お食事処

お食事は離れの庵にて。おいしいお蕎麦や地のグルメをご堪能ください。

お食事処 最新10件
行列店特集
三立て蕎麦特集
コロッケ蕎麦特集
箸袋コレクション
コロッケ・メンチ特集
瓶特集
レトロドリンク特集
黄色いほっこり特集
お蕎麦
江戸切り
関西風
名物蕎麦
立ち食い蕎麦
弁当の蕎麦
カップ蕎麦
いろんなグルメ
ラーメン・ギョーザ
うどん・すいとん
居酒屋・バー
鉄板・粉もの系
鍋・懐石
鳥・たまご
鮮魚・海の幸
ジビエ・山の幸
とんかつ・コロッケ
定食
喫茶・甘味処
パン
ステーキ
ハンバーグ
イタリアン
バーベキュー
インド料理
ヘルシー
ご当地グルメ
駅弁
テーマパークグルメ
ファミレス
ジャンク・ファストフード
おうちごはん
時代劇めし
漫画めし
ゲームめし
レトロめし
その他のおうちごはん
弁当・おにぎり・総菜ごはん
セブンごはん
ファミマごはん
ローソンごはん
スリーエフごはん
ミニストップごはん
Newdaysごはん
スーパーのごはん
道の駅・観光拠点のごはん
専門店のごはん
自販機のごはん
カップ麺の旅
カップラーメン
カップやきそば
カップうどん
その他のカップ麺
市販食品コレクション
レトロ系おやつ
レトロ系瓶詰缶詰レトルト
レトロ系インスタント
絶品冷凍食品
ほっこり
こだわり
おかき・煎餅
和アイス
その他おもしろ食品
ドリンクコレクション
温泉水
ミネラルウォーター
緑茶(500mlペットボトル限定)
牛乳・飲むヨーグルト
コーヒー
ラムネ
おしるこ
甘酒
和豆乳
オロナミン系(500ml除く)
ヤクルトタイプ
大人気分
ジンジャーエール
果汁100%
野菜ジュース
スープ
ココナッツ系
その他おもしろソフトドリンク
日本酒
ワイン
ビール
ウイスキー
その他のお酒
QR
スマホで

レトロめし

昭和レトロな赤玉フルーツポンチや5点盛りにこだわったやさしい東京ラーメン、Alwaysにも出てきたライスカレーなど、昭和なレシピを再現したごはんを作ったら乗せてみます(*‘ω‘ *)

赤玉パンチはもう製造中止らしいので;つД`)

かつて番組で観た昭和の大人版フルーツポンチ。そこに使われていた赤玉パンチというお酒は、実は調べたらもう1980年後期に製造中止になってしまったようなのです;つД`)

昭和平成ヒット商品 フルーツポンチ

もうこうなったら、赤玉パンチ製造元のサントリーに直談判と行くしかないってことで、電凸しましたよ( ゚口゚)=3

今でも赤玉パンチという商品は業務用で売られているのですが、どうやらそちらはそもそも炭酸水などで割って飲むタイプらしく、当時デキャンタ瓶で売られていた赤玉パンチとは別物らしいのです;つД`)

赤玉スイートワインの方は今でも変わらず売られていますが、そもそも赤玉パンチはワインというより「サングリア」というお酒に近いそうなのです( ;∀;)

一応赤玉スイートワインで作る赤玉フルーツポンチの作り方が公式サイトにあることも聞けたので、それとそのサングリアで作るフルーツポンチとを比較してみようかと思います

今回は寒天入りのみつ豆をチョイス。正規品のちょっといいやつです(^^♪

サングリアってのも初めて聞いたお酒なので手に入るか心配だったんですが、サントリー以外にも各社から出しているという情報だったので見に行ってみたところ、意外とあっさりと入手出来てしまいました

公式サイトによると赤玉スイートワインで作るフルーツポンチはワインを少なめにして倍量程度の炭酸水で割るというレシピだったんですが、そもそも炭酸が入っちゃったらもう絶対に当時の味ではないので、ここは可能性だけでも賭けてみようと、とりあえずストレートで作ってみました(*´ω`*)

