付いてますが何か変わったんでしょうか(;´∀`)

本当は自販機で1本売りしてるやつを買って、その自販機の前で飲むっていうのをやりたかったんですが、まあそんな宛があるわけでもなく諦めて普通に買ってきました;つД`)

5本をこうして並べるとちょっとした部隊ですね。そしていつからかトクホっていうバッジを付けていました(*´▽`*)

ヤクルトってやっぱりなんかちょっと特別ですよね……コカコーラとかと同じでやっぱりそのジャンルの代表格っていう風格があります

そして付属の細っそいヤクルト専用ストローで丁寧にテイスティング……あら!?ヤクルトってこんなにすっきりした味でしたっけ!?Σ(゚Д゚)

いや自分の知るヤクルトはもっと濃厚だった印象……おかしいな、これじゃちょっと大きめのY8クラスな印象じゃないか?むむむ……( ˘•ω•˘ )

今まで飲んできた亜種たちの味を例えるのに「ヤクルトの濃さ」みたいなものを基準にしてレビューしてたのに、これじゃあいろいろ見当違い……さあて困ったぞい(;´∀`)

まあこれはこれでとっても湯あがり向きに進化したってことで良いでしょうかね……昔の濃い味のヤクルトも好きだったのでちょっと残念ですが、これがNewってことなんですかね( ˘ω˘ )

ヤクルト
ヤクルト
40円
1935年(昭和10年)発売

ビックルぐびぐび~!あっさりしてて湯あがり向き

サントリービックル!ヤクルトをでっかくしたみたいな瓶のやつが本来の姿ですが、こんな500mlのがぶ飲み系もありますね

ヤクルトよりかなりさっぱりしていてぐびぐびと飲める感じがします。湯あがり飲料としても向いてるかも?( *´艸`)

落書き兵士の「おつかれさま~!」にほっこり。「1日のシメにビックル。豪快男飲み!」って要するにバスタオル一丁で腰に手を当ててってことですかね( ゚口゚)=3

ちなみに乳酸菌は4種類脂肪分はゼロだそうですよ。味もうまいから続けられる~(*´ω`*)

ビックル
サントリー食品インターナショナル
124円
1993年(平成5年)発売
「ビックル」を買いに行く

サンガリアだからヨーガリア( ˘ω˘ )

ヨーガリア」ってヨーグルトの変化形としてはかなりあさってな感じでちょっと笑ってしまいましたが……そうかサン「ガリア」だからヨー「ガリア」なのか!あとブルガリアにもかけてるみたいですね(;´∀`)てっきり苦肉の策かと

味はこれすっごくヤクルト的な濃さがあります!この量のヤクルトってけっこうしんどいなーと思いつつ、割と飲み干してしまった不思議( *´艸`)

ブルガリクス菌サーモフィルス菌を配合しているらしいので、お腹に良いことありそうです

これだけ濃いと、シャーベットにしてもうまそうな気がしました( ˘ω˘ )

ヨーガリア
サンガリア
83円
「ヨーガリア」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は小吉です!

    近場のほっこりスポットに小さな幸せが待っている予感がします。チャンスを逃さずに!

    本日のラッキーほっこりは 手ぬぐい本(手ぬぐい活用猫) です!

    これまでのおみくじ結果