1. 玄関
  2. お食事処 最新10件
  3. レトロドリンク特集

お食事処

お食事は離れの庵にて。おいしいお蕎麦や地のグルメをご堪能ください。

お食事処 最新10件
行列店特集
三立て蕎麦特集
コロッケ蕎麦特集
箸袋コレクション
コロッケ・メンチ特集
瓶特集
レトロドリンク特集
黄色いほっこり特集
お蕎麦
江戸切り
関西風
名物蕎麦
立ち食い蕎麦
弁当の蕎麦
カップ蕎麦
いろんなグルメ
ラーメン・ギョーザ
うどん・すいとん
居酒屋・バー
鉄板・粉もの系
鍋・懐石
鳥・たまご
鮮魚・海の幸
ジビエ・山の幸
とんかつ・コロッケ
定食
喫茶・甘味処
パン
ステーキ
ハンバーグ
イタリアン
バーベキュー
インド料理
ヘルシー
ご当地グルメ
駅弁
テーマパークグルメ
ファミレス
ジャンク・ファストフード
おうちごはん
時代劇めし
漫画めし
ゲームめし
レトロめし
その他のおうちごはん
弁当・おにぎり・総菜ごはん
セブンごはん
ファミマごはん
ローソンごはん
スリーエフごはん
ミニストップごはん
Newdaysごはん
スーパーのごはん
道の駅・観光拠点のごはん
専門店のごはん
自販機のごはん
カップ麺の旅
カップラーメン
カップやきそば
カップうどん
その他のカップ麺
市販食品コレクション
レトロ系おやつ
レトロ系瓶詰缶詰レトルト
レトロ系インスタント
絶品冷凍食品
ほっこり
こだわり
おかき・煎餅
和アイス
その他おもしろ食品
ドリンクコレクション
温泉水
ミネラルウォーター
緑茶(500mlペットボトル限定)
牛乳・飲むヨーグルト
コーヒー
ラムネ
おしるこ
甘酒
和豆乳
オロナミン系(500ml除く)
ヤクルトタイプ
大人気分
ジンジャーエール
果汁100%
野菜ジュース
スープ
ココナッツ系
その他おもしろソフトドリンク
日本酒
ワイン
ビール
ウイスキー
その他のお酒
QR
スマホで

レトロドリンク特集

パーラーのメロンソーダ、復刻版クラシックサイダー、今も昔ながらのレモンスカッシュなど、レトロを感じる飲み物を特集していきます

ワインレッドの心!昭和のおもひで、赤玉パンチが公式に復活です(*´▽`*)

ななんと、自分もかつて直接サントリーに問い合わせていた「赤玉パンチ」が、このたび公式に復活しているというんですよ!ファミマオンリーだそうですが、さっそく発見して入手しました~

やっぱり自分みたいに問い合わせる人がそれなりに殺到したってことなんでしょうかね……その時のサントリーの案内では、現存する同じ「赤玉」を冠する同社の「赤玉ポートワイン」よりも、一般的に「サングリア」として出ているお酒の方がどちらかというと近い味だということで、初めて聞いたサングリアってお酒をさっそく呑んでみたわけですよ( *´艸`)

しかしそんなことがあるまではほとんど気にしてなかったんですが、よくよく見てみるとこのサングリア、実はけっこう巷では見かける名前なんですよね。炭酸は入ってないのでその時点ですでに赤玉パンチとは別ものなんですが、フルーティーで呑みやすくお酒って感じがあまりしないような、いかにも若者に支えられてそうなお酒だなーって印象を受けました( ^ω^ )

今回はそんなサングリアとの違いも確認できるまたとないチャンス!昔はデキャンタ型の瓶で売られていたというオシャレな赤玉パンチも、復活となったらやっぱり缶入りで味気ない……ということでせめてワイングラスにでも注いでみましたよ( *´艸`)ワインレッドの心

さっそく1口……お、おお!なるほど~!こりゃ確かにサングリアをそのまま炭酸にした感じ!適度な酸味とフレッシュなフルーツ感に強炭酸が弾けてくる、いわゆるフルーツパンチ的なお味(^◇^)

赤玉パンチ 1983年CM

いや~こんなポップな印象のお酒がかつて高級感あるデキャンタ入りで売られていたなんてねぇ~……しかも安全地帯の「ワインレッドの心」はこれのCMソングのために作られたらしいですし……今考えるとまさに高度成長でイケイケな昭和的センスって感じですな(;´∀`)

赤玉パンチ
サントリー食品インターナショナル
173円
1977年(昭和52年)発売

初見のラムネとクリームソーダが自販機に2つ並んでました(*´ω`*)

懐かし系ラムネとクリームソーダの新種発見!!しかも背の低い太缶タイプでラムネだのクリームソーダだのなんて、初めて見ましたよ~!またこれらが自販機で綺麗に隣り合わせに並んで鎮座してたもんですから、これがなんともほっこりとしたビジュアルに映ってしまったんですよね~(*´ω`*)

というわけで飲み比べというわけでもないのに完全に思うつぼ、自販機の並びをそのまま購入してきてしまったというわけです;つД`)