色はだいたい同じくらいでしょうか、でも香りは全然違います。赤玉スイートワインは甘いとは言ってもやっぱりワインの香り、対してサングリアは本当にジュースみたいにフルーティーな香りがしていて、むしろワインから作ったお酒という感じはまったくしません(´・ω・`)

実際に食べてみると、いや~これが!サングリアの方は実にフルーティーでさっぱりといただけるのに対し、赤玉スイートワインはやっぱりレシピでも割るようになってるとおり、普通にワインに果物を入れただけのような味に;つД`)

これはいくら本家赤玉のブランドといっても、スイートワインはやっぱりまったくの別物であったということが判明いたしました( ;∀;)

ちなみにサングリアってのは赤ワインに果物を漬け込んで作るそうなので、このまま寝かせたらサングリアになってくれるのかな……( ˘ω˘ )うーむ

赤玉パンチ 1983年CM

赤玉パンチのCMには安全地帯の「ワインレッドの心」が使われているみたいですが、これ実は逆にこのCM用に作られた歌だったらしいのですよ(^-^)

時代的には製造中止になるちょっと前くらいですが、曲の方は今でも名曲として残っているのに、なんとも皮肉なものですなぁ;つД`)

マルちゃんから不思議な絶品シューマイと懐かしワンタン( *´艸`)

カップでない袋ワンタン。手間の分どれほど味が違うものでしょう、ずっと気になっておりました

いろんな具材でアレンジってことでいろいろ考えたんですが、やっぱり初見なので素直にネギ程度にしておこうと思います;つД`)ほんとはチンゲンサイとか欲しかった

中身はカップ同様カラカラのワンタン別袋スープ。完全に作りは一緒ですが、果たしてカップよりおいしいワンタンがいただけるでしょうか( *´艸`)

そしてもう一品がこちら!チルドのシュウマイまでは良いんですが、なんと焼そばシュウマイだというではありませんか( ゚口゚)=3

マルちゃん焼そば風味に仕上げたシュウマイ!なんでしょうこのすごーくレトロを感じる組み合わせ!ありそうでなかった新レトロですね!しかも期間限定ヾ(≧▽≦)ノ

ラップに切れ目を入れてレンジでチンするだけの超お手軽総菜となっております

これがまたレンジで温めてるときからなんと香りの良いことか!これは絶品信号がチカチカですぞ( *´艸`)

あ、きぬさやが残っていたので湯がいてワンタンに浮かべてみましたが、できあがりはざっとこんな感じです。さ・て・と!いただきます!( ゚口゚)=3

うはぁぁこーりゃうめえぞ~!まずこの焼そばシュウマイがかなりうまい!流石は東の横綱マルちゃん、東京下町のラーメン屋の味をちゃんと射貫いてきております(*´▽`*)

味は完全に焼そばなのに、食感がシュウマイ!そしてシュウマイだからなんと手軽にぽいぽいと食べ進めてしまうことか;つД`)

そしてワンタン!これがまた!やっぱりカップとは2味は違います!ワンタンの食感もですが、スープが違う!いつものことですが、スープはゆで汁でなく普通のお湯で作るので雑味がまったくありません(^^♪

きぬさやを添えたのも正解でした。これがまたなんとも昭和レトロ感を上げてきます!どちらかというとシュウマイが主食でワンタンがスープという感じですが、これがまたなんとバランスの良いことか( ;∀;)

この2品、一緒にいただくとほんと昭和食堂の風景が蘇ってまいります。こりゃーたまらんですのぅ

マルちゃん 焼そばシュウマイ
東洋水産
255円
2017年(平成29年)2月22日発売
「マルちゃん 焼そばシュウマイ」を買いに行く

フルーツポンチをもっと懐かしくしてみたかった(`・ω・´)

懐かしい味のNEOサイダー昔ながらのSUNYOフルーツ缶詰で、ちゃんと昭和の味がするフルーツポンチにならないかなーなんて

少なくともこのNEOサイダーの味が現代の三ツ矢サイダーとはまったく似ても似つかないので、かなり影響が出るものと期待したいところ( ˘ω˘ )

SUNYO缶詰はちゃんと赤いチェリーも入っているのでまず見た目がすごくそれっぽくなりました(*´ω`*)

