1. 玄関
  2. お食事処 最新10件
  3. ミネラルウォーター

お食事処

お食事は離れの庵にて。おいしいお蕎麦や地のグルメをご堪能ください。

お食事処 最新10件
行列店特集
三立て蕎麦特集
コロッケ蕎麦特集
箸袋コレクション
コロッケ・メンチ特集
瓶特集
レトロドリンク特集
黄色いほっこり特集
お蕎麦
江戸切り
関西風
名物蕎麦
立ち食い蕎麦
弁当の蕎麦
カップ蕎麦
いろんなグルメ
ラーメン・ギョーザ
うどん・すいとん
居酒屋・バー
鉄板・粉もの系
鍋・懐石
鳥・たまご
鮮魚・海の幸
ジビエ・山の幸
とんかつ・コロッケ
定食
喫茶・甘味処
パン
ステーキ
ハンバーグ
イタリアン
バーベキュー
インド料理
ヘルシー
ご当地グルメ
駅弁
テーマパークグルメ
ファミレス
ジャンク・ファストフード
おうちごはん
時代劇めし
漫画めし
ゲームめし
レトロめし
その他のおうちごはん
弁当・おにぎり・総菜ごはん
セブンごはん
ファミマごはん
ローソンごはん
スリーエフごはん
ミニストップごはん
Newdaysごはん
スーパーのごはん
道の駅・観光拠点のごはん
専門店のごはん
自販機のごはん
カップ麺の旅
カップラーメン
カップやきそば
カップうどん
その他のカップ麺
市販食品コレクション
レトロ系おやつ
レトロ系瓶詰缶詰レトルト
レトロ系インスタント
絶品冷凍食品
ほっこり
こだわり
おかき・煎餅
和アイス
その他おもしろ食品
ドリンクコレクション
温泉水
ミネラルウォーター
緑茶(500mlペットボトル限定)
牛乳・飲むヨーグルト
コーヒー
ラムネ
おしるこ
甘酒
和豆乳
オロナミン系(500ml除く)
ヤクルトタイプ
大人気分
ジンジャーエール
果汁100%
野菜ジュース
スープ
ココナッツ系
その他おもしろソフトドリンク
日本酒
ワイン
ビール
ウイスキー
その他のお酒
QR
スマホで

ミネラルウォーター

各地の天然水、ミネラルウォーター、おいしい水などを集めていきます

これがほんとの「オチナシ」なんちゃって(*´ω`*)

夜も深まる終電待ちの駅で、時間つぶしに自販機の動画をぼけーっと眺めていたら、なにやら落語が始まりましたよ(´・ω・`)

スイカのペンギンキャラが、エキナカ自販機で売ってるペットボトル水のフタを使って小噺。ああああこの時間にこれは沁みるなぁ~……こういう鈴虫の鳴く静かなしんみりした夜中に出会えて良かったよこの落語;つД`)

FromAQUA×すいか亭ぺんぎん

というわけで、なんだか喉が渇いてきてしまいました

さっそく買ってしまいましたよエキナカ水!そういえばさぁ~、JRエキナカの自販機って昔は大清水とか気配館とかって言ってませんでしたっけ?(*´Д`)

あれどっちがメーカー名でどっちがブランド名だったんですか?ていうか「おおしみず」なのか「だいせいすい」なのか「きくばりやかた」なのか「けはいかん」なのか……みたいなことを毎回思わされて当時はとってももやもやした気分を楽しんでましたよ( ;∀;)

さてここにもちゃんと書いてあります。かちっと音がするまで、ですね!また下の能書きが良いじゃないですか!ノドもココロもうるおう……確かにあの小噺は潤いましたよ~(´;ω;`)ほっこりすぎた

おおなるほど、ディテールはこんなふうになってるんですね!スクリューの部分に引っかかる!うまいもんですねぇ。電車の中は揺れたりして蓋が落っこちて、しかも乗り換えとかで持ち歩くからあたふた……そんな声から生まれたんでしょうかねぇ(*´ω`*)

お水は軟水系。ちょっと味があるタイプだったかな?でもさすがの谷川連峰、うまい水ですよ~

あ、しかもこれよく調べたらかつてはやっぱり「大清水」の名前で発売してたやつらしい!えええあれからずーっと谷川連峰の天然水を売ってたんですねJR;つД`)

From AQUA
JR東日本ウォータービジネス
110円
1984年(昭和59年)11月発売

今年の七草がゆは餅入りにしました

さて本日は七草がゆの日でございます。今年はいろいろとこだわりを持って作ってみようなんちゃって……( *´艸`)