しかもよく見ると実はこの2つ、ラムネは長野県の丸善食品、クリームソーダは神戸の富永貿易と、メーカーも全く違う赤の他人同士。でもお互いレトロなほっこりオーラが共通していて、なんだか他人じゃないような気がしますよね~!これを並べて売ることを考え付いた人がそもそも天才的( *´艸`)

ここはひとつグラスに注いでみました。まぁ中身の色合いとかについては特段変わったこともないんですが、何となく確認です(*´Д`)

お味の方は~、クリームソーダはいわゆる昔ながらのクリーミーリアルメロン系、ラムソーダはちょっと癖のあるこれまた昔ながらっぽいラムネ風味!量的にもちょうど良くて、よーく冷やしていただくとこれぞ昔ながらの湯あがり飲料って風合いです

ラムソーダ
丸善食品工業
120円

町屋下町風景その一、ほっこり銭湯「竹の湯」

竹の湯東京都荒川区町屋1-21-14

ついに来たーずっと気になっていた町屋にいよいよ降り立ちましたよ~!地元のうんま~い蕎麦屋さん「あさひ」の暖簾元がかつてあったという、THE下町の町屋ですよ( *´艸`)

今日はそんな下町を味わう3つの趣向、銭湯、居酒屋、蕎麦屋を巡るぶらり下車旅でございます!もちろん吉田類の番組ルートもチェックしているので、時間があったらウイスキーボンボンのお店なんかも視野に入れつつ

駅を降りて、まずは駅近の銭湯「竹の湯」へ!踏切待ちしていると都電が来ましたよ~!しかも落語会カラー(*´Д`)なんじゃこりゃ~

ちなみに昨日は船橋の「松の湯」、そして今日はここ町田で「竹の湯」!あとは梅の湯に入れば松竹梅コンプリートなのです!イエーイヾ(≧▽≦)ノ

やや道に迷いながらも、ストリートビューで確認したとおりのロケーションに、ありました昔ながらの銭湯「竹の湯」!すっかりビルに囲まれちゃって、なんだか知る人ぞ知る雰囲気( ˘ω˘ )

いつもながらの手ぬぐい一本手ぶらで銭湯スタイルなので、石鹸とシャンプーは前回の松の湯や栃木市の金魚湯と同じようにミニサイズのやつを番台にて購入~!この下足箱の木の札も、昔ながらの銭湯と言えばって風景の1つでほっこりですよね(*´ω`*)

しかもここの湯あがりはこんな和の庭を贅沢に眺めながら涼めるのですよ~!東京下町のど真ん中だと言うのに、これは粋ポイントが高い感じですね(^◇^)

ちなみにここまで3軒の銭湯を続けざまに訪れたわけですが、やはり共通点は湯が熱め!カランやシャワーから出るお湯からして基本的に熱いってのが、これこそまさに銭湯らしさなんですよね

温泉の湯船はたいてい床より下。でも銭湯の湯船は床より上で、跨いで湯船に入るのです。このへんの仕草1つ取っても、やっぱり風情の違いがある温泉と銭湯(*´ω`*)

瓶牛乳を腰に手を当てて飲むってのも、本当は温泉じゃなくて銭湯の文化なんですよね~!今や温泉宿に行く前には必ず湯あがり用に、地元の牧場のうまい瓶牛乳を探すのが慣習になってる自分ですが~;つД`)

しかしここの薬湯もまた熱かった……足が真っ赤っかになるヘビーな温度を体感しましたよ……昨日の松の湯は48度の湯に入れたってのに、今回は足先だけでギブアップ!何が違ったのかな~……(;´∀`)

竹の湯
東京都荒川区町屋1-21-14
03-3895-6159
460円(大人) 180円(小学生)
12:00~24:00 水曜定休
駐車場なし

以前から気になっていたほっこり銭湯に突撃しました

湊町松の湯千葉県船橋市本町3-24-17

先日栃木市で金魚湯を訪れてからというもの、すっかり銭湯ボルテージが上がってしまいました( *´艸`)

今日はそんな勢いに任せて、以前から気になっていた銭湯、「松の湯」に満を持して突撃でございます!以前に遠目から見て「目が3のおじいちゃんが入ってきたら良いなぁ」なんて言ってましたが、どんなもんでしょうか

こちらの銭湯はランドリーエリアを抜けて入ります。また良いですねこのランドリーって空間が!昭和の銭湯と言えばランドリーが必ずセットだった……(*´ω`*)

要するにその使い方は、ひとっ風呂浴びている間に着ている服も洗ってしまおうというわけで、つまり身だしなみのシンプルなクリーニングサイクルを安価で提供してくれているというシステムなのですね(*´Д`)

金魚湯に続き、こちらも石鹸とシャンプーは番台で購入。料金がまたすこぶる良心的で……駄菓子屋さんみたいな数字でした。これならほんと毎週末にでも通ってみたくなります( *´艸`)

ちなみに銭湯ってところは慣れてくるとマイお風呂セットをボトルキープのごとく預けるようになってくるみたいですね!使い慣れてる人はわりとそうしてるようで、スーパー銭湯になってもそこらへんは意外と引き継がれている要素だったりして(^^♪