そして今回は動画のやり方に従って、缶詰のシロップもかなり入った状態にサイダーを注いでみることに(^^♪

昭和平成ヒット商品 フルーツポンチ

なるほどサイダーの香料がやっぱり昔の方が強烈だから、すごくこう駄菓子っぽい味になりますな(*´▽`*)

缶詰のシロップも半分入っているので、サイダーの香料に缶詰の香りもかなり影響した独特なフルーツポンチになりました

三ツ矢サイダーで作った今風のさらっとしたフルーツポンチと比べるとやっぱり味にパンチがあってちょっとした非日常を味わうにはやっぱりこっちだなって思いますね(*´ω`*)

なるほどなー、じゃあ次はいよいよラスト、大人の赤玉パンチで試す番がやってまいりましたな( *´艸`)

これまた昭和レトロな味がする一工夫アイス( *´艸`)

いやぁまた昔テレビでやってた昭和の味再現メニューをやってみました( *´艸`)

とはいえ今回のはあんまりポピュラーな感じではありませんでしたが、なんかすっごくうまそうでしかも手軽だったのでつい真似したくなったというのが本音ですが

昭和平成ヒット商品 冷凍ミカンシロップ

というわけでベコーンと凹んでお安くなっていたみかんの缶詰を救出して、いざ作っていきましょう(*´▽`*)

まずは製氷皿にミカンを1個ずつ並べていきます

本当はこの時すでに楊枝で刺して入れていけると楽なんですが、缶の中のミカンは楊枝で刺そうとしても泳ぎ回るので、ここはスプーンで掬った方が良いです;つД`)

そして楊枝を刺していきます。これもけっこうそーっとやらないと楊枝が倒れてしまうという繊細な作業だったりします( ˘ω˘ )

あ、ちなみにこの楊枝入れけっこう気に入ってます( *´艸`)

レトロアメリカングッズ的なコカコーラディスペンサー式で、動きが何とも面白い

この横のレバーをくるりと回すと……

このように楊枝が1本だけ、まるでジュースを買うように出てくるんです(*´ω`*)

在庫の楊枝たちは上からセットします(^^♪

さ、じゃあいよいよシロップを配給していきますよ

けっこう缶から直接流し込んでも大丈夫な模様。すいすい~(*´ω`*)

ただシロップが充填されるとミカンが浮くのでどうしても楊枝が斜めになるやつが出てきますが、そこはご愛敬で良いでしょう;つД`)

冷凍庫に搬入して一晩くらいは寝かせましょう。カチカチに凍った冷凍ミカンシロップの完成です( *´艸`)

製氷皿からはちょっとぐいぐいやればいとも簡単に出てきます。普通の氷より簡単( ˘ω˘ )

そしてカチカチの氷にミカンが入ってるのかと思ったら、これが意外としゃりっとしてる……シロップってだけでこんな食感になるんですね( *´艸`)

甘さも缶詰シロップなのでかなりおやさしく、これは意外にもヘルシーなスイーツかもしれませんぞ( ゚口゚)=3

テレビでやってた昭和フルーツポンチをやってみたい

フルーツポンチって学校給食でも出たけど、普通のフルーツミックス缶と変わらなかったんですよね……(;´∀`)

なのでこれまで特段興味もなかったわけですが、以前テレビでやってた本当の昭和フルーツポンチってのは、フルーツ缶をサイダーで割るというやつでした( *´艸`)

昭和平成ヒット商品 フルーツポンチ

というわけでそんな「特別な日」に味わえたという、お中元フルーツ缶をサイダーで割って作るその本当のフルーツポンチってやつを、是非味わってみたいじゃないですか( ゚口゚)=3

はい、フルーツ缶と三ツ矢サイダー!しかもこだわってレギュラー缶( *´艸`)

シロップを切ったフルーツ缶の中身をグラスに盛って、三ツ矢サイダーを注ぎます。しゅわ~(*´▽`*)良い音だ

うわうめぇ~なこれ~!今やっても十分うまいじゃないか;つД`)