スーパーで売ってた神奈川県産の新鮮七草に、お米は庵田米、お水は先日プレミアムアウトレットの久世福商店で仕入れた奥伊勢の天然ミネラル水

無印みたいに久世福にもブランドがあるんですね~( ˘ω˘ )

一口飲んでみましたが、硬水にしてはけっこうまろやか。ただ七草もそれなりに苦みがあるので、ここは栄養価優先で硬水っていうチョイスもアリだと思います(^-^)

もちろん伊賀焼かまどさんで炊くので、ここは「白粥」を参考に作っていきたいと思います(*´ω`*)

七草のパッケージに「餅を入れても良い」とあったので、こんがりふっくりと焼いたお餅を添えました( *´艸`)

たった1つ添えただけだったんですが、これがけっこうな食い出のある量になりまして。せっかくの七草がゆで食べすぎたら本末転倒も良いところなんですがねぇ;つД`)

硬水だったことなんて何のその。実に良いお味に仕上がりましたよ(^^♪

アルペンザルツの岩塩と紀州南高梅で味付けは軽めに、そして七草の味をしっかり楽しむのが良いんですよね~

小さな蕪や大根なんてこの時くらいしか食べませんが、このサイズの歯ごたえがまた何ともたまらんですのぅ(^◇^)

フリーズドライの七草がゆも便利ですが、ちゃんと生野菜から炊いた本当の七草がゆは味も、そして時節の意味もしっかり噛みしめることができて素敵ですね( ˘ω˘ )

七草がゆで今年も健康に(*´Д`)

ということで1年の始まりに、きゃらふとで作った干支の戌巫女壁紙なんかを作りました!よろしければ~

パッケージの透明感が素敵な天然水

未だに北アルプスと南アルプスの区別が付いてないわたくしですが、こちらは北アルプスの天然水(*´ω`*)

採水地は安曇野ってことで、またしてもわさび水!もうそれだけで体を内側から洗い流す透明感のイメージ( ˘ω˘ )

口当たりはさらっさらで飲みやすい感じでした。軟水なのでやさしい水という感じですね

ラベルの透明感に惹かれて買ってしまったところがあるので、ちょっと透かしてみました。キレイですね~(^^♪

湯あがりにそっと置いてあると嬉しい感じ

北アルプス 穂高の名水
東京アート
80円
「北アルプス 穂高の名水」を買いに行く

せっかくなので水にもこだわって味噌焼きにぎりめしを(*´ω`*)

せっかくおいしい多古米手作り地味噌があるんだから、ここは思い切って水にもこだわって味噌焼きにぎりなんてものを作ってみない手はないかもなぁと( *´艸`)

というわけで仕入れてきました酒々井の水

酒の井伝説のある酒々井は井戸水、つまりうまい地下水が豊富に汲めるのです。地酒「甲子正宗」の仕込み水にも使われる名水です(*´ω`*)

せっかく水にまでこだわったんだから、ここはあえて昆布は敷かず( *´艸`)

かまどさんの仕事で、今回もいつもながら宝石のようにキラキラなごはんが炊きあがりました、たぶん(^-^)

おにぎりなのでいったんお櫃に移して冷まします。そのままだと熱すぎて地獄を見ることになりそうなので(;´∀`)

冷ましてる間に椹の良い香りがごはんに移っていきます……ほんとは水、米、味噌以外を完全排除した純粋な味を追求しようか迷ったんですが、まあここは食材じゃないので良しとします( ˘ω˘ )

とりあえず白いおにぎりを握りました。味付けはここから

6つもできてしまったので先日どらむの里で仕入れてきた味噌以外にも、同じくどらむの里で仕入れた青のり、そしていつも使っている岩塩の3種類でいってみます(^^♪

味噌だけは遠赤外線グリルでこんがり焼き上げて、あとの2種類は普通にまぶしました(*´ω`*)

とりあえず味噌焼きにいく前に、塩にぎりから喫食

いやこれは、やっぱり違いますよ。水の違いが完全に出ました。なんという雑味のないキレイなおにぎり(*´▽`*)

正直自分味音痴だし、そんな水や米の違いなんてわかる気がしないんですが、これは絶対違います。いや、気分かな……(;´∀`)

次ぃー!青のりにぎり

青のりごはんって昔好きだったんですが、久しぶりに純粋に青のりの香りだけでごはん食べました。いやこれも塩気をほとんど加えてないというのに、青のりの香りだけで押し切れるこの味わいはーッ!;つД`)

そしてラスト、メインディッシュの味噌焼きおにぎりヾ(≧▽≦)ノ

あああこれは、あああうまーい!味噌も良い、米も良い、そしてそれらが一体となる焼きも実に香ばしい;つД`)