脱衣場にでっけぇ~キリンが!これぞここ松の湯のシンボル!しかし見れば見るほど、この昔ながらのほっこりな空間がじんわりとして何とも良いじゃないですかね~( ;∀;)

古めかしい体重計とマッサージチェア!昭和の銭湯には必須アイテムですね!あ、体重はもう自分は怖くて計れませんけどね……もうちょっと痩せないと;つД`)

またこの揉み手が剥き出しのマッサージチェアが良いですよ!いかにもむか~しの型番って感じがします

マッサージチェアは1回10円!良いなぁ~10円だなんて!これもやっぱり駄菓子屋さんみたいな価格!ちなみにドライヤーは1回20円でした( *´艸`)ほっこり

スーパー銭湯だと最新のマッサージチェアなんかが置いてある代わりに、お値段も1回200円とかですからね~……( ˘ω˘ )

銭湯はご近所のパワースポット!良いですねぇ、まさにこういうことですよ。銭湯ってのは社交場であり禊の場であり庶民が日々の健康長寿を願う場なのであります(*´▽`*)

しかし実はここにはなんと、温度計の針が本当に48度を指しているという、まさにいわゆる「押すなよ!絶対に押すなよ!」って言いたくなるような「熱湯風呂」があるのです( ゚ー゚)

しかしそんな地獄のような温度でも、中身が薬湯だったおかげか否か、今回なんと勢い任せに5分くらいじっくりと浸かってしまったのですよ( ゚口゚)=3

その湯に浸かった後なんかもう普通の温度の湯船に移動しようものなら、もうまるでプールですよ、子供のプール!それだって普通に42度とかあるのにですよ?(;´∀`)

いや~そんな面白い体験もありつつ、涼しい夜風で湯冷まししながら飲む湯あがり牛乳!温泉以上にやっぱりこういうのは銭湯でやってこそですかね( *´艸`)

腰に手を当てて~顔は左斜め45度!そして一気に~ごくごくごく!ぷっは~!あ、ちなみに風呂桶は金魚湯同様、きちんとケロリンでしたよ~(^◇^)

湊町松の湯
千葉県船橋市本町3-24-17
047-424-3005
430円(大人) 170円(小学生) 70円(未就学児)
15:00~24:00 不定休
駐車場あり(3台)

ついに我らがPOPメロンに2作目が!しかもフルーツパンチヾ(≧▽≦)ノ

ついにあの完全無欠のメロンソーダを市販で実現したPOPメロンに後継種が現れた!!しかもその色は鮮やかなビックリピンク!ななんと第2弾はフルーツパンチで来ましたよヾ(≧▽≦)ノ

ファンタのお株を奪う懐かしフレーバー!そしてこれまたレトロフルーツパーラーの定番味でしょ!業務用を再現するコンセプトにしては目の付け所が完璧すぎて涙がこぼれますねまったく;つД`)

そしてこれより少し前に別の自販機で輝き始めていたこの鮮やかなブルー!そう、がぶ飲みシリーズもやってくれてるんです( *´艸`)

浅草ハトヤが最近メニューから外してしまったというTHEレトロソーダ水のブルーハワイ( ;∀;)

今日はこの2つをそれぞれ味わうプラス、この鮮やかな色合いを見たらやらずにはおれない、そう、MIXドリンクターイムでございます

まずは赤いやつからテイスティング。おおおファンタのフルーツパンチとは2味違います!なんというか垢抜けないフルーツパンチ!!フレーバーの絶妙なバランス加減と、強めの甘味とパンチでメロンソーダと同じく業務用感満点昭和モダンなパーラーで足の付いたグラスからストローで啜ろうものなら、爽やかさと確かな満足度でまた1か月頑張れそうな気がしてきます;つД`)

そして青い方!これまたかき氷のブルーハワイシロップを思い出す、あのハトヤで飲んだブルーハワイにかなり近い爽やかなフレーバー!これもやっぱりパーラーや喫茶店で買い物疲れの足を休めながらまったり飲むのに嬉しい1杯でございます(∩´∀`)∩

しかしブルーハワイはまだしも、フルーツパンチは業務用に出会ったことがないにも関わらず、まるでありありとその風景が蘇ってくるかのような味だからすごいですよ……やっぱりPOPブランドだからきちんとリアルに再現してるんだろうなぁ( ;∀;)

そして、この2つを合わせた真ん中のクリアパープルドリンク!さぁて一体どんなお味??むぅぅ!!なんとまたしても完全相殺!!フレーバーが干渉しあって味を消してしまっているではないかバカモーン( ゚口゚)=3

うん、やっぱり昭和の味は素直に楽しまなきゃバチが当たるってもんですねまったく(*´Д`)

POPフルーツパンチ
サントリー食品インターナショナル
124円
2018年(平成30年)4月24日発売
「POPフルーツパンチ」を買いに行く

ヤマザキ自販機にあったほっこりつぶつぶみかん飲料( *´艸`)

ヤマザキの自販機は本当に湯あがり系ドリンクが並んでいて、見ててほっこりですよね。でも温泉旅館の自販機コーナーにヤマザキってのは見たことがないんですけどね~(*´Д`)