洗練された現代の三ツ矢サイダーを、ラムネやレトロなクラシックサイダーに変更したら、こりゃもっと昔らしいうまさが再現できるかもなぁ~

これはでもまた食べたくなる味ですわ(^^♪

正麺のマルちゃんの昔ながらってどんなでしょうか

昔ながらっていう文字に目が行ったが最後、これは試してみたいですよ~

なにしろ鶏ガラ醤油だし中華そばだし、正麺のマルちゃんでしかもノンフライ麺!これはもう間違いないでしょう( *´艸`)

こういうのをいただくときは、どうせだから完璧にします!THE王道東京ラーメンの具材5点セットを用意(`・ω・´)

メンマはもちろん桃屋なると、ちょっと本格的な肩ロースのチャーシュー、冷凍でもいいよホウレンソウ、そして最初から切れてる便利な焼きのりも発見(*´ω`*)

ねぎも入れて6点じゃないかって?ノンノン、ねぎは「かやく」だから具材に数えないのですよ( ˘ω˘ )ウザイね

スープも液体だから期待大!最強の昔ながらの東京ラーメンが出来上がりましたよ(*´▽`*)

いやこれ、かなりウマいです。ノンフライ麺ってのが効いて麺の食感は生麺っぽいし、スープがやっぱりさすが東の横綱マルちゃん!これぞバカボンに登場するような東京下町の夜鳴きそばの味ですよ(^^♪

あれ、でもこれってでももしかしてCMやってましたっけ?あ、ありましたねこんなの!;つД`)

昔ながらの中華そば CM

そうかつまり正麺の前身的なブランドだったんですね……どうりでしっかりした味だ~;つД`)

いやぁしかし何はともあれ、昔ラーメン博物館で買ったこんなミニチュアのようなラーメン……やっぱ改めてラーメンの究極はこれだと再認識ですよ

マルちゃん 昔ながらの中華そば
東洋水産
105円
1997年(平成9年)8月発売
「マルちゃん 昔ながらの中華そば」を買いに行く

キン肉マン納豆と並んで気になっていたこれを今更食べてみる( *´艸`)

カレーの王子さま!自分これをずっと「星の王子様カレー」だと思い込んでいて、そりゃあいくら検索しても出てくるわけないわなぁ;つД`)

具材はシンプルに鶏の細切れカレーシチュー野菜セット

カレールゥってなんで2つに分かれてるんでしょうかね……溶けやすいようにってのは、これがさらに4つに分かれる板チョコ方式になってる部分ですよね?そっちはまぁわかるんです('ω')

そもそも箱を見ても半分の量での作り方なんて書いてないし。まったく往年の謎仕様です(;´∀`)

どうしても我慢できず、鶏コマだけはこんがり炒めちゃいました。ほんとは優しさ優先でことこと茹でるのが本品の「らしさ」なんでしょうが……;つД`)

人参じゃがいもはパッケージのように星の形にしたものも探したんですが、流石に店員さんに聞くわけにもいかず、自分で作るのもちょっと厳しかったのでそのままごろごろ。いやぁ愛情が足りないですね~( ;∀;)

そしてお味。うわぁまさにカレーの「カ」の字しかない!もうほんと、目隠しテストしてもギリカレー?という優しすぎる味!正直に言おう!大人の口には合わん!!Σ(゚Д゚)

あ~あ、キン肉マン納豆も復活しないかな~……あのカラシなしのタレしかついてないやつ……あれで納豆の味を覚えたっていう思い出の一品なんですがねぇ……あ~あ( 一一)

カレーの王子さま
エスビー食品
200円
1983年(昭和58年)発売
「カレーの王子さま」を買いに行く

第2回駄菓子もんじゃ

駄菓子もんじゃ第2回!もう夏は完全に終わったと思っていたところに、スーパーにラムネサワーが並んでいたのを見つけてしまい、引っ張り戻されましたよ( *´艸`)

今回はソースせんべいがあるので主役にしたかったんですが、いろいろ思いあぐねているうちに完全に埋もれました(;´∀`)

最後につい買ってしまった駄菓子パック(中サイズ)がまずかったかな……( ;∀;)