我ながら「ただ握っただけ」のおにぎりで感動するというのは、偏に素材のレベルが高いからにほかなりませんね。感謝感謝でございます!ごちそうさまでした

酒の井伝説の街に湧く井戸水(^^♪

むか~しむかし、印旛沼の近くの村に年老いた父と孝行息子が住んどったんじゃ~……で始まる酒々井の養老伝説(´・ω・`)

町の小学校からちょっと下ったあたりに酒の井の碑ってのがあって、そこの井戸がいわゆる話に登場する「酒が湧いた井戸」とされています

酒々井って町の名前もその話に由来するそうなので、もうそうなると井戸水は町の自慢ってわけですね(^^♪

まぁ普通においしいミネラルウォーターですが、酒々井には甲子正宗のブランドで知られる酒蔵「飯沼本家」があるので、その仕込み水としても使われている名水なのですよ( *´艸`)

ちなみに駅の自販機で見つけましたが、東関道の酒々井PAなんかでも扱っているそうです( ^ω^ )

しすいの水
酒々井町水道事業
100円
JR酒々井駅

日本指折りの名水が湧く源流を求め山中へ……しかし……

尚仁沢湧水栃木県塩谷郡塩谷町上寺島1616-4

塩原での昼食から小太郎ヶ淵のさらに奥、超が付くような酷道をひた走り、目指すは日本指折りの名水と謳われる尚仁沢湧水(`・ω・´)

たどり着いた山奥の小さなパーキングで案内板の地図を確認し、山中へ続く歩道に踏み入れると、遠めの雷鳴が……

それでもここまで来たのだからと、険しい山道をずんずん進んでいきました。

ちょうど中間地点あたりでしょうか、沢に降りられるところまで来て水を触ってみると、いい感じにぴりっとしてます!

これはと思った矢先にちょっと大きめの雷鳴……そう、ここは天気の変わりやすい山の中というだけでなく、栃木県なんです!

栃木のらいさまと言えば、泣く子も黙る暴れ神としてその名を知らぬものはないという強烈な暴君……

やばい、ここまで来たとはいえ、落雷にあったなんて洒落にもならないので、涙を呑んで引き返すことに……しかしなんとここは中間地点だったのです(´・ω・`)

雷鳴が徐々に大きくなる中、もと来た山道をバタバタと戻るわたくしども。

追われて歩く山道がこんなにキツイものだとは、正直嘗めておりました

ぜーぜー言いながらなんとか雨にも降られず車中へ。さあこれからどうすんべと考えて、とりあえずこの先に「尚仁沢はーとらんど」なる道の駅っぽい施設があるそうなのでそこへ移動してみました。

開けた景色にたたずむちょっとのんびりした感じのはーとらんどですが、お土産品なんかをぶらぶら見ていると、空のペットボトルが売られていることに気づきます。

そう、もちろんここにはちゃんと引かれていました尚仁沢湧水

ペットボトルは買わずとも車中で飲んでいたお茶のそれがあったので、よ~く濯いで水を汲み、がぶりと一口含んでみると……わかりますわかります!これはすごい水です!

よーく口の中で転がしてみるんですが、本当に丸い!雑味や癖がまったく感じられない、真にクリアな、しかし口当たりのやわらかな水!なんというウマい水!水でこんなに感激するなんて予想外甚だしいです!

この水をありったけのペットボトルに汲んで、さらに売店で名物里芋フライをひとつ、それに先ほど小太郎ヶ淵で入手した草団子

塩原~尚仁沢の夢のオールスターで、最高に贅沢なおやつタイムを堪能させていただきました(´ω`)

そしてここまででお気づきでしょうが、何をどう間違ったのか、こんな素敵な時間の写真が一枚もないのが無念でしょうがないんです(´・ω・`)

なんで一枚も撮らなかったかな~……らいさまが怖くてそれどころではなかったのかな~……

そんな尚仁沢湧水の水ですが、なんと通販でも買えてしまうようなんです……(´・ω・`)

こんな思いまでして行って、とうとう源流にたどり着くこともできなかったわたくしとしては逆に、エ~……なんですが……

尚仁沢湧水
栃木県塩谷郡塩谷町上寺島1616-4
0287-45-1111(塩谷町役場総務課)
無料
24時間
JR矢板駅より関東バス「今市・鬼怒川温泉駅行き」で約30分 「塩谷町役場前」下車 町営バスで約30分 「鳥羽の湯温泉」下車 徒歩1時間で遊歩道入り口 遊歩道を徒歩約30分で源泉
駐車場あり(無料)
プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は大吉です!

    今日はほんにゃらごっこな一日になりそうです!ほんにゃら、ほんにゃら、かーりあっげっクン!

    本日のラッキーほっこりは ゴルフボール(宇都宮餃子) です!

    これまでのおみくじ結果