今回は缶のつぶつぶみかんオレンジ!こういう昭和を感じさせる素朴で昔ながらのデザインがたまらんですよ!またペットボトルでなく缶ってところが良いですよね

かつて一世を風靡した「こつぶ」を彷彿とさせる飲み味。やっぱりつぶつぶは缶から飲んでこそです!またこのオレンジ味も、誰にでも愛されそうな昔ながらの素直で優しいお味!やっぱりさすがのヤマザキ、湯あがりにほっこりするレトロなテイストが素敵すぎますね( *´艸`)

つぶつぶみかんオレンジ
山崎製パン
100円

初春残雪のお宿ゑびすや、2度目の宿泊です(*´ω`*)

塩原元湯温泉「ゑびすや」栃木県那須塩原市湯本塩原153

やってまいりました今回2度目の宿泊となる塩原元湯ゑびすや!前回はいつぞやの真夏でしたねぇ~……あれは益子で宇宙椀を買ったときでした(*´ω`*)

今日はまだスタッドレスが必要か否か、みたいな残雪情報がある日でございます!とはいえ実際に走ってみると雪なんて塩原温泉の中心街にすら全然なかったんですよね~('ω')

ところがですよ!塩原も元湯に向けて徐々に標高が上がってくるころ、あれは源三窟や逆杉のあたりからでしょうか、ちらちらと路肩に雪が見えてまいりまして、ここゑびすやに到着してみるとこんな状態なのであります;つД`)さすがだよ

お宿向かいの清流もこのとおり!向こう側にはミニかまくらなんかも残っていてほっこりするばかり!このタイミングでまさかこんなにも雪が見られようとは思いもよりませんでした( *´艸`)

しかしやっぱりこの水のきれいさ!これぞ塩原ですのぅ~

ゑびすやの名物といえば温泉おかゆもですが、この山奥ならではのヤシオマスってのもあるんです!今日も食べられると良いなぁ~(^^♪

まったくお賽銭投げたくなるような神々しい雪解け水ですね;つД`)

ほとんど0度という、キンキンに冷えてやがる清流でございます!山魚の姿は見えないけど、こんな澄んだ水ですから絶対にどこかにいるはずですね~(*´Д`)

いや~このロビーも久しぶり!変わってませんねぇ~!受付のおばあちゃんもご健在で何より!前回同様、楽天トラベルからの予約特典でまたポリタンクをもらいました~( *´艸`)ありがとうばあちゃん

今回のお部屋は2階でございます!前回は確か玄関の縁台で夕涼みしてる人が見えるような1階の奥の間でしたっけねぇ(;´∀`)

そういえばお部屋に向かう途中、なんだか前回よりも廊下が綺麗になってるような気が……!?こりゃだいぶ直しましたなぁ~(*´Д`)

さぁて疲れた~!早速浴衣に着替えてリラックスといきましょ!もちろんアメニティ類もしっかりです

前回は真夏だったからこのうちわにもだいぶお世話になりましたねぇ……今回は雪の残る季節。でも何気に湯あがりにはありがたいもんです(*´ω`*)

ちなみに前回もらったポリタンクも持ってきちゃいました!……って、あら!?ポリタンク小さくなってる~(;´∀`)

まぁ不景気が続いてたししょうがないか~……今回は喜連川温泉に寄るからそのお湯を汲めたらと思って持ってきたんですが、さすがにそりゃちょっと難しかったですな;つД`)

とりあえずお茶を淹れてほっこり一息。そしてやっぱりなんてったって温泉饅頭が置いてあるのが嬉しいんです!これぞ何よりも温泉に来たーって感じになりますもんねぇ(*´▽`*)

さっそく食前に温泉を楽しみに参りましょう

さて一休みもできたし、風呂に乗り込むぜ~!2階の階段前はちょっとした湯あがりスペースになってるので、あとでこの瓢箪のソファーでまったりも良いですね~( *´艸`)

お湯殿は地下1階になっております!この宿の見どころの1つ、THE湯治場って感じの内湯に乞うご期待(`・ω・´)

お湯の成分表示と湯暖簾。期待感が高まりますよ~

……っとその前に、飲泉処に寄り道しましょうか!明日の朝食にはこの「梶原の湯」で炊いた温泉おかゆが出るのです(^^♪

紙コップがあるので汲んでいただきましょう!飲みすぎに注意ですが、まぁはっきり言って素のままそんなにたくさん飲めるような味でもありません(;´∀`)

基本的に薄めずに飲むんですよね!了解です!硫黄の香りにちょっと酸味のある独特のお味!これを1日4回が適量らしいです。かなり湯治な感じ( ゚Д゚)うぬぅ

さーぁ風呂だぬーん!この古めかしいインパクト、変わりませんねぇ~!いや、少しここも綺麗に直したのかな?でも温泉の強烈な成分の影響ですぐにこの感じになっちゃうようですね( *´艸`)

そして今回初めて気づいたんですが、この2つの湯船って単なる熱湯とぬる湯かと思ったら、なんと源泉が2種類だったんですねΣ(゚Д゚)マジか

左手のぬる湯のほうは先ほどの飲泉処でも湧いていた「梶原の湯」!こちらは本当に長湯ができる温度で、気が付いたらのぼせているというちょっとアブないお湯でございますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