まずは仕分け。こちらはトッピングタイプ

左から、キャベツ太郎、どんどん焼、もろこし輪太郎、サッポロポテトバーベQ、かっぱえびせん、暴君ハバネロ、そしてお約束のベビースター(*´ω`*)

ほんとはベビースターじゃなくてやきそば屋さん太郎にしたかったんですがね……入手できませんでした;つД`)

そしてこちらはオンザタイプ。もんじゃを乗せて食べるやつらですね

ソースせんべい、蒲焼さん太郎、ビッグカツの3種( ˘ω˘ )

そしてソースなんですが、もんじゃセットに付属のブルドックソースじゃなくて、ここはソースせんべいに付属するユニオンソースでいってみたいと思います(^^♪

どう変わるかなー……でもこれだけトッピングがごちゃごちゃあったらわかんないかもなー(;・∀・)

タネもできてトッピングも盛り付けて、鉄板温めま~す(^-^)

もんじゃも3回目ともなるとけっこう手馴れてきましたよ

ベビースターだけはお約束のかやくってこともあって、トッピングにせずに先に投入しました( ˘ω˘ )

トッピング類は前回同様に大きいものを砕こうか悩んだんですが、あえてそのままの形でいってみようと思います(^^♪

ソースせんべいともんじゃの相性は間違いないと思うんですよねー('ω')

他の2つは相乗効果となるかそれとも……?

あ、お酒の方は今回この2つ(*´ω`*)

今回の執行火付け役になったラムネサワーと、そして昭和レトロと言えばこれ、トリスハイボール( *´艸`)

ではさっそく具材から投入しますよ~

具材はよく混ぜたのち、つゆが入らないように上部分の具材だけを先に鉄板に投入します(^^♪

程よくしんなりしてきたところで「土手」を作っていきます( ˘ω˘ )

この土手の作りが甘いと、中心につゆを投入したときに決壊大惨事という素人仕事になってしまうわけですが、まあそんなのいつものことですよ(´;ω;`)

つゆ投入~。うん、まだこの程度ならマシな方(;´∀`)

つゆがふつふつしてきたら、土手ごと派手に混ぜちゃいましょう( *´艸`)

最後に青のりを振って完成~!ここまで来たらちょっと火力を下げておきましょうね(*´ω`*)

いざ喫食!まずはソースせんべいに乗せて( *´艸`)

うんうま~い!ユニオンソースもんじゃだからやっぱり酸味が効いてます!ソースせんべいの香ばしさにもんじゃの旨味が染みわたる~

蒲焼さん太郎にもんじゃ!これは蒲焼さん太郎が強いのでもんじゃの味がサブっぽくなりますが、これはこれでかなりいい感じ(^^♪

蒲焼さん太郎のおかずにもんじゃのごはんっていう感じでしょうか( ˘ω˘ )

ビッグカツにもんじゃ!油っぽさがじゅわっともんじゃに甘みを加えますな~( *´艸`)

ほんのりカレーの香りも加わり味がまろやかになって、食べごたえが増します

暴君ハバネロをトッピング!こ、こ、これはやっぱり強烈ですな~;つД`)

辛さも然ることながらポテト感がかなり影響力あって、もんじゃのウェイトをそうとう濃くしないとほとんどハバネロ味(;´∀`)

もろこし輪太郎トッピング!これは単体がかなりでかいので、輪太郎の輪の中にもんじゃを詰めていただくくらいでちょうどいいかも(*´ω`*)

コーンパフの香りもかなり効いてるのでけっこう味が甘くなます。砕いてぱらぱらふりかけるくらいがちょうどいいのかも

キャベツ太郎トッピング。これはもう当然ですが相性がどうのというより味がかぶってる感じ……;つД`)

辛めで酸味も強いソース味なのでもんじゃをさらにもんじゃらしくしてくれます。手軽にもんじゃ感アップという使い方ならもってこいです(^-^)

どんどん焼トッピング。これも同じくソース味の駄菓子なんですが、キャベツ太郎とはまるで印象が違います( *´艸`)

おかきだから米の香ばしさと甘みがけっこうしっかり影響してきて、ただもんじゃ味を助長するという感じではなかったです。なかなか面白い(^^♪

かっぱえびせんトッピング!これはディップにしても良かったかもしれませんがとりあえずトッピングで(*´ω`*)