そして右手の激アツの湯!こちらが一定時間ごとに噴き出る名物間欠泉「弘法の湯」でございます!前回はちょっと触っただけでもう無理と……まったく入れる気がしませんでした;つД`)

しかし今回は!勇気を振り絞ってこちらの湯にどぼーん!!あぢぃ~!ってなるかと思ったんですが、これがなんと摩訶不思議!肌にぢりっと来るのは最初だけで、意外とすぐに馴染んでしまうのです(;・∀・)マジです

なんと、我慢大会だなんて言っていた前言は完全に撤回!普通~にこっちのお湯に長々と浸かってしまいました!いやこれほんとに一度慣れると不思議なくらい浸かってられるんです(^◇^)

まぁもちろん上がってみると全身真っ赤っかなんですがね……それでも不思議とのぼせない!こりゃひょっとすると名前からしても本当に霊験あらたかな名湯なんじゃなかろうかと( ;∀;)

40秒 音あり 7.94MB

ちなみに間欠泉が噴き出る様子は動画に収めてまいりました。湯口付近と端っこではやっぱりちょっと湯温が違うようですがね(*´Д`)

動画は梶原の湯の方に浸かりながらから撮影したんですが、弘法の湯あがりでこっちに入るともうほとんどプールです;つД`)

さてそれじゃあ今回もこのお湯をいただいていくとしましょう!源泉が2種類あると知った以上、せっかくですから2種類とも持って帰りますとも( *´艸`)

大きいポリタンクのほうは前回同様、間欠泉から直接汲み取るスリル満点の弘法の湯!たったこれだけでも自宅のお風呂に混ぜるとかなり香りが蘇るんですよね~

そして小さいポリタンクのほうは今回初の持ち帰り、飲泉処から梶原の湯を!こちらも自宅のお湯で楽しんでも良いんですが、こちらはやはり自宅で温泉おかゆの再現と洒落込みたいものです( *´艸`)

というわけでしっかりチャージ完了です!自宅まで楽しみ~!こういう生のお土産がいただけるのもゑびすやの魅力(^^♪

湯あがりは前回同様、ロビーのソファーにて( *´艸`)うちわもあるしね

受付のところに飾られたプレミアムヤシオマスの盾。これもこの宿の楽しみの1つなんですよね~( *´艸`)

塩原らしくモミジをあしらった額にもてなしの一期一会、そしてゑびすやらしく木彫りの恵比寿さん

にごり湯の会!とちぎはにごり湯がたくさんありますからねぇ~!今日寄ってきた早乙女温泉もにごり湯でしたし、やっぱり温泉好きにはたまらんのがなんたってにごり湯!くぅ~;つД`)

両目の入ったでっかいだるま!このお宿の成功祈願だったのでしょう、ご利益は間違いなしですね(*´ω`*)

そして塩原といえば新名物のとて焼!まだ食べてないんですよ、とて焼~……毎回しもつカレーでお腹いっぱいになっちゃってねぇ……次こそチャンスを掴みたい( ;∀;)

奥にはツキノワグマの剥製が!このへんはガチで出そうですからね~……ってそれより気になるのがこのお花のシールですよ!!こりゃあ~うちにもかつてありました!昭和レトロですなぁ~(*´▽`*)

前回もしっかりチェックしたプレミアムヤシオマスのポスター!まさに宿の隣を流れる清流にもいそうな山魚って感じです( *´艸`)

しっかり明記されております!もちろんです!今回も楽しみです!( ゚口゚)=3

そしてお待ちかねの夕食タイムヾ(≧▽≦)ノ

お湯の力も借りつつ、もうね、限界まで腹減ったんですよー!これだから宿の夕食はたまらん;つД`)

夕食は1階広間にて。美しい行灯と花の香りでしっとりほっこり上品な会場でございます

この夕食が~!また素晴らしく山の幸を堪能できるんですよね~!見るからに素敵ですよ(*´▽`*)

あ、もちろん宿の食事は確実に浴衣でいただく主義でございます!そりゃこれぞ温泉宿ですからのぅ~( *´艸`)

お酒はななんと、旭興の生酒があったんですよ!!いやこれまた心得てますねゑびすや~!この旭興っていう大田原の地酒、かつて那須温泉の民宿松葉で初めて戴いたんですが、ほんとに美味いんですよ;つД`)

まずは先付けのお皿。ごまをあしらった餅菓子クルミ甘露バイ貝の煮つけエシャロット味噌

とにかく彩豊かな味わいでまずはすべての味覚が目を覚ますのです( *´艸`)

アサリのメンタイ風!つまみ感ハンパありませんねこういうのは!素直にうめぇ~酒が進む~(*´Д`)

そしてお刺身!エビの身も仕事してますね~美しい!山の刺身らしく刺身こんにゃくってのがまた良いですね(^^♪

このピンクのはサーモン?いえいえ!これこそがプレミアムヤシオマスでございます!これがなんたってうまいんですよね~……サーモンを軽く燻したようなちょっと枯れた風味で、そして味が濃い!いかにも山魚っていうお味

イワナの塩焼きも熱いうちに!頭から中骨から尻尾まで、残すところなんてありゃしません!こういう焼き魚で一献……山の恵みを噛み締めます;つД`)