えびみりんせんべいにもんじゃを乗せて食べる駄菓子屋もあるくらいですから、えびせんともんじゃの相性は間違いないですね(^-^)

特にエビの香りがしっかりしたかっぱえびせんは、すでに具に入っている小エビとはまた違った香りを付加してくれるのでかなり良い感じです

サッポロポテトバーベQ味トッピング。これも良いかと思っていたんですが、甘みと旨味をがっつり上乗せしてしまうのでもんじゃの味がけっこう削がれてしまいます;つД`)

これだけ味が複雑でまろやかになるともうトッピング向けじゃなかったみたい……( ˘ω˘ )

ラムネサワーで乾杯!タカラ焼酎ハイボールのラムネ割りと比べるとかなりラムネ感が強いです( *´艸`)

まさに駄菓子寄りの酎ハイなのでもんじゃなんかに合わせると良いですね~!自分はこのくらいがちょうどいいです

そして2杯目はトリスハイボール!良い感じにスモーキーで下町の味!トリス感ちゃんと出てますね(*´▽`*)

これまたもんじゃにぴったりなお酒です。見立て通りじゃ~

最後の最後、せんべいになったもんじゃをパリパリといただきます( *´艸`)

これがまたもんじゃの楽しみでねぇ~、ちょっと焦げすぎかもですが、良い〆になるんです;つД`)

駄菓子を食事にする企画、ごちそうさまでした~

赤ウインナーの独特な味わいは今でも健在なんですね;つД`)

この頃いろんな話題に触発されて、赤ウインナーってやつをどうしても食べたくなったんですが、今も売ってるのかな~なんてスーパーを物色してみたら、ありましたありましたよ;つД`)

普通の赤ウインナーとタコさんウインナーとあって、もちろん普通のにしようと思っていたんですが、よく見るとなにやら「あらびき」ですって……?(;・∀・)

うーんさすがにちょっと赤ウインナーであらびきは違和感あるなぁと、味優先でこちらのタコさんウインナーをチョイスしました

ただ目の穴と足の切れ目が最初から入っているからフライパンで焼くだけでタコさんの形になりますよってだけで、もの自体は純粋な赤ウインナーなわけです( ˘ω˘ )

しかしこうしてみるとタコさんウインナーってのは要するに、ウインナーに熱が加わることで勝手に反り返る力を利用して作るってことなんですね( *´艸`)

タコさんウインナーの作り方なんて知らなかったので、逆にいい勉強になりました

さて、さらに用意したのが我らが栃木生まれの名品、こちらのマルシンハンバーグさん!( ゚口゚)=3

すっかりレトルト食品と勘違いして湯煎してしまい、実は間違った味で満足していたのだという、前回のこっ恥ずかしい失敗談のリベンジでございます( ゚Д゚)うるぁ

今回はCMのとおりきっちりフライパンでじゅぅぅ~(^^♪

表面がさっくりとした食感になって実に美味!フライパンに残った油に中濃ソースを足して煮詰めて、油の甘味と焦げの香ばしさを加えたソースをかけましたが、これがまたうんまい(*´▽`*)

ただしかし、こうも思いました( ˘ω˘ )

このマルシンハンバーグの発売当時、築地で働く人に試食してもらったところ、「さつま揚げのお化けじゃないか?」と言われたそうなんですが、その言葉がなんとしっくりくる食感になったことか!( ゚Д゚)

まさに焼いたさつま揚げの食感にすごく近いんです。そして中に粗刻みの玉ねぎが入っていてたまにそのしゃりっとした食感が……いやますますもってさつま揚げですよ( ゚口゚)=3

やっぱ築地の人の言うことってのは的を得てるもんなんですねぇ

そしてお待ちかね赤ウインナーの喫食でございますよ( *´艸`)

いやぁ~この味この味!実に30年ぶりくらいになるかもしれませんが、全然変わってませんね~!;つД`)

何と言いましょうか、これは味付けなんでしょうかね?どうしてこうも普通のソーセージと味が違うのか?まさか肉が違うからってこともないと思うんですよね……(;´∀`)

そしてこの味で思い出すのが、昭和のお肉屋さんの匂い!この何というか鼻の奥を付く独特の……今でこそそんな匂いのするお肉屋さんは見つかりませんが、はっきり言って当時はお肉屋さんって全然いい匂いだと思ってなかったんです(;´∀`)がびーん

でもこうして赤ウインナーを食べると思い出す景色ってありますね~……ゲームセンターCXで作家の岐部先生が、「男の子は赤ウインナーが大好きなんですよ!」と言っていましたが、まったくその通りなのかもしれんです。ある種のソウルフード的な(*´ω`*)

ちなみにシャウエッセンみたいな高級粗びき路線が登場する以前、ウインナーといえばこの赤ウインナーを、そしてソーセージといえば魚肉ソーセージを指していたらしいんです(;・∀・)

つまりウインナーを買ってこいと言われたら肉屋さん、ソーセージを買ってこいと言われたら魚屋さんにおつかいに行く、ということで通っていたらしいんですね……(;´∀`)

そしてこれが一個人や一家族だけの間の話ではなく、学校の友達の間でも弁当のおかずの話題などで普通に通っていたらしいので、つまり一般的な社会通念だったということになるわけですよ;つД`)

今となってはまったく信じがたい話ですが、それが昭和って時代だったのですね

タコさんウインナー
プリマハム
138円

もんじゃ味のペヤングは以前あったんだけど……(´・ω・`)

ふと思ったんです。そういえば昔、もんじゃ味のペヤングってやつが出てたらしいなぁと(´・ω・`)

でもですよ、ペヤングのソースとスパイスを使って作る「ペヤング味のもんじゃ」って方は一体どうなんですかと?('ω')

誰か作ってないかなぁ~と軽く調べたんですが、イマイチそういうの出てこないんですよねぇ……( ;∀;)

……ということでやってみましょうかね、ペヤング味のもんじゃ(^^♪

普通にもんじゃの材料としてもんじゃの素千切りキャベツは用意するとして、あとペヤングの方をこれにどう合わせていくか?そこが問題なんですが……(´・ω・`)

とりあえずペヤング味ってことならソースはペヤングのやつを使うとして、あとはセットになってる天かす、干しエビ、切りイカはそのまま使って、最後にかける青のりにプラスしてペヤングのふりかけをかければいいかな……(^-^)

もんじゃといえばベビースターラーメンが入るから、麺も砕いて入れましょうか('ω')

ペヤングの麺ってけっこう特徴ある味なんですよね実は……(^-^)

とりあえずタネ側に先に半分混ぜ込んで食感を馴染ませた麺と、ふりかけのタイミングで後入れパリパリな麺とに分けてみました(*´ω`*)

このタネを混ぜ混ぜして土手を作りま~す(^^)/

程よくもんじゃになってきたら、残りの麺をぱらぱら、ふりかけ類もぱらぱら、味が薄ければ使わなかったもんじゃソースを一振りヾ(≧▽≦)ノ

ソースせんべいを用意して、いただきます!( ゚Д゚)

あらま!けっこうイケますねこれは!ヾ(≧▽≦)ノ

いつぞや冬の寒い日、とあるブログ記事を参考に作ったペヤング鍋よりも、もしかしたら微妙にうまいんじゃないか?我ながら('ω')

ただペヤングの麺を余らせたくないからって一つ全部使ったのは間違いかな……もともと2人前のもんじゃにプラスされてかなり量が膨れましたわ……(;´∀`)

それとソースせんべいなんですが、スーパーに置いてあるのは実はたいていミルクせんべい……甘みが強かったり香ばしさの方向が違ったり、そこらへんも妥協になってしまいましたが、まあ全体通してそこそこ発想は良かったんじゃないかと思います( ^ω^ )

これから夏本番、冷えたビールのお供にどうでしょうかね?(^-^)

プレイリスト
    おみくじ

    本日のあなたの運勢は中吉です!

    お風呂上がりにお酒でも飲んで、ほっこりのまま眠りにつきましょう。

    本日のラッキーほっこりは ポテトチップス 茨城の味 スタミナラーメン味 です!

    これまでのおみくじ結果