日光湯波刺しふんわりごま豆腐をさっぱりおろしダレで!湯波におろしっていうこの組み合わせがまた……いつの間にか定番になるような、目立たないけど実にすんなり入ってくる味なんですよ~(^-^)

フグのから揚げ!フグと言ったらやっぱから揚げですよ!……いや待てよ?塩原でフグ?まさかご近所那珂川の温泉トラフグなんてこと……さすがにあるわきゃないか(;´∀`)

さくさく衣にレモンを絞って、はっふはふ!……でまた酒がぐいっと進んでしまうと……やっぱヤバいな~こういうごはんは知らぬ間に酒が減ってゆく~;つД`)

青い鉢の蓋を取ると、こちらは巻き湯波のとろみ出汁!きっちり旨味があって、それでいて優し~いお味でほっとする~(*´ω`*)

そんなこんなでお酒も2本目に突入!また同じ旭興にしようかう~んう~ん……ええいやっぱり天鷹の生で行こう!……って、スパークリングだったんか~い⊂⌒~⊃。Д。)⊃

カシュッと口開け、しゅわわわ~なさっぱり生酒!うん。こういうのも趣向が変わって悪くない!ちょっとした酒パーティー気分に鞍替えです(∩´∀`)∩

そろそろ猪鍋の方も良い色に煮えて参りました!やっぱり猪肉は噛むほどに味が出て、これぞジビエじゃのぉ~相変わらず

味噌味のつゆとの相性も申し分なし!やっぱりこれですよ、お酒もぐいぐい進む落語「二番煎じ」を思い出すお味( *´艸`)

古今亭志ん朝 二番煎じ

そしてうどんもすっかり食べ終わった鍋のつゆでやっぱり……Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

こう行くわけですね~!これがまたねぇ……鍋と言ったら雑炊が醍醐味ですよやっぱり!さらりさらりとんめぇ~

酒も肴もすっかり平らげて、〆のお食事~!お香々もこの一膳のために取っておくのが流儀です!……と言いつつ途中でついたくあん1枚食べちゃったんですが(;´∀`)

らっきょうのたまり漬けってのがまた土地の定番でして。茶漬けの供にこれ以上の箸休めがありましょうや( *´艸`)

そしてこの吸い物!初春らしく菜の花など浮かべて、またこのしんじょうの美味いこと……しっかりおだしによく合いますのぉ~(*´ω`*)

そして食後の甘味。いやこんなに美しいとちおとめはスーパーなどでは滅多にお目にかかれませぬ……珠玉の1粒って感じですな!甘いけど甘すぎず、香りも良くて完璧です(*´Д`)

メロンは地元のタカミメロンでしょうか。ジューシーで甘みも強く、味わい深いメロンらしいメロン味!こんなメロンは滅多に食べられません……贅沢ですねぇ~

食後はおいしいお水も1杯いただいて、ごちそうさま~( ˘ω˘ )

明日の朝食ではここに温泉おかゆが登場いたします!朝湯あがりにまでも「ならでは」の楽しみがあるという、本当に盛沢山なお宿なのであります

食後にもうひと風呂。そして

食後はもちろん2度目のお湯殿!今宵も散々食べ尽くした山の幸たちが、お湯の力を借りて体に沁み込んでいきます~……極楽じゃ;つД`)

そして今度の湯あがりはもちろんこやつらの登場です(*´Д`)

まさにこの時のために仕入れたきつれがわサイダーと塩原のパスチャライズド牛乳!さっそく戴いてみましょう(*´▽`*)

まずはサイダーから裏を見てみよう……どれどれ、あら?製造が静岡県~!?道の駅で飲んだうめぇペット緑茶といい、喜連川は静岡と交流が深いってのか~;つД`)

まあそれは置いておいて、さっそくTHE温泉旅館コップに注いで飲んでみます!お、ちょっと良い感じの香料ですね!ほんのりお菓子のラムネっぽい懐かしい香りで何とも言えずフルーティー( *´艸`)

佐野のさのまるサイダーにちょっと方向性が似てるような気もしますが……あ!まさかさのまるサイダーも静岡産だったなんてオチ……?(;´∀`)

そして那須塩原のパスチャライズド牛乳!塩原方面の湯あがり牛乳は毎回これですねぇ( *´艸`)

乳脂肪分も程よく、香りはいかにもこってりしているようでいてこれが実にごくごくさっぱり飲めるのが嬉しいです!大瓶なので飲み切れないかと思っていましたが、これがあっさり飲み干してしまうのでありました……温泉力ですねぇそれもこれも

おはようございます!朝ですよ~(*´▽`*)

いや~よく寝た~!夕べあれほど寝る前にぐびぐびと牛乳を飲んだというのに、夜中はまったく起きもせずぐっすり朝まで寝とりましたわ~;つД`)

やっぱり熱い湯に浸かるってのはそれだけごっそり汗かいてるってことですよねぇ……ものすごいデトックスなのでしょう

というわけでいつものごとく朝食前のひとっ風呂(*´Д`)

ロビーも朝日が差して実に清々しいのであります!でも夕べがこっちだったので、朝食前の湯あがりタイムは2階の瓢箪ソファーで過ごしましたとさ(*´ω`*)

さあそして朝食でございます!昨日あれだけ山の幸で呑んで食べてだったのに、朝風呂効果ですっかりお腹はぐーぐーです( *´艸`)

そんな朝食はお腹に優しい「温泉おかゆ」が食べ放題!これがまたうまいからってがっつり食べすぎては元も子もございませんけどねぇ( ;∀;)

おかゆの隣にゆかりとごま塩が置いてありましたが、そりゃーまずはゆかりでしょう!おかゆとの相性はこいつが一番でございます

そしてまた不思議なことに、飲泉処ではあれほど飲むのに苦労した梶原の湯……それをおかゆにしてみるとこれがまったく癖がなくなって、美味し~くいただけちゃうのです(∩´∀`)∩

おかずの方も朝から山の幸が嬉しいです!なめたけおろしはやっぱり定番ですね!さっぱり~(*´Д`)

ほっこりたまご焼き明太子、そして付け合わせに珍味っぽいやつ!どれもおかゆによく合います

そしておかゆだけじゃないこの宿のもう一つの朝食目玉朝採れ地たまごでございます!さっとヒガシマルのだし醤油を乗せて……( *´艸`)

こういう一膳も楽しめちゃうんですよ~!まったく朝っぱらからなんて罪作りなんだゑびすや;つД`)

いただきま~す!さくさくうま~い!やっぱ日本の朝食はこれだよな~(*´~`)


さて朝食ものんびり戴いて大満足!チェックアウトまでにささっとお出かけの準備を!しかし限界まで堪能するために、朝もこれまたぎりぎりまで浴衣でいるのが流儀です( ^ω^ )

出発前にロビーの自販機で飲み物調達!チチヤスがこっちを見てますね~

瀬戸内レモンの乳酸菌ソーダヨーグレットとハイレモンの中間みたいなお味で実にすっきりさわやか!朝にはちょうど良いですね(*´ω`*)

そして最近のチー坊はほっこり後ろ姿も(*´Д`)

いやぁすっかり堪能しきりました2度目のゑびすやいろんな有名人のお墨付きがあるだけのことはあって本当に良い旅館です!ありがとうございます!またそのうち絶対来ます!それまで元気でいてね~(*´ω`*)

塩原元湯温泉「ゑびすや」
栃木県那須塩原市湯本塩原153
0287-32-3221
大人1名 8,000円~
現地ではカード不可
駐車場あり(無料)
もっと詳しく / 宿泊予約

名前はまったく知らずに、でも昔すっごい食べていたこのキラキラチョコレート

フィンガーチョコレート!その名前も知らずに子供のころよく食べてましたが、この細長いキラキラとしたビジュアルだけがしっかりと目に焼き付いておりました

どこで食べたんだろうな~……きっと自宅じゃなく、ばあちゃんちとかでお客さん用のもてなし菓子として出てきたのかもな~……ブルボンのバームロールなんかと同じような位置づけだったんだと思います( ;∀;)

そしてもちろん今でも近所のスーパーで普通に入手できるという、1961年発売の超ロングセラー!ちなみにカバヤより森永の方が古いみたいですが、製造中止らしいです……('ω')

あああ、いいなぁ~相変わらずゴージャスだなぁ~!でも昔はこのピンクのキラキラはなかった気がする……シンプルに金銀っていう記憶が(*´Д`)

でもピンクも良いですね!これはこれでなぜかすごくレトロ感が増したような心持ちになる色合い!ほんのりパステルなやさしさ(*´ω`*)

チョコレートだからコーヒー牛乳だとちょっとかぶる点もあるかもですが、せっかくなのでさらにレトロ気分を盛り上げるべく、瓶のコーヒー牛乳などを付け合わせ

フルヤの牛乳屋さんの作ったコーヒー!湯あがりに飲む用だったんですが、思い切ってここで開けて思う存分甘々タイムにしちゃいます(^◇^)

ちなみに包み紙の色で味が分かれていたりはしません。みな一律にやさしいチョコビスケット。そう、やさしいんですよこの味がまた……;つД`)

カカオのきつさがなくチョコの香ばしさとビスケットの軽さ、そしてこの形がまた良い食感!金銀の見た目のゴージャスさにこの食べやすさが加われば、そりゃあ子供受けするし印象にもがっつり残りますよね(^^♪

瓶コーヒーの方もこれまた昭和レトロなやさしい味で、気分は完全にあの頃の夏休みのばあちゃんちへタイムスリップです( ˘ω˘ )

フィンガーチョコレート
カバヤ食品
150円
1961年(昭和36年)発売
「フィンガーチョコレート」を買いに行く

浅草で一休みはここが好き!ほっこりレトロ喫茶のハトヤ

ハトヤ東京都台東区浅草1-23-8

いや~まったくもって本日1日分の参拝疲れってやつです!ひーこらばひん!ハトヤで一休みさせてくれ~い;つД`)

新仲見世のけっこうはずれに位置するんですが、疲れていてもわざわざここまで来ますとも!やっぱり落ち着くし好きなんですハトヤ

創業が1928年!昭和3年ですよ!昭和という時代をはじめっから生きてきた、これぞ本物のレトロ喫茶なのです( ゚口゚)=3

あれ?でもちょっと待って!自分がここに来る楽しみでもあった「あのドリンク」のサンプルがなくなってませんか!?え、え、ほんとに!?Σ(゚Д゚)

今日は5時閉店らしくちょっと時間的に慌ただしいですが、それでもいいの!たとえ30分でもここの空気に触れてまったりしたいのです

疲れた足を休めながら、やっぱりこういう時は甘いやつでしょう!そしてここで甘いやつと言ったらあれしかない( *´艸`)

ホットケーキ!!ここハトヤでこれを食う機会をどんなに楽しみにしていたことかヾ(≧▽≦)ノ

なにしろレトロってのもありますが、やっぱり純喫茶なわけですからなんたってこれは外せない人気メニュー!昔ながらの手作りの、家庭で作るようなホットケーキミックスなんか使わない、まさに本来の喫茶店の味(^^♪

あ!そうそうやっぱり予感が的中だったのですよ!「ブルーハワイ」はつい先日をもってメニューからなくなったのだそうな;つД`)

なんだかあんまり人気がなかったみたいなマスターの口ぶりでしたが、えええあれこそこの店以外のどこで飲めるっちゅうんですじゃー!?(´;ω;`)

というわけで今回はソーダ水!いえそりゃあソーダ水だってものすっごい好きですよ!?しかもメロンソーダって書かずにソーダ水って書く、これもまたほっこりポイント高し

ほいじゃあさっそくシロップをとくとくとかけまして、いただきま~す!見てくださいこの罪なビジュアル;つД`)

チップとデール リスの朝ごはん

このディズニーアニメにも表現されているように、ホットケーキはやっぱりなんたってこのシロップをかける時が一番うまそう度が上がるわけですよ( ゚口゚)=3

ナイフでバターを滑らせるとさらに輝きを増すこの香ばしい重なりをさくっとカットして頬張れば、ほっぺが落ちる幸せが口いっぱいに広がるのであります(*´▽`*)

ふと壁に目をやると、昭和14年の浅草の地図が。昔は花やしきのあたりは敷地もバカでかいし、しかもこんなでっかい池まであったんですか……( ˘ω˘ )

今では浅草に池なんて皆無……最寄りで上野の不忍池ってところじゃあないでしょうか(*´Д`)

ホットケーキのナイフとフォークをくるんできたハトヤナプキン。このハトが2羽でハートを作ってハトヤってのがもうね、すっごいほっこりするんですよ;つД`)

かつてカップルが「アベック」と呼ばれていた時代はなんたってデヰトの基本は「きっちゃてん」だったそうですからねぇ~!今は昔ですが、まさにそのころの華々しいムードをよく表しているロゴってことなんですねぇ

ハトヤ
喫茶
東京都台東区浅草1-23-8
03-3844-5313
~1,000円
8:00~18:30(営業時間は流動的) 不定休
つくばエクスプレス浅草駅から219m
駐車場なし

瓶からコップに注ぐというだけで、温泉宿の部屋ドリンクさながらに

柴又ハイカラ横丁にてゲットしてきました、瓶の三ツ矢サイダー!ちょっとラベル部分がカスカスになってるところがまた使い古された昔の瓶って感じで良いんです;つД`)

200mlの瓶ってほんとに何というか、「飲みたいな~!」って気分にさせてくれますよ……普段飲まないものでも、例えば旅館の冷蔵庫に詰まってるってだけでつい課金しちゃうあの感じです

最近は温泉旅館でも課金型の冷蔵庫ってめっきり見なくなりましたね~……そういや昔は確かテレビも課金型だった気がしますよ。田舎の旅館だと全然チャンネルが映らないとかね( *´艸`)

どうせ集めるなら王冠の方だと思うんですが、自分は瓶も王冠も両方集めてしまっています。もちろん牛乳瓶の紙のフタなんかも絶対に見逃せませんよ;つД`)

子供のころは一度はあれでめんことかして遊ぼうとしたこと、誰にでもあったんじゃないですかねぇ……ちょっと考えればわかるけど、小さすぎてぜんぜん無理でやんの( ;∀;)

注ぐグラスはやっぱりこのサイズですよね。THEコップって言うこの基本形!200ml瓶の王冠を古びた栓抜きでシポン!っと開けて、このコップにとくとくと注げば、もう気分は昭和の山ん中のひなびた温泉宿

ここまで揃ってるんだから、もう湯あがり浴衣も買っちゃいますよ近いうち!那須温泉の湯の花で鹿の湯気分からの、湯あがり浴衣でこれをやるという完璧な温泉ごっこ( ゚口゚)=3

あ~ひなびた温泉に行きたい~( ;∀;)

三ツ矢サイダー(瓶)
アサヒ飲料
68円
1909年(明治42年)発売
「三ツ矢サイダー(瓶)」を買いに行く
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢はです!

    地元の銭湯、横丁の風呂屋なんかで、カポーンな時間を過ごしてみましょう。

    本日のラッキーほっこりは 日清焼そばU.F.O. です!

    これまでのおみくじ